カテゴリ:駄文系( 47 )

ハイク

英語でHaikuというのか...

何やら、tigersに関する俳句を送ると優秀作にテントが当たるそうだ。
お題は虎、ですな。
http://www.spadout.com/wiki/index.php/Free_Marmot_NYX_Tent

賞品は
Marmot NYX Tent
2 Person
3 Season
4lb 13 ozs
33 sq ft
8 sq ft vestibule
$259.00

何首か出ているけどイマイチだなぁ。
挑戦してみるかな?

ちなみに、
Umm Haiku what?
A Haiku is a poem written in three lines, the first with five syllables, the second line with seven syllables and the third line with five syllables. wikipedia haiku article.


vote for
雨を衝く 吾ハリボテの 虎ならず...じゃ通じないか。 御粗末m(_._)m
「登山・キャンプ」へ+1..Click!

[PR]
by ulgoods | 2008-05-07 08:43 | 駄文系 | Comments(2)

INTO THE WILD

山より道具的な道具考を書こうとしていたのだが...

先日、山と蒸しパンとxxというblogサイト(日によってタイトル表示が変わる..)で
INTO THE WILD
という映画の話を読み、興味が惹かれたので日本公開が9月の予定を待てずにDVDを取り寄せて観た。
Amazon.comに注文し、早い便を奢ったらUSから3日で届いた。

e0024555_8441997.jpg


うーん、強烈。
UL道具だ云々がぶっ飛びそうな放浪をした青年のドキュメンタリー映画。
苛烈な結末なのだが、底に横たわる苦悩や不幸は人それぞれ違うのだけれど、そーだよな、こういうことをしたいんだよ的な思いが映像を得て明確化していく気がして、自身に戸惑う。
アラスカの風景も素晴らしい。PCTの一部も出るが、ああいう原生林かと憧れる。

書きたい道具は山ほどあるが、ちょっとトンカチで頭を叩かれたような、そのコブが引くまで余韻を味わいたい。というか、日本語字幕がないから..話していることとかももっと分かりたい。

USに公式サイトがあるので探して観るのもよし。



vote for
魂、だな...ULG SUPERTRAMP
「登山・キャンプ」ランキングへClick!! Thank you.

[PR]
by ulgoods | 2008-04-09 08:45 | 駄文系 | Comments(9)

野宿というかキャンプ

3/23、とあるAkto使いの方とキャンプする機会を得た。
メンバーは、SGT.M氏、rwalker氏、とあるお方、私の計4名である。
とあるお方は都内でのスーツ姿での会合後にザックを担いで現地で合流してもらう段取りで、ずいぶん前にホテル泊はキャンセルしてもらった。筋金入りのお方なので雨でもOKだ。
場所は某河原に予めGoogleMapでめぼしを付け、緯度経度を共有してある。GPSがあるから大丈夫だろう。
夜半に御徒町系某渋谷怪人が合流するかもと言う話であったが、後で聞いたら1週間勘違いしていたと。orz...

この日はキャンプだったのでUL無視だ。駅前スーパーで買い出しし、各自レジ袋をぶら下げて現地入りした。
日没後、とあるお方と現地でお会いできた。なんか骨太な人だなというのが第一印象。イメージしていたよりでかい。で、降ろしたザックを担がせてもらったが...噂通りに重かった。ズッしりを少し通り過ぎ、ズッきりと腰に重い。鍋釜食材満載だという。これでは靴も悲鳴を上げるわけだ。納得。

手早いAktoの設営後、担いでこられたフルサイズのフライパンと食材で野菜うま煮を作っていただいた。ザックから食材の出るわ出るわ、まるで戦後の買い出し帰りのよう(笑)。少し寒かったので、とろみのついた野菜煮は格別に旨かった。
e0024555_15502350.jpg

