芦峅寺から

2009/02/21 - 2009/02/22
もう先週の話だが、いい加減書かないと気が抜けてしまう。

芦峅寺は立山山麓に位置し、立山信仰、曼荼羅図と共に山岳ガイド発祥の地としても有名な場所である。
今回は芦峅寺にある雄山神社を起点に、国立立山青少年自然の家を経由して雪の大辻山(1361m)を往復した。もちろん山岳ガイド付きである。ガイドは富山の村上さんにお願いした。氏は役目柄、立山青少年自然の家周辺のトレイルを熟知しているという。なんちゃって...ガイドを雇う程の余裕はないのでして、以前、富山の山に遊びに来ればと水を向けられたのを真に受けて押しかけた。京都に行ってもぶぶ漬けのお代りをする性格である。

池袋発夜行バス11時くらい発、悪天候もあり6時くらいに小雪舞う富山駅着。3列シートのゆったりバスなので充分寝た。駅のコンビニで買った弁当を使いながら待ち、7時過ぎにガイドの村上さんと駅の待合室で合流。夕食の具材を渡されたが、何故かパイナップルが丸ごとゴロリと...奥様がザックに放り込んでくれたらしいが、どーやらガイドの奥様は雪をかき分けて山を歩くということに関して正確なイメージを持っていらっしゃらないのかもしれない。と思いつつ、パイナップルをザックに放り込んだら良い匂いがした。まぁ、いいか。
七時半くらいの地電で千垣へ向かった。実は、富山に足を下ろしたのは初めてであったが、途中見る雪を被った田舎街の風景は何やら懐かしくもあり落ち着く。50分ほどで千垣駅着。ちょうど運良く駅前にいたバスに飛び乗り、雄山神社前までは楽をした。
雄山神社はぶっ太い御神木が林立する立派な神社である。せっかくだからと雪の朝の踏み跡のない境内を散策した。
e0024555_12192993.jpg

その後、宿坊が開いていたので上がらせてもらい、学芸員の方に解説を受けて歴史見学までしてしまった。立山曼荼羅の由来など予備知識がなかったのでためになった。土産に銀杏頂戴す。

神社近くの辻で除雪が切れていたのでスノーシューを着けて民家の裏手からハイキングを開始した。ら、初っぱなから深みに足を取られて悪戦苦闘する羽目になった。村上ガイドはここぞとばかりカメラ連写で手も貸してくれない。困ったガイドである...ガイド氏はカメラがすぐ出る場所に着けてあるので、こういうチャンス?にはめっぽう速い。スノーシューではまるとスノーシューが邪魔でなかなか抜けないので困る。しかも背中には冬用の重いザックなので尚更だ。雪まみれになって何とか脱出したが、気をつけて歩かないと、ぶざまな写真を山ほど提供する羽目になる。

この日の装備は..重い。年長のガイドさんより軽い荷では申し訳がないのである。晩飯会場にHex3、火器としてMSR WidnProにSnowpeakのイソブタ・プロパンガスの450缶、眠り系はWestern Mountaineering Versalite 3oz増量とExped DownMat7R、その他重い物としてはDBのスコップTransfer7、米と飯炊き釜など、ガイドに負けぬようKelty Tiogaのフレームバッグに詰めてきた。たぶん一番の重いのはザックだろう。しかし、時には懐かしい感じのするフレームザックを担ぎたくなるので仕方ない。
想定温度は-10度。
e0024555_12214013.jpg

足ごしらえは、MontrailのPrimaloft200g入り防寒靴。夏の間に安く買った物だが、Gore膜も入っており今回は充分。MLDのeVentゲーターを履いた。ズボンはAXESQUINのゴアウインドストッパ入り。防風耐水性があるから大概の冬の低山はタイツと合わせれば間に合う。数年前のICIのセールでお安く買ったが、使用頻度が高くお買い得だった。

気持ちの良い広葉樹の中を2時間ほど汗をかいて立山青少年自然の家(以後、立少と略す)近くの道路に出た。普通の人は立少まで車を使うが、我がガイドさんはそんな楽を許してくれない。生かさず殺さずと言うのが信条らしいが、負荷をかけて能力を引き出そうという有り難い教えと理解することにした。
ようやく舗装道に出て道端で小休止している時に立少から子供を満載したバスが2台下りてきたが、皆こちらを注目している。何と言ってもガイドの村上さんの短パン姿が注目の的であろう。今時こんな冬の盛り、東京でも短パンの子供は見ないのである。ましてや、50cmは積もった後の新雪を短パンにロングスパッツという、夏と変わらない格好で登ってくる。まったく元気なガイドさんである。というか長いのは雨具くらいしか持っていないようだ。上も半袖Tシャツにハードシェルを羽織っただけ。防寒ならぬ完璧な防汗対策をしている。
e0024555_12322029.jpg


