カテゴリ:駄文系( 47 )

山へ

いくら山より道具のタイトルといへど、山へ行かな過ぎである。
自分に毎月山行を科していたはずなのに7、8、9月と全然行けていなかった。これはイカン。だいいち、お山で使っていない道具が増えてきた..出番を待っている道具達のためにも山行を再開しなければならない...やっぱり道具優先思考かぃ..
強引に仕事や家の予定を延ばしたり穴を開けたりして何とかコッソリお山へ行けそうな時間を捻り出したのだが、無情にも雨の予報..最近の天気予報は当たるのである。やっぱり今朝は雨だ。
予定では、
月曜の午後に東京を出て
夕方までに上高地入りし
その足で夜道を横尾まで歩き野宿し
翌朝北穂まで進み、高い所でテントを張って
翌朝下山で帰還
という、ちょいと強行軍だが、今年はどーしても穂高をと思っていた。Blogタイトル写真の向こう側へ行きたいのである。
が、雨では...やれないことも無いと思うが、せっかく3ヶ月ぶりに捻り出した時間、私とて景色と清々しい秋晴れを楽しみたい。机にへばり付いた生活をしていたので足腰も少し不安だし。なので、あっさり強行軍スケジュールは中止。今週か来週の天気の良さそうなところを見計らってやろうと思う。
で、連れて行く道具達だが、悩んでいる..
イワイワ天場、ヘタしたら氷点近くまで気温が下がる、小雨?もっとヘタすると降雪の可能性。
うむ..くだくだと考えることにする。

・テント
北穂か涸沢のイワイワした場所、樹林で保護されないので突風など考えるとTarp系は止めておいた方が無難だろう。となると手持ちではBlackDiamond FirstLightかMSR Zoid1だな。潔くBivy一発という手もあるが、風が強いと壁面がシュラフに触れるのでスゴク冷えそう。
FirstLightはイワイワ天場の実績有り、前室を付けなければ1.2kg、Tyvekグランドクロスを入れても1.4kgで収まる。しかも2人用だから荷物を入れてもゆったりできる。が前室を持たないので雨の日の出入りと調理は辛い。
Zoid1はまだ実践未投入。完全自立式ではないので良いステーが取れないと致命的。しかも専用グランドクロス込みで1.5kgくらいか。しかし、これは小さい前室を持っているので雨でもおっけーだい(前室は思ってた以上に狭くて低いが..)。背が低いから風にも強いかもしれない。が、吹き込みがあるかも。
どーするか?ま、初めての場所だし、テントが張れないんじゃお話にならないので、FiestLightで決まりかな。2回目からは状況を見てZoidやTarp、Bivyを使うかもしれない。
残念、今回の宿泊系は新作の投入無しだ。Zoid1でFast&Lightスタイル(グランドクロスとフライシートのみ)で張って内部でBivyを使うという手もあるが..次回だな。

・シュラフ
もはや気温も下がるだろうから、夏用のmontbell#5ULでは辛かろう。ISKA Air450か。条件によってEPICテントとはいえ結露が起こりうるから+VaprBivyにするか、底滑り対策も施したし。あるいは少し重いがMountainEquipment(UK)のGoreDryLoftシェルのLightLineにするかだな。羽毛グレードと量はほぼ同じだが、LightLineはシェルが重い。LightLineはmontbellからスーパーストレッチのライセンスを受けて(タグに書いてあった)内部が芋虫ゴム締め構造になっているけど、これ、私はちょいと窮屈な感じがしている。やっぱりAir450にしよう。
LightLineは過去に一度、冬の雲取避難小屋で使ったっきり。不遇のシュラフである。
やっぱりEMSのVellocityを買っておくんだったかな。PertexQuantum生地で合成フィル。充分軽いし、小さくなるという。湿っぽいときの2泊なら羽毛より使えそう。

