<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

PossumDown Garments / ポッサムダウンな衣類たち

e0024555_1423718.jpg

私は寒い時期の毛糸系保温衣類としてPossumDoanの帽子、手袋、靴下を愛用している。PossumDownの衣類は軽くて柔らかくて暖かいので手放せない。肌寒い時期の就寝やキャンプ地で寛ぐ時はもちろん、靴下は時として袋メシの保温用というウルトラライトのトリックとして使うこともあり重宝している。

で、Possumって?というのはWikipedia日本語版によると..
ポッサム (Possum) はオーストラリア区のオーストラリア、ニュージーランド、ニューギニア島、スラウェシ島に生息する小~中型の樹上動物。分類学的には有袋類カンガルー目(双門歯目)クスクス亜目の複数の科にまたがっており、厳密な定義はない。云々...
写真は商品についてきたタグから複写したもの。結構可愛いが、後述するが実は曲者らしい。
e0024555_139169.jpg

このPossumからは細くて良質の獣毛(Possum fur)が採れ、これをメリノウールと混毛することでカシミアに負けない素材PossumDownになるらしい。カシミアは高価だが、こちらはそれほどでもない。

e0024555_141698.jpg

PossumDownはデフォルトで獣毛が毛羽立った感じだが、このロフト感が持続するのが特徴の一つでもある。あ、毛玉もできにくいそうだ。数シーズン使っているが、そう言われればそんな気がする。

さて帽子のこと...前から薄々は気づいてはいたのだが、どーやら私には帽子失しの才能があるようだ。先日まで被っていたPossumDownのBeanie、米国のBPL(Backpaclinglight.com)サイトで知り、軽さと保温性に優れると言うことなので靴下と手袋も取り寄せて使っていたが、やはり帽子を失してしまった。実はこの帽子の紛失は2回目である。どーも被って飲みに出るとダメな気がしている。不思議だ...もちろん夏物の帽子(OR SWIFT CAPも2個、3個)もそんな感じで、今は手元にない。
で、勧進元のBPLだが、ここの通販は殆どの目星い物が慢性的に品切れという状態が続いており、従って、紛失したPossumDownの補充が利かずに困るのであるが、まだ寒い時期だし、頭が裸では落ち着かないし、かといってPossum以外の毛糸帽は考えられないし、という身をよじるような事態になっていた。

通例だと、ここで困った...と書くところであるが、今回は困ることを見越して前の夏あたり、目先を変えて本国New Zealandで探してみたりしていた。サクっとググって一発Hit。やっぱりありました。しかも日本語での案内があるサイトが見つかった。そこにメールアドレスを登録しておくと2ヶ月に一回くらいは日本語でメールも貰える。少し怪しい日本語だだが、だいぶ怪しい私の英語よりは大部マシだ。で、こんなご時世だからNZ$も例外ではなく、通貨が円に対して一時の半値くらいに値下がっており、NZな買い物は金額的に割安感がめっぽう高い。しかも、南半球で季節が反対だから向こうのサマーセール(今が旬)などは、これから暖かくなる日本に於いては先行セール的な意味合いがあって有り難い等々、お得感満載の国を掘り当てた感じがしていた。

今回の帽子紛失事件でお付き合いを開始させてもらうことにした。とは言へ、今回はお初なのでささやかに控えめに帽子2つと靴下1で小手調べをしてみた。ら、いつ届くのか気になり始める前に届いてしまった。
届いた物の混率はメリノウール 50%、ポッサムファー 40%、ナイロン 10%となっており、これはBPL物もNZ物も同じ。というか、帽子のタグが同じ POSSUMDOWN KNITWEAR LTD製ぢゃないですか!重量もほぼ同じ44g(NZが3g軽い)。で、値段はNZの方が格段に安い。送料も安い。BPLは黒一辺倒だが、本国は色も選べる。NZは狭い国だから、すぐに集荷されて来るのも早い。などなど...大成功だった。ももももーーーPossumモノはUSから買う必要がないわけで、お安くて早い以上にBPLの慢性品切れから解放された歓びは何物にも代え難い。

