自作タープ張り姿

ずいぶんと縫い目ばかりの写真を掲載してきたが、実は私も果たしてこれがタープになるのか?全容を見たことがなかった。30cm四方とばかり格闘していたからだ。

つぼみが開いていくような、昆虫が羽化して羽を伸ばすよな、日の当たらない場所で作り込まれたカオスの中に内包されている筈の出来上がりを日の下で展張し、姿を現そうではないか!と言うわけで、近所の公園で試し張りをしてみた。たぶん、広げればタープになるはず。晴れてるし、ついでに目止めも済ませてしまおう、という目論見もあり、公園へとペダルを急いだ。

やれやれ、なんしかデカい。主稜線の長さが2.7mでくちばしを入れると3mを超える。幅も張った姿で2.3mが予定されている。
張り方は...一端のビークリフターをペグで地面に仮留めする。リッジラインを伸ばした状態で、反対方向のコーナー2つにガイラインを通してペグで留め、ビークリフターに長いガイラインを付けてトレッキングポールで吊り上げて張力を掛け、各ガイラインを調整して片側だけ自立させる。反対に回って仮留めしたペグを外し、リッジラインに張力を掛けてビークリフターをポールで吊り上げる。その後、コーナーをガイラインで張ると最低限の本数での張りが得られる。ビークの先端のガイラインをポールに結びつけて、くちばしを張って、取り敢えずの形ができた。
e0024555_6525780.jpg

デカいタープなので、強風下で安定させるために、最大でガイラインを20本張ることができる。というか、ループを20個も縫い付けた。あと、インテリア用にビークの稜線の中間に4個もループを縫い付けてある。

おおお、タープの形になっているではないかっ!やっと全容を目にした瞬間だ。
素直に嬉しい。
しかし、リッジラインのシワは縫いで曲線になった部分、多少は重力による弛みに起因するが局所的なのは勝手成りカーブだ...

続いて、各側面のサイドリフター2カ所に1本のガイラインを通し、その中間を別のガイラインを使って小枝をポールにして吊った。低く張るとゴキブリのようでもある...が、この姿を見たいばかりに、構想2年、製作は計3日(しかし総工費はお安い!)を費やしてきたのだ。
e0024555_6542386.jpg


各ガイラインの位置を微調整したり一段と張力を掛けて、シワがないように仕上げる。低く張って、縁に付けたループをガイラインで張れば強風にも耐えられるデザインだ。
細部を検査したが、縫い目が崩壊したり裂ける気配はない。きちんと縫えていたようだ。ちゃんと力に耐えている。縫い目も開かない。ゆるゆる縫い目はおさらばだ。
e0024555_656677.jpg


中に潜ってみる。ビークが低く張り出しているので出入り時には低姿勢を要求されるが、内部は高さもあるし、サイドを吊ったこともあって、とても広い。低く張っても居住性は良く、サイズに余裕があるので雨風をしのいで眠ることができそうだ。
e0024555_6544917.jpg


ああ、幸せだ。地面に寝転んでそう思った。


RayWay Tarp1号であるが、細部を見ると残念な箇所が多い。ふたり用タープなど滅多に?おそらく使う場面はないので、次作、本命の一人用の製作に俄然意欲がわいてきた。1号の残念な点の1/3は裁断の不正確さに依ると思う。縫製自体は作りながら上達したので、次作は型取りと裁断を上手くできる方法を考えてから臨みたい。

サイドリフターの取り付けであるが、力は真下ではなく、ほぼ水平斜め45度くらいに掛かる。その意味で菱形の当て布と縫いの方向はOKなのだが、ループの縫い付け方から、今の取り付け角ではねじれ方向の力が掛かることが判明した。端を揃えて幅方向を水平にして縫い付けるのではなく、V字型に開いて、あるいは縦方向に揃えてい縫い付けるべき。もしかしたら解いて付け直す。

目止めしようと、シンナーと注射器を持って行ったが、シリコン剤の使いかけのSilNet少々は良かったが、いつの物だろう?開封していないSilNetがまるまる一本、内部で硬化していた。使える状態ではなく、ビークリフター周辺のみ目止めしてお仕舞いにせざるを得なかった。お金以外、貯め込みすぎると腐ってしまうのは物の理なのだろう。
炎天下はシール作業は適さなかった。風通しの良い屋内か、完全な日陰で行うべき。

初めて縫い物に挑戦したが、相手は布であるから、針と糸と鋏があれば何でもできる。他の工作に比べて自由度は高い。思いついたらダダダと縫い付ければ良いのだ。が、相手は布、シャンとさせて縫わないと思ったような線が出ないのも事実。縫い作業では段取りや、縫い中の布の捌きなども重要。総合格闘技の一種とも言える。