私も並行して5合の飯を炊いていたが、フライパンが空いたので、その五合飯に卵1パック(担いで来た!しかも1パック38円)とネギを大量投入した炒飯を作ってもらった。いや、たらふく食った。いつも質や量より軽さ優先の食事だったが、ちゃんとちゃんと作るのも悪くない。
その後、お返しというわけではないが、氏の定番であると聞き及ぶ血の滴るステーキを焼き、更に焼き肉、シシャモなども焼いて、わざわざ担いで来ていただた焼酎で呑んだ。
e0024555_15504336.jpg


夜半雨、SGT.M氏のHex2/3で歓談す。
e0024555_1604367.jpg

それぞれの寝姿は
私:Nemo GoGo
SGT.M:TiG Ptarmigan Bivy
rwalker:Integral Desgign Bullit bivy sack
とあるお方:Akto
Nemo GoGoは結露もなく快適であった。rwalker氏のIntegral Designs Bullitは小さな屋根が付いたBivyだ。今や廃版、私も探しているのだが手に入らない。やっと実物を見た。
e0024555_13551029.jpg

Aktoも良いなぁ。欲しくなってしまった。とあるお方は、張り綱に一工夫凝らし、ペグ位置の自由度を改善しある。参考になった。

翌朝も雨。
とあるお方のAktoは張った後でも移動なさる。朝、話し声で目覚めたら横にAktoが来ていたので驚いた。ひょっこり瓢箪島のよう。引きずって歩くのだという。
朝食は、シーフードチャウダー、ベーコン&スクランブルドエッグ、rwalkerさんにはパンを焼いてもらった。それとコーヒーを2リットル用意した。概ね好評。

食後、小雨の中での撤収となったが、皆手慣れたもの、サクサクとザックに撤収が進んだ。
その後、とあるお方は体調が悪いの?で歩き込むとのこと。そうやって治すらしい。平日なのでお付き合いできなく、現地でお別れした。

聞いた予定では、今ごろは南の島を歩いているはずだ。
無事に旅を終えられますよう。


vote for
「登山・キャンプ」ランキングで!Click! Thank you.

[PR]
by ulgoods | 2008-03-28 13:57 | 駄文系 | Comments(24)

COLEMAN POWERMAX ADAPTER

COLEMAN POWERMAX ADAPTER

REIが20%OFFなので長年買えなかったCOLEMAN POWERMAX ADAPTERを買おうと思った。
Powermaxストーブは液出し燃焼できて、冬のテントの中でも安心して扱うことができたので、重いけどでかいけど、とりあえずKeep品なのだが、燃料缶がPowermaxシリーズ特有の砲弾型で、こいつは他と互換がない。
いずれ消えるかもと言う危惧があった。買った物は大事に使いたいと思っていた矢先、コールマンも砲弾型終了の伏線か?このアダプタを出してくれた。
e0024555_1074828.jpg

こやつ、どー言う訳か日本に発送してくれるお店での取扱がほとんど無かったのだ。
REIならオッケーでしょ。僅かだが、配当金使えるし!で、送料が無駄になるので、その他送料が上がらない程度にOUTLETの靴下など詰めて発注を完了した。
が、何か変だ。出荷の知らせはアダプターが別便だという。
で、ついにメール来た。
Thank you for your recent REI online order. Unfortunately, we are sold out of the following item/s that you ordered and are unable to obtain anymore from our vendor.
だそうだ...orz
これが来なきゃ他はがらくたばかりなのに...
関税の人も箱を開けて、なんでこんな物わざわざと?と首をかしげると思う。
で、
Be assured that REI is committed to providing a high level of customer service to our customers. To make amends we would like to offer you a special 20% off coupon.
って、3/30まで20%OFFやってるし。併用して40%引きとかできないから、どうせ1買い物1個しか値引かないだろうし、正直言ってあまりうれしくない。
もらったクーポンは60日有効だから、5月中旬までか。
REIで買う物ないしなぁ。ドルが90円まで安くなったら何か考えるか..


vote for
こんな事もありますね...
「登山・キャンプ」ランキングに! Click!!

