<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

奥多摩酔仙


日曜は日帰りで奥多摩の低山を歩いた。
奥多摩のそうは高くない山々も今頃は萌えて新緑。こんもりした山肌に桜もちょうど満開で、期せずして三度目の花見に目じりも緩む。
e0024555_1128848.jpg

朝、飯を握って軽く焼いてから味噌を塗って持ってきた。網も持参し、山で炙って食うと旨い。
下りは渓谷沿いに歩き、山肌から流れ出すその場所で旨い水を堪能した。川の始まるその一滴をククサに受け溜め、念のために紫外線で殺菌すれば冷たいままに後々の憂いも無い。
それなりに気持ちの良い山歩きであった。

さて、奥多摩のもう一つのお楽しみは山を降りてから始まる。さっさと電車で帰らずに、毎度道草しては奥多摩の産物で奥多摩の酒を飲むことになっている。駅周辺の小さな飲食街、狭い路地にひしめき合っているのだが、今回はお初の店の戸を開けてみる気になった。ちょっと良さそうなその店は、まだ日は高いが暖簾は出ている。中が見えないから不安もあるが意を決してガラガラと開け、偵察がてらザックを担いだままの顔だけ入れて挨拶をした。

間口一間そのままの幅の店内は狭い。女将さんと常連とおぼしき3人が既に結構デキ上がりのグラス片手にこちらを振り向く。ども!空いてますか?と尋ねると、いいよいいよと運良く空いている席を指してくれる。空席越しに盛り上がっているようなので、詰めてもらった方が良いですかね?と言うと、良いから間に座れと言う。せっかくだから有り難く座らせてもらった。ここの流儀、中は狭いのでザックは路地に出しておく。案の定、話に巻き込まれるが話が面白い。こっちも半分その気で来てるから、あれよという間に澤乃井の小瓶が並んだ。

やがて、昨日飲んだという岩魚の骨酒の話となる。なんでも釣りの名人から天然物の差し入れがあって昨日は痛飲したらしい。ほーと思っていたら、女将さんが昨日の残りがあるからと塩焼きにして出してくれた。釣り上げた天然物、大きさは不揃いなのだが、生臭みなく淡泊かつ焦げた皮の風味が香ばしい。女将さんの焼き具合もよろしいが、これはその釣り師に指南されてのことらしい。と、舌鼓を打っていたちょうどその時、ガラガラと戸が開き、運良くか毎日のことかは分からぬが、件の釣り師が顔だけ入れて中を覗った。待ってましたと皆で席を詰めて釣り師のために隅っこを空けて補助椅子で座ってもらうことになった。岩魚の礼を言い、話はご馳走になった岩魚から再び昨日の骨酒へ...なんでも釣り師殿、毎晩二尾を焼いては骨酒で六合を飲むという。皆ウンウンと聞いているが、話すほどに皆の視線が物語る何かを感じてしまった釣り師殿、一寸待て、家からとっておきを持ってくるからと席を立った。ほどなくして釣り師殿は型の良い岩魚四尾と共にご帰還だ。

女将さんが焼く。釣り師殿がカウンターに入り、どれ!と絶妙の焼き加減を見計らって素手でにぎって鍋に沸かしてある酒に放り込む。ジュっと音がして見る間に酒が飴色になってくる。あとは鍋がカウンターに出てきて、お玉ですくって飲めと言うことになった。
e0024555_1129717.jpg

いや、濃厚。ほんのり香りと言うもんじゃなく、岩魚のお出汁にほんのり酒香と言うべきか。酒も岩魚の脂でとろみが出ており、まさに甘露。
e0024555_11294516.jpg

うまい!うめっ!と、たちまちにして鍋は空き、鍋に継ぎ足し煮出しての二番酒となる。通に言わせると二番が旨いらしい。なるほど二番は酒の味もしっかりしており飲んだ気になる。さすがに三番となると岩魚も精根尽きるのだろう、しかし風味も残ってまだ飲める。四番まではやれるという...

