その2改造 固燃Ti五徳

その2改造 固燃Ti五徳

第一回目の工夫から数時間、どーも心の中では飛び出したTの横棒が気に入らなかったらしい。
もやもやが残って少し気持ちが悪いので気分転換と風呂に入ったらふと閃いた。もちろんEureka!と心の中で叫んで風呂を出て、手持ちのチタン薄板とビクトリノクスの鋏を使って6分で試作品を作ってみた。ああ、まだ服を着ていないや..
e0024555_1818437.jpg

今度はTの横棒が回転する。燃焼台受けの腕はオリジナルに戻した。オリジナルのネジも復活させた。

燃焼台もガタつかない。ぴったり乗っかっている。
e0024555_18233425.jpg


今度は薄さを活かしてピッチリ平面に納まる。仕舞いも干渉しない。
e0024555_18183068.jpg

薄板は多少ひしゃげても構わない。アングルがキッチリ出ていれば問題ないのだ(^^;;

e0024555_18192239.jpg



この工夫ならT'sさんにも満足いただけるかと。
横棒はチタン製でなくても良いな。ねじりに強い素材が要る。
ただ、T横棒がネジ留めなので、ここは何とかしたいな..蝶ネジ&ナットを横棒受けに使うと良いかもしれない。

久々に遊べる素材だった!
オリジナルを購入していろいろ工夫してみると良いかも。あー、スッキリした!


引き続き..
私に出来ること、誰かの二番煎じを担いで、ただただ歩くことだけだ。
励ましがあるとすれば、ここをクリックで>>>
少しは慰めになりまする...

[PR]
by ulgoods | 2008-11-23 18:20 | 燃える系 | Comments(6)
Commented by yasler at 2008-11-23 21:41
入手いたしました。
発売前から店頭でナデナデして同じような加工を考えていました。
燃焼台が棒ごと横に90度向くような方法を考えていたんですが、パーツが増えてしまいせっかくの美しいデザインを壊す事になってしまうので断念しました。
あとよく考えたら僕はクッカー内スタッキング大好き派なので、問題ないようです。
寒冷な状況でどこまで固燃でいけるか試してみます。
楽しみな道具です。
Commented by ulgoods at 2008-11-23 23:08
yaslerさん、こんばんは。
あまりに細工に走ってしまうと、野外で使えないことが多く、T'sさんもその辺を考慮して決めた形と思うのですが、手袋をはめて無理なく操作できる範囲という制約で改造をやってみました。オリジナルに戻すのも簡単なので、改造型でちょと冷えた山をやってみます。

Commented by yasler at 2008-11-23 23:17
>せっかくの美しいデザインを壊す事になってしまうので
あ、あくまでも僕の拙い技術と発想ではという意味ですよ。

三鷹のご主人も凍えた手での操作感が重要とおっしゃっていました。
Commented by ulgoods at 2008-11-24 00:19
yaslerさん、ああ、特に気にしていませんでしたので、気になさらずに。
T'zさんのは美しさに払う部分もあるので、いじるときは壊さないようにとは気をつけています。もったいないですからね。
固形は、ゆっくりなだけで、気をつかわなくて済むのが良いです。
Commented by JSB at 2008-11-27 22:30 x
そんなに面白い、お題なのか!
おいらも、最後尾で、エントリーさせていただきます(笑)
改善中の中間報告です↓

http://ikaros.air-nifty.com/photos/uncategorized/2008/11/27/ssimg_4507.jpg

14gです、お皿は借り物。あと2gは削り込みたいなぁ(爆)

JMTの映写会の夕べ(11/27) 観たかったなぁ(ウルルン)
Commented by ulgoods at 2008-11-28 12:18
JSBさん、やっとお越しいただけましたね。
JSB式、質実剛健、しかも軽量、いいなぁー
針がね細工じゃなくて板金&ネジ工作が出来ると遊びの範囲が広がりますね。

JMTの映写会の夕べ、いらっしゃるかと思っていました。残念。多くの方々に生でお会してお話ができて有意義でした。
<< その後あれこれ 改造 固燃Ti五徳 >>