<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

晴れた!

e0024555_17492563.jpg

昨年の野宿場所とほぼ同じとこ。
[PR]
by ulgoods | 2008-05-31 17:49 | 山行 | Comments(11)

StrikeAlert

雷警報器だ。わたし的には夏場の雷をより遠くから検知しようとしている。
だいぶ前の雑誌で見て入手をと考えていたんだが、意識中の優先順位が低くて買えないでいた。が、先日、野歩山紀行さんで記事が出ており、雷探知機の威力は・・・で、こやつらなかなかやりますとのことで、気になり度が三階級特進でUPし、ついに閾値を越えたので安いところを探した。国内でも入手可能だが、国際送料入れても安いのでeBayのお店で落札、ランチ3回分くらい安い。

本体のみ49g、リチウムの単4電池2本込みで65g。尤も、リチウム電池で壊れてしまわないかはまだテストをしていない...
どういう手法か分からないけど、雷までの距離が分かるらしく、雷鳴が聞こえた時には手遅れの危険があるヤツを聞こえる前に察知するとのこと。しかも、接近なのか離れていくのかまでLED表示で示すという。警報はLEDと音でする。ほのかに残る嘘っぽさを点き方や鳴り方のちょっとチープなガジェットとして仕立ててしまうアメっぽい感じは嫌いじゃない。

e0024555_8513777.jpg

写真では雷が接近しているように見えるが、これはカメラのズーム用のモーターの電波ノイズを拾ったものだろう。さっきまで緑で安全を示していたが、マクロで寄ってピント合わせでモーターが回ったところで、あ、雷かも!と言っている...ま、そこまで賢いとは思ってないし、山の中では主な電波ノイズ源と言えば雷だろうから、それでよいと思っているのだが、実は、買う前から気になっていたことで、他の機器、主にGPSとの干渉が気掛かりだ。GPS使用中はAMラジオにGPSがソースと思われるハム系のノイズが入るので、お陰でラジオを聞きながら歩かないんだけど、StrikeAlertもGPS雑音の餌食になって使えないのではガッカリする羽目になる。わたし的は雷に打たれるよりGPSの方がかわいい。

まずそのテストをした。室内で緑LEDが点灯する(安全状態)を確認し、動作中のGPSとピッタリ抱き合わせてみると、だいたい24-40マイル先に雷ありと出る。一番遠いレンジなので不確実性も高いだろうから無視すれば良いんだろうが、わたし的には点灯されると気掛かりで逃げモードにはいることが予想され、歩くどころではなくなる気がする。現実的には抱き合わせということはないので、少し離して置いてみた。30cm離して大丈夫なら何とか身体上に配置できそうだ。
30cmでは...微妙。たぶん、室内で換気扇とかPCとか空気清浄機とか..ノイズが多いんだろうな。緑LEDが安定しない。これはこれで、状態が安定しないのはもっと気になる筈だ。やっぱり、こんなテストは室内でやるもんじゃないんだろうな。
と言うわけで、野外でやってみた。
e0024555_8515893.jpg

30cmくらいの距離を置いて電源を入れて様子を観察したが、おおお、野外では緑LEDが安定しているではないかっ...救われた!この距離ならザックの両肩は微妙としてもGPSはザックの肩、StrikeAlertは腰あたりに付ければ大丈夫そう。途中、お腹で遮蔽されるのを期待できる。
干渉の程度はGPSの機種にも依るかな?HCxでも試しておこっと。あ、上が逆だ。アンテナの向きの影響もあるかも。HCxの時にもう一度やり直し..たぶん変化無いと思うが。

さて、いよいよ実地で試さないと。
どっかに雷ないかな...でもオヤジには反応しないと思われ。ああ、あれはもう絶滅危惧種か。
このデバイスを信じるかどうか、そのあとどう行動するか、周りの人にどう知らせるか..おおかみ少年役はイヤだし。そのとき考えたんでは遅いから今のうちに考えておかないと。そのまえに道具に対する信頼を持たないとね。
雷に遭遇しないと分からないが、お山で遭うのはイヤだから、当分はお家で観察だ。

vote for
今年の夏にそんなところを歩く意欲の表れかなぁ>自分
「登山・キャンプ」へ+1..Click!