帽子は、今回NZモノの方が若干ではあるが毛足が短くて薄い気がする。が、耳部分は二重になってて暖かいし、頭頂部辺りは有り難いことにまだ頭の毛があるから帽子の生地は薄めの方が嬉しいかもしれない。靴下はBPLモノよりも厚みがありリッチな感じ。こちらもだいぶ安かった。

Possumだが、実は害獣なんだそうだ。購入したサイトの説明文に依れば、
「ニュージーランドの森林22,000トンを毎夜70-90万匹のポッサムがを食べ荒らしています。ポッサムの商品をお客様がただ購入されるだけではなく、私たちの森林保存に貢献することを意味します。」
え”ホントに?という凄まじい量である。90万匹として、一匹一日24.4kg...うーん、食べそうで食べなさそうで..よく解らないけど、ペットとして飼うには1日に24kgも餌をやるのは重労働で辛そう。えさ代もすごそうだから飼育はお断りて、せっせとNZから製品を買う方が幸せだ。
Possum自体が高性能の獣毛なのか?メリノウールに混ぜると生地に腰が出るぜと悩んだ末に利用法を思いついたのかは分からないが...NZはメリノウールも本国みたいなものだから、両者の組み合わせはNZの陽と陰といおうか、鍋と蓋と言うべきか、ある意味無敵であろう。
本当に森林保護に一役買うかは分からないが、そう思うともう一回くらい帽子を失してもNZのためにと思えば+-ゼロくらいで気が楽になる。



PossumDownの腹巻きがないかと探しているが、まだ見つからない。
夏場は糸を買って編み物か→


Click!


追伸
play possum :死んだふりをする、たぬき寝入りをする
[PR]
by ulgoods | 2009-02-17 01:53 | 衣類系

Alphamid nano shelter

Alphamid型というのは、とんがり屋根の錐型(ピラミッド型)を縦に半分にたたき割った一見奇妙な形状のシェルターである。
典型的なAlphamidは下の写真のようなもの。
e0024555_11155353.jpg

この形式は軽量で耐風性が高く、傾斜が急なので結露が降らない&雪が積もらない利点があるとされている(もろに平面パネルに風を喰らったら辛いと思うけど...)。背が高いのは居住性も良好だろう。現在、製品として販売しているのは米国のOwareという会社(ヨーロッパ方面でも見た気はするが)だ。ポールで立てても良し、枝から吊れば尚良い。
前々から気になっていたシェルターゆえ、三鷹のHiker's Depotに委託品として置かれている物を見たときは、危うく即決で連れ帰りそうになってしまった。が、ちょと待てと脳みその片隅でささやく声があり、その日は引き下がってみた。

というのも、ちょうど一年ほど前、BPL(backpackinglight.com)の中古販売でCuben Fiber製のAlphamidシェルター、Alphamid nano格安で手に入れていたのを思い出した。これはBPLの主催者でもあるRyan氏がblogの中でも紹介しているソノ物、あるいは同シリーズの一つと思われて、おそらくはBMW(Bozeman Mountain Works)で製品化する際の試作品だろう。記事の関係から2年以上前の試作と推定されるが、製品化されていないことから没だったようだだが..
まぁ、BMWの製品でBPLが売るとしてもOwareが縫製すると思うけど。
写真はRyan氏のblogから
e0024555_11191462.jpg

nanoというのは、BPLがCuben Fiberを指すときに同時に使う言葉で、手持ちの物はCuben Fiber製の超軽量なシェルターだ。

ところが、これ、買ってすぐに張ってみたのだが、どうにもAlphamid型に張れずに、また、あらゆる稜線がキツイ懸垂曲線で構成され、何気なく張った感じが魔女の帽子のようにしか見えなかったので諦めて放置してしまっていた。
e0024555_11201730.jpg