やれやれ、初めての店で大いに飲み笑い、気がつくと終電を気にする時間が近づいて来て、慌てて辞することになった。
隣で飲んでいたオヤジさん、住所を知らせてくれて遊びに来いと仰る。だけれども来るときは少し前に葉書で知らせてくれよとも。電話もないし、テレビもない家で絵を描いて暮らしているらしい。

わはは!都内なら葉書は二日もあれば届くという。確かに!
どうやら私は奥多摩酔仙たちの宴に紛れ込んでいたのだろうね。
秋の個展も楽しみだ。



奥多摩は、山も良いが渓も佳い。人も好いから私も宵から酔いました。
一献...Clickどんどん!!

[PR]
by ulgoods | 2009-04-21 11:33 | 山行

モンベル空気枕修理 / Montbell UL Comfort System Pillow leaking

モンベル(mont-bell) U.L.コンフォートシステム ピローは、昔世話になった氷枕のような色以外の使い心地は気に入っており、侘びしい一夜の贅沢品として携行することが多かったが、規定回数を超えたのか?、どーも気が抜けて朝には潰れるようになっていた。冬の間は寒いので使わずに放置だったが、暖かい季節で出番があるから修理せねばならない。
製品には修理キットが付属するから、それを使えば良いはずだ。

以前、たぶん山で犬に囓られたときだと思うが、少し切れ目ができたのでパッチを当てて修理をしておいた。パッチは充分大いので、パッチ部分から漏れることは無さそう。しかし、それ以外の裂け目も見つからない。仕方ないので風呂に沈めて漏れ箇所の特定を行った。
確認できた気泡は2カ所、
なんと、パッチを当てた箇所を突き抜けての気泡と、もう1カ所、内部の隔壁の付け根から...
e0024555_17444923.jpg


要は、付属のパッチは空気を通す筒抜けな間抜けパッチ材の疑い。それと、膨らみすぎを防ぐ隔壁の端が内部で剥がれ気味になって、その部分でシールドが破れての漏れと推測される。
もう一度同じ失敗はできないので、空気を通さない素材でパッチしないとね!と思い手持ちの修理品を漁ったら、以前時計の修理でも使ったTEAR-AIDが出てきた。これなら後にベッタリ融着して空気を通すまい。その上から付属の補修素材を張っておけば顔に粘らないで済みそうだ。
e0024555_17453811.jpg

e0024555_17475875.jpg

e0024555_18115593.jpg

2カ所パッチを当てて、その後テストしようと思ったら更に重要な箇所を発見...何と!中央の接合部分が剥がれかけている。指を入れてみたら力を掛けなくても剥がれが進行するではないか。
e0024555_17462410.jpg

補修材には接着剤も付属していることから、このくらいは想定の範囲内なのだろう...仕方がないから接着剤を塗った。この接着剤を塗ると素材はめくれ上がる。が、慌てずに両面に伸ばして息を吹きかけて少し乾燥させてから押し当てるのがビニール系接着の基本。念のためサランラップを押し当てて上から本で重石をして暫く放置した。
e0024555_17484258.jpg

何とかここも補修ができ、空気を入れて、椅子の腰に当てて様子を見ているが、やはりまだ張りが減っていく。漏れの箇所は、おそらく隔壁の端部8カ所全てが微妙に漏れていると考えられる...ダメだな。
e0024555_18162025.jpg

元々四角くのりしろが接着されていた物が角が内部で剥がれ掛けている感じ。最初はどんなだったかな?

それと、まくらは直接頬や頭髪に擦れて汚れが付くのは避けられない。放置していたら黒い斑点、すり込まれた生体成分を餌に繁殖したカビでしょうか?マットと違って枕は徹底的に抗菌仕様なんて気合いを入れても良いんだと思う。あるいは毎年買い換えるか...
ツルツルのビニールで、薄い不織布のカバーが交換できても良いと思うけどね。
e0024555_17504859.jpg


同社の空気マット系は3個持ってるが同じ素材で同じ製法なら同じ問題が起こるだろうな。目に見えない箇所からの微小な漏れはフィールドで判別が付かないから修理もできず、しかも修理材が通気性なので致命的だと思う。空気入れすぎ、あるいは頭が重すぎと言われればそれまでだが、構造的というか製造上の問題もあるんじゃないかと思った。
SONYタイマーならぬ時限式自己崩壊のモンベルタイマーなんてセットされているのかな?

マットと結合のアイディアだけ頂戴して別の枕を探すかな...