[PR]
by ulgoods | 2008-05-30 09:04 | エレキ系 | Comments(10)

Coleman Powermax Fuel Adapter

e0024555_814449.jpg

コールマンの液出し燃焼ストーブ Poweraxは重いんだけど液出し仕様で設計されており、冬の間はシェルター内でも安心し使えたのでお世話になっている。のだが、独特の砲弾型燃料缶しか使えないので、入手に若干の不便を伴う。あの缶がいつまで供給されるかという不安も無いわけではない。というわけかどうか分からないが、コールマン社から普通のキャニスタ型を使えるようにするアダプターが出ていたのだが、これがなかなか買えないでいた。配送先でJapanを選べるお店が見つからないのだ。で、今年になって目出度くもREIで取り扱ったので早速注文したんだが、運悪く品切れ&再入荷予定無しと言うことでキャンセルされてしまった。お詫びで20%OFFクーポンをもらったのだが、それで私の気が収まることはなく、かえって入手意欲に火を注く結果になった。20%OFFはありがたく他の物で使ったが、あそこもしょっちゅう20%OFFくらいはやるから有難味が薄い。今はメモリアルデーで割り引いてるし。で、幸いにeBayで発見して、発送先も全世界ということだったので入札していたのだが、なぜか人気が高くて、最後数セントの差で持っていかれたりと涙をのんでいた。eBayでの入札だが、本当に欲しいものは根性を入れて最初にドカンと入れておかないと、なかなかラッキーなことにはならないことが多い。今回は他で入手できないので、定価+ちょいの値段で最初の一発を入れておいた。ちょこちょことジャブのような小刻みな入札があったが、最初に入れた私の硬い意志を読みとったようで、諦めてくれて、結局、前回の落札価格より低めで落札できた。

普通のキャニスタ缶を倒立でセットし液出しで送出することができる。点火時からちゃんとガスが出て普通に火がつくのは、最初はバルブ根元の吸熱板部分で気化するんだろうな。お陰で青火一発点火だ。
本当にバナー付近の盲腸のような細いループまで液出しで行っているかはわからない。もしかしたらバルブ部分で気化するのかもしれないが、缶自体が冷えて気体が来ないことはないからどちらでも構わない。以前、EPIから出ていた同様の盲腸ジェネレータのストーブで液出ししたけどちゃんと燃えたので、盲腸で気化させる能力はあると思う。
一応、本体に接続せずにアダプタにガス缶をつないでもガスが噴出しないようにはなっている。
e0024555_815261.jpg

もしかしたら..写真で見えている本体側の燃料缶に差し込まれる突起にホースで100円ガスを接続すれば液出し燃焼するかもしれないな。抜けたら火炎地獄で恐ろしいが..そのへんの荒技はJSB巨匠にお願いしたいところ。

重量は101g。悲しいほど頑丈で重い。ストーブとアダプタ込みで414g...T型の110缶は燃料が110gで缶が90gだ。コールマンの砲弾型の小さい缶は燃料170gで缶が74g、缶自体はアルミ製で軽量。燃料が60g余計に使えて空き缶のお持ち帰りも軽くてありがたい。110缶をこのアダプターで使うと重量損がすごいので、願わくば砲弾缶の供給は続いて欲しい。とは言え、MSRのWhisper Lite Internationalが、本体+ポンプの重量で330g、ガソリンタンク込みで総重量が460gだから、予熱要らずで取扱簡単ということを加味すると、そんなにガッカリしないでも良いかな...でもないか。たかだか110gの液化ガスを燃焼するために缶を含めて500gも要るのは重量が勿体ないなぁ。500缶とか缶が大きければ缶の重量損は減ってガソリンと張り合えると思う。安全手軽な分だけコールマンの勝ちだ。あああ、このアダプタに500缶だと転倒の危険が危ないのか...
というか、普通に液出しのシングルな軽量ストーブって出ないのかしら?

これでPowemax系は買い物完了。


vote for
スノーピークのアレは結局出ないのか...何だろう?特許か何かかな?
ああ、カニ爪、今年出ていたのか..うーん、もちょっと軽くして欲しかった。
「登山・キャンプ」へ+1..Click!

