JetBoil

ジェットボイル
このストーブを知ったのもUSのWebサイトだった。即USへ発注。2004年の5月だったかな。
これもある種の革命的ストーブ。
・熱交換機を備えているので熱効率が良さそう
・コッヘルと一体で収納スッキリ
・ネオプレーンのコージーをまとい、沸騰状態でも手に持てる点が使用法を拡張するので革命的

写真は手で持ち上げた状態で沸騰させている。
e0024555_22331367.jpg

e0024555_233353.jpg


実際使ってみて..
・アルミの肉厚コッヘルなので重量的には不利
・実際に安全に沸かせる湯量は500ccくらいで少ない..ので速く沸く錯覚に陥る。マルタイラーメン1本くらいなら作れるが、普通のラーメンでは容積不足。
・コッヘルが細長いの汚れを拭き取りにくい。ラーメン味のコーヒーを飲む羽目になる。
・プラスティック部品は低温下で割れた。

海外の評価では
風のある条件に於いて、バナー周りが風防の効果があるので有利
熱効率が高いので燃料の消費が少ない
という利点が報告されている。
反面、
燃料を一缶使い切るくらいの長期間の山行でなければ燃料の効率の実利はない。燃料の残った重い缶を持ち帰ることになるからだ。余った燃料は..次回の山行では不安だから新しい缶を持つよね。長い山行では2缶が1缶で済む可能性はあるけど、ドキドキしながらそういう賭はしたくないので2缶持つと思う。


活躍履歴
2004年の山行はだいたいこいつの世話になった。主なトピックは
・2004年5月 八ヶ岳の権現岳
野外へ連れ出す最初だったので手早くできる昼食のレシピを開発して臨んだ。
e0024555_224096.jpg

写真にある早茹でサラダクルルってスーパーで見つけた食材だけど、アルファ化してあるので90秒くらいの早茹ででOK。アルファ米のマカロニ版?これを茹でて粉末スープをぶち込んでスープマカロニの出来上がり。出来上がり写真は
e0024555_22443153.jpg

ま、見た目は悪いが、炭水化物と熱を手早く取り込めるし、なんしか、Jrt Boilの早業を無駄にしないくらい手早くできる。権現小屋では気圧が低いせいもあって、点火してから食材を準備する間に湯が沸き、スプーンを探している間に出来上がってしまった。

・2004年12月 オーレン小屋雪中キャンプ
手で持って湯が沸かせる&風に強いので、行動中は体を風防代わりにして、片手で持ち、片手でキャニスタを暖めながら立ったままで湯を沸かせた。これは他の火器ではまねできない技。夜間テント内は-10度くらいに下がったがキャニスタをシュラフ内で暖めておいて使用した。倒れては困るのでPRIMUSのキャニスタ安定三本足をはめて安定化を図った。食後、そこで悲劇は起こった。フタのプラスティック部分が低温でカチカチに固まってしまい、無理にフタをしたらヘリがバリバリに割れた...ま、フタだから以後の行動に支障は無いが、壊れたままでも困るので、戻って元日にREIへ追加のカップを発注。緑色のコージーをGet。ちょうどコンパニオンカップが単体で売り出されていたので助かった。

最近は重量的、容量的にちょっと魅力が薄いので出番が減っている。が、アルコールバーナーと組み合わせたりして遊んでいるので、それはいずれ。
[PR]
# by ulgoods | 2005-07-20 22:56 | 燃える系 | Comments(4)

Hennessy Hammock / ULTRALITE BACKPACKER A-SYM

ヘネシーハンモック ウルトラライトバックパッカーA-SYM
重量は900gを切るくらい。USのROCK軍曹さんのページで紹介されていて、従来の南洋的?ハンモックの概念を覆す革命だと一人熱くなってメーカから即購入。2004年4月頃だったかな。どーせ欲しくなるのは判っているからスネークスキンという収納スリーブも購入。

