<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

五竜から唐松

あんな事があってから、いつかは訪れると思っていた五竜岳、機会を得たので行ってきた。

今回は同行者あり。というか、私が彼の同行者...思い切り省略してしまうことで有名な筋金入りULハイカー、MFD(Mount FUJI Designs)を名乗り、Quiltやポーチを縫ってくれたB氏から、山のお声が掛ったのが数日前、最近は忙しくて、なかなか山へ行けないBさんから引きこもりハイカーのULGへのお声掛けというのも滅多にないこと。ちょうど山へ行きたい気持ちのときだったので、日月の変則日程であったが取り敢ず行くことに前向きと言うことにしていたが、その時点ではまだ行く山は決まっていなかった。北岳、塩見岳、北穂などの名前をメールでやりとりしていたが、B氏がポツリと五竜と書くと、そうだいつかは五竜に行かなくちゃの私の気持ちが呼び起こされ、あっさり五竜に決まった次第だが、集合時間もハッキリしないまま行く朝を迎えた。奥多摩に出かけるくらいの時刻に彼を拾って関越から上信越道を通り、間抜けなカーナビに長野市内を引き回されてから五竜に着いたのは、もはや10:30くらい。地図のコースタイム的には怪しい時間帯である。にしても信州も涼しい。稲作は大丈夫かいな?と心配になる。

五竜への最初は当然テレキャビンを使う。こちとら、使えて時短になるなら何なりと使う派だ。というか、ここでこれを使わない人はいないだろう。さすがに、その上までのリフトは費用対効果的に却下。まずはユルユル歩き出した。
天気はまずまず、正面にどーんと唐松岳がキレイに見えた。こちら方面はだいぶ昔にスキーに来て以来。昔滑った八方も夏になれば気持ちよさそうな稜線に見える。
e0024555_14442411.jpg

ザックはZPacksのZ1、水筒は2Lのペットボトルを使用。食料込み水無しで出がけに量ったら5kgチョイ。

今回は初めて締めつけタイツを着用してみた。といっても数年前に買って使っていなかったユニクロのやつ。タイツに短パンはどーも気恥ずかしかったのだが、評判を聞くにつれ試してみたくなり、でもいきなり高価なのでは失敗しそうなのでユニクロ通販だったが、やはり気恥ずかしくて箪笥の肥やしになっていたのだが、最近では自転車のピッチリ短パンに馴れ、というかピッチリでないと気持ち悪いので、この歳になって無理なく山タイツ姿デビューである。
e0024555_1445534.jpg

自転車で育成された太ももを締め上げて歩いてみたが、おお、踏みしめて荷重を次の足に移したときに自動で抜重した足が引き上げられ、ヒョイヒョイと次の足が出る。歩くテンポが速くなった感じがする。と言う訳で順調に歩き
テレキャビン降り 11:11
地蔵の頭 11:30
小遠見山 12:28
大遠見山 13:27
西遠見山 14:22
白岳 15:40
五竜山荘 15:43
五竜山頂付近を横から見る。武田菱と呼ばれる模様が案外複雑な立体構造だとわかった。
e0024555_195485.jpg

針金などをグチャグチャに曲げて、ある角度から光を当てると影がまったく別物に見える芸術というやつをTVで見たことがあるが、雪形の多くは単なる窪みではなく、夜空の星座もまた然り、枝尾根や岩峰の立体的な造形の平面投影なのだろう。
あそこか...だんだんとその場所が見えてきた。
しかし、順調だった歩みも白岳に掛ってからは心肺的に失速した感じだったのが残念。
白岳に掛るあたりで尾根の向こうに雲が湧き、こちらから射す光と相まってブロッケンを見ることができた。
e0024555_14463292.jpg

影が霧の中を遠くまで3Dで伸び、向こうの頭部に七色の光輪を作る。しばらくは後光射すありがたい自分の影を引き連れて歩いた。

五竜山荘に着いたが、風が結構きついし寒かった。
とりあえず着いて小屋でビールを買って飲んで一休みした。一日ずらして日曜だったが、小屋は結構賑わっている。小屋の酒蔵も充実!事前の調べでは小屋の水は天水と書いてあったのでセイシェル浄水器を持ったが、沢からパイプで引いているようで美味しい水がありがたい。