[PR]
by ulgoods | 2008-05-26 08:19 | 燃える系 | Comments(10)

Terra Nova Laser Photon 追加写真

しばらく庭で張って写真を撮ってみた。
簡単に掲載する。

端部
一本のカーボン製支柱が入っており、内張と外張りに受けスリーブにはまっている。受けスリーブはフックを介してゴム紐で連結されている。
ゴム紐の機能は不明。ゴム紐で常に寄せておかないと設営や収納中に支柱が外れる可能性があるが、支柱自体をスリーブに固定できれば不要の部品と思われる。
内張と外張りの端部はストラップで張りが調整できる。
e0024555_9261864.jpg
e0024555_9263141.jpg
e0024555_9265350.jpg


通風
内張の足元(頭も)に三角のメッシュがある。閉じることはできない。端部をめくり上げることが可能なので、ここと内張の側面上部の半月型の大きなメッシュとで通風する。ただし、外張りのドアを開放しなければ風の抜け場所がない。外張りのジッパーは片方向からしか開かないので、下は締めて上だけを通風のために開けるということができない。外張りは開けておくのが基本のようだ。
e0024555_9315345.jpg
e0024555_932779.jpg


フック類
結構素朴な汎用品が使われている。
e0024555_9353174.jpg
e0024555_9355034.jpg

e0024555_9364792.jpg


生地
外張りは濡れると伸びるようだ。両端の自在で張り直す。これもあって、内張外張り間のストラップも必要。
内張は非常に軽い。芋虫の観察が容易だ。
e0024555_9403531.jpg
e0024555_9404840.jpg

ちなみに、雨を吸い表面が軽く乾いた状態の外張り(内張込み)重量は623gであり、乾燥時より64g増加した。

二人で使える
前面のバスタブ高が低く、容易に潰れるので、前室との垣根が低い。
e0024555_9425033.jpg


外張りのみ設営
内張を外すのは簡単なので、外張りのみで張ってみた。
内張の重量は275gなので、ポールと外張りで446g+ペグで二人用の屋根が張れることになる。IntegralDesignsのSilDomeとは異なるが、ま、SilDomeを買うのは見合わせても良かろうと納得。また、内張の代わりに薄いBivyを使うにしても100g程度の軽量化にしかならず、別途蚊帳を使うとすると重量的にはほぼ同じになる。居住性からすると素直に内張を使うのが勝ちだと思う。
e0024555_9502189.jpg
e0024555_951143.jpg



ペグを減らせて、ペグ刺しの自由度が高まれば言うことはない。
庭に張りっぱなし出紫外線で劣化しても勿体ないので、ひとまず撤収。


vote for
結局今週末も山へ行けなかった。来週末も駄目な予定。
困った...
「登山・キャンプ」へ+1..Click!

[PR]
by ulgoods | 2008-05-19 09:54 | 宿泊系 | Comments(13)

The Last Trapper / 狩人と犬、最後の旅

The Last Trapper / 狩人と犬、最後の旅

知らなかった。こんなにいい映画が出ていたなんて...
しかもフランス映画だ。
e0024555_1258163.jpg

カナダの本当の猟師が出演している。演技ではなくて、演技が面倒だからって本当のことをやってる(グリズリーだけは演技してる)。だから道具やテクニックや暮らしの細かなところまで参考になる。冬のロッキー山脈での森の暮らしが垣間見られた。
森も動物も、その一部としての人の営みまでも美しく愛おしい。

最近はフランスや北欧の映画を見ることが多い。ドンパチ映画と違って何度も見返してしまう。
子供にも見せてやろっと!
レンタルしていては申し訳ないので愛蔵版にすべく手配中。

細かいことだが参考になったこと
エマージェンシーキットに蝋燭を追加しなくては。照明でだけではなく、焚き火の火種として。
行動中の彼らは保温層の上に薄いヤッケ1枚だ。
テントと薪ストーブがあればあんな所でも暖かくいられる。
カヌーの補修には松ヤニとビーバーの脂を溶かして塗るのか。
凍った湖に落ちたら..ああ、怖い。
しかし、無線機の電気はどうやって得ているんだろう?
などなど
犬をつれて歩くと良いだろうな...