どう革命的かというと、
・屋根が付いているから雨でも使える。
・蚊帳が付いているから夏の野外でも蚊共の好きにさせない。
・底部の割れ目から出入りする。出入り口がきちんと閉まる。
・横揺れ防止の仕組みがあるから船酔いしない。

百聞は一見に如かず、川崎さんの邦訳サイトがある。

到着後、早速部屋の中で張る。固定するために柱にでかいヒートンを埋め込んでしまった..初めて底部から中に入るがリッジラインで張られた蚊帳とハンモック幕体で張られた空間は思ったより広い。説明書きにあるようにセンターラインに対して少し斜に寝ると背骨も伸び、さらに荷物を置ける余裕も生まれる。自分の体も構造体の一部になるんだな。何と言っても最初不安だったのが開いた出入り口..落っこちるんじゃないかと思っていたけど、体重で張力が係ると口が閉じてベルクロが効くので後は全然心配なし。ヨシヨシよく出来ているなと関心。嬉しくて、二晩くらいハンモックで寝たっけ..
友人とのキャンプで自慢しに持っていったのだけれど、ハンモックから出てくる私を見て一言「ハンモックから生まれてきた..」と。確かにそー言われれば、まったくそのとおりでございます。中で妙に落ち着くのはそのせいか?胎内回帰願望の方にも満足してもらえると思う。
スネークスキンはまさしく蛇の抜け殻のように長ーいサックだった。が、これをセットするとハンモックの取り扱いが劇的に実用的になる。片づけ簡単。収納簡単。雨でも他の荷物を濡らさない。

張り方も様々できる。通常は2本の木に張るが、木がなくてもトレッキングポールで張って、地上シェルターとして使える..という写真があったので、やってみた。
e0024555_0501534.jpg
おー、張れるではないかっ。これなら木がなくても何とかなりそう。ただ、地面が泥だったりすると辛いから、やっぱり草地とか森の中とか..ってそーいうところはたいがい木があるもんだ。ま、張り方のバリエーションの一つとして確認しておくことは大事、でしょ。

ヘネシーハンモックを買ってからというもの、トレッキング中でも木さえあれば何処でもキャンプ好適地に見えてくる。なんしか、地面が整地されている必要がない!傾斜地でもオッケー。地面でさえある必要もなく、沼地の木で水面上に張っている写真もあったり、ピトンを打ち込んで岩場で使っていたり。さすがUSの信者の使い方は無限だな。弱点は、布きれ一枚の下が外なので背中や尻が冷えるということ。風があると容赦なく体温を奪う。マットを敷いてもなんだか冷える気がする。海外では体重で圧縮されない外面にダウンのキルトを貼り付けて冬季に使う強者もいるようだ。今年に入って本家のヘネシーからもスーパーシェルターとして二重底と蚊帳の覆いが販売された。でも、全部持つと結構な重量だし&蚊帳を覆うと絶対結露する。追加で買うべきかどうか、結構悩ましい...


活躍履歴
2004年8月 南ア仙塩尾根某所、標高2500mくらい
広河原からバスで北沢峠で仙丈岳から仙塩尾根経由で間ノ岳、北岳経由の広河原へ。で仙塩尾根の乗越を過ぎた辺りで日没となったので、フォーカストビバーグを余儀なくされた。尾根筋は風があったので風下側に少しだけ下がったところに設営。もちろん傾斜地。かなりの傾斜地よ。空中に浮くので傾斜は問題ないはずだったが、手頃な木がなく、2本の木でかなり高低差のある設営を強いられた。危うく、低い方の木では背が届かないくらい。フォールラインへ直角な線上に都合良い間隔で程よい太さの木が必要だと実感した。タープも展張しないといけないので、その分の空間が必要。後で思ったが選んだ場所はあまり良い場所ではなかったかもしれない。翌朝少し歩いたらもう少しましな場所があった。場所を見つけては歩いて、戻ることも厭わないという姿勢が必要だな。
荷物は防水対策をしてタープの下に置いた。靴は持ち込んだ。冷え対策でサーマレストを敷いたのだが、ハンモックに入って、寝袋に体を入れて、しかもマットを尻の下に敷いて..この体の運動が結構たいへん。思いっきり体重係ってるし、掴まる場所もないしで、イモ虫のように何度ものたうち回ることになる。内部のリッジラインにつり革でも付けようかと思った。おかげでトイレは億劫になる。
e0024555_0203912.jpg