今日の寝床は
Rab Superlight Bivy 465g
MLD Monk Spectralite.60 Tarp 84g
Nunatak Arc Ghost Quilt (Quantum) OverFill 460g
Therm A Rest RIDGE REST 3/4 253g
Tyvek sheet 140g
という、少し頼りなさげな構成。テント場は下から吹き上げる風が強い。風速計を持って行かなかったが、旗ならバタバタと擦り切れ旗めく風速である。同行のB氏は風と格闘しながらもツェルトを張っていたが、心肺的に弱った私は即ゴロリと、放り出したBivyに潜り込んで休んだ。実は強風の予感もあり、ベッタリ地ベタに寝るのは風をやり過ごせる読みがあった。読みは成功したが、以前、硫黄岳下で野宿したときと異なって這松による風の緩和がなかったので、Bivyを舐めていく冷たい風に体温が奪われる感じだ。何とか生成熱と奪われる熱が拮抗しているようで日が射すとそのぶんだけ温かい。夜を思うと不安が残ったが、とりあえず寝た。2時間くらい寝た。
目を覚まし、Bivyから顔を出し、風でひしゃげたツェルトの中身の人に声を掛けた。B氏もよく眠っていたようだ。彼のQuiltはBPLのCocoon90、それにUL 60 Pantを穿き、UL 60 Parkaを着ていた。Quiltは同程度と思うが、私も保温材入りのズボンを持ってくるんだった。タイツのままにmontbellのwind pantを穿いただけなので寝ていて少し寒かった。
B氏の薦めもあり、暗くなる前に風よけの膜を張ることにした。張り方は出来るだけ低く、あまり風の抵抗にならず、翼のように風をやり過ごすよう心掛けた。この天場、案外にペグが素直に効いたので助かった。低く張ったCuben Fiberの薄い膜は見事に風をやりすごし、Bivyから熱が奪われるのを完璧に阻止してくれる。中に入ったが、今までとは異なり、ほんわか温かさを感じた。中間から綱を張って内部を凸型にしようとしたが、風が乱れて上縁が剥離渦でうなるので止めた。変に凝った形に張るよりは単純な面で張った方が風を乱さずに凹型で安定した。
e0024555_14491271.jpg

e0024555_14494739.jpg

ポールから下げた温度計も、張り綱も風で振えている。

これで夜も大丈夫と安心したので飯にした。湯を固形燃料のカルデラコーンで沸かし、ドライカレーを仕込んだ袋飯を食った。今回は大豆肉も仕込んできたので豪華版だ。
e0024555_14514410.jpg

B氏は湯の道具を持たない人。人としてどうかとも思うが(笑)餡パンさえあれば生きて行かれるらしい。今回は私もそのスタイルを真似て、明日の朝飯は餡パンの予定だ。
簡単に飯を食い、することもないのでBivyに潜って寝た。呼気で中を濡らさぬよう、口と目を出してBivyを被っていたが、84gのCuben膜は強風を受けピタリと安定し、風を遮りよく働いてくれた。お陰で温かい。今回の功労者だ。
9時過ぎ、山荘の発電機も止まり、あるのは風の音と天の川。地ベタに寝転び、覆いもなく、風を感じながら星を眺めた。
念のため、就寝中は雷監視にStrikeAlertを稼働させて任せておいた。小屋の発電機が止まってからは電磁波的に乱されることもなく、緑の安全LEDが継続したので安心できた。
二、三度目が覚めたが、強風の中、合計で僅か540g程の膜システムに守られてよーく寝た夜。

翌日の寝床はふっくら乾いた状態、さすがeVent。4時に起きて、寝転びながら餡パンを食い、即座に五竜へ登った。温かい飲み物を採らないのはどうかとも思ったが、朝方は4度チョイの気温の冷たい風の中、飯の支度で震えるよりは餡パンを体に放り込んで水を飲んで、さっさと体を動かす方が手っ取り早くて温かい事が分かった。15分も登ると体が温まり、うっすら汗もかき、もう寒さは感じない。さすがB式始動術、朝が早い!
いずれ日も昇って急激に温かくなるはず。腹を満たすならその機会に休憩兼ねてやればよい事。