立少では事前に昼飯を予約しておいたのだが、これが大当たりだった。昼飯代530円也でお安い。入り口でトレーを取り、サラダ、果物、副菜数種を自分で盛って、主食の部では飯、丼のも、カレー、ラーメン、蕎麦うどんを選ぶことができる。これらが全部お代りOK!何度でもOK!!、更にコーヒーもOK!立少の厨房さんも太っ腹なのである。最初はラーメンを取り、次に豚丼をいただき、再度ラーメンで〆た。だって..盛りが青少年サイズだから、食べ盛りの山歩き後の中年オヤジには寂しい感じだったんだもーん。さすがに居候気分になり三杯目はそっと出すが..使った器を持って入れてもらうのがルールだ。
e0024555_1230417.jpg

ガイド氏はいかなる場合でも野菜をたくさん食えと仰る。教えに従って野菜もむしゃむしゃ食った。さらに干物がうまかったので6匹も食ってしまった。村上さんも旨いとバリバリ食っている。見慣れない魚で面構えもワラスボ的で悪い。大方、富山湾の深海魚系と思ったが、ガイド氏魚の名前を聞いてきてくれた。ゲンゲという魚。富山では一般的な魚で味噌汁の具材で村上さんもよく食べるとのこと。後で調べたら幻魚とも書くらしく、これの干物で一杯やったら堪らんと思う。腰を据えてむしゃむしゃ食い尽くして担いできた焼酎をやりたいと思ったが、さすがにそこは青少年自然の家であるから憚られるべきと、ゲンゲに後ろ髪を引かれて食堂を後にした。
e0024555_13125110.jpg

青少年自然の家、独立行政法人国立青少年教育振興機構が運営する研修拠点である。受け容れる研修内容の幅は広いらしいので、青少年と思う人、あるいは更正したい不良中年でも事前に申し込めば宿泊なども使えるかもしれない。村上ガイドに聞いたのだが、例えば青少年を含む家族連れでも教育的プランを含むならOKじゃないかとのことだった。食堂で会ったが、飛び込みの昼食だけでも腹が減った人を追い返すことはない模様。単なる宿代わりはダメらしいが、名目が付くならいろいろと相談してみると良いと思った。施設はノルディックスキーとかの貸し出しもやっていてコースも圧雪されており若者達も利用していたり、周辺の山と林道を立少が管理しているので幕営についても予め相談すると許可が出るかもしれないとか耳寄りな話もあり。自由に張れるなら最高だ!また、施設内には登頂記念の写真パネルがあって立山方向へも小学生が登っている写真が多数あったから、立山の途中にも使える。良い飯を食わせてもらった礼じゃないが、こういう施設は上手く使えればかなりお得だね。国の施設だが(と言うのも変だが)、事務所の方には電話口から親切に応対していただいた。この近くに幕営して三食いただきましょうぜ!と村上さんに言ったくらい(笑

飯を食っている間に城前峠までの林道は圧雪が終わったらしく、圧雪後のきれいな道を歩くことができた。圧雪と言ってもツボ足ではズッポリはまる。積雪は少ないらしいが、1m弱くらいか。峠からは富山の平野を一望でき、向こうには富山湾と能登半島まで良い眺めだった。
峠から向こうは踏み跡がない前人未踏小の雪の林道に入った。MSR DENALI EVO ASCENTにフローテーションテイルを付けていたのだが、荷と体と大量に食った昼飯が重く、膝下辺りまで沈む。ガイド氏と先頭を交代しながら、今宵のベースキャンプ予定地まで黙々とトレースを掘って歩いていった。

昼飯の食い過ぎで時間をロスしたので、目的の林道終点辺りには届かずに16時を迎えた。ちょうどライオンズの広場と呼ばれる広い平坦地に出たので、ここを幕営地とする。村上さんはAKTO、私はHEX3を張る。湿雪なので踏み固めればMSRブリザードステイクがよく効いた。HEX3内の雪はポールの部分は大きく残してテーブとし、後は50cm程掘り下げて今宵の宴会場を整えた。
e0024555_1234152.jpg

日が落ちて、向かいのスキー場の照明が美しかった。

晩飯だが、飯を炊いて豚汁の具材を切り分け...普通は切り分けてペミカンにして持つと思うが、今回は教育的指導が入っているので?具材は丸ごと、調理は本格的な手順を踏むことになった。大根、里芋なども丁寧に剥く。更に副食として酢蛸、それも茹でたタコ足と酢とキュウリが別々で...吹雪だったら絶対に諦めるような料理の時間になった。
e0024555_1373212.jpg