夜半雨&風あり。風は尾根の影に張ったお陰で頭上をかすめて行く感じ。作戦成功!雨は..雨は防げるけれど、頭部分がタープの掛かりが少ないので時々飛沫を感た。大雨が予想されるときはタープと蚊帳の密着度を考えないといけないな。
8月末のこの夜はmontbelアルパインダウン#5では少し寒かった。
朝、ハンモックから生まれた僕はタープの下のJet Boil で湯を沸かし、幕体に座り込んでメシを食った。全て事前のイメージどおり。大成功!収納もスネークスキンを引っ張り、中に幕体を押し込むだけだから手間無く濡れずに済んだしね。
これも幕営というのかな?一応幕営か..でも地面にはテントを張った痕跡は残さない。植物へのインパクトも最小限。自然に優しいビバーグが可能。
Jet Boilならリッジラインから吊って中で湯沸かしもできるな..トイレさえ何とかなればハンモックで生活できそう..か?

さて、この夏も一発どこぞで使うかな!
[PR]
# by ulgoods | 2005-07-16 00:52 | 宿泊系 | Comments(0)

Integral Designs / SilShelter

インテグラルデザインのシルシェルタ
重さ450gの床無し2人用シェルタだ。2005年5月に購入。$150なのだが、たまたま新品が$70で売りにでていたので衝動買い。
ま、ホントに薄いシリコン含浸ナイロンなので軽いし小さくなる。テントがこいつで済めば大幅な軽量化が達成できるのだが、使う時期と場所を選ばないと辛い幕営になりそう。床がないから流水や水没するような場所は避けたい。あと張り綱がないからHex3同様で定位置にきれいにペグダウンできる地面が必要..うーん、イワイワした幕営地では使うのは難しいかも。とりあえず森林限界より上に持っていくのはやめておこうか。海外では雪中で使用している写真があったけど、何とも哀れを感じる姿で..かなり乾いて寒い環境でないとすぐに濡れそうだ。

先ずは庭に張ってみた。初めての設営だったが、迷う箇所がないくらいシンプルなのですぐ張れた。後縁を2本ペグダウンし、その隅が直角になるように前部の幅を決めてを2本ペグダウンする。これで四隅が決まるのであとは前部のカップにトレッキングポールを入れてピンと張るように長さを調整すればシェルターの形が出来る。2枚が交差するように入り口を決めて、周囲を全部ペグダウンすればおっけー!全部ペグダウンすると結構ペグ数が必要だ。基本的に張り綱が不要なので設営に掛かる時間は短時間で済む。支柱の高さによって入り口が交差しないようになったりするのでその辺の感覚を覚えないといけない。
後部にも支柱受けのカップが付いているので短い支柱を入れるか、外側から吊り上げると広く使える。いろんな張り方が海外サイトで紹介されていたのでいろいろ試してみた。ま、何とか使えそうな感触。ただ、入り口は2枚が交差するようにペグダウンする図が書かれているんだけど、どーやって出入りするのか、未だに不明。片側を外して中に入ってから再度ペグに留めようとしたけど難しい...紐でスライドするようにしてみようかしら。

活躍履歴
・2005年6月 北八ヶ岳
このシェルタ以外にも軽量グッズをGolite Jamに詰めてウルトラライトトレッキングスタイルの練習で北八つへ持っていった。北横岳から縞枯山を経由して麦草峠へ抜け、白駒池へ向かう森の中で..夕方で人気が無いことを確認してからトレールを外れて森の中へ猛然とダッシュ!50mくらい森に入ったところで開けた場所に出た。夕方も近づいていたから仕方なく(^^;;フォーカスト・ビバーク(予期された不時露営) することとした。フカフカの厚い落ち葉層の上なのでペグが効かなくて困ったが、たまたま長いアルミペグを4本持っていたのでそれで四隅を決めて何とか張ったけど、あまり強く張ると保たないのでキレイに張ることができなかった。
e0024555_143127.jpg