[PR]
by ulgoods | 2008-03-14 10:11 | 駄文系 | Comments(7)

rwalkerさんの真似

rwalkerさんの真似

"FIELD モノMANIAC"というblogで独特のスタイルを発信しておられるrwalkerさんと正月休み明け、用事で来られた際に渋谷でお会できた。
はやり話は尽きず、焼酎二本空く。終電ぎりぎりに送り出したのだが、rwalkerさんは見知らぬ駅で野宿をしたらしい。でも小さなザックに最小限の野宿道具は携行したという。さすがサバイバルの心得が深い。火器とナイフはヤバイ。

というrwalkerさんの真似をしてみた。

・その1 パラコード細工
パラコードでナイフの柄を巻いたり房を作っているというので、真似て携帯のストラップをやってみた。
芯を抜いて平たくした外被を使う。
e0024555_9211986.jpg

最初に編んだのはグリーンの四角いの。そういえば、ガキの頃、姉の真似をしてリリアンとか、毛糸でこんな房を編んだことを思い出した。
けっこう上手にできたが、終端が不細工。

2番目は赤いので編んだ。意図せず丸い紐に仕上がった。変だなー、四角の時と同じつもりだったのに。が、終端は満足できる仕上がり。
とりあえず、最初の四角を携帯ストラップとして使っている。
満足!

・その2 SWANNDRI Ranger Shirt
昨年末にお願いした「私のお気に入りBest3」に寄せていただいた逸品。
ニュージーランド製のウールのプルオーバー。eBayで入手。丁度ドルが安かったので助かった。色も変なので満足だ。
Mサイズで635g。肩幅が広い。ジッパーの下端の処理がシンプルで、寄せた残りの部分がジッパー下でしわになって広がっているので中年のお腹には優しいシェープ。
e0024555_9214535.jpg

思ったより薄手で、ウールのマフラーで作ったシャツという感じだ。風通しも良い。
吹雪で雪が付着して防風と保温性を発揮するというテストしにくいシャツ。普段着・作業着(たまには敷いたりとか)として使い倒す予定。

・その3
blogでお薦めの本も読んだりしている。
遊牧 トナカイ牧畜民サーメの生活
はおもしろかった。

満足度高し


多くの方に昨年末にリストアップしてもらったベスト3があるから買う物には困らない。


フーン、あんたの足はおつむよりだいぶ丈夫らしいな...見知らぬ男(1000マイル・ウオーキング中のコリン・フレッチャーに、遊歩大全から)
「登山・キャンプ」、消えると言いつつも、実は一度だけBest3ランクインしてみたく、+1..Click!ね

[PR]
by ulgoods | 2008-02-07 09:25 | 駄文系 | Comments(17)

ママチャリ優勝!

ママチャリ優勝!

1/12日、富士スピードウエイで開催されたスーパーママチャリグランプリに参加し、初出場ながら、何と!エントリー703チーム中で優勝をさらってしまった。
優勝は「ベストBBQ」部門!
これは走りで優勝するのに変わらないくらい、いや、山より道具なわたし的にはそれ以上に価値のあることだった。
e0024555_5432026.jpg

左が参加賞、右がベストBBQ賞優勝トロフィーだ!

しかし世の中、良いこともあれば悪いこともある。泣いて笑って人生さ...