その夜は大量に飯を食って、少し焼酎を飲んで寝た。BVLの実験もしたかったが、面倒なので止めた。
フィンランド人のトレランの人からRab Superlight Bivyの使い勝手を聞かれていたので持参したが、着替えずに寝たので、やはり結露した。テント内は最低で-6度まで下がったが、氷点下ではeVentでも何でも大して変わらない。
UCOのキャンドルランタンを灯したが、蜜蝋のロウソクはパラフィンの物に比べて格段に保ちが良い。朝まで灯してまだ余裕だった。

翌朝、ガイド氏に起こされ行動開始。水を作り、夕べの残りの飯をおじやで食ってコーヒーを飲む。雪は黄砂が混じって色づいていたが、ま、腹痛を起こすこともあるまい。湯をテルモスに詰め、サブザックを持ってきていなかったのでスノーシューのケースに諸々詰めて肩から提げて出発した。荷が軽いのと、山の中での取り回しを考えてフローテーションテイルは外してある。
登山口の取り付きまでも踏み跡がないので、ラッセルが続いた。ようやく登山口から上がるが、踏み跡のない山はルートを自由に選べるので気持ちがよい。時より、偽物の積雪があり、ズッポリと穴に落ちる。やはりガイド氏は写真を撮るだけで助けてくれない...
e0024555_1240622.jpg

大辻山へは赤テープと全体を10等分した道標が整備されていて迷うことはない。スノーシューをアッセントモードにして登ると脹ら脛の張りも緩和されて登りやすい。ハイヒールで坂道を登るのってこんな気分なのかしら?
途中、ワカンの地元の人が追いついてきた。概ね我々のトレースを登ってきたらしくまだ元気なので、先に行ってもらって後を歩かせてもらった。時々はまっていたようだが、もう少し雪が締まればワカンの方が歩きやすいだろう。
ガイド氏から少し遅れて山頂に着いた。山頂からは美女木平に連なって立山が一望でき、室堂のバスターミナルも見える。反対側には富山湾が一望できるし、眺めの良い山に連れてきてもらったと嬉しい。山頂で写真を撮ってもらったが、村上氏の本に出ていたガキとキャンプのポーズを真似てポケットに手を突っ込んで胸を反らせて並んで納まった。
e0024555_12404049.jpg

防寒着はBMWのCocoon PRO60 Parka、Pertex Enduranceを使っていて濡れに強く、軽い。

下りは、雪もだいぶ柔らかになり、DENALI EVO ASCENTは固いので、がに股気味にガシガシと下ることができる。村上さんのライトニングは少し長いのと柔いので苦労していたようだ。
そう言えば、下りの途中ですれ違った青年に声を掛けられた。ブログやってないですか...驚き!こんなと言っては失礼だが、ローカル色の濃い低山の人が少ない積雪期で面が割れてしまうとは。ベースキャンプのHEX3とかAKTOなどの変わった奴らが入山していることはバレていたわけで、もうお山では品行方正にしていないとダメですね。って、品行方正だから問題ないけど。
ベースキャンプまで戻ってさっさと撤収し、パイナップルを切り分けて食った。よく冷えていて旨い。担いできた甲斐があった。たぶん、これを予想して入れてくれた奥様に感謝である。
e0024555_12423554.jpg

パイナップル後、、立少まで昨日付けたトレースを戻り、コーラを飲んでから、バスの時間が押しているからと駆け足で雄山神社まで下りた。が、これはガイド氏の間違い..時刻表にマークが付いていて、バスは学校が休みの日はやっていないのであって、結局バスは来ず、走り損であった。ま、歩くの大好きでこんな所まで来ているのだから文句を言わずに千垣駅まで歩いた。2kmくらいか。
帰りはいろいろ珍道中ではあったが、何とか地電で富山まで戻り、駅前の銭湯に入った。破風作りの立派な屋根の昔ながらの銭湯である。中の絵は定番の富士山ではなかった。どーやら立山でもない感じ。絵師の人の頭の中にあったのは雪を頂くSIERRAだったのかもしれないと思いながら熱い湯に浸かって汗を流した。
村上氏の紹介で旨い晩飯を食って酒も飲んでバスで帰投。新宿着は翌日の6時くらい。4列シートで窮屈であったが少しは寝たようだ。

富山は良いなぁ。
幻魚の干物を取り寄せないと...


楽しい雪山歩きだった。
ぼやぼやしてると冬も終わるから→


更新サボってました..まとめてClick!Click!

[PR]
by ulgoods | 2009-03-02 12:50 | 山行
<< クロスバイク / FUJI A... PossumDown Garm... >>