・ストーブ
ヲヤヂストーブを連れて行かぬ訳にはいくまい。2泊として湯を沸かすのは4回+コーヒー。ま、6回として燃料180ccあれば余裕だ。この程度であれば燃料、ボトルとストーブ込みで180g以内で収まりそう(アルコールの比重は0.8)。ただ、少量の湯を沸かす場合、燃料を節約するとヲヤヂのヒゲが届かな可能性もあり、最初から弱い燃焼だと一向に湯が沸かないからアルコールを無駄にする。というか、暖かい食事にありつけないことになる。涸沢穂高コースは小屋もあるから財布が暖かければ致命的なことは起こらないと思うが、一応、ヒゲの長いヲヤヂを仕立ててテストし持っていこうか...と書いて不安になってきた。Primus P-153と110gのキャニスタガスを持って、アルコールは燃料を減らしてサブで持とうか。そのぶん、エマージェンシーキットからESBITを省く。

んー、なかなか装備がLightenUPしないなぁ..
けっこう厳しい場所季節だから安全性マージンを削っての軽量化は難い。トリックが使えない。

・衣類
暖かいヤツを1枚追加しなくてはならないだろうな。MoonStoneの羽毛の薄くて軽いやつ、軽いし暖かだけど湿気に弱い。休憩時など汗ばんだ状態で着ると湿気る。日帰りハイキング以外は止めておくか。
で、へヘへ、先日、US方面からPatagoniaのMicroPuff PullOverを入手したので、そいつを連れて行く。Polarguard Deltaを使って濡れには強い、というか濡れてもロフトを失わない。しかもまあまあ軽い。UniQroのエアテックもなかなか良いが、ジッパーが安物で良く引っかかる。脱ごうとしてジッパーが降りないと、私は少しパニック気意味になるようだ。ま、エアテクは焚き火で焦げても惜しくはないので、キャンプ専用だな。素材は悪くないのだが細部がダメだ。
しかし困ったことがある。MicroPuff、色合いが判らなかったので、オレンジとグレーの2色を買ったが、どっちを持っていこう。ま、どーでもいいけど、私はオレンジがイイと思うけど女房はオレンジは似合わないと言う。ま、誰に見せる訳でもないが、何かあったときはオレンジでしょ。ステルスするときや街着はグレーにするかな。

・雨具
基本的には上下セパレートのGoreだろうが、横尾、河童橋間はポンチョでも行けそう。ポンチョの方が快適かもな。ザックカバーを削れるかどうかで検討してみよう。

・靴
まだゴア入り布主体の登山靴でいいだろうな。
雨を考慮してGoreのショートスパッツは持つか。

・ザック
GraniteGearのNimbus LatitudeかGolite Infinity。GregoryのZ-Pack55でもいいか..荷物次第だな。Golite Jamでも収まると思うが雨蓋が付いていないので、今回はパス。降雪季でないからArcのBora80を投入するまでの荷物にはならないだろう。
涸沢ベースで空荷の穂高で奥穂北穂と歩くなら何かサブザックを持つか。Golite VisionかMiletのペラペラザックだな。シュラフのスタッフザックとして持っていけば重量が節約できる。

・HeadLight
今回は仕事で知り合った映像機器やさんから日本未公開のヘッドライトを借りられそうだ。ドイツ製。メインは3WのLEDで100120mまで届くという。ま、実物を見て重さで決めよう。今月後半にビックサイト?あたりのショーで展示するらしく、実物が日本に1コしかないらしいので、少し気を遣うが..100120メートル光を見てみたいものだ。斬るっ!とか言って頭を振るとダースベーダーのライトセーバーみたいな感じで面白いかも。

やれやれ、結局主要装備ではチャレンジなしだな。
あとは余分なモノを持たなければ...とは言ってもGPS、無線機、発煙筒....
ま、無人地帯へ行く訳でもないから、その辺で何か省略するか。ちゃんと涸沢のキャンプ場に泊まるなら熊スプレーは要らんだろう。このコースは高所に行っても水が補給できるのがありがたい。バカみたいに5Lも担ぐことはなさそうだ。それが一番軽量化に効くな。

あとは何を食うか。

さて、いつ行くか。行けるのか俺?
[PR]
by ulgoods | 2005-10-04 07:45 | 駄文系

感謝

7/11からの通算日訪問者数の累計が3000件を突破しました。
最近は一日あたり65人超が訪問して呉れている。
ページビューだともう少しあるのかな?