五竜山荘 04:20
五龍岳 05:09
e0024555_051430.jpg

山頂から切り立った直下を眺めた。やっぱり落ちたら死ぬな...速すぎた彼の最後を想い黙祷す。やはり、この場に立ててよかったと思う。
e0024555_05408.jpg

山頂ではQuiltにくるまってしばらく時を過ごした。ここでカルデラコーンで湯を沸かしてたっぷり砂糖入りの紅茶を作り、相変わらずここでも餡パンを食っているB氏に振る舞った。日頃お世話になっているせめてものお礼のつもり。再充填式のガスライターにプロパン入りのガスを継ぎ足しで詰めてきたので冷たい強風の高所でもEsbitに着火できたし、強風の中、カルデラコーンに守られたEsbitは充分に燃料を残して湯を沸かしてくれた。

降りて手早く撤収し、
五竜山荘 07:03
唐松山荘 08:57
八方池 10:45
八方山荘 11:16
あとはリフトとゴンドラを乗り継いで下りた。
白岳から大黒岳へは気持ちのよい道を軽快に歩いた。また、下るだけの唐松山荘から丸山ケルンも良い道だった。雪の残る扇雪渓で暫し休んだが、この辺に来ると観光の人も増え、八方池から先は人混みで大変なことになっていた。

まずまず、良い山歩き。B氏と同じ速度で歩けたことが嬉しかった。


やっと行くことができました...


「登山・キャンプ」へ+1..Click!

[PR]
by ulgoods | 2009-08-26 14:54 | 山行

Wetfire / ULTIMATE SURVIVAL

Wetfireはアルティメイトサバイバル社の固形火口で、前回の記事でも書いたがメーカーの主張としては
・1,300°F(704°C)以上で燃焼し、無毒、無臭、無煙である
・風の影響を受けず、むしろ濡れた状態の方が長く燃える
・他の着火剤のようなベタベタの燃えかすを残さない
・包装状態で最低5年、開封状態で3ヶ月利用できる
・軽量、メーカー希望重量5.67g(実測重量3.5g)/包

開封した感じでは質感は白墨そのもの。サイズの割に、え?っという軽さだった。長いのを作ってポッキリ折った感じの断面。たぶん断面が滑らかよりは火の点きが良い効果を狙って、そう形成しているのだろう。
e0024555_23485057.jpg

早速でナンだが、ORショーのビデオでは濡れに強いことを強調していたので水で濡らしてみた。さすがに表面が濡れていると着火しないが、中をほじってやると少々湿った状態でも着火に成功した。水に浮かべて燃えている絵を見たことがあるので真似してみたが、水に浮かべると上手くSparkieの火花を移せず、無駄に火花を散らせただけで最後はライターを使ったのだが、Esbitと違って爆ぜることもなく水に浮かびながら素直に燃えた。が、少し水を吸うようで、湿った状態ではメーカーの言うとおり長い時間燃えるのだろうけど炎が大きくなることはなく、立ち消えてしまった。
e0024555_23492681.jpg

無臭とのことだったので室内で燃やしたが、けっこう臭いのが籠ってしまい部屋から臭いが抜けるのに時間が掛った。どのくらいの鼻で嗅いで無臭というのかは分からない。

次に燃料として燃やしてみた。重量が僅か3g程度で、小さなEsbit(4g)よりも軽い。4gEsbitはかろうじて200ccの湯を得ることが出来るのだが、Wetfireはどうだろう?
e0024555_23501044.jpg

