Sil Poncho & VaprBivy

先日は午後から風が強くなり、バラついた雨が降った。Sil Ponchoシェルターを撤収する前にVaprBivyとの組み合わせをテストしなくてはならない。
e0024555_11333343.jpg

このスリーピングシステムは
Sil Poncho 10 oz. 284g
VaprBivy 6.5 oz. 184g
合計で468g、張り綱やペグを入れても楽々600gで収まる。
と書くと少しばかりウソがある。今回はトレッキングポールを使っているので、フレーム有りテントと比較するならポールの重量も入れないと不公平なのだが、ここはUSの超軽量バックパッカーが言うところのトリックな部分なので重量にはカウントしない。トリックというのは、一台二役みたいな、本来は別の目的だが流用することで重量にカウントしないことを指すようだ。超軽量化の肝ですな。運良く現地で枝などを調達できればこれも不要だし、やはりここでは重量にカウントしない。
とすると、ズバリ!こりゃ超軽量だ。軽量と引き替えにある程度の快適性や適用性を犠牲にするのだが、許容の範囲内であれば問題ない。と、なると、どのくらいが許容範囲か探らねばなるまいて。

ちなみにトリック、フレーム無し軽量ザックにスリーピングパッドで仮想フレークを作って(円筒に巻いたり畳んで背面にしたり)重量削減するのもよく使われる。普通はザックを背負っているときはマットを使って寝ないので合理的だ。マットを使って休みたいときは、ザックを詰め直す必要があるが..手間を惜しまなければ問題ない。ふつーならマット別だから干渉しないで使えるが、そのぶん常に重い荷を運んでいることになる。手間と軽量快適性を天秤にかけないといけないが、手間と知恵はいくらあっても重量ゼロである。少しの知恵で少し重量を減らすことでできれば、わたし的にはハッピーということになる。
徹底的に軽量化するなら、その物が何かに拘らず、機能面から重複を省く視点が必要だ。
今回のSil Ponchoも本来は雨具のポンチョだからこれもトリック。普通、寝ているときに雨具は着ない。達人は着ているままペグダウンしそのまま身体を抜いて張ることで荷物の濡れを最小にできるという。
以前、幕営地で見たカップル、寝る前にゴアの雨具を着込んでいた。狙いは保温性UPか?でも羽毛シュラフの中に雨具というのは、あまり良いトリックとは思えない。羽毛は肌に近い方が暖かに感じられると思う。ま、いまいち親密でない場合、男子の魔の手から身を守るというトリック(トラップ?)はアリかもしれないが..私はいつも一人なので一つテントで寝るカップルのそのへんの事情はわからない。仮にDuo山行時、相方に寝る前に雨具を着込まれたら、そー思うことにする。

Sil PonchoとBivyを雨の中に長時間放置してからで潜り込んでみた。マットを中に入れ、今回は100Yenで買った平ゴムを2条にしてBivy頭部を吊った。ゴムは変に重量をケチって1条だと容易に伸びきってしまい、伸び力マージンがないので出入りの際など力が掛かると「もー伸びられません」でBivyやポール各部に変な力が掛かってしまう。ここは贅沢に2条使うことにした。
今になっての心残りだが、ゴム紐の途中に別な紐か、枝でも良いか、を垂らして、ゴム紐を伝ってくる雨水を逃がすことをすれば良かった。これでは雨水がゴム紐を伝って脳天直撃だ。
e0024555_1141254.jpg

雨はさほど強くない。バラッバラッという感じで降っていた。頭が濡れることを嫌ったので、頭上の余白を多く取ったら足がシェルターの外に出てしまったが、それは仕方ない。それ含めて検証することにした。

このbivyは底部はテフロンコーティングされた素材のバスタブ型である。TYVEKの上に水が上がり、Bivyに水が接する状態で中から水が透けて見える、が浸み漏れは感じられなかった。
Bivy上面はPartex Quantum生地だが、地面からの跳ねっ返り水や風でドライブされた雨滴、足部には直接雨に打たれたが、いずれも浸透はしなかった。縫い目はシームシールされていないが、ここからの浸水も感じられない。この程度の雨に対する耐水性に関してはまずまずだろう。
Bivy内の換気、というか呼吸の確保であるが、これも適度に風がある状態では全く問題ない。時々フゥっと風が入ってくる。蚊帳部分の両サイドは結構低い位置まで来ているし。Sil Shelterで使ったときの窒息感はゴムで吊る位置が変だった。高く吊りすぎた。Shelter内は無風だった。など、下手なセッティングが原因だったと結論する。さすがにBivy寝3発目だったので慣れたといのもあるかもしれないが。
雨の中、薄い布一枚で雨を感じながら羽毛シュラフを濡らさずに快適に横になることができた。やはり頼りない素材でもジッパがない方が雨には強いのだろう。

こんな組み合わせでも樹林帯での、シトシト雨なら充分対応できると思う。縫い目をシールするともう少し心強いか。
いい結果が出たので晴れた翌日に撤収した。他のBivy達も乾かし底を洗って各スタッフザックに収納。これにて一連のバックヤードテスト完了!
Tarp&Bivyの感触は掴めた感じがする。
あとはお山でどー適用させるかですな..こんなシステム、岩岩したお山の幕営地では風、雨に不利なので必然的にそれらを防げる森の中で寝ることになる。道具からの要求で目標が決まってしまうのね...
[PR]
by ulgoods | 2005-09-15 11:33 | 宿泊系
<< Tracks / Sherlo... 具だくさんAL缶ストーブ >>