・出だし最悪の故障
足柄SAで雨が来た。予報では一日雨だという。やれやれ、ママチャリでFSWを7時間耐久というだけでも酔狂なイベントなのに雨まで加われば、もー正気の沙汰ではない。
ほのかに待った中止の連絡が入らないのでそのまま御殿場で降りてFSWへ向かった。
朝6時過ぎ、辿り着いたFSWのゲートで入場料1000Yen也を支払って車の窓を閉めた時のこと、ドアからメキっっと言う音を感じた。へ?と思いつつもパワーウインドウのUPボタンを押し続けていると、...音がメキメキっと鳴り、窓からは三角のガラスが押し出されてくる。
え”...
運転席側のドアの中でガラスが割れて窓ガラスが回転運動を伴って押し出された格好で、後ろ上の角が三角に少し外側に突き出ていた。一瞬その造形を見て何が起きたのか理解できなかった。
外は雨、運転席の窓は無いも同然。あああ...OTZ
とりあえず、チームの暖房と雨宿りの屋根は私が担当している(の筈)なので、機材を送り届けなければならない。行かねば、な...
駐車場はとうの昔に埋まりきっていて、私が停めた場所からピット方向は遙かに霞んで見えていた。涙も滲む。タープと、薪ストーブと、細々道具のダッフルザックを背負い、雨の中、まだ夜明け前、黙々とピット方向へ向かった。
「機材置いたら帰ろっと..」

・現地最悪
指定されたピットに到着し、機材を置いて辺りを見ると知った顔を発見することができた。ちょっとホッとする。なんせ、13人のチームだが顔見知りは一人だけ、もう一人は荻窪の壁屋で一回ご一緒した人で、あとはMixiで連絡を取り合ったと言え顔も本名も知らない方々。とりあえず彼が場所を取ったというピット裏へ行ってみた。既に他のチームは自立式の巨大な屋根を張り終えてLPガスなどの重火器の準備に移っている。
えええ”、みんなそんな重装備なのぉー
我らが場所だけ、ぽつんと、ビーチパラソルが荷物にくくりつけられて、寂しく雨に打たれていた。
あああ”、現地の状況が分からないが、ピット裏のパドックと言うくらいだから芝か何かと漠然と思い、キャンプ時代に買ったコールマンのタープを持ち込んだのだが、非情なコンクリートの地面にはペグが打てないではないか...OTZ
第一、雨なら中止の気分だったから、雨対策など無いも同然なのだ。
「ま、なんとかしなきゃ...」

気を取り直し、側溝の蓋に張り綱を結びつけたり、お隣の構築物の足を借りたりで、ゆるゆるであるが、何とかタープを立ち上げることができた。中にビーチパラソルを立て空間を確保した貧乏くさい布陣で、風が来ればひとたまりもない。小川キャンパルのちびストーブは煙突がタープ外に出るように隅にセットした。
ゆるゆるタープに薪ストーブの組み合わせというのはかなり強烈に哀愁だったと思う。
さっそくストーブの火興しを始めた。濛々と煙が出るが、周囲も炭の火興しや何やの似た状態なので、それに紛れてせっせとストーブを起動した。これで暖を取り、豚汁を煮なければならない。温かい飲み物の湯も供給しないと...使命は重大だ!
わたし的にはこれを7時間耐久で燃やすのが今日のメインだし。
また、BBQグリルも組上がったので、秘蔵の備長炭を供出し、そちらの火興しも行った。へへへ、モノが違いまっせ!備長炭でっせ!
これにはメンバーが投入した霜降り和牛2kgが焼かれるはずである。
この日に運び込んだ燃料は、薪が20kg、備長炭一俵(15kg)、その他、イワタニ・カセットガスストーブ、ユニフレームのカセットガス分離型ストーブ用にキャプテンスタグの強化型カセットガス6本だ。足りるだろう。

参加メンバーが書いてくれた絵。
火の番は私である。
e0024555_542347.jpg

上手いもんだ。
このころには、もー車のことは忘れていたようだ。

・レース
しかし、人で埋まっている。皆、半濡れ状態だ。
実質500チームくらいの参加で各チーム10人以上はいるから、ピット周辺は最低でも5000人くらいでゴッタ煮状態だ。ピットの中も2Fのクリスタルルームでも、ほとんど、フェリーの二等船室状態ざこ寝が展開されている。歴史と栄光のあるFSWでも珍しい光景ではないのかな?
シグナルが青になり、けたたましいチャリチャリベル歓呼の中、ペースカーに先導されて壮絶なレースが始まった。
開始直後から救急車のサイレンが聞こえていたっけ。ヘアピンの次のカーブが外に膨らむと滑りやすいと言う事だった。
以後略..