モンベル嫌いじゃないよ、でも時々困る...
参加中...
ちょっと小言のある人とかもClick!!で

[PR]
by ulgoods | 2009-04-18 18:06 | 生活系

Ultra Sil Shopping Bag / SEA TO SUMMIT


いまでこそ普通化してきたが、近所の夜12時までのスーパーはずいぶん前にレジ袋が有料5円になった。たぶん国内でも先駆的な試みの有料化モデル店だったと思う。系列他店が無料でもうちの近所だけが5円の徴収だったから...
e0024555_11134316.jpg

ま、5円はうちの子供も通う地域の小学校の環境教育予算に充てられると区の職員が説明していたので一応は納得し、時々はよろこんで5円払ったりもしたが、おかげさまで教育が進むと再利用のレジ袋でも子供らの視線が寒いので、ついに屈して買い物袋を使うようになった。
買い物袋は現在3個目。レジ袋を貰わないと2円相当のポイントが貯まるのだが、金額的には既に10年分くらいは先取りしてしまっている勘定だ(持っていく行かないで7円の差、年100袋として10年で7000円)。

最初に買ったのはGRANITE GEARのAir Grocery Bag(緑)、Silnylon製で47g。当時はこれしか見あたらず疑問もなく使っていたのだが、どうも荷重が掛かったときに取っ手部分が痛くて困っていた。どーいうつもりのデザインだろう?握りの指側の縫い目に線で荷重が掛かるようになっており、面でないから指を切断するようにキリキリ痛い。ハンカチなどを被せて握らないと重量物は運べない。
e0024555_11135559.jpg

これは無駄な買い物をしないようにとの偉大な工夫であると思うのは買いかぶりすぎだろうな。
また、ヘタしたら同社のザックカバーと間違ってしまいそうな収納も裏表がわかりにくく、私は暫く裏返しで使っていたのかしら?収納袋のバイアステープから解れてきて本体がはみ出て納まり悪い。残念ながら買い物袋は同社の優れたザックとは違って根性の入り方がイマイチな作りだった...
e0024555_11145198.jpg

これは次作で痛みが軽減されたらしいが、収納のアレもあり買い換えに至らない。デザインというか構造のミスなので無料交換くらいしてくれても良いと思う。

痛いので憤懣やるせなく重い物の買い物ついでにスーパーのオリジナルの袋を買ったが、これは普通のナイロン繊維で収納袋も分離型なので、当然その後二つは別れ別れになり..面倒なのでポケットに突っ込んで買いに行っていたが、最近は縫製の目も緩んできて強度に不安があり、品質的にはレジ袋を越えていない。比較写真を出すほどでもないが、面白いのはナゼに収納袋を一体化しない理由があるのか?ということだ。これは不思議だと思う。

で、真打ち登場。昨年のORショーの速報で見たのだが、SEA TO SUMMITから大人を吊り上げられるほどの強度を持った買い物袋が発表されたぽくて興味を持っていた。ちょうど忘れかけていた頃、三鷹のお店で出会ったらレジ袋の単価など忘れて即お持ち帰りになるのは仕方ない。そう、レジ袋削減はコスト云々では無いらしいので...
e0024555_11174631.jpg

素材はSiliconized Cordura、重量の47gはGranite袋と同じだが収納は超小型指向。130kgの荷重に耐えられるのが売りだが、まずは何より取っ手紐が痛くないのが嬉しい。更に取っ手紐が長めなのでトートバッグとして肩に掛けられるのが従来のレジ袋置換品には無い使い勝手でポイントが高い。当然、指の痛さに腰が引けて買い物が疎かになると言うこともなく、肩に掛ければ多少重くても帰り道でメゲないから、お店としてもこの袋を推奨バッグにすれば店の売り上げ倍増も間違い無しだ。
で、130kg、大人を吊り上げるの件だが、アシスタントがいないので、両足を突っ込んで自分を持ち上げようと思って引いたが持ち上がらなかった。普通そんなに買わないでしょ!というくらい力を掛けたがバッグは大丈夫だし、指も平気。縫製も要所要所にバータックが入って今のところは緩む気配がない。
e0024555_11183031.jpg

