<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

杣工房KUKSAキット

飲んだ感想を末尾に追記した

時折コメントを戴いている杣工房さんは木工のプロでいらっしゃる。地元に根付いたしっかりした&お洒落な暮らしぶりはblogで垣間見ているだけでもステキだ。
私のKUKSAの記事も読んでいただいたのだろう、削って仕上げるククサKitを試作したので試してみないか、ということでサンプルをお送りいただいた。感謝。
e0024555_1415553.jpg

一つは木目も美しい白木の物で、これは既に削っていただいてある。枡で木の香りを楽しみながら酒を飲むことを考えればお猪口にちょうど良いかもしれないし、ジンやウオッカを飲むのにも使えそうだ。もう一つは固そうな木のブロックでこれがKitの原型だろう。肝心な、最も作業が大変なカップの中は既に加工済みなので特殊な曲がった刃物を要さずに、外側だけを好みに削ることに専念できるのは嬉しい。更にヘリの部分はテーパーを付けて削ってあるので大いに手間が省ける。驚いたのは取っ手部分が右利き用に少し湾曲して切り出されている念の入りようだ。三鷹のショップで同サイズのククサを見たことがあるが、やはり取っ手はビミョウに湾曲していたのを覚えている。

戴いたのは連休明けの頃のもうだいぶ前であるが、これを削るには鋭いノミが要るのかと思い込んで削るのを躊躇していたので時間が経ってしまったのだ。ノミは..100円屋で買った200円くらいのがあったが全然切れない。仕方ないので研ぐところから始めた。荒砥と中砥と仕上げに耐水ペーパーを買い、暫く研ぎ修行を行った。ついでに切出しナイフ、ナガサ、台所の包丁など、夜な夜な風呂場でギイコギコ研いでは紙など試し切りして喜んだり研ぎ直したり。包丁類はコピー用紙をサクサクと吊るし切りできるくらいには研ぐことができたが、肝心のノミがダメである。安物で鋼がなまくらなのかしらと、いくら研いでも上手くできないので、こっちは諦めていよいよククサを彫ることにした。

いやー、無心に二時間、結局は切出しナイフ一本で一気に削ってしまった。木目を見て刃の方向を考えないとササクレてしまったりするが、スパっと切れたときは気持ち良い。実はホンモノは白樺の瘤の固いところを使うらしいので固い木をリクエストしたのだが少し後悔した。あまり削りすぎないようにと自分に言い聞かせながら、たくさんの木屑を膝に受けながら、指を無くさないように刃物の向きと手の持ち方を変えながら、木がささくれないように木目を考えながら...削り出していく作業は楽しく、あろうことかblog用に写真を撮るのも忘れて取り組んだ。自分で研いだ刃物がサクサクと削っていくのも嬉しくてね。
e0024555_143071.jpg

ともあれ、少々無骨であるが握り良い小さなカップを削り出すことができた。
仕上げには食用の胡桃油を塗った。胡桃油は良い光沢が出るので、いままでは時々思いだしたようにオリーブオイルやサラダ油を塗っていたKUKSAにも塗ってやった。瘤の木目あたりが金属光沢を発してイイ感じだ。その他、木のヘラやお玉など手当たり次第に塗ったのは言うまでもない。
e0024555_1485967.jpg


後で本家KUKSAの削り方が出ているサイトを見たが、水分を含ませた状態で削るのだそうだ。木口が乾かないように工夫するとも書いてある。なるほど、急激に乾かして割れないように気をつければ湿っている方が削り良いかもしれない。

この半削りKUKSA、試しに出した地域の催しなどでも好評とのこと。Hiker's Depotのご主人やLocusGearのご主人にも見てもらったが良い感触だったので話が進めばお店に置いてもらえるようになるかもしれない。というか、是非そのように話が繋げられるようにと思っている。
e0024555_14301377.jpg


追記
日本酒を注いで飲んでみた。
檜は芳香が素晴らしい。最後の一口は鼻がカップに収まる形になるので一層強い。樽酒か新品の升で酒を飲んでいる感じ。
桂はクセもなく、自ら削った満足感と共に飲む。
量はぐい呑一杯分くらいか。適量であった。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 ...Click Thank you!!