RayのKitだが、今思えば最初から裁断されていなくて良かったかもしれない。採寸と裁断から関わることで、一枚の布に鋏を入れて裁ち、縫い合わせて大きな面を作り、折り込んで強度ある稜線を形成し、立体に仕上げていくという全行程を体験することができた。一枚の布から全てが始まるというのが重要と思う。
補強材やガイラインなど、全てのパーツを個々に集めたのでは手間とお金が掛かるから、一枚布が入ってきたときは驚いたが、これはやはりKitである。
ガキの頃、雑誌で見た。真鍮を削って蝋付けして実際に走る機関車を作っていたおじさんの記事。型取りされたプラモではなく、ああ、これが趣味の大人の手仕事だと憧れていたのだが、多少なりとも、そんなことがことができたことに満足している。

紫は..写真で見るときれいな青だが、本物はやはりド紫だ。Rayのサイトに出ている縫い上がり自慢の写真達でも紫は1人しか作っていない。そういう意味では希少なタープと思うことにする。
何で紫を選んだんだろう?ポチッとするときにTitanium GoatのPtarmigan Bivyと合わせるとお洒落と思い込んでしまったに違いない...orz

以前、MFDさんにさんに練習用と称して材料を送りつけてQuiltを製作して貰ったが、どーりで最近は縫ってくれないわけだ。とてつもなく神経をすり減らして、目をショボショボさせる作業を要求されることが判った。
多くの場合は...買えるモノなら買った方が安い。
しかし、私の業界の言葉だが、「ある物は使え、無いものは作る」というのがあるが、これも一種のプライスレス。曲がった縫い目も私にとっては価値がある。縫った時が思い出される。


vote for
縫う自由を手にした。あれもこれもと思いは広がるが、次はズボンの裾上げだ。海外通販で買ったやつは少し長いのでね...
「登山・キャンプ」へ+1..Click!

[PR]
by ulgoods | 2008-09-13 07:05 | MYOG | Comments(20)
Commented by 村上 at 2008-09-13 15:20 x
偉いな。すごいし、立派だよ。少し高く張ると宴会用にピッタリか。ただ、ポール二本も使うタープは面倒くさいな。入り口はこのデザインで、ポール一本にして、足下をふさいだ方が耐候性があると思う。俺は夏に仕事し過ぎて、疲れたので、ちょっと白馬に行ってくる。まだ、しばらくはAKTOを使う。暴風にも耐えるから。
Commented by ER at 2008-09-13 15:22 x
ついに野外でびゅーしたのですね!おめでとうございます♪
しっかり縫えているし、良い感じじゃないですか!・・・そしてデカイ(笑)

次はこのタープの下、地面でゴロゴロしている姿をUPして欲しいなぁ~♪
Commented by beyondx at 2008-09-13 17:07
いいテンションできれいに張れてますねーッ!!
サイドのリフターも調子良さそうです。

ガイラインもオリジナル仕様ですか?
Commented by somtam at 2008-09-13 21:41 x
こんばんは
また、コメントしてしまいました。

幸せ、よく分かります。
この幸せは、作ったものだけの喜びだと思います。

張り方ですが、僕は入り口のみ支持体で引張って(もうチョイたかめかも)、
後ろはビークが付かない程度でガイラインで引張ってます。
後ろのコーナーは、まんまペグダウンしてるのでガイラインを張った前後の長さはそーとー迷惑なものかも。
こういうタープの張り方のセオリーを知らないので、おゆるしください。

それでは
Commented by bphiro at 2008-09-13 23:14
うわーっ待ってました!
製作中の画像では想像出来ない位デカイですね(^.^)
ますますミシンを導入しないといけない気持ちになってきました。

>曲がった縫い目も私にとっては価値がある。縫った時が思い出される。
このことよく解ります。
パッと見では解らないような小さい歪みやずれホールの間隔のずれ等は自分が
作ってる最中に一番覚えてる箇所ですもんね!
だから、少し歪んでても愛着に変わるんですよね(^_-)-☆
Commented by Keny at 2008-09-14 01:59 x
完成おめでとうございます。
それにしても綺麗な色のタープですね。
私も頑張ろう!
Commented by ulgoods at 2008-09-14 13:48
村上さん、お褒めいただき嬉しいです。
2年間できませんでしたが、やっと崖から飛び降りる覚悟ができて、やってみると、積年の執念は募っていたので最後までやり通すことができました。
二号は、仰るようなデザインを考えています。MLDのパトロールシェルターみたいなモノをSilNylonでやろうかと思ってます。
運良く白馬で暴風雨を得て、AKTOの耐候性が実感できますよう、ご武運を祈念いたします。
お気ををつけて...
Commented by ulgoods at 2008-09-14 13:51
ERさん、
やっと全貌を露わにしました(笑
まじ、これはデカいです。軽自動車を飲み込むくらい。よほど張力を掛けないと雨で重くなったときに心配です。