収納袋が小さいのが困ったなと思ったが、実際困ることはなかった。生地の滑りがよいのでワシワシと両手の親指で押し込んでいけばきれいに入る。取り出しも、指で押し出すとワッっと飛び出る感じで入れるときの手間が報われる。Graniteの方は入れも出しも手間が掛かる。
言っちゃアレだがわたし的感覚ではGraniteより使い勝手がよい。
e0024555_11191685.jpg

レジ袋をSilで置き換え耐久性を増すのと、買い物に適したトートバックをSilで軽量化する、戦略の違いだね。

当面はこの袋だな...袋難民から解放された安堵感は大きい。
こんなご時世だから家で飯の若者も増えたかな?スーパーの夜の客層にも変化が出ている気がする。

この袋一つくらいで野宿に出かけられるくらいに...



この袋のパッケージにLeave No Traceとあるが、そう、野に入ったら痕跡を残してはいけない。誰かが辿って道になる。
Antigravity gearではYour MAMA says Leave A Traceだが、続きがあって in the Right Place!ということになる

ゾロゾロ歩くのは好きではない...
Click!!

[PR]
by ulgoods | 2009-04-14 11:35 | 運搬系

Black Diamod POLELINK CONVERTER

地味な道具だが...

Hex3を立てるならトレッキングポールにアルミのPole Extenderで良いのだが、もっと背が高い物を張るときは長さが足りなくなる。手持ちの屋根ではAlphamid nanoを腰高に張るときはPole Extenderでは長さ不足だった。
ポールを二本継ぐのはHex2時代のカワサキさんの翻訳ページで見ていたが、どーもグラグラしそうで試してはいなかった。カワサキさんのページの物は先端部分を輪っかを外して細引きでやっているが、輪っかを2個外すのが面倒でもあったし...
グリップ側のストラップをミニカラビナでつないで細引きでぐるぐる巻きにする方法もあるが、最近のトレッキングポールはストラップの長さ変更が簡単にできるので、逆に緩んだり、その機構に力が掛かりすぎる懸念もあった。

そんなとき、何気なく三鷹のページを見ていたらBlack Diamod POLELINK CONVERTERが商品紹介に出ており、魚心に水心なので試してみた。
元々はBD MegaLiteのパーツであるが、ばら売りされたらしく嬉しい。
実測32gは結合の手間を考えれば許せるかもしれない。もちろんHexの専用ポール400g超を持つよりは遙かに軽い。
e0024555_17135721.jpg

結合は、グリップを互い違いに袋に入れてベルクロを三カ所巻くだけで簡単だった。グリップも断面は楕円なので短直径同士が合うように気を遣うと納まりが良い。ベルクロもキリキリ巻く。こういう継ぎ物は力の方向がズレると折れるので、何度か力を掛けて安定する位置を探すことになる。

少し体重を掛けてみたが折れなさそうなので実際に使ってみた。
継いだ長さは160cmくらいにしてAlphamidを張ってみたが、Pole Extenderに比べても特に弱そうな感じはない。ただし、モノポールシェルターでは長いポールを斜に立てて生活空間を広げる事もあるのだが、継ぎ物は特に曲げの力が掛からないように気をつける必要があろう。
e0024555_17142162.jpg

ま、基本的には端の回転が拘束されていないなら曲げの力も発生しないと思うが、部材としては個々のポールに対して回転モーメントが掛かる構造ではありそう。蹴飛ばしたりして撓んだ瞬間は危ない気がするので気をつけたい。

Hex3の時は従来どおりPole Extenderにすると思うが、Alphamidを連れ出すことがあればPolelinkを使うことにする。
Alphamidは出入り口面が垂直に近く、ポールが邪魔になりにくいから良いだろう。
e0024555_17143363.jpg

キレイに張れた!



使っていないときに使える使い道も考えないと...
やり投げに使えるかな→


Click!!