結果として燃焼時間5'40"、200ccは沸騰に至らなかった。こんなに軽くてガンガン湯が沸いたのではEsbitも困るだろう。サイズ的には16gのEsbitより少し小さいくらいであるから、湯を沸かすなら素直にEsbitを使うべき。
ベタベタ燃えかすが残らないのはその通りで、燃えかすは乾燥したカスのみであった。が、鍋の方に大量の煤が付着し...臭いも出たし煙も出た。無毒かどうかは確認できないが、薪の煤と違ってこの煤の着いた飲み口には唇を触れたくない。というわけで、燃料として使うのは違う気がした。
e0024555_23504545.jpg

e0024555_23505772.jpg


もともと、非常袋の中の火口(Tinder-Quick)と予備のEsbitを統合してWetfireへの置き換えを狙ったのだが、少なくともEsbitの代用には辛いみたい。一方、Esbitは火花系では着火が難しく、Sparkieでは押し下げた勢いで粉々に砕いてしまったり遠くに飛ばしたりするが着火しなかったが、Wetfireは簡単にほぐせて、その小片にも簡単に着火した。ライターを使うと、即着火だ。しかし、Tinder-Quikと比べて格段に良いわけでもない。重量的はTinder-Quikの6本分くらいに相当する訳で、大きな固まりを砕いてロスを出すよりはTinder-Quikを小さく千切って使った方が、計画が立てられて好ましい。Tinder-Quikも少々の水濡れ(濡らして搾って)でも着火するし。

開封したての新鮮なWetfireをSparkieでほじってみて気がついたのだが、力を掛けると液体が染み出る。小片を指で潰してみたが、ベッタリ油が付き、嗅ぐとベンジンのような臭いがした。こやつの正体は固形燃料というよりは固形で油を保持する仕組みのようだ。道理で水に強いし、炎を近づけるとすぐ燃え上がるワケ。Tinder-Quikもシットリと油で濡れている感じがするのだが絞れるほどは出てこない。ずいぶん長く燃えるからだいぶ油が入っている感じだ。たぶん、あの燃えカス以外は油分なのだろうな。

さて、無理矢理Wetfireを導入するメリットはあるのか...着火剤コレクションにWetfireを一つ追加すれば良いという思いはある。固形燃料で湯を沸かすことがい多いので、Wetfireの小片をEsbitに添わせて着火するのは良い考え。試してみたがイイ感じの着火剤ではある。

この際だから、以前rwalker氏に教わったワセリンを試してみた。コットンボールが切れていたので、細く千切ったぼろ布にワセリンを染みこませて火口にしてみた。Spark-Liteの火花では着火し辛かったが、Sparkieで布を押さえつけるようにして発火させたら2回くらいで着火して良く燃えた。燃え具合はTinder-Quikと同程度である。触った手がベトベトするのが難だが、ワセリンは軟膏であるから布や綿に染みこませて携行すれば容器に書いてあるアカギレの他に股ズレや靴擦れ火傷などにも使えて便利。その他、兼用着火剤としては手の消毒アルコールジェルも良く燃えるが、容器に移すのが面倒だった。
ここにきていきなりTinder-Quickには申し訳ないが、ワセリンを持てばTinder-Quickは要らない雲行きになってきた。

原点に戻って、濡れた場面でしょっちゅう火口を使うか?火口を使うのココロは焚き火をしたいということであって、濡らさないように非常袋に入れた着火剤が濡れるほどでは燃やす相手の薪も濡れている気がする。達人になると濡れた薪でも焚き火を熾すというが、やはり大きなナイフで濡れていない木質を削ぎ出して着火させないと辛いだろう。私の普段のナイフはビクトリノクス・クラシック程の小さい刃しか持ち歩かないから木を削ぐなどの荒技には使えないと考えている。火口の火力で木を乾かし蒸して可燃ガスを出させるまで状態を保持しないと火は起きないわけで、Wetfireの1個くらい燃やしても仕方ない気がしてきた。雨中の焚き火を想定したらそれなりのモノを持つべきなので、救急用具で行うことはひとまず断念する。

というわけで、非常袋の着火系だが、あまり重さにこだわる部分でもないのだが、火口として
ワセリンコットンボール数個、FirstAIDと兼用
Wetfire1包
を持つことにした。
発火系は
Spark-LiteがあればWetfireの小片に着火できるので、そこから燃やし広げる事は可能なので採用する。
というわけで、Tinder-Quickが割を食った形で決着の感がある。
寒い時期にも試さないといけないが、重いオイル系ライターを省略できる可能性がある。


Wetfireを触った手であちらこちら触るとチョト痒い...

Clickたもれ!!

