八幡平から田沢湖(中断)

取り敢ず、帰ってきた。
予定では
盛岡まで夜行バス
八幡平まで路線バス
トレイルに入り大深山荘泊
八瀬森山荘、大白森山荘を経て田代平山荘泊
乳頭山を経て
阿弥陀池小屋泊
秋田駒を周遊し田沢湖へ下る
であったが、、
実際は二日目に大深山荘から田代平山荘に到達できず、手前の1063ピーク付近でビバークを余儀なくされた。翌日は意に反して風雨厳しく、残念ながらも喜々として乳頭温泉へ下山し、山行を終了する。
乳頭温泉では、運良く、乳頭山へ偵察に来ていたrwalker氏と合流することができ、一緒に湯に浸かった後、氏の車で仙台へ連行され、酒池肉林の宴(焼き肉屋と居酒屋はしご程度)となり、その夜の夜行バスで新宿へ向かい、今朝、無事帰還を果たした。
台風を避けて快晴山行の予定ではあったが、お天道様はその抜け駆けを良しとせず、初日から降らせ、二日目はお目こぼしで晴れを得たが、三日目は更に風雨強くと、空模様の当ては外され、また全行程の80%は藪こぎであり、濡れた笹と道の湿地の泥寧に難儀して乾く間もない状態が続いた。ビバーク地点付近では翌朝に熊らしきにも遭遇し肝を冷やしたりもした。

しかし、湿ったブナの森を歩くときや、小ピークから見下ろす視界一面のブナと青森とど松の樹海の広がりに我が郷土の森の豊かさ未だ健在を知り感謝と感激の念を覚え、また時折通過する高層湿原と池糖に忍び寄る秋の寂寥には心を洗われ、しかも不本意にも下山した乳頭温泉では手の甲がふやけるまで湯に浸かり、山(道具)の友とも会い、今思えば何とも充実した山歩きであった。

地図を見返し、GPSの軌跡を辿りつつ、歩いた道程の充足感と歩き残した道への憧れを新たにしているところ。
記録はいずれ

e0024555_1701955.jpg



vote for
バスで寝られりゃ東北は安くて近い!
とりあえず「登山・キャンプ」へ+1..Click!

[PR]
by ulgoods | 2008-09-24 17:01 | 山行
<< 八幡平の装備 野宿 >>