[PR]
by ulgoods | 2009-04-10 17:25 | 宿泊系

TarpとBivy

タープとビビを意味もなく庭に張ってみた。

しつこくBivyをやっているのだが、買ったまま塩漬けにしていたeVentビビ Big Agnes Three Wire Bivy があったのを思い出して張ってみた。
e0024555_19253131.jpg


こやつはeVentとCorduraの複合でできている。重量は膜と骨だけで860gくらいだったか、あまり軽くはないが頭部の空間が魅力だ。以前、同様に頭部に空間を張るID eVent UniShelterを持っていたが、メッシュの開口部が狭いのでいまいち開放感に乏しく手放してしまった後釜に据える予定。ID eVent Uni.も雪の上でも張ったし換気口が働いて息苦しくなくて良いBivyではあった。Big AgnesものはIDに比べると頭部が狭い感じでちょっと窮屈な感じがしたがメッシュの開口面積はBD Lightsabre並に大きい。非降雪期ならBig Agnesの方が開放感はありそうだが、降雪期ならID Uni.の方が居住性がよさそう。頭骨無しのeVent BivyとしてはID CrysallisRab Superlight Bivyが居るが、寝るだけならそれでも構わない感じで使い分けたい。

いずれにしてもBivyでは雨天時の出入りを考えると気が滅入る。以前、MLDのMLD Monk Spectralite.60 Tarpを張ったとき、いろいろとBivyを覆う張り方をやってみたがシックりいかずにますます滅入っていたのだが、最近Integral Design社のSiltarpの写真が変わったか?あの張り方をやってみようと唐突に思いついて、Siltarpは持っていないのでSilPonchoでやってみた。というのもSiltarpの張り方は遠目にどうなっているのか分からなかったのだが、最近の写真からは陰影が出ていて、恥ずかしながらやっと理解することができた。
概ねこんな感じだろう。
e0024555_19464866.jpg

e0024555_19271390.jpg

本家
e0024555_1929426.jpg

張り綱が1本で済むのが嬉しい。

この張り方はIDの写真と短辺長辺の取り方とBivyのドアの方向を逆にしてある。これによって高さは稼げないが、Three Wire Bivyの開口部を濡らさずに出入りできることに気がついた。
軽くしたいのだが、手持ちのMLD Monkはサイズ的にSiltarpより幅が1ft.短いからこういう張り方はできなそうで、仕方ないから素材を仕入れて作ろうかなと思うようになってきた。120gくらいで仕上がるだろう。
Cubenは伸びがSilnylonほど期待できないので、上手く張れるかどうか...微妙。

とあえず張りっぱなしで雨を待つ。

e0024555_19275622.jpg

けっこう、しっかりカバーしてくれる。
e0024555_19282048.jpg

Silponchoの頭部は風が吹き付けたときに抜け穴になって膜体の力を逃がしてくれる働きをするようだ。
e0024555_19284249.jpg



な が い 毛 が し ら が ...山頭火

いつ読んでも笑ってしまう。
つい口元が緩んでしまった人もClick!!

[PR]
by ulgoods | 2009-04-08 19:32 | 宿泊系

mUV / Meridian Design

水が温んで瓢箪池の亀が泳ぐようになると池の水が飲みたくなる...んな訳ないが、お水系のお道具。
e0024555_1391937.jpg

浄水(殺菌)の仕方には濾す、沸かすが一般的だが、いずれもフィルタが重かったり沸かすのに多量の燃料が要ったりと、どーも超軽量ではない。フィルタでは病原虫の類は濾せても濾材の目より小さなウイルスや溶解したものは濾すことができない。煮沸は結構長い時間やらないとダメで、夏場の湯沸かしは歓迎されないだろう。飯を炊くなら生物的に汚染された水でも長時間の加熱で死滅するから良いのかなと思っているが...わたし的には山で飯を炊く習慣はないし、高所では所要の温度まで上がらない可能性がある。
軽量でウイルスまで処理できる物として薬品と紫外線があるが、軽量というなら薬品が一番だろう。1Lあたり数滴で処理することができる。が、処理した味に難があり割り切りが必要なのと、化学反応で微生物に対する毒素を生成するので低温下では十分な反応が得られない場合がある。この場合は量を増やしたり時間を長めにする必要があり、味的には更によろしくない。紫外線は昔から殺菌には定評がある。装置が大きいという難があったが、この数年で野外に携行できる紫外線殺菌装置が出てきている。紫外線は通常の温度帯では1分程度の照射でOKだ。これは微生物の細胞を破壊し増殖能力が発現しないようにするもので、微生物自体は水に含まれるが、体内で爆発的に増殖しなければおーけーという感じ。
原水の旨さを味わいたいが汚染が気になるときは沸かさず薬品も使わずに殺菌できる紫外線が最も好ましいと考えている次第で追っている。