[PR]
by ulgoods | 2009-08-22 00:01 | 燃える系

Sparkie & Wetfire Tinder / ULTIMATE SURVIVAL

山でも普段の着火にはライターを使っており、発火方法や燃料の違うタイプを取り混ぜ3個ほど持って行くので火が着かずに困ったことは少ないのだが、ザックの中を見ると他に非常用に着火用具一式と非常用固形燃料と燃えかけのロウソクが入っており、まー、こと炎系に関しては保険を掛けているけど少し無駄ではないかという思いがあり、この辺の整理をしたいと思っていた目で眺めていたらULTIMATE SURVIVAL社の製品が引っかかったので、発火器(Sparkie)と固形火口(Wetfire)を入手してみた。

e0024555_6445589.jpg

こやつらの売りは、
Sparkieは
・メーカー希望重量23g(実測重量27g)で、同社の従来品に比べて半分の重量
・片手で着火可能
・ゴムグリップで操作が安定
・内蔵バネで押さえられた発火棒は360度回転可能、発火棒は本体内に収納可能
・濡れても拭くくらいで使用可能

一方、Wetfireは
・1,300°F(704°C)以上で燃焼し、無毒、無臭、無煙である
・風の影響を受けず、むしろ濡れた状態の方が長く燃える
・他の着火剤のようなベタベタの燃えかすを残さない
・包装状態で最低5年、開封状態で3ヶ月利用できる
・軽量、メーカー希望重量5.67g(実測重量3.5g)/包

というのがメーカーの主張。
両者がセットになって販売されており、効能を見ていると
・雨っぽい場所で濡れても着火できる
・片手で操作でき、風のある場所でも何とかなる
と読める。
その辺の確認をしてみたい。
Wetfireだが、Sparkieには1個しか付いてこないので、別途8個入りを2個買ったので、しばらく遊べると思う。国内でも入手可能だが、国内送料と少し割高な製品の値段を足したらe-Bayで2個買って送料込みで同じくらいだったので、通関しない危険性もあったがお願いしてみたら1W程で届いたのでラッキーだった。

その他の非常系発火セットと記念撮影
e0024555_6464425.jpg


まずは発火器(Sparkie)だが、
重量実測で27gであり、メーカー希望重量23gは発火棒を除いた重量か?と思って発火棒を外して測ったら18gなので何の重量を言っているのか分からない。ちなみにLight My Fireの発火棒はブレードが付いた状態で14g。Lite My FireとTinder-Quikの6本を防水袋に入れて21gだ。また、軍で採用されているSpark-Lite FirestarterとTinder-Quik4本セットはプラスチックケースに入れ取説付きで16gと最軽量。Sparkieは重量的には美味しくない。

で終わっては私も浮かばれないので他の利点を探してみた。
Sparkieの良いところは、片手で発火できることだろう。これは先端を固い表面に押し当てて、本体内蔵のカーバイトチップを指で発火棒に押し当てながら本体を掌で押し下げることで確実に大量の火花が出る!Light My Fireの棒ではブレードを押し当てる角度によって火花が出なかったり、通常は両手を使わないとダメ(いざとなれば足や歯を使うかも..)。押し当てる対象が無くても親指でカーバイトチップを押さえ人差し指で発火棒を引き込む動作をすることで片手で発火することができ、アルコールストーブへの着火にも使える。
e0024555_6482311.jpg

Light My Fireでも押し当てる対象がない場合はブレードを固定して発火棒を引き寄せる動作をすれば火花は出るが、やはり両手が必要だし、勢い余ってアルコールストーブを遠くに飛ばしてしまう(アルコールをまき散らしながら!)危険性があり、ちょと分が悪い。この点、Spark-Lite Firestarterは片手で握って親指で回転ヤスリを回すだけなので片手でOKなんんだが、100円ライター並みの弱い火花しか得ることが出来ず、添付のTinder-Quik以外の火口を発火させるほどの力はないのは残念。棒を削る系は単に火花が出るだけではなく、大きめに削れた粒子が火口に付着して高温を発することでしぶとく着火するのであって、単なる火花系とは趣が違う。
補足的に、Sparkieの発火棒は直径6mm程度でLight My Fireの4mmと比べて太い!これは大量の火花が得られる発火方法なので細いと回数が保たない感じなためだろう。実際、10回程度発火させたら目に見えて棒の表面が削れてしまった。このままいくと面が広くなり歯と擦れる面積が広くなりすぎて発火に力が要ったり削れ面の凹凸に引っかかり擦り動作が最後までスッパっと終わらないので困っていたが、どうやら棒を取り外して角度を変えて取り付けられるらしいのでやってみたら、再度フレッシュな角を得て気持ち良く発火することができた。