ごろ寝の写真はアシスタントが要りまする。娘を駆り出すかな。
Commented by ulgoods at 2008-09-14 13:58
beyondxさん、やっと追いつきました(笑
タープはテンション掛けてナンボですから、キリキリ張りますよ!
ガイラインは、公園に行ったらオリジナルを持ってくるのを忘れたので、持参した試し張りセットに入れていたZ-Packsで買った糸巻きに巻いたモノを切り出して張りました。私のガイラインは常に2種類、両手を広げた長さ(5')と、その二倍(10')と決めているので、何から切り出しても使い回しが利いて都合がよいです。
サイドリフターはループの付け方がちょっと違和感あり。力が掛かる方向を意識して取り付けないとイカンですね。張ってみて気づきました。
2号に反映させます。

Commented by ulgoods at 2008-09-14 14:01
somtamさん、
このタープはガイラインを含めると5mX4m位の敷地を要するので、テント場では張れません..そうとう迷惑でしょう(笑
涼しくなったら低山の気持ちの良い落ち葉のちょっと広い場所を見つけて張るつもりです。
Commented by ulgoods at 2008-09-14 14:05
bphiroさん、直線を縫っているだけなのに、不思議といろいろ問題が起こるものです。そんなときに、エエィ!とやってしまった場所が曲がりや弛み..汗したのを良く覚えています(笑
MYOGに参戦ですか!私もビョンドさんを追いかけて次はザックです。ガレージメーカーの製品を見ても、Ray式がベースとなっている気がします。まずは足跡をトレースしないと。

Commented by ulgoods at 2008-09-14 14:10
Kenyさん、根気が消失しないうちに縫ってしまいました。
お陰様で、いろんな方が同じことにチャレンジしていることを知り、勇気が出ました。
Ray式系のMYOGモノもblogネタとしてちょこちょこやる予定です。今後ともヨロシク!
Commented by azm at 2008-09-15 23:30 x
すみません。何やら間違えて、9・9の記事にこの記事のコメントしました。悪しからず。
Commented by ひで at 2008-09-16 08:18 x
お久しぶりです。。。
いつも楽しく見させて頂いています。。。

しかし、格好良いですね~自作とは・・・・・
やっぱり、色々購入してると最終は自作ですか~販売したら、売れそうですね~^^;

重量の関係もありますが、テントの様にアルミの棒で上からつり下げ式にしても格好いいような・・・・・・

最近テント使ってて、モンベルⅠムーンライトが非常に気楽で、つり下げっていいなって思っています(悪条件では無理ですが^^;)
Commented by ulgoods at 2008-09-16 21:15
azmさん、
意図して作り込んだ懸垂曲線ではないのです..手厳しい(笑
いやー、これは案ずるより産むが易しでした。遠目にはちゃんとした形に見えています。現在、欲しかったモノのデザインを脳内で行っています。
ミシンは出しっぱなしにしています。既に、ズボン裾上げにも成功し、最近は縫われたモノを見たときに、縫い目や縫いしろ、縫製手順に興味が向いてきて楽しいです。
Commented by ulgoods at 2008-09-16 21:20
ひでさん、お久しぶりです。
このタープは背を高くも張れるのですが、平べったい姿がカッコイイ!と思って、その姿を見たくて作ったようなものです。遠目には目的達成しました。
Z3に続いて320も引退し、今はJetta2.0Tになりました..やっとRHDに慣れです。
Commented by kato at 2008-09-17 04:11 x
はじめまして。
裁縫は楽しいですよね。
自作精神に感化され私も裁縫をはじめてしまいました。
今はまだちょっとした改造くらいですが、そのうち完全自作を目標にしています。
いい生地さえ入手できれば・・・
Commented by ulgoods at 2008-09-17 08:37
katoさん、初めまして。
Hiroshiさんの所へ座標を頼りに買いに行った方ですね。
blog拝見しました!市販品にちょっと手を加えると良いですよねぇ。SylPonもループの追加で、張り方のバリエーションが増えてるし。明日もとが閉じる張り方はステキ!私も、二、三やらなきゃと思っていた小改造を思い出しました。
生地は..海外通販に頼るか、古いやつを切り刻む感じでしょうか。私も補強用のダイニーマは少しあればよいのですが、ないので何か切り刻みかなぁと思いつつ決心がつきません。まずは、共布のスタッフザックを材料にしますか..
Psychoへの道は険しそう(涙
Commented at 2008-09-17 08:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ulgoods at 2008-09-18 01:44
zzz_bearさん、
詳細をお知らせ下さりありがとうございます。
Bivyを失ったいきさつは改めて伺うとして(傷口塩)、北海道であったとは、ちょと驚きです。
わたしも、今期は気候と仕事の兼ね合いがつけば、東北の山をと思っています。十月頭なら立派に紅葉ですから..混む前に(笑
晩秋から初冬は奥多摩を詰めます。おつきあいヨロシク!
<< アライ シングルツェルト / ... Ray-Way Tarp 完成 >>