こんな駄文でも見ていただけると少し張り合いが出ます。
昔から人柱系な私ですが、誰かが無駄な買い物や失敗をしないよう、お役に立てればこれ幸い。
とりあえず、意味のある情報として自分が納得できる結論まで出さねばと思っている。

できれば、コメント寄せていただけると、尚ウレシ。
[PR]
by ulgoods | 2005-10-01 15:59 | 駄文系

少シ寒カッタリ / at Helsinki

e0024555_1622047.jpg
日によっては朝は寒かったりして、皆コート着てマフラー巻いて歩いてる..
寒さ厳しいフィンランド人が人種として寒さに強いということはないと思う。
あるいは早くも寒さの中でのマフラーの暖かさが恋しく懐かしかったか。

そういえば小柄で日本人サイズの人が多い。
筋肉増量で代謝UPして寒さを乗り切るという戦略ではないらしい。

物静かで大人な感じの国、
駅も車も、犬も静かだ。
[PR]
by ulgoods | 2005-09-01 12:13 | 駄文系

少シ遠クニ居リマス

これから出て数日間、仕事でヘルシンキへ..ので、つくりモノは週明けに再開予定。

Cycloneストーブ、まだまだ廻りが足らないので練り直すこととしよう。音は、再現できるようになってきた。トランギア五徳+JetBoilでブイブイ言わすストーブ目指して。

フィンランドの荒野を歩いてみたいのだが、今回はスケジュールがタイトで無理だなぁ。
仕方ないからヘルシンキで北欧美人ウオッチングを頑張るか。

白夜らしいし、オーロラ..まだ見えないよね。
残念。
仕方がないからククサでも買ってくるか。
面白い空き缶とかないかなぁ..
[PR]
by ulgoods | 2005-08-30 05:28 | 駄文系

Exped / eVent Bivy 顛末

eBayで購入したExped / eVent Bivy だが、実はTriplepoint製だったことは以前書いた。
eVent以外は興味の対象外なので、売り手に返品を条件に返金を求めたのだが、こちらの感覚としては全額+返送料を返金して欲しいのだが、先方は帰りの送料は出せないという。事前にメールで材質を確認しているから100%先方の瑕疵ではないか。と思ったが、商習慣の相違かな?それに向こうの人は絶対にSorryとは言わないし(国民性か?)。あと、どちらが先に返送返金するかでもめた。ま、これはこちらがTrackingNumber付きで送ることで到着を証明できるのでこちらから送り返すことで合意。

送料込みで$68程度で入手したが、こちらから送り返すのに2000Yenくらい?(EMSはちょいとお高い)も持ち出したのでは面白くない。全く不満である。ま、そちらが請求した送料$18と同額を加えて振り込んでくれと伝えたのだが、「お前は余計に送料を取ろうとしているように思われる」だって、US->JPで$18を請求したのは先方なのに。EMSで不足が出らこっちで持つし。というやりとりをしていたら、先方から差額と考えられる額を返金するのでどお?いくら?と言ってきたので、正直、返送も面倒なので$20でいいよと返信した。ら、らである..その後音信無し。沈黙は悪だよ、我々は問題を解決できると思うよ、とメールしても返信無し。
$20の根拠は聞かれたら答えるつもりで
Triplepoint価格×(1-Triplepoint価格/eVent価格)+過払い送料
という式をでっち上げて計算した。
実際は送料は$13.6だが$18も取りやがった。梱包資材や手間賃を少し差し引いてやっても過払い感が残ったので..セコいが、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いの心情。

