その2で縫ってみた

縫ってみた

学校のバザーで売れ残り、最後に800円の値札が付けられたミシン。昨年仕入れておいたのだが、初めて電源を入れてみた。おお、手元のライトが点灯するではないか。率直に感激だ!母の足踏み式にはそんな装備は付いていなかったぞ。最初からこれでは私も出世したものである。箱のポケットを開けたら、おお、説明書が出てきた。ありがたい!が、なんやらデザインが少し古めかしい。こいつは昭和の時代な感じがするな。取説あれば何とかやれる予感だ。
電子ミシンとある。どこが電子なんだろう?電子ビームで溶着するのかしら?なわけない。何でも電子と書けば格好良かった時代のミシンだ。

先ずはボビンへの糸の巻き取り、へへへ、二回目で成功!
お釜のセット、下糸引き出し..これは少し苦戦した。説明書を見なおす..と、糸の通し方が少し間違っていたらしい。なるほど、お釜の気持ちは繊細だと知る。正しくセットして手動で回すと、何やら糸が出てきたぞ!細い棒で引っ張り出したら正しく下糸が引っ張られた!まずは良い調子っぽい。
しかし、何で糸が通って縫えるんだろう?不思議だ。

で、端切れで縫い始めた。普通に何か縫えた。やたーって感じ。でも糸の調子が合っていないらしく、片方に寄っている。調整したらますます悪くなった。変だなーと思っていたら、らだ..説明書がわざわざ表裏をめくった図で調子の説明をしてやがる。表に見えているのが裏の絵だった。もーややこしい。自分は逆の調整をしていた訳だ。しかもミシンは糸を切る刃が向こう側に付いている。いちいちかがみ込むのは面倒だし、糸を多く引き出さねばならないぢやないか。もっと見えやすい場所に付けられないのかな?針の上げ下げも向こう側のレバーだし..縫い屋さんの感覚って表裏前後逆の世界なのだろうか?そー言えばライトも漫然と照らしているだけで影ができる。もう少し細部を詰められると思うんだが...糸の調子調整とかも気に入らない。素人考えだが、もっとデジタルに、革命的に根本から何とかならんものかなぁ。極小のプラスチックのリベットの溶着で止めていくとか...超音波か蒸着か、何でもいい、糸と針はやめたい。せめて、電子ミシンというなら糸の張力くらいセンスして自動調整して欲しいな...
と、悪態ついても始まらない。道具を作る道具は崇高な道具と思う。

気を取り直し..最初と最後は反対方向に縫うんだなと、レバーを逆転にしたときだ、何やら一瞬訳の分からないことになって、がががと慌てて止めたら、釣り針のように曲がった針が出来上がっていた。んんん?と思って眺めてみたが一向に判らない。何か訳がありそうで、説明書を見たら押さえにも種類があるようなんだな。なになに、と、初めての秘密のポケットを開けたら、おおお、数種類の押さえやボビンや針が出てきたぞ。そーか、ジグザグ用の押さえを使っていたわけだと直感し、直線縫いの押さえに交換した。以後リバースでも釣り針を製造しなくなった。私にはジグザグは不要だ!直線一発あればよい。
ジグザクの押さえが装着されているときはリバースに入らないような設計が必要だ。と思ったが、最初の一回きりだ。何度もやるようでは自分のお味噌の設計を疑った方が良い。
しかし、針、折れずに曲がるとな!焼き入れしていないのかしら?表面だけ焼き入れ?ま、折れて飛ぶよりはましだ。ああ、糸が通ってるんだ。飛ばないや。じゃ、折れた方がいいかな。
e0024555_2234984.jpg

このマシンと一体になるにはもう少し時間が必要。

しかし生地が滑る。まち針で止める段階で滑ってる。思ったより厄介だ。最初は何度か耳を等幅に残して縫う練習をした。しかし、寄ったり、詰まったり..うまくいかない。小一時間練習して、何とか縫えそうな感じがしたので練習を兼ねてスタッフザックの縫製に取りかかることにした。そう、私は気が短い。幸い、スタッフザックがあと4つくらい取れそうなくらいに切り残しがある。
実際のモノを縫うときは、生地をあっちに向けたり裏返したりと、練習時より格段に難しい。縫い跡がパラパラと外れてくる。ミシンが縫ったふりをしているだけだ。なんでだろう?もう見た目はいいから、解けたところは解いてしまって上から何度か重ね縫いをした。途中からヒゲが飛び出してる。そういえば、そんな風に縫われているのを見たことがあるなぁ。プロでも大変なんだなぁと、いろいろ得心した。難しいのだよ、ね。
e0024555_2242460.jpg


小さな袋に小一時間..汗は一升もかいただろう。大量の糸くずにまみれて、やっと袋が縫い上がったらしい。口に付属の紐を通してロックをかませて出来上がりだ!物を詰めたが、かろうじて袋の用を成している。
ま、少し嬉しいかな(照
e0024555_2245359.jpg


どーも糸が細すぎたようだ。細い方が良かろうと#60を買ったのだが、身の回りのSilNylonモノを見ると糸はもそっと太い。太い糸で、上下の張りを強くして細かな目で縫わないとダメっぽい。
糸と針とチャコを買い直しだ。それと、手元に恐ろしく切れる鋏を置いておかないと。ああ、まち針は頭が小さいの、必須。
e0024555_2251822.jpg

緩い縫い目。駄目ダメ。

明日は新しい糸針セットで調子を合わせて、ペグ入れの小さな袋を縫ってみよう。
Flat Felled Seam縫いなんてできるんだろうか?心配になってきたが..どーやら手芸屋の会員カードを作った方が良さそうだ。


追記
糸を#50に換え、お釜のねじを締めて下糸を強くし、上糸も調子を合わせていったら結構強めの位置で調子が合った。目を細かくし、ゆっくり縫ったら良い感じに縫えたので、ペグ袋を縫ってしまった。目がしっかり詰んでいる。ユルい駄目ダメは無くなった。
今度はflat felld や端の始末を練習してから本番に望む予定。
調子があると、ミシンはカタカタと軽快