Alphamid nano shelter

Alphamid型というのは、とんがり屋根の錐型(ピラミッド型)を縦に半分にたたき割った一見奇妙な形状のシェルターである。
典型的なAlphamidは下の写真のようなもの。
e0024555_11155353.jpg

この形式は軽量で耐風性が高く、傾斜が急なので結露が降らない&雪が積もらない利点があるとされている(もろに平面パネルに風を喰らったら辛いと思うけど...)。背が高いのは居住性も良好だろう。現在、製品として販売しているのは米国のOwareという会社(ヨーロッパ方面でも見た気はするが)だ。ポールで立てても良し、枝から吊れば尚良い。
前々から気になっていたシェルターゆえ、三鷹のHiker's Depotに委託品として置かれている物を見たときは、危うく即決で連れ帰りそうになってしまった。が、ちょと待てと脳みその片隅でささやく声があり、その日は引き下がってみた。

というのも、ちょうど一年ほど前、BPL(backpackinglight.com)の中古販売でCuben Fiber製のAlphamidシェルター、Alphamid nano格安で手に入れていたのを思い出した。これはBPLの主催者でもあるRyan氏がblogの中でも紹介しているソノ物、あるいは同シリーズの一つと思われて、おそらくはBMW(Bozeman Mountain Works)で製品化する際の試作品だろう。記事の関係から2年以上前の試作と推定されるが、製品化されていないことから没だったようだだが..
まぁ、BMWの製品でBPLが売るとしてもOwareが縫製すると思うけど。
写真はRyan氏のblogから
e0024555_11191462.jpg

nanoというのは、BPLがCuben Fiberを指すときに同時に使う言葉で、手持ちの物はCuben Fiber製の超軽量なシェルターだ。

ところが、これ、買ってすぐに張ってみたのだが、どうにもAlphamid型に張れずに、また、あらゆる稜線がキツイ懸垂曲線で構成され、何気なく張った感じが魔女の帽子のようにしか見えなかったので諦めて放置してしまっていた。
e0024555_11201730.jpg

ま、Cuben Fiberの素材だけでも元は取ったかなという感じなので、いずれ小物袋にでも仕立て直そうと思っていたところだったが、OwareのAlphamidに手を出す前にもう一度だけ張ってみようという気になった。というのも、今回は背を高く張ればAlphamid型になるのではないかという啓示が降りたのだ。

で、早速、再度張ってみた。
前回はトレッキングポール一本だけで張ったので高さは120cm程度だったが、今回はGolite Hex3のポールを持ち出してポールの節を一個残して150cmくらいに張ってみた。ら、だ!思ったよりAlphamid型を呈したような気がする。山で張るとしたらトレッキングポール2本を連結して長い竿を作ることになる。ポールの輪っかを小さなカラビナで連結し、マジックテープでグルグル巻にすれば良いはずだ。あるいはHex3用の延伸パイプをトレッキングポールに継ぎ足すか。
e0024555_1121417.jpg

おそらく、四角錐をスッパリ切った物ではなく、ビーク(くちばし)が出るように仕立てられていたのだろう。くちばし部分が前室として使えるから四角い室内も広く使えることになる。私の所に来た時は、隅々全部に張り綱が結ばれてあり、しかも幅広いno-see-um meshスカートがぐるり全周に付いていたわけだから、更に腰高に張られていたことは容易に推測が付いた。というのも、Alphmid型は頂部に換気口が付いていない。ベッタリ張ると換気が悪くて結露が凄いことになりそうだが、そんな状態をBPLの連中が甘んじているわけがない。今度は170cm程で張ってみた。まだメッシュに余裕があるし、換気はだいぶ良い。内部も広々した。

というわけで、このnanoを遊び倒すまではOwareのAlphamidはお連れしなくても楽しかろうと思う。
ああ、よかった...こちらの方がだいぶ軽量なのだ。Ryan氏のAlphamid nanoは重量が7.4 oz.(210g)と言われている。私の物は重さメッシュが付いている分重くて、それでも約10oz.(280g)で、悠々の広さの屋根が張れる。

Ryan氏の写真と詳細に比べてみた。だいたいの雰囲気は同じなのだが、一点、Ryan氏の物は補強布の一部が見えることから、背面に張り綱を取るタイがあるようだが、私の物には付いていない。後で取り外すことは考えにくいし、縫い跡もついていないから、やはり同型の別な試作品と分かる。
Ryan氏の張り方自体、Alphamidでないのが最初の混乱の元だ。たぶん、試作したは良いけど狙いが外れて換気MAXモードで張っていたのだろう。
寒そうだな...

今後、私の物にも背面にタイアウトループを縫い付けて室内が広くなるように張ってみよっと。

最近はCuben Fiberを小売りしてくれるお店がある。高価なのが難点だが...おまけに見た目は工事現場のガラ入れだしw
e0024555_11232468.jpg

だけど、とびきり軽くて可能性が広がる素材なのでね、仕方ないなぁ。

ヘンテコ好きには堪らない変な形だね。
e0024555_12132957.jpg




ああ、換気口も付けなきゃな→


ま、こんな屋根もありということで...ヘンテコ好きの人もClickちょ

[PR]
by ulgoods | 2009-02-12 12:03 | 宿泊系
<< PossumDown Garm... 又鬼山刀 / ナガサ >>