荷物も全て収納。
e0024555_1438643.jpg
初めてのステルスキャンプ。私がここにいることは誰も知らない。熊に襲われても誰も知らない..が不思議と恐怖感は無かった。深い森に抱かれた安堵感の方が勝っていたかな。ま、何とも幸せな場所を確保したものだと思う。
夜半、小雨が降り風も出たが、森の中では風も来ないで静かだし、傍らの大きな木が雨を防いでくれた。落ち葉の地面は雨を染みこませてシェルタ内に流れ込むこともなかった。こういう安全な場所ではテントよりこういうシェルタの方が似合っているな。
多少結露あり。雨で幕体が伸びたのか?弛んできたので後部に短くしたトレッキングポールを入れて屋根を高くした。元々2人用なので半分に寝ても充分広い。
空き缶アルコールストーブでラーメンを煮たが落ち葉の上でアルコールをひっくり返すと厄介なことになるので神経を使う。高さ的にはちょっと背を曲げないと座れないので、中で食うのは少し疲れた。次からはもう少し高く張るか。
e0024555_14171050.jpg


地面が少し傾いていて頭の方が低いポジションを取ってしまったので、なかなか寝付けなかったが夢を見た。普段は思い出しもしない古い知人が何人か夢に登場..森の精の計らいか。
マイナスイオン漬けで満足度の高い一夜を過ごした。
また深い森でステルスキャンプしてみようと思う。
[PR]
# by ulgoods | 2005-07-14 14:23 | 宿泊系 | Comments(0)

BlackDiamond / FirstLight

このテントを知ったのは雑誌ビーパルに出ていたORショーの速報だった。
2ポンドという軽量さに惹かれて販売開始と共にUSへ2004年4月に発注。どーせ欲しくなるのは判っているから別売の前室とグランドシートも買った。
シングルウオールで2人用。EPICという透湿・超撥水生地を使用している。どうやら完全防水ではないらしい。
e0024555_931625.jpg
2004年7月 北岳にて

生地の特性上、工場でのシームシーリングができないということなので目止め剤と針のない注射器のような注入器が付いてきた。早速、部屋で張って目止めを施し、庭に張り雨を待つ。庭で試した限りでは雨漏りは出なかった。生地は水をよくはじく。撥水性はコーティングではなく生地自体に織り込まれた特性なので洗濯しても撥水剤なしで撥水性は失われないということ。
軽さは..確かに幕体は軽いのだが、フレームやグランドシートを含めると1.6kg程度か。ま、二人用で広々しているので一人で担げる贅沢御殿ということで総合的には満足。
弱点は..入り口の庇が小さいので、雨天の出入りで内部を濡らしてしまうこと。前室を付ければ濡れは防げるのだけれど前室込みだと2.1kg程度になってしまう。前室との結合方法もイマイチ強度的に不安(ベルクロだし)。幕体を軽量化はできないが、カーボンファイバー製のフレームに替える若干の軽量化が可能だ。約100gの軽量化でで$100USD。$1/1gか..どーせ100g位と思い、何とか我慢で思い止まっている。

なんだかんだと言いながら稜線上に出るときはこいつが頼り。
USのMoonTrailでは強度的には4季用に分類されていたりする。内部にフレームがあるので、もしフレームがひしゃげるような強風だったらセンターにトレッキングポールで柱を立て縛ってフレームと結合し、外側は前室固定用のバックルから追加の張り綱を左右に出そうかと思っている。

活躍履歴
・2004年7月 北岳
このテントの山岳デビュー戦だった。Golite Infinityザックを使ったが、テント自体は嵩張らないからパッキングは楽だったっけ。ガレ地への設営では付属できたYペグでは打ち込めないことが判ったので後に細身のチタンペグに変更することになる。この日は風もなく寒くもなく快適な一夜を過ごした。1枚目の写真はこのとき。