2回メールを送ったが返信がない。もー頭にキタ!負の評価を呉れてやっても良いのだが、それでチョンでは気が済まない。どーせ、自分の評価の名誉を$18で売るような奴だ。ここは一発、eBay世界での公的手段に訴えることにした。
その品物は最大$1,000のPayPal Buyer Protectionの対象だった。PayPalでの支払いを条件にした買い手保護プログラム。というか、これがあったので、安心して購入したわけだが。これは年間3回まで申請できる。
というわけで、PayPal Buyer Protectionのページを開いてみた。
通信欄に経緯を説明する苦情の文面を入力し、
モノは来たか?にYesと答え
状態として、売り手が非協力的をチェック
細分化された問題のケース一覧から、材質違いというところにチェック
さらに部分的返金を受け容れるかという所もチェックして$20とした。
ま、このくらい返金してもらえれば、モノは手元に残るのでヨシとししよう。これ以上はあこぎというものである。

かなり時間が掛かることは覚悟して、クレームファイルボタンを押した。

な、なんと3分以内に返信が来て
先方が部分返金に応じた。
金額は$22(1割増し!)
問題解決ね!だって。
おおおお、PayPalの自分アカウントを見てみると確かに$22が返金されているではないか。
時間的に良かったせいもあると思うが、何という早業&誠実さ。ちゃんと向こうのオペレータがやってくれたんだなと思うと感謝の気持ちで一杯。
泣き寝入りしなくて良かった。
腐っても透湿素材のbivyだから、別なモノに作り替えるにしろ、そのうち役に立つこともあるだろう。
さーて、晴れて汚して良いのでテストと思ったが、台風一過、晴天だ。
[PR]
by ulgoods | 2005-08-26 11:13 | 駄文系

荷物がきた

今朝の記事で荷物が来ないと嘆いたが、

現在10時、ベルが鳴り郵便局さんがやって来た。
「今日はサインだけで結構です」..今日は、ね。いつもお世話になっているからなぁ。時には重い荷物とかも..しかも税関で課税されなかったのは嬉しい。
BackcountryGear.comよ。送ったら送ったよんの一言くらい欲しいぞ。せっかくのEMSなんだから追跡番号でももらって荷物の旅を追いかけて楽しみたかったのに。ま、それはそれでストレスだが..アンカレッジ経由なんかするなよ直行便で来いよ!とか、税関早う通せよ!みたいな。
ま、切れかけていたところに突然届いたので喜び倍増だ。

買ったのは
Integral Designs のeVent Unishelter
結構デカイ。Expeditionサイズだけあって余裕のサイズだ。しかし、こいつLongサイズだったのか..ちょと重量が嵩むな。ま、足元には靴でも放り込んでおけばいいか。厳冬期用のシュラフにくるまって入ってみたけど丁度イイ感じ。庭に張ろうにも中にはいると汗だくになりそうなので、どーしようと悩む。
新品のはずだが、芝の切れ端が入っていた...メーカかショップで試し張り済み?

Adventure 16 Single Bug Bivy
大昔に流行ったクルクル丸められるデカイつばの帽子みたいな仕組みで広がったり折りたためたりする半身用のネットのBivyというか、食卓のハエ除け蚊帳みたいなもの(最近見ないね)。これさえあれば息苦しくて顔を出しても顔面を蚊に刺されることはない。しかも軽い。SilShelterの蚊帳のインナーテント$100を買おうかと思ったが、こいつがあれば何とかなるだろう。

Vargo Titanium Nail Stakes
直径5mmで五寸釘をデカくしたようなチタンペグ。どーしてもペグを効かせたいがイワイワで歯が立たないような所に打ち込む用。1,2本携行すれば役に立ちそう。