rwalkerさんはYukon川をカヌーで下ったんだよな。
若いうちにそういうのを済ませておくのは良いなぁ。歳とってから萌えると身動き取るのに大変だ。

そうそう、音楽でLeonard CohenのBy The Rivers Darkが挿入されていた..
Hallelujahが聴きたくてiTunesでアルバム買ったんだけどね。だだーーっと暗くなるからあまり聴かないけど、久々に聴いたらやっぱり脱力した。



そう言えば、長沢背稜を歩こうと、水場を探していたら、
メガネを囓られた日の、私が歩く数時間前の同じ場所の記録を見つけた。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~mt_singo/hike/toridani3.htm
チャも写真が出ているし、シロの話も出ている。その人も確認しているけど、やっぱり奥多摩の小林だった。エサを強請って手まで噛むらしい。メガネで良かったと思うべきか..
それにしても、自分がやがて行く場所の状況を写真付きで見られるなんて、なんだか時空を越えて、タイムマシンでちょっと時間を逆戻りしたような奇妙な感じがするNet体験。

映画でも犬が重要な位置を占めているんだけど、大事にされているがなぁ。
次回も似たような犬を見掛けたら奥多摩の町役場に問い合わせてやろう。

vote for
しかし、あの広大な森林での質素な生活も成り立たなくなりつつあるとは..深刻だ。
「登山・キャンプ」へ+1..Click!

[PR]
by ulgoods | 2008-05-12 09:38 | 駄文系 | Comments(33)

Terra Nova Laser Photon

Terra Nova Laser Photon - lightest tent in the world のフレーズと共にオジサンがテントから出てくるYou Tube動画で有名な英国製のギネス認定世界最軽量を謳う2枚壁テント(と言ってもmade in Vietnam)。
HillebergのAktoと(酷)似た形状で、自立式ではない。
e0024555_9104212.jpg


Terra Nova社は英国のテント屋さんで、山岳テントからファミリーテント、小物衣類などを製作している。
英国は然したる山岳がない国だが、山岳マラソンや三山早登りなどで軽量化を要求される場面もあり、このテント Laser Photonも山岳マラソンやアドベンチャーレース用としてギネスの世界記録認定マークと共に社のホームページに掲載されている。
きっちり傘を巻かないと気が済まない英国人らしく、1gを争う軽量化には余念がない。Laserシリーズは脈々と自己最軽量記録を更新しており、年代順に
Laser 1.27kg
Laser Competition 0.94kg
Laser Photon 0.79kg
と表示されている。

実際のLaser Photonは
ポール 147g
幕 559g
ペグ 15g(12本)
最小構成の重量が実測で721g、スタッフザックに入れたパッキング重量746g!
オプションのポールスリーブの86gで、全部突っ込むと832gになる。公式重量の790gというのは本体とポールスリーブ込みで、全スタッフザック類を除いた重量だろう。
以前入手したBigSkyのEvolutionが幕とポールで920gだったから、Laser Photonの幕+ポールの706gはすごく軽い。ま、ポールが一本だし、長さも短いのだが、Evolutionはカーボンだったから、Laser Photonもカーボンにすれば...うひひ!更に50g位は儲かるかな。
とは言え、付属の一本1gと言うチタンペグは細いピンだから畳に刺しただけで曲がってしまう。ちょっとやりすぎだ。意気込みは判るが実際の使用には尻込みをする。
張り綱と自在が案外ぞんざいだ。あと2,3gの軽量化の余地はある。
ポールはFibraplexにお願いして作ってもらえば40から50gは軽くなるだろう。逆に、強度が要求される場面ではポールの2本併用もできるから、作ってもらった方が良いな...
色は、イギリスのあの緑だ!