他にSparkieの良いところは...無いな...
ああ、水濡れだが、発火棒系は水を吸わないので濡れても表面を拭いてやればOK!回転ヤスリ式は、100円ライターを濡らして発火しないのと同じで濡れに弱い。が、Spark-Lite Firestarterは耐水性と謳われており、実際に濡らしてもヤスリの部分を拭いてやれば短時間で発火が回復した。ただし、雨の中でやろうとすると拭く間もないし、手から濡れが移るので辛いだろう。

ということで、
重量的には
Spark-Lite Firestarter << Light My Fire << Sparkie

火花(着火能力)的には
Sparkie >> Light My Fire >> Spark-Lite Firestarter

操作の簡単さ(発火の確実性)では
Sparkie = Spark-Lite Firestarter >> Light My Fire

耐濡れでは
Sparkie = Light My Fire >> Spark-Lite Firestarter

ということになる。
総合的にはSparkieは高得点であったが、何を重視するかで制式採用するか判断しなければならない。
Sparkie 27g、Light My Fire 16gで実に10gの差!大きいか小さいか?たかが10gとか言ってると、すぐにザックが重くなるので一考すべきだろう。Sparkieを持つことで他のモノを減らせれば文句はないわけで、片手で操作できて大量の火花が得られ、濡れても発火が得られるのだから、トイレ袋に忍ばせてあるペーパー燃やし用の予備ライターを廃してSparkieを持っても不都合がないように思える。荷物の点数が減って重量が減って信頼性が高まる方向でいきたいから、もう少し吟味が要るな。ライターは燃料も含んでいて火口が不要。火花系は良い火口がないと炎が得られないが、ライターは炎を得ることができるのが魅力。2つ持てばどちらかのガスが無くなっても何とかなりそうだし、発火方式はフリント式と電子式を持つことで大概の場面で炎を得ることができる。濡れは、非常用ならそれなりの防水対策をするのであまり問題ないし。じゃー、防水マッチを持ったら?実はマッチは擦りたての火薬が燃焼している間は風にも強い。上手く風を遮れば心棒に着火して長時間燃える。が、やはり保存や着火にちょと気を遣うし、1本で1回しか使えないのは、非常の場面では焦ると思う。

次回、相棒のWetfireを書くので、それまでには結論を出しておこう。ああ、Wetfireの相棒としてのSparkieか...
ちなみに、Sparkieは秋頃に日本市場でも手に入るという噂だ。

収納状態
e0024555_6495190.jpg




1W程、子供らと夏休みしてました...山へは行けていないです。
グズグズしてたら夏山も終わるので何とかしたいとは思ってます。

たまにはClickたもーれ!


おまけ、
小川原湖、遠くに八甲田連峰を望む。
e0024555_7164945.jpg

米軍と自衛隊の基地があり、頭上をF16が絶え間なく訓練飛行している。轟音がとどろくが、住んでいれば怒りも湧くのだが、たまに行くとこの音も少し懐かしい。象の檻と呼ばれる巨大無線アンテナが見えるが、パラボラアンテナに取って代わられて解体の予定だと聞く。

航空科学館は初の太平洋未着陸飛行機 Miss Veedol号の展示に始り、航続距離記録を打ち立てた航研機やYS-11(実機)、飛ぶ原理の体験、フライトシミュレーターなどが楽しめて、なかなか面白い。
e0024555_6581649.jpg

野外には退役した戦闘機(実機!)の展示もあり、柵の向こうは米軍基地だ。その近所には寺山修二の記念館もあり、二つ周れば1日はもつ。

今年の航空祭には米本国から神業アクロバット飛行隊のサンダーバーズが来るらしいので...混むだろうなぁ
[PR]
by ulgoods | 2009-08-18 07:04 | 燃える系