こっちは、たぶん押してもらった1/100くらいしか反映されない模様...いいかげん謹慎を解いてもらいたい


Flattr this

[PR]
by ulgoods | 2010-07-21 14:10 | 生活系

テンカラ事始め / The beginning of TENKARA

書かないULGはただのGだという声も聞こえそうなほどサボっているが、何も部屋に籠って仕事ばかりしていたわけではない。ちゃんと、と言うか、どちらかというと遊んでいるのだが。
というわけで、いきなりではあるがテンカラ釣りに手を出してみた。釣りの経験は殆ど無いにもかかわらず、だ。というのもテンカラは比較的難しいとされているが、シンプルで竿と仕掛け込みで100gを切り、竿の片付けが手早いなど、これぞULな釣りである..って昔から沢屋さんがやってるスタイルだけど、最近とある方面で知り合った釣り系の方々、機動性を増すためにULの道具などを取り入れていると聞く。また、US方面でも日本人の釣り師匠がテンカラを布教し、TENKARA USAとしてBPLの連中もテンカラで釣り始めている。今やTENKARAはKARAOKEやTSUNAMIのように英語になっているのだ。そんな雰囲気の中、友人JYoもいち早くテンカラ竿を手に入れ、私もやりたかったところに格安テンカラ竿が売られていたこともあり、いよいよ禁断の釣りの世界に半歩踏み出すことになったのは当然の流れであろう。

まず要るものは竿。これは1980円(送料別)のカーボン製で3.3m、7:3調子のものを買うことができた。初心者の初期投資としては納得出来る。釣れるようになったら10倍もお高いモノを自分に与えても良かろうし。で、驚いたのが仕掛けの値段で、これが竿より高かった。竿だけあっても針と餌がないことには釣れないという事は子供でも知っていたはずであるが、竿を買った行きがかり上という理由であとには引けない原動力で買うことになる。しかも糸が切れたりするだろうから取り敢えず2セット。この時点で完全に竿の代金を超えていた。でもまだまだ釣りには行かれない。沢に入るには沢靴とか、裏にフェルトを張ったすべらない靴や草鞋を履くのが定石である。もしかしたら、よく見かける下半身ゴム着が要るかもしれないし、例の誇らしげなベストを着なければならないかも...あれもこれも要るじゃないか!と、この段階ですでに半歩ズッポリはまっていたことになる。

とはいえ、竿と糸針を買った時点で水の流れていて魚影の見える川でとっとと釣りたくなるのが人情というもの。早速その週に足回りやその他は割愛して、とりあえず津久井湖方面の川をJYoと釣り人の真似をして歩いてみることにした。釣れなくても良い、毛鉤を思った方向に投げられれば満足といった程度だ。
そんな負け戦のココロであるから半日歩いても、もちろん釣れない。この日は水位が低くてどなた様も釣れていなかったようだ。しかし、今までどちらかというと高いところを目指して歩いていたのだが、一転して降りる渓流の空が開けた透明で冷たい心地良さときたら、今更ながらだが別天地を得た思いがした。
この日はJYo奥様が作ってくれた稲荷寿司を頂き、Bushbuddy stoveで湯を沸かしてコーヒーを飲んで帰ってきた。
e0024555_248463.jpg

もちろんただ行ったのではない。近所の駅まで自転車で行き、京王線を橋本まで輪行し、ソコからJYoの家まで汗して走るというおまけ付きである。私としては総合格闘技であった。ああ、一応焼き用の塩は持って行ってた。釣れたら困るからね...

でも釣りたい。日毎に釣りたくなってくる。昨年奥多摩で味をしめた岩魚の骨酒を自前でやりたい。というわけで、某方面で釣り師匠を釣り上げ(失敬!)、場所や装備などアドバイスを受けた。今度こそ沢靴が要る。前回はズックで水に入ったが、さすがに滑って怖かった。とはいえ、まともな靴は重くて受け入れ難い。歩くことと沢に入ることを考えれば地下足袋+草鞋が最強だろうが、草鞋は脱ぎ履きが手間で困りそう。情報収集の結果、沢屋さんの定番であろう秀岳荘のフェルト底付き地下足袋を買うことにした。3000円程度でOKなのだが、もはや安価だった竿の値段は初期誤差でしか無い感がある。
行ける日は雨が予想されたが、今後の釣り人生にはそんな日もあるだろうから朝早めに出て丹沢系のとある沢を目指した。ここでも途中でJYoと合流しゲートを目指した。朝六時、すでにゲート前には数十台の車が並んでいた。予想はしていたがみなさんお早い。と関心ばかりもしていられないので、我々も林道を二時間も歩いて目的の沢へ向かった。さすがに2時間も歩くと轟々と岩を洗う流れも透明な幽玄の楽園が始まってくる。