Akto似のカマボコ型だが、末端の構造がAktoと異なる。そこまで一緒だとまるっきりコピーなのだが、ま、ドームテントはどんなものでもドーム型な訳で、カマボコ型もお国は違ってもカマボコなので似るのは仕方あるまい。
頑張れば二人寝られるらしい。運の悪い方が前室で寝るのだ。というくらいの前室があるので、荷物置きとか湯沸かしくらいなら問題ない。
上部に換気口が無いのが気になっていたが、実物を見てもやっぱり無かった...。普段はドアを開け放つのが作法という設計思想。足元にメッシュがあるので、それで通気ができる。
などなど、
詳細は別途書くこととするが、何故、海の向こうの島国からテントを?という感じなのだが...英国は本邦と似て雨がちな土地と聞く。当然テントも雨を意識した作りになっているだろうから、本邦に於いても使ってみたいというココロであった。Aktoは皆様お持ちで私も見る機会があり、なるほどという作りであったが、Terra Nova社テントの詳細、特にLaser Photonは軽いということ以外は世界中漁っても詳細情報が得られないのは困った。軽いからには何か訳がある筈だが、それが判らずモンモンとしていた。
800gを切る雨天で使えるテントというのは画期的だ。手持ちのIntegrel Designs eVent Crysallisが実測で731gだ。この時点でLaser Photonの実測と重量的には同じくらい。雨天を考えてタープを持ったとして、最軽量のCuben Fiber製で84g+ペグ&張り綱となるから、Laser Photonよりは重くなる。で、耐候性はテントの勝ち。タープを張ると実は綱まで入れた必要面積はテント以上に広いから、フットプリント面積に於いてもPhotonの勝ち。これはテントの逆襲だ!が、こういう重量は往々にして裏切られる。メーカーさん良いこと書きすぎで泣かされることが多い。しかし、山宿泊のパラダイムが変わる可能性があるのなら重大事だ。結局買わなきゃわからんなぁ、と張り切ったり萎えたり。晴れているならばBivy&Tarpの方が気持ちよいのだが...
で、昨今のドル安。英ポンドは円に対してほぼドルの2倍のレートで動いてるので、ポンドも安くなっていた。一時期は200円を切った!このタイミングで、とあるお店が20%OFFをやってしまい、なかなかバーゲン期間が終わらずに、しかもカートに入れてみたら輸出なのでVAT(消費税)の17.5%が免除されて、送料も一時期は70ポンドとかべらぼーな事が書いてあったのだが、最近は39ポンドくらいでDHLしてくれるらしいことが判り、VAT分と送料がチャラな感じが嬉しくてカートに入れたまま買えなかったテントが、心憎いことにズーっとカートに残ってBuyボタンを押すのを待っており、んで、今後贅沢をしなければ何とか手が届くんじゃないかと思い始め、連休はお出かけできないので想いが発酵し、備えよ常に!の精神がついに5/1にポッチりしてしまい、5/7に手元に届いたわけだ。
こう見えても並々ならぬ努力をしている。

というわけで、朝受け取って帰宅後の夜中に張ってみた。庭でごそごそやりながら、なーるほど、こーなっていたんか!と疑問が氷解する瞬間を味わった。


vote for
週末は雨らしいけど、張りに行かなきゃな..
このテントの子細に興味ある人は、ここの「子細希望」をClickね!
「登山・キャンプ」へ+1..Click!

[PR]
by ulgoods | 2008-05-09 09:23 | 宿泊系 | Comments(26)

ハイク

英語でHaikuというのか...

何やら、tigersに関する俳句を送ると優秀作にテントが当たるそうだ。
お題は虎、ですな。
http://www.spadout.com/wiki/index.php/Free_Marmot_NYX_Tent

賞品は
Marmot NYX Tent
2 Person
3 Season
4lb 13 ozs
33 sq ft
8 sq ft vestibule
$259.00

何首か出ているけどイマイチだなぁ。
挑戦してみるかな?

ちなみに、
Umm Haiku what?
A Haiku is a poem written in three lines, the first with five syllables, the second line with seven syllables and the third line with five syllables. wikipedia haiku article.


vote for
雨を衝く 吾ハリボテの 虎ならず...じゃ通じないか。 御粗末m(_._)m
「登山・キャンプ」へ+1..Click!