一周4.5kmのコース、私は連続で二周走った。
出だしのヘアピン過ぎてからは下りでスピードが出すぎ、車体がぶれて恐い。後ろから追い抜いていった野郎は褌一丁だ。これも一瞬ボー然としたが、食らい付きたい後ろ姿ではないが一つでも順位を上げたく、空転するペダルを超高速で漕いだ。後半は登り主体..これは地獄。登っても登っても坂..なんて山頭火ふうに詠んでいる場合ではない。半分以上は押して登っているが、何とか立ち漕ぎでかわすも、うううーとゲロを吐きそうだった。最後、直線に観客席が見えてきたが、これも遠い。ピットに入れば栄光のホームストレートを体験できないので、もう一周orzとげんなりしつつもストレートを駆け抜けた。さらにもう一周は地獄の二乗であったことは言うまでもない。
が、山で、北岳の、穂高の、頂上が見えてからのあの厳しい登りを思い出し、無になって漕ぎ、無事に次ぎに繋ぐことができた。
e0024555_60846.jpg

出がけにポケットに放り込んだGPSはコース中程で位置を補足、2周間はタイムが取れて、一周13分4秒だった。2周目はかなり減衰していたから、1周目は12分台だったはず。悪くはないだろが、優勝チームは8分台で回ると言うからすげーもんだ!

この日のために用意したPetzlの超軽量ヘルメットをかぶり、スキーゴーグルをはめた。外はNikeACGのジャケットをレインシェル代わりに使い、下はアクシーズクイーンのGore Wind-Stopperのパンツを穿いている。このパンツ、昨年初めのICIのセールでお安く買ったのだが、かなり良い。風は通さないし、雨でモモ辺りはびしょ濡れだが膜が遮り浸水は感じない。
フラフラになって火の番席に戻ったが、全身から湯気が立ち上っている。左の足が数回、吊りそうになった。

以下略

・レース終わって
ストーブの灰や未燃焼の木炭をびしょびしょのダンボールの上に掻きだし、水を掛け消し始末した。どーもちびストーブは煙突が細く短いせいか、吸い込まれる空気の容量が少なく、奥の方などは未燃焼の木炭が残る傾向だ。私の燃やし方も拙い。

表彰式があるらしいのだが、車の窓が気掛かりで先に帰らせてもらう、
が、ストーブを担いで駐車場まで戻った時だ、表彰チームの呼び出しアナウンスに我らチームの番号を聞いた。ん?走りの順位ではお呼びが掛かるわけがないのだが..きっとブービー賞か何かだな、気にはなったが、車が酷い状態だったので暗くならないうちに帰ることとした。

・帰り
やはり運転席に雨が吹き込む。
下道で帰ろうと思ったが、御殿場から東京ではどんなに時間が掛かるか..気が遠くなりそうだったので、窓を補修することにした。コンビニに立ち寄ってサランラップとガムテープを調達し...サランラップ巻きガムテープ留めの窓を作り、何とか外気と遮断を試みる。
e0024555_7303748.jpg

e0024555_5475828.jpg

走り出すと、すぐにサランラップがはためいて壮絶な音がする。凧の呻りを耳元で聞くようなものだ。とりあえず高速に入ってゆっくり走るが、根がせっかちなのですぐに100km/hくらいに上げてしまう。案の定、ラップが裂けて車内が寒く、更に一層はためきがうるさい。次のパーキングに入って念入りに張り直し、さらにガムテープも惜しみなく使って対処した。
何とか戻ったが、、、サランラップ巻き、案外良い。もー修理に出さずにこれで良いかな、15年乗った車、窓だけ新品でも釣り合いが取れない気がしている。が、サランラップ巻きで乗り続けるのは人としてどーかと思うし。悩ましいな。