ま、Cuben Fiberの素材だけでも元は取ったかなという感じなので、いずれ小物袋にでも仕立て直そうと思っていたところだったが、OwareのAlphamidに手を出す前にもう一度だけ張ってみようという気になった。というのも、今回は背を高く張ればAlphamid型になるのではないかという啓示が降りたのだ。

で、早速、再度張ってみた。
前回はトレッキングポール一本だけで張ったので高さは120cm程度だったが、今回はGolite Hex3のポールを持ち出してポールの節を一個残して150cmくらいに張ってみた。ら、だ!思ったよりAlphamid型を呈したような気がする。山で張るとしたらトレッキングポール2本を連結して長い竿を作ることになる。ポールの輪っかを小さなカラビナで連結し、マジックテープでグルグル巻にすれば良いはずだ。あるいはHex3用の延伸パイプをトレッキングポールに継ぎ足すか。
e0024555_1121417.jpg

おそらく、四角錐をスッパリ切った物ではなく、ビーク(くちばし)が出るように仕立てられていたのだろう。くちばし部分が前室として使えるから四角い室内も広く使えることになる。私の所に来た時は、隅々全部に張り綱が結ばれてあり、しかも幅広いno-see-um meshスカートがぐるり全周に付いていたわけだから、更に腰高に張られていたことは容易に推測が付いた。というのも、Alphmid型は頂部に換気口が付いていない。ベッタリ張ると換気が悪くて結露が凄いことになりそうだが、そんな状態をBPLの連中が甘んじているわけがない。今度は170cm程で張ってみた。まだメッシュに余裕があるし、換気はだいぶ良い。内部も広々した。

というわけで、このnanoを遊び倒すまではOwareのAlphamidはお連れしなくても楽しかろうと思う。
ああ、よかった...こちらの方がだいぶ軽量なのだ。Ryan氏のAlphamid nanoは重量が7.4 oz.(210g)と言われている。私の物は重さメッシュが付いている分重くて、それでも約10oz.(280g)で、悠々の広さの屋根が張れる。

Ryan氏の写真と詳細に比べてみた。だいたいの雰囲気は同じなのだが、一点、Ryan氏の物は補強布の一部が見えることから、背面に張り綱を取るタイがあるようだが、私の物には付いていない。後で取り外すことは考えにくいし、縫い跡もついていないから、やはり同型の別な試作品と分かる。
Ryan氏の張り方自体、Alphamidでないのが最初の混乱の元だ。たぶん、試作したは良いけど狙いが外れて換気MAXモードで張っていたのだろう。
寒そうだな...

今後、私の物にも背面にタイアウトループを縫い付けて室内が広くなるように張ってみよっと。

最近はCuben Fiberを小売りしてくれるお店がある。高価なのが難点だが...おまけに見た目は工事現場のガラ入れだしw
e0024555_11232468.jpg

だけど、とびきり軽くて可能性が広がる素材なのでね、仕方ないなぁ。

ヘンテコ好きには堪らない変な形だね。
e0024555_12132957.jpg




ああ、換気口も付けなきゃな→


ま、こんな屋根もありということで...ヘンテコ好きの人もClickちょ

[PR]
by ulgoods | 2009-02-12 12:03 | 宿泊系

又鬼山刀 / ナガサ

ずいぶん前から欲しかったマタギの山刀、ナガサをやっと手に入れた。
e0024555_0185830.jpg

これは買うに当たっては数年に渡り何度も躊躇していた。果たして自分がこれを持つに相応しいか...マタギの魂といわれる刀、軽々しく手にすべきモノではないと感じていたが、最近ではポチッと一発で買うことができるから、そう深く考えなくても良いのだろう。想いは発酵しており、手にして感じることがあればそれも収穫だ。
ポチッとしてから僅か二日目の朝、それはあっけなく届いた。作り置きの在庫があったのだろう。私のような者でも買うことで作り続けてもらえれば、それも佳しかとも思う。