[PR]
by ulgoods | 2008-05-07 08:43 | 駄文系 | Comments(2)

MSR HyperFlow Microfilter

MSR HyperFlow Microfilter

MSRの新しい浄水フィルター。
出るよ出るよと言いながら買えない状態だったが、やっと先週に届いた。
e0024555_2211968.jpg

重量は、最小構成で230gほど。手持ちのSweetWaterは330g(含む掃除ブラシ)なので、100gの軽量化を達成している。値段的に$99.95なので、わたし的には買い換え対象($100=-100g)ぴったり。尤も、REIの欠品のお詫びで貰った20%OFFクーポンを使ったので、だいぶお得だった。

外観的には、フィルタ自体が細身になり、標準装備のプレフィルタがフレキシブルでホースも巻いて付属のベルクロで留められるので収納が小さい。付属のポーチにピッタリ収納で嬉しい。
単位時間当たりの浄水能力もカタログ値でSweetwaterの1.25L/minから2.75L/minと向上してるはず。台所で使った感触では少ない抵抗であっけなくビュウビュウ水が出た。ホントに濾過されているんだろうか?たたの水鉄砲ちゃうよね、という感じ。
外観のみならず、全体に精度感があり、操作時の抵抗や質感が心地よい。分解・組み立てしてみたが、はまり具合や締まった時のクリック感が良好だ。
積極的に二次感染を防ぐような作りになっている。これは良いことだ。せっかく浄水しても、その辺に気が回らないと意味がないから。
フィルタ詰まりの掃除も内部の弁を逆さにして、数回逆方向に浄水を吹き出せば済む。ブラシを使わないのは良い。
流出側が広口のナルゲンボトルや細口のプラティパスの両方にぴたりと填るのもステキだ。ここがしっかりしていないと二次感染源になりうる。
ポンプのレバーなどの可動部品が無くなって、スライドだけのシンプルな構造なので、機械的な信頼感が高まった。

なにやら、デザイン的作り的マインド的に一皮ムケた感ぢ。

早速、恒例の瓢箪池でのテストに臨んだ。
私は濾過後の水質をチェックする生物的化学的手段を持っていないので、自分の体でやるしかない。濾過したと言え、この池の水を飲めたら大概の場所の水は大丈夫だろうという自信につながる。
前回は昨年のこと...
おミズの迷い
Aqua Star / アクアスター 紫外線浄水器
水もの3
今回は、受けに広口のナルゲンの柔らかいCanteneを使った。堅いボトルでは水の流入に伴う空気抜きをどうしたらよいか分からなく、空気が圧縮されると性能に影響するかと思ったので。
濾過姿を娘に写真にとってもらった。
e0024555_2232829.jpg

毎分2.75Lというのは嘘ではなさそう。きゅっきゅと数回のポンピングですぐに1Lの水を濾過することができた。腕の負担も軽い。
プレフィルタが平面式になり、浮き無しでも水に浮く。面積も遙かに広くなったので、単位時間当たりの流入量は増えても通過する流速は減っているだろう。抵抗が減ったのが水量UPの肝だったのかな?それでも水を吸い込むと反力でグイグイと水にもぐる。

出来た水は..
ほほお、やはり透明になっている。左が濾過水、右が源水。
e0024555_229991.jpg

で、飲んだ。
もう飲んだのは3回目...
おお、まろやか!少しニオイが残るのだが、味は悪くない。
考えてみれば育った田舎の湖というか、沼で泳いだ時はこんな水をたらふく飲んだっけ...
これで数日後に腹が痛くならなければオーケーだ。

今回は娘も飲んだ。
e0024555_2301118.jpg

昨年はお腹コワすと困るので飲ませなかったが、私の濾過に付き合った娘が水の濾過を夏休みの宿題にして、区で何かの賞を貰い、気をよくして今年も更にやると言うからには飲まねばなるまい。子供でもお腹が痛くならなければ大丈夫だ。種痘のジェンナーの気分。
5日経っても娘が腹痛を訴えないので、先ずは大丈夫か。一週間程度のトレッキング中に腹が痛くならなければ取り敢えずは合格。その後なら病院へ行けばいい。
もう少し経過を見てみよう...

付属の蓋を使って広口ビンに填めた様子。
e0024555_2333831.jpg


何も付けなければ細口のビンにピッタリ。通常はこっちを使うと思う。
e0024555_233559.jpg


肝の弁。一次吸い込み用と送出用に2つ付いている。コイツの破損というか、ダレが心配だ。
e0024555_2341246.jpg


バラした図。掃除等で頻繁にばらす必要あり。
e0024555_2343060.jpg


e0024555_234484.jpg



ハードコアとはいかないが、このくらいのことはがんばる。
「登山・キャンプ」へ+1..Click!

[PR]
by ulgoods | 2008-05-01 02:36 | 生活系 | Comments(18)