邂逅

TBいただいたページのリンク先に興味深いサイトがあり、思わず引き込まれて全部読んでしまった。読んでいるうちに、ある人の事が頭に浮かんでいた。以前、Yahooでランタンを買わせて頂いた縁で暫くメールを交換して頂いた方、
その方は、
・すばらしいナイフのコレクションをお持ちで
・カスタムナイフ作りの達人
・研ぎの達人
・ボルドーバーナーを愛し
・レザークラフトの達人でもあり
・古くから超軽量バックパッキングを実践していた
・ご自宅の離れ一棟が山道具倉庫になっている..
等々、お会いしたことはないが、深い見識をお持ちで多芸多才、全てが玄人の域と判る。
当時の私はお山を始めたばかりで頭の中が25年前に読んだ「バックパッキング入門」「遊歩大全」のまま、しかも山歩きも近所日帰りのひよこ(今も変わらぬが..)だったので、いずれは大きなザックにたくさんの荷物を詰めて歩くことしか考えていなかったが、この方のスタイルは「小さなザックに少しだけ詰めて」軽量化のために「マットレスも持たずに寝る」と事も無げに書き、既に超軽量バックパッキングを実践なさっていた。それを読んだ当時の私は「背中、痛かろうな..」と思ったが、そのスタイルがずっと頭に残っており、以来、事務所で仮眠するときは板張り床にそのまま寝てみたりしていたのだった。しかも氏はナイフ界の重鎮、研ぎはわざわざ遠方まで通って師事して会得なさった..私が気楽に研ぎの教えを請うと気持ちよいほどキッパリと断られてしまった、そんな生やさしいモノではなかったのだなと、後になって思うことしきり...何と私は無知厚顔だったのだろうと。
また他のサイトでも付けたコメントがその方と前後になっているのを発見した..この書きぶりはやはりあの方しかいない..いかに日本が広かろうと、そういう方はあの方しかいない!と思い、不躾ながら意を決してページの作者様にメールを出ささせていただくこととし、私の名字と共に「XX方面にご在住の方ではありませんか」とお尋ねしてみた。
明けがた出したメールに夕方返信をいただいた。
やはり、あの方だった!ああ、お懐かしい。覚えていて下さったようで嬉しい。
確か2003年の年末にボルドーバーナーで飯を炊いた写真を送り、コメント頂いたのだが、あまりにお褒めいただき、かえって恐縮し、失礼ながらこちらが返信せずに文通が終わったままだったことを思い出した。

またこうやってNet上でお会いしたのも何かのご縁。こういう事もあるんだなぁ..
やはり(笑)結構近いところに集まっていくものなのだと感じた次第。
氏のサイト巡回、今後の楽しみが増えました。
[PR]
by ulgoods | 2005-08-19 23:23
<< Dana Design / D... Exped / eVent Bivy >>