2004年9月 黒戸尾根から甲斐駒 7合目キャンプ場にて
この日は夕方から雨..前室を持っていかなかったので出入りでテントが濡れることを実感した。雨漏はしないのだけれど、気温も下がったので結露が発生。テント頂部と内部のフレームに結露。ま、いくらEPICといえど外部より湿度が下がるはずも無く、気温も低いので結露は当然ですな。拭けば済むのでヨシとする。テントを張ったまま甲斐駒山頂往復後に撤収。やはり頂部の直下に水が垂れていた..シュラフを除けておいたので濡れずに済んだが、注意が必要。撤収後の濡れたテントはグレゴリZパックの正面メッシュポケットに放り込んだ。濡れ物を放り込めるメッシュポケットは便利だ。

・2004年10月 鳳凰三山 南御室小屋
穏やかな天候だった、にも関わらず前回の反省で前室持参。無駄だった..しかも、前室で湯を沸かした後、前室の扉のファスナーがストーブに触れ、少し熔けてしまった。幸いジッパは熔けた場所の左右にあったので、熔けた箇所を境に開くことが出来き、実用上問題なし。前室を持つと重量が嵩むし、かといって雨天では必需だし..ちょいと前室付きの軽量1人用を買うかと物欲が出るきっかけとなる。
キャンプ場で小屋のおやじに言われて焚き火の番をしていたところ、男女2×2のパーティと仲良しになって会話が弾んだ。日暮れ頃、突如シェルパ斎藤がやって来たので会話も盛り上がり焚き火を囲んで楽しいキャンプとなった。後日、フリー雑誌に記事が出ていたっけ。
翌朝、斎藤さんがラジオで聞いたと中越大地震を知らせてくれた。

・2004年12月末 南ア オーレン小屋
雪中キャンプとなった。元々テントの保温性には期待していないのでFirstLightを持参。
e0024555_1025449.jpg

本当はHex3を持ちたかったのだけれど6本全部ペグダウンできる保証が無かったので自立式のFirstLightとした。テント内は-10度まで下がったけれど、テント自体は問題なし。マウントフライ製特注シュラフで快適な一夜を過ごした。
e0024555_10103074.jpg

EPICといえども透湿する暇なく凍結するので、テント内はキラキラの霜が付く。湯沸かし時にはベンチレーションに気を付けないとね。

・2005年5月 北ア 蝶ケ岳
e0024555_1055144.jpg
夜半風が出たが快適に過ごす。前室がバタバタはためいてうるさい。一人では充分広いテントなんだけど、前室付きで1.5kgのMSRのZOID1を購入しようかなという意識が具体化してきた...やっぱり買ったけど(^^;;これは別項にて。
[PR]
# by ulgoods | 2005-07-13 10:11 | 宿泊系 | Comments(2)

空き缶アルコールストーブ(序章)/Alcohol Stove

海外の超軽量バックパッキングサイトで空き缶アルコールストーブを知った。結構、盛り上がっているみたい。で、早速作ってみた。
一発目はあまりに稚拙で、鍋を乗せたとたんにひっくり返って台所で小火をだしてしまった...アルコールがかかって燃え上がる床やゴミ袋を見ながら「あぁこーやって火事になるのか」と呆然。数秒間炎を見ていたが、こんなことで人生を終わらせたくないと思ったら体が動いた。幸い台所だったから水はあるし、鍋に水を汲んで炎に掛けまくった。燃料があるので水を掛けても素直に消えなかったけど、灯油系でなかったのが幸いか、アルコールも燃え尽きたか、何とか鎮火。鎮火して気が付いたら膝に震えが来ていたよ。腰が抜けるというのはあるかもしれないな。暫くきな臭かった。
その後、暫く火遊びはしなかったけど、スーパーで消化剤を見たら、ほーこれでいいじゃん!と消化剤購入、でストーブ作り再開。最近は何とか人に見せられる仕上がりと性能になったので山でも使って実践中。
主に作っているのは
ビール缶のオープンフレーム式、要五徳
ビール缶のサイドプレッシャー式、五徳不要
小さい缶のサイドプレッシャー式、五徳不要
e0024555_7214827.jpg