・結果
表彰の呼び出しは何と!BBQ部門での優勝だ!
タイム順は当然だが、ベストコスプレ、ベストパフォーマンス、ベストBBQが用意されていたとのこと。知らなかった。各上位3位が表彰対象。そのなかでも優勝は名誉である。何でも審査員に和牛の備長炭焼きを振る舞ったのがポイントではないか?という話しもある。
いーやー、各チームともBBQには気合いが入っており、LPガスや炭をガンガンと燃やし、学祭の模擬店を優に凌駕する重火器を投入しているチーム多数!優雅に過ごされて居る中、崩れかかったタープの下、場違いな薪ストーブではあったが、微妙に悠然とした味を出してBBQ賞の獲得に少しは寄与した気がして、酔狂なイベントを全力で遊びきった心地よい充実感が残った。審査員の厳しくも暖かい選択眼に敬意を表する。

窓ガラスの失意と火の番で写真を撮っていなかった...
スーパーママチャリ、BBQ、優勝 くらいのキーワードで検索するとメンバーのblogなどが引っ掛かるだろう。初めての人が主だが、事前のMixiでの打ち合わせが効いていて、何気なく集まった割には人も物もよく噛み合って機能したようだ。
みんなありがとう。

追記
積んで走ったGPSの解析結果が出た。
チーム最年長の私の最初の周回タイムは00:12:02.7 で、これはチーム中で1位の成績だ!へへへ、若いモンには負けないぜと思ったが、2周目は00:12:57.8 で10位...持久力がないってことだね。やっぱ歳だ。



濡れそぼる登っても登ってもの坂...雨のFSWママチャリ漕いで詠む ULG
「登山・キャンプ」へ+1..Click!

[PR]
by ulgoods | 2008-01-15 06:10 | 駄文系 | Comments(11)

ベスト3募集

ベスト3募集

今年も残り少なくなってきました。というわけで、今年を振り返り、恒例の
私のお気に入り山道具ベスト3
を募集します。何が山道具かはお任せです。
今年手に入れた物(自作含む)を優先しますが、どーしても紹介したいお品があれば、今年の限りではありません。できれば異なるカテゴリの3点盛りでお願いします。
Blogのコメント欄に書いてもらうのもショボイので、記事としてまとめさせてもらう予定です。

下記項目をメールにてお寄せ下さい。
・分類(できれば山より道具的カテゴリにて)
・品名
・メーカ名
・感想、推薦文
・あれば写真も(できればどこかにUP済みのURLが有難いです。なければ小さめを添付でね)
表示用のお名前、あればHomePage,blogアドレスなども。

締切は日本時間12/17の朝まで。
お手数お掛けしますが、よろしくお願いいたします。



「登山・キャンプ」へ+1..Click!
さて、今年は空振り空回りを免れることができるのか?

[PR]
by ulgoods | 2007-12-11 18:20 | 駄文系 | Comments(6)

Yosemite風景1

Yosemiteからの帰りにEl CapitanとHalfDormが遠望できる素敵なポイントで車を止めて貰った。
e0024555_8285691.jpg

そこで見た黄色い車。
耳無し芳一でもあるまいし、漢字の文言を車中に書きなぐり...

車に大腸って...普通書かない
e0024555_8295224.jpg


伝道の人なのだろうか?でも膀胱なんて普通書かない...
e0024555_8304010.jpg

亀のマークが何かのヒントか?

心、楽、神明はいいけど、小腸も普通は書かない...
e0024555_832466.jpg


漢字を記号と捉えてちりばめたこの車、出典はどんな本だったのだろう?


帰国し報道を遡り読み..中越沖地震の被災の方々には元気づける言葉もありません。水とプライバシーと休息が不足気味だと読みました。自分に当てはめ(かつて十勝沖地震で被災した)、普段からの山道具と蘊蓄の蓄積もイザと言う時に役に立てば良いが..




参加中...易学の本を見たと思う方は、一票Click!