KELTY Triptease Lightline
反射で光る張り綱。50feetで1oz.極細ではないが、このくらいが扱いやすいだろうということで購入。細引きとして使おう。
以前BPL(BackpackingLight)で買ったAirCore Pro Dyneema Guyline Cord というダイニーマ製の極細綱は使いにくそうだし、ちょっとお高いので気楽に切り分けられないでいる始末。

ヤキモキが解消したが、こいつらを連れてお山に行きたいのである。がぁ、ここんとこ、仕事が立て込んでいて&諸事情で8月はお山は難しいな..あぁ、お山に行きたしヒマはなし。しかし仕事があるのは有り難いからね。

そろそろソルトレイクシティーで夏のORショーが始まる。またまた物欲ビームが出そう。こんな調子で現地へ物見湯山で行けそうにないのでBPLの速報で楽しむことにする。
[PR]
by ulgoods | 2005-08-11 10:40 | 駄文系

ダーツで朝帰り

あー、今日は朝帰りしてしまったよぉ..
昨日、本郷方面で打ち合わせ後にお客と夕飯。その後、お客に誘われて本郷界隈のダーツカフェへ行った。うーん、飲む予定ではなかったのだけれど、飲むとその気になってしまう私..
そこには客ながらも店のダーツ担当みたいな妙に人なつっこいダーツ青年がおり、負けたらテキーラ1ショット飲む罰ゲーム付きで4人で遊びだした。残念ながら私はゲームでは罰則テキーラを飲めなかった(へへ、家にダーツあるもんね!)ので、席へ戻ってからダーツ青年にも奢って2杯飲み、しばし青年からダーツの力学的解説を受けていたら終電の時間になったのでお開き。私のお客はオフィスへ(あるいは後楽園のラクーア泊かも)戻り、私と青年とは同じ線方面なので一緒に駅へ行くも、わずかの差で終電を逃してしまう..そこから青年と二人の長い夜が始まった。
せっかくTAXIで帰るなら寄り道するかと青年に言うと六本木にアリスのきんちゃん(古っ..)の店があるので行くべということになり、2軒飲んで高い方は私の奢り、お安い方は青年の奢りと決めて六本木へと向かう。
夜の六本木は久しぶり。が、訪ねたきんちゃんの店はお休みで..仕方なく客引きに引かれてキャバクラ系のお店に落ちつき、1時間だけの予定で入れ替わりの女の子たちにドリンクを奢りながら過ごす。予定の一時間が過ぎ、イイ感じだったのだが延長はお財布に毒なので、寝込んだ青年を引きずり起こして店を出た。一眠りして復活した青年はダーツバーがあるから行こうと言うので、とあるビルのダーツバーへ入る。
青年は少々腕に覚えがあるらしく、あちらこちらの店に出没しては勝ったら1ショットGETでプレーするらしい。暫くして顔なじみの相手が来店したのでゲームが始まった。ごをを!テクニックと駆け引き満載のダーツ真剣勝負!けっこう見応えあるねぇ。青年もなかなかやる。私より少し年配の常連さんと話をしたが、この店はレベルが高いらしく、その常連さんもダーツ3本持ってダーツバーを回っては賭ダーツでタダ酒飲めると言っていた。へー、そんな世界があったのね~。私も閉店間際に店の女子と一戦し苦戦しつつも辛勝!なんでか20に良く決まる!イェー、次回来店時に1杯奢ってもらえることになった。今思うと実はその女子最高に上手なんだけど再来店客Getの店の計略かもしれないな。
閉店で店を出ると、もはや朝焼けで薄明るい。青年は更に一軒ダーツ修行に行くというので、ラーメンを奢り力づけて見送ってやった。ああ、名前も聞いていないや。
ラーメン屋から出たらもう完全に明るい。ああ、夏の朝だぁぁとため息をつきながらTAXIで帰宅。
久々の朝帰り、初対面の青年とのはしご酒、奥深いダーツの世界も垣間見た。
ちょいとダーツも練習するかな。
[PR]
by ulgoods | 2005-07-28 13:32 | 駄文系