最近はほとんどの湯沸かしやラーメン作りはアルコールストーブでやっているのでガス消費が減った。アルコールって結構高いので金額的にはマイナスなんだけどアルコールの炎を眺めていると和むというか、癒しになるので、それで辞められないんだろうな。

ストーブ写真は徐々にUPしよう。
[PR]
# by ulgoods | 2005-07-13 07:15 | 燃える系 | Comments(0)

Golite / HEX3

海外サイトで知り、その性能と斬新なスタイルに惚れて即購入。2004年の11月だったっけか。
こいつ、何と言っても超軽量。本体は800g!で二人は余裕で寝られる。底が付いていないシェルターなんだけど、シートを敷いて寝れば問題ないし、地面があるのは便利だよな。残ったお湯を捨てたり、灰皿も要らないし、ストーブを使っても心配ない。どーせ後で欲しくなるのは判っていたから別売のバスタブフロアと夏用に蚊帳(Nest)も購入。

e0024555_23325278.jpg

上高地・徳沢園で


活躍履歴
・2004年1月、丹沢のキャンプ場で単独キャンプ。翌日は用事があって遠出できなかったから雪の鍋割山に登ってから近場のキャンプ場へGO、設営後は秦野へ出て温泉入って飯も食って寝るだけキャンプだったっけ。
キャンプ場は俺一人、月がきれいな夜だった。Hexを張り、傍らでユニフレームのネイチャストーブに炭を熾してPRIMUSのフォールディングトースターで小イワシを焼いたり、塩豚トロ焼いたりしながら傍らのSVEA123で湯を沸かして芋焼酎(一刻者)湯割りで流し込む。ご機嫌でずいぶんと捗ったな。飲んで寝たからかな、寒くはなかった。

・2005年5月、南伊豆の海岸で水遊びの基地として。砂浜でペグは効かないので防風林の松の枯れ枝を使ったが大成功!砂地では細くても長い枝が有効だった。Hexは下に隙間が出来るように腰高に張って風を呼び込むと蒸し暑くはなかったな。ファスナーを開けても周囲からのプライバシーも守れるし、中で立てるから着替えにも便利だった。Hex自体は目立ってたか..

・2005年6月、上高地の徳沢園へ子供を連れてキャンプ。Hex+Nest。子供二人分のシュラフやら担いだので軽いHexには助けられたな。写真はそのときのもの。虫が居るだろうからNestを持って正解だった。Nestを先に張るとペグ位置が確定するので幕体単体で張るより時間的には短縮できる。子供二人と3人で寝たせいか、結露あり。しかし傾斜が急だから垂れることもなく、Nestが幕体と離れているから触れることもなく、日が当たったらすぐに乾いたから問題なし。Nestとセットで完璧なテントとして機能して大満足。もー巨大な*6はお蔵入りだ。
[PR]
# by ulgoods | 2005-07-11 23:34 | 宿泊系 | Comments(13)

山より道具

山に行きたしヒマは無し..仕方がないので山道具を買ったり調べたりで鬱憤を発散する日々。
生来の性格で人の意見を聞きもせず、思い込みでずいぶんと無駄なものを買ったりするけど、ま、それも自分なので仕方ない。さほど豊かなお財布ではないからイロイロ調べては悩み、悩んでは調べという具合にかなりの時間を費やしてしまった。主にUS方面からお取り寄せ、中にはちょっとはおもしろいものもあるので、買うにあたって悩んだ経緯や使った印象などを駄文と共に備忘録することにしよう。

もちろん、たまには山へも行くよ。買った道具を使いにね...
[PR]
# by ulgoods | 2005-07-11 23:32 | 口上