[PR]
by ulgoods | 2007-07-24 08:34 | 駄文系 | Comments(17)

Casio ProTrek

古いProTrekを使っていたんです。デカくて厚くて電池のヤツ。
最初に入ってくる電池はテスト用らしく長持ちしないと書いていたのですが、いつ切れるかと心配していましたが不思議なことに、もう4年も動いておりました。
でもマーフィーの法則に依ると、旅行中に限って電池が切れる筈なので、そのうち電池交換に出そうと思っていました。
メーカーに出すと2週間と5千円掛かるそうです(コメントで、持ち込みで返送込み2500円という情報をいただきました!壊し屋さん以外は、そちらを強く推奨します)。Webで検索すると類似機種の分解写真と該当機種の電池種別が分かってしまったので、電池を買って自分でやることにしました。自信はありました。

慎重にデジカメで写真を撮りながらネジを飛ばさないように進めました。デジカメで撮ると組み立てを間違えません。
e0024555_17505514.jpg

この手の分解には自信があるのでサクサク分解を進めました。トリプルセンサーとの接続ケーブル...これはWebの写真になかった想定外のものです。ネジを外せば取れそうですが、填める時にずれると厄介なので、そのままやりました。ちょっとケーブルに力が掛かっていたと思います。
e0024555_17512139.jpg


そうこうしているうちにも、全部外れて無事に電池の交換をしました。Webで見たように回路をリセットして動作確認も行いました!
更にOリングにシリコングリスを塗り直しました。これで防水も完璧です。
この時、ちょっときつかったけど、時計モジュールを押し込んで蓋をしました。
珍しくネジが余りませんでした。
成功ですね!

一応、テストで各種ボタンを操作しました。らーーーっ、Adjustボタンが効かないでしょ。
もーっ、と思いながらも仕方ないので再度、慣れた手つきでもう一度バラしました。
どうやらスイッチを押し込んだ状態でモジュールをはめ込んでしまったようです。深く反省です。
で、時計モジュールを取り出そうとしましたが、今度はそのスイッチが引っ掛かって上手く取れません...
なので、ちょっとだけ力を入れました。
ら...時計モジュールは取れたのですが、トリプルセンサーの接続ケーブルがムシれて千切れました...。おまけにスイッチが抜けないように押さえていたはめ殺しのワッシャーも飛んでいました。

私は泣きながら蓋を閉めていました。
センサーが効かない重くて大きなProTrek、せめてストップウオッチか普通の目覚まし時計として使えれば..
今度の組み立てではスイッチも動作しました。だけど、このスイッチは引っ張れば抜けるはずです。
ムシられたケーブルは結局ネジを外せばちゃんと外れて、閉めればちゃんと端子が合う形式だと分かりました。充分に細いドライバーがなかったのが敗因です。

気を取り直して入念なテストをしました。失ったトリプルセンサーの気圧とかのモードにするとerrorと表示されます。おお、これは普段は見られないものです。
この時点で時計としてはちゃんと動いていました。

入念に何度もスイッチを押したら、ある時スイッチが戻らなくなりました。
全体が滅茶苦茶な動作を繰り返します。デモモードに落ちたようです。
電池は交換したばかりなので、数年はこのままかもしれません。
もうネジを回す気にはなりませんでした。
今日のお昼前のことです。

時計が無くてはどうしようもないので、Webで代わりを探しました。ちゃんと一番安いProTrekを探しました。そしたら最近の機種は国内外で電波で時刻合わせでき、太陽電池で電池交換不要で、小さくて軽いことが分かってしまいました。もうそんな時期だろうなと思いつつ、敢えて見て見ぬふりをしていたのでした。
でもやっぱり高いよなーと思って見ていたら..ヨドバシのページが引っ掛かり、40%とか引いています。丁度、吉祥寺にヨドバシができて13%還元をやっています。4割引の13%バックって、なんか、半額?みたいな感じです。しかも吉祥寺は近いのです。
一生、この大きくて重いプロトレックで電池の心配をして生きていくより、新しい時計を迎える方が正しいのではないかという思いが頭をもたげました。
ら、もう中央線に乗っていました。中央線は昨夜の工事も無事に終わったらしく、定刻で動いています。
吉祥寺ヨドバシはそこそこ混んでいました。時計売り場は二階です。電話で在庫を確認していたので在庫の心配はありませんでした。時計だけでも凄い品揃えです。さすが首都圏二番目の規模だけあります。