どうせなので、一生モノということで七寸の本格的なモノにした。少し重いが刃が厚く峰の部分で5mm程、枝打ちなども出来るとあるから普段でも使えるだろう。
刃物の表現はよく解らないのだが..ありきたりと思うが、凄みのある光沢と質感とでも書こうか、これは文字通り刀である。
試しに文庫本の表紙に刃を当ててみた。刃の重みだけでスーッと切れていく。適度な重さがあり、手首のスナップで大概のモノは断ち切れそうな感じだ。重量396g、握った感じバランスがよいので重さは感じない。ハガネに軟鉄を合わせてある日本刀の製法か、刃の部分に微かに金属の合わせ目の波紋が見て取れる。装飾性はないが、実用一点張りなのも気に入った。

銘は阿仁 西根正剛、丸に誠の印があるので四代目西根正剛(西根登氏)の物である。氏の一代保証とのこと。誠の文字はご内儀の名前の一文字らしい。その名に懸けて打った物なら尚更に安心して使えよう。
e0024555_0204590.jpg


私のはフクロナガサといい、柄の部分は刃と一体化した金属を巻いて出来ている。
e0024555_020576.jpg

この部分を棒に差し、目打ち釘で止めて槍にもなる。かつてマタギの銃が先込めで一発しか発射できなかった時代に、打ち損じたときに手負いの凶暴化したクマと戦う武器であったらしい。実際、マタギの写真を見ると、目打ち釘を紛失しないように長い柄に紐でくくってある(http://www.geocities.jp/yamapon65/tisantisyou_dougu_ani_matagi.html)。これならとっさの時に槍モードに出来るはずだ。
鞘は柾目の秋田杉。紐付きで115g。桜の樹皮だろうか、巻かれており、木地に鼻を付けると微かに芳香が残っている。絶妙な寸法加減なのだろう、最後の一押し5mmくらいでキュっと抵抗が増して、挿した後は逆さにしても刃が抜けない。こんなもの足に落としたら大変なことになるのである。指が何本あっても間に合わない...
e0024555_021266.jpg


普段のハイキングで、これを腰に下げて山を歩くことはありえないが...先日、父親の13回忌で帰郷した折、今年は何度か戻って母親について山菜採りなど学ぼうと思い、その時は腰から下げて山に入りたいと思う。藪払いや山葡萄を採る時に役立つかもしれない。その昔ガキの頃、大人の山仕事に連れられて山へ行ったことがあったが、大人達は木の鞘に入った鉈を紐で腰から下げていたものだ。妙に印象に残っているが、やっと私も手に入れた。ガキの頃、出刃包丁を持ち出して裏山の藪を払って基地を作り、出刃の刃を駄目にしてこっぴどく叱られたが、やっと自分の刀を手に入れた。尤も、もう叱る人もいないのだがね。
まずは、庭木の枝払いなどして慣れておこう。柄には滑り止めを巻かないとな。自転車のハンドル用かテニスのラケット用が良さそうだ。本家に頼むと名入れしてくれるという。後からでもいいのかな?問い合わせてやってもらおうかなとも思う。
研ぎも練習しないとな...これはいい先生の当てがある;-)
e0024555_0213964.jpg


以前書いた山の民俗誌は遅々とではあるが読み続けている。マタギ刀の本物を手元に置いて山に暮らした人々に思いを馳せてみたい。
ああ、ドブロク作りも習わないと...


以前、マグロの頭をホイル焼きにしようと格闘し、包丁を駄目にしたことがある。これなら心配ないがまな板を割らないようにしないとな..
更新をサボっていました。ここは一献、Clickでテコ入れと

[PR]
by ulgoods | 2009-02-07 00:36 | 生活系