改造 固燃Ti五徳

改造 固燃Ti五徳

今や、アルコールストーブのコテージメーカーとして国際的に注目されているT's stoveさんから、チタニュウム五徳の派生として固燃Ti五徳が発表され、値札が付いた早々に三鷹のHiker's Depotで手にすることができた。今のところ、これを見て触って買えるのは三鷹だけだと思う。この形式は従来発表されておらず、JSBさんの型式認可を待たなければならないが(笑)、おそらく新式の型番とひねりの利いた愛称が交付されると思う。

e0024555_13492341.jpg

作りもT's式の品質で、わたし的にはお金を出すに値した。おそらく、最初に治具を作ってキッチリ製造していることが覗える。もはや精度的に素人工作では追従が難しく、この品質ならお金で買った方が安い段階になっている。この形状なら鍋のサイズを選ばないので良い。充分に太いチタン棒を使っているので、強度にも不安はない。足に滑り止めを履いているので加重時に足が開いてしまうことも無かろう。更に、上面に滑り止めが加工されているのがT's式。さすが国産、細やかな心遣いに泣けてくる。ネジは蝶ネジが普通だが、特別に軽量版を分けていただいた。力が入りにくいので、冬は蝶ネジ式でよいかもしれない。

現状で充分に使えて美しいのだが..ちょっと試作をblogで見た段階で思うものがあったので、早速改造に取りかかった次第。
私が感じた問題は、足を閉じた仕舞い時に燃焼台が畳んだ五徳から大きくはみ出ていることである。実はザック内環境は結構厳しく、デリケートな扱いを要するものは、ほぼ壊れることになっている。T's式固燃Ti五徳は燃焼台が薄板で作られており、ここが弱点に見えた。また、燃焼台がネジ留めで、そこがゆるむと辛い気がしていた。Victrinoxクラシックのマイナスドライバーが入ればよいのだけれど、極小+は持ち歩いていない。
そこんところ、何とか折りたたみ&メンテフリーに出来ないか...との思いが発端。

実は見たときから頭の中では工夫が出来上がっていた。あとは形にするだけである。T'sさんやHiker's Depotの店主にはそれとなく工夫の旨は伝えておいたが、図面を引くのも面倒なんで、現物合わせで手持ちのチタン棒をラジオペンチで曲げ始めた。ガキの頃にゴム動力飛行機のシャフトの加工(いわゆるZシャフト)で鍛えた腕前だからピアノ線細工は得意だ。幸い、手元にチタンの細棒がある。ラジオペンチを手にして5分、2作目で使える物ができたようだ。
換装したアームと、取り外されたオリジナルのアーム。
e0024555_13505652.jpg

裏から見ると、このとおり。
e0024555_13514314.jpg


工夫の要は、ネジで固定されていた燃焼台をスライドし回転して、脚が作る平面内に格納すること。引き出したときに燃焼台が安定するように棒の先端をT字型にしておき、そこに燃焼台を乗せれば不意な回転はしないだろう。縦長に置かれた燃焼台は、仕舞い時の寸法を気にしてのことだと思い当然だが、これをこの方向でスライド収納するとなると腕の長さが長くなり、燃焼時に充分に安定して燃焼台をT字の上に乗せられない。1mmずれただけで燃焼台が回転しては困るのだ。そこで、収納時には燃焼台を水平に90度回転させて、短辺方向でスライドさせ、更に縦方向に90度回転させて平面に納める。そうすると腕の長さはオリジナルとほぼ同じで済むし、引き出して乗せたときはTの横棒が引き出した燃焼台の先端から十分な距離があり、不意にずれて回転することが無くなった。また、燃焼台の方向を縦長でも横長でも選ぶことが出来る。対角線に置くのも燃焼台が腕に乗る長さが長くなるので良さそうだ。
e0024555_1353147.jpg

このくらいの操作なら凍えた指でも、あるいは手袋を填めたままでも可能だろう。

燃焼台の固定は、とりあえずは試作なのでゼムクリップを延ばして割ピン状にして使った。オリジナルは皿ビスで留めているので、ねじの頭が凹に納まるよう、下に凸に加工されていたが、コレは叩いて平面に戻した。ここが下に凸では安定が悪いので。
ゼムクリップ部品では、そのうち折れそうなので、材質を考えないと...女性が使う髪を留めるピンがよいかもしれない。ちょうど根元がチタン材を囲うくらい丸くなってるのが良いかも!


この改造で、いつもの固形燃焼系袋に収まった。
e0024555_14152816.jpg
袋には、チタンフォイルの巻風防と、燃料と、ストーブが入っている。T字の頭の張り出しが気になるが、これは強いからいいだろう。
ねじ穴の位置をもう少し足の方に寄せれば、燃焼台縦長方向使用時に安定がUPするかもしれない。

これはチョット良い改造だと思うが...T'sさんにはご検討いただけると幸いだ。
更にやるとしたら、展開したとき、燃焼時に燃焼台が不意のスライドを起こして燃料が落下しないために、腕部分の燃焼台の末端位置(ネジ側)に1mm程度のクランク状の段差を付けて(ネジ側->下にクランク->燃焼台側)、燃焼台が後ろ向きにスライドしないようにしてやる。折りたたみ時には、先ず燃焼台を90度回転させるのだから、この段差は仕舞いの支障にならないはずだ。この加工は面倒だったので行っていないが、製品として出すときは検討いただきたい。
e0024555_13542975.jpg

あるいは、燃焼台の短辺側の辺にチタン棒を押し当てて上に凸の溝を形成して、腕には少し角度を付けておいて、燃焼台をセットしたときにカッチっと溝と腕が填るようになれば不意な回転も抑えられて言うこと無いな。カチッっと填ればTの張り出しを抑えられるので、平面収納性が上がります。

手持ちのBPLで買ったチタン棒が少し細いので、T’sさん、お願い...

T'sさんと初めてお会いしたのは、ほぼ2年前。私もアルコールストーブ作りを工夫していた頃にblogで連絡が取れて、JSBさんcoolys creekさんsugawasterさんT'sさん、私とで渋谷の居酒屋で記念すべき第一回の燃える系交歓会を行った時だ。その時、T'sさんが取り出して見せてくれたストーブの数々、充分商品になる完成度で驚いたことを鮮明に憶えている。興奮気味の私が無理にお願いして二人で行った二次会で商品化をお勧めし、T'sさんも少し手応えを感じたらしく、その後は何度か山で使うに当たってのアドバイスをさせていただいたが、ご本人の飽くなき探求心と高い製造技術、物創りへの真摯な哲学、続ける努力が結実し、現在では海外からも注目されるストーブビルダーとして有名になった。
私は、T'sさんのストーブを一目見てから、その完成度に圧倒され、爾来、ULG印のストーブを売り出す野望が霧散したことを憶えている。
上には上がいる...

自意識過剰と思うが...せっかく仕入れた新製品の売り上げに万が一影響ありましたら御免なさい>>Hiker's Depot殿



私に出来ること、皆さんの工夫を背負い、ただただ歩くことだけだ。
励ましがあるとすれば、ここをクリックで>>>
少しは慰めになりまする...

[PR]
by ulgoods | 2008-11-23 14:11 | 燃える系
<< その2改造 固燃Ti五徳 利き腕とCasioへの小言 >>