機種が決まっていたので、サクッっと出して貰って手に取ってみました。結局、最新型の30%引きのやつを手に取っていたのです。考えていた機種は実物の色目が気に入らないので少しだけお高い限定機種を見てみました。

これ、太陽電池だし、すげー薄くて(感覚で約半分)、軽くて(73g->59g)、電波で時刻合わせできて、海外主要都市の時刻も見られますから..って、なんで、もっと早く替えなかったんだろーーーと激しく後悔した。
e0024555_17584598.jpg

凄いことになっている最中。文字が出ません...
e0024555_17585888.jpg

何やら下半分が削れた模様のダイエット加減...

すまない、Georgeさん、こんな訳だから、もー、予定していたテントは当分先送りだ。


参加中...

そういう時期だったんだyo、と慰めてくれる人は此処をClickしてくださればと


その後、何とかストップウオッチとしては動作しています...
朝四時のアラートも解除できました。

21時現在、スイッチ類が馴染んできて、現在日時に設定ができました。千切れたケーブルは温度センサーと気圧センサーで、方位センサーは生きていることが分かりました。とりあえず、いじらなければ控えの山時計として使えそうです...ヨカッタ
これで配線さえ復元できれば...

しかし、カシオさん、そんなテスト用の長持ちしない電池を入れて売るのはやめて下さい。交換で5千円掛かるんだったら、数百円でちゃんとした電池を入れて欲しい。あるいはちゃんとした電池を入れて出荷するんだけど、動作状態で出荷するから、いつ切れるか分からないの方便か?

山をやる遙か前に太陽電池の時計を買った。カシオ製だったと思う。普段は時計をしない生活なのだが、太陽電池式は21世紀なので異様に欲しくて、ヨドバシのポイントも豊富だったので手に入れてみた。普段時計をしない人なので..時計は置くと文字盤が下になるわけで、数ヶ月後に思い出して見てみたが止まっており、慌てて光に当てたけど数分分しか充電されずに、おそらく二次電池が過放電で完全カラカラになってしまったと思われ、修理も高そうなので泣く泣く放置し、それ以来、光モノは敬遠していたのだが、今回買ってしまったからには時々は光に当ててやろうと思う。

前の分厚いのは2世代くらい前か?丁度電池の心配をするころにはスッごく素敵なモデルが送り出されているわけで、電池交換に5千円と言われると次も視野に入れて考えてしまう仕掛けになっているらしい。光になって電池切れの心配はないが、二次電池がヘタるかもと思われ、その時にはGPS時計が普通になっているんだろうな。間違っても今やレトロフューチャー的な小型原子時計にはならないと思う。
[PR]
by ulgoods | 2007-07-01 18:09 | 駄文系 | Comments(26)

山で遊べる

いい天気だったのに山へ行けていない。
代わりに池袋のリカちゃん展へ、娘に連れられて...リカちゃんも40歳になったそうな。

折角だからリカちゃんの今昔をご披露しよう。
初代
e0024555_2334198.jpg

近代、小顔化?
e0024555_23364844.jpg

最近、チョイ悪(もー死語か)
e0024555_23341946.jpg

懐かしい?こんな歌手がいたっけ
e0024555_23343515.jpg


もちろん、山でも遊べるね。結構軽いし。

オマケ
e0024555_23584613.jpg




参加中..リカちゃんをザックにいつも忍ばせている人はここをClick!

[PR]
by ulgoods | 2007-04-30 23:38 | 駄文系 | Comments(21)