師匠に教えられた沢に着き、さっそく沢足袋ONで渓に入ることにした。新しい長靴を買ってもらった子供のように、咎められずにジャブジャブと水に入れるのがなんだか嬉しい。沢足袋と言うだけのことはあってヌル岩に対するグリップはズックとは比較にならず素晴らしく、踏ん張ることができる。この日はストームゴージュパンツの裾もそのままに足袋を履いてICIネオプレーンのゲーターを巻き、上もファイントラックの半袖にORのHelium Jkt.で頭はORのSeattle Sombreroとした。雨降るしね。ザックは旧JAMを、コーティングが腐る前に使ってやらないと成仏させられないので連れてきた。
とりあえず、釣りの格好に近づいているかも?
e0024555_2533866.jpg

しかし、そんな幽玄の渓谷は我々初心者には辛辣に敵意を剥き出しだ。私が最初に釣ったもの、それは自分の右足であった。...と、とりあえずはお約束だからと気を取り直して振って次に釣ったものは、後ろの木の枝。お次は..という具合。なんしか空が狭いのだ。YouTubeで見たあの技が使えないではないかっ!何気なく飄々とフライを繰り出すには相当の修練が要るようだ。魚影は...見えない。見えた気もするが、見れていないのかも。というか釣り始めたところで、どー言う感じで釣るのか二人共知らないことに気がついた。どこに魚が潜んでいて、どんな具合に餌を落として、どのくらい流して、体は露出するのか、隠れるのかなど、分からないのである。仕方がないからエサ釣りの感じで堂々と身を晒してフライを流して...ま、今日も練習なのだ。とはいえ、雨も降って数時間も川面に立っていると時折魚影を見ることができるようになった。取り敢えず魚は居るようだ。が、私に釣られる魚はいない。
e0024555_2585976.jpg


昼は、枝を集めて薪ストーブで湯を沸かした。さすがに雨なのでちょっとアルコールの鼻薬を垂らしたが、雨陰に落ちている枝は比較的乾いていたので、火を焚くことができた。この手のストーブは少ない小枝でも効率よく湯を沸かせるので助かる。
e0024555_331626.jpg

水は念のため、上流に何が転がっているか分からないからMSRのフィルターで濾してある。

同行のJYoは粘り強い。何時間でも同じ場所で振っている。私はといえばチョチョイと釣ってダメなら場所を移すべしみたいな事前にちょと仕込んだ知識に従って、一通り周辺を荒らした後は座ってJYoの振るのを見てた。相変わらず雨は降っており、さすがにずぶ濡れにヤラれっぱなしも辛いので、これまた箪笥の肥やしになりかかったIntegral DesignsのSilPonchoを(実は初めて)被って(屋根としては使ったが..)雨をしのいでいるうちに座ったまま寝てしまったようだ。禁断の雨具二重構造ではあるが、ポンチョとHelium Jkt.の組み合わせは特にムレは感じず温かく、ホントは屋根として張ろうかと思ったが、着て正解だった。
e0024555_302847.jpg


帰り道JYoと話した、こんな雨でも釣るもんなのか?という素朴な疑問だが、これはゲートに戻ったときに車が居るか居ないかで判明するはずである。釣果は無いが、今日は今後の課題を確認するのに有意義であった。で、果たしてゲートに着いたとき..やはり残っていたのは我々の車だけだった。釣る釣り師の人はあのくらいの雨であればサッサと帰るものらしい。ということも学んだのである。


今後の釣りの予定だが、さらに爆釣師匠の協力を得てアルプス方面の渓谷に分け入ることになっている。持って行く食料はコメと味噌。釣れなければ食えない状況が待っており、嬉しい限りである。

幸いにも沢足袋を買い足すくらいで釣りに入れたのは良かった。屋根類も袋類も手持ちのモノが使えそうだ。というか、あらゆる状況に対応すべく備えたUL道具たちの総力戦が始まるのである。


一応、以前Sierraを歩いた時はまぐれのルアーでゴールデントラウト(岩魚の類)を釣り上げたことはある。今度はテンカラマスターになって蛋白源を補給しつつ歩くのか?
e0024555_338156.jpg
2007年 Lyell Forkにて
下手に匂いを出すと自分が熊のタンパク源になるので用心した...


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 ...Click Thank you!!



こっちは、たぶん押してもらった1/100くらいしか反映されない模様...いいかげん謹慎を解いてもらいたい


Flattr this


EXCITEもScriptとか埋められずに不便なりに静かなのが取り柄であったが、こんな広告を出すようになったんじゃ乗り換えの潮時かもね↓
[PR]
by ulgoods | 2010-07-07 03:07