携行できる野外用で紫外線殺菌装置は2社から出ている。販路広く売っているのはSteriPenだろう。
HPも充実していて各種研究機関での性能試験結果が掲載されており、
SteriPEN’s ultraviolet light is proven to destroy in excess of 99.9999% of bacteria, 99.99% of viruses and 99.9% protozoa.
ということになっており、信用できそうだ。デザインも良く、携行するにも破損の心配が少ない。
も一つはMeridian Designで、以前書いたAquaStarは紫外線管も長くて、くまなく虫らに紫外線を浴びせることができそうでJMT歩きの際に検討したのだが、結局は紫外線管の破損が恐くて国内で数回使っただけで、JMTの時は簡易フィルターで濾してAquaMiraという薬品で処理した。

そのMeridian Design社がSteriPenのような小型の装置(mÜV - the "move" micro-UV water purifier)を開発したのはだいぶ前に知っていたが、当時は試作段階で手作りだったらしくモノが無く、輸送もバカ高いUPSしか使えずに困っていたのだが、、USPSも頼むよ、みたいなメールを出したお陰かどうか分からないが今年に入っ日本向けのUSPSの送料も表示されて、モノの製造も軌道に乗りカートに入れられるようになったので、しつこくお願いしていた手前、注文しておいたもの。水が温んだので思い出して灯してみた。
e0024555_1385414.jpg

mÜVの良いところは
・軽量2.4oz.(68g 実測72g)
・充電式
・安価 $49!
というところ。
重量的にはSteriPEN Adventurerが3.6oz.(105g)、AquaStarも電池込みで109gであるから、こちらはだいぶ軽い。
AquaStarは電池はCR123を2本要し、これ結構高価なので辛かったがmUVは乾電池から磁石端子付きのリード線で充電できるのが嬉しい。まだ試していないが太陽電池から充電できれば長期のトレッキングには朗報かなというところもポイントが高かった。
懸念されるのは紫外線発生部分が短いので、充分に隅々まで照射できるかという点。SteriPenよりまだ短いので、コップ一杯分ならいいかもしれないが、1Lボトルで処理する際には上手にむら無く攪拌するなどの手間が必要になる。かき混ぜ方によっては結果も変わってくるだろうし、かき混ぜ中に水が指に触れればそこから汚染が入ることもあり得る。ま、手にしてみないと使い勝手は言えないので、取り寄せてみないと仕方ない。送料が変わらないから2つ取り寄せたので1個余っている...
新機能の充電だが、単一で10-15回、単三で1,2回の充電が可能、10時間ほど掛かる。で、満タンで12回の浄水が可能、1回あたりの照射時間は80秒。充電具合を知らせるLEDが時限式ランプになるのはAquaStar時代から引き継いだ機能で、操作も同じだ。
強度的にはUV管のカバーがプラスチックになっており破損の心配はだいぶ減ったり、UV管保護カバーが蓄光式だったりと、細かなところに気を遣う進化が見られる。0.2mmのフィルターが付属するので、大きいゴミはこれで濾してから照射する。ゴミがあると紫外線に影ができて照射が不完全になる。
最も気になるのは、性能であるが...AquaStarの場合は
99.999% effective against protozoa (including Giardia, Entamoebic Dysentery, and Cryptosporidium)
99.9999% effective against bacteria (including Cholera, Shigella, Salmonella, and E. coli)
99.999% effective against viruses (including Enterovirus, Rotavirus, Hepatitis, and Poliovirus)
と謳っているが、mÜVのページには記載されていない。EPA Est.82431-CO-001という米国環境保護庁の認定?番号が記載されているが、検索しても詳細が見つからなかった。
ちょと気になる。気になり具合が英作文の面倒さより上回ったら問い合わせてみようかと思っている。
e0024555_1393676.jpg


浄水系の話は過去記事に寄せられたコメントに結構まとまっている。




気にせず飲めれば一番いいんだが...
動物もいるんだし、そーもいかないよね。水あたり退散→


Click!

[PR]
by ulgoods | 2009-04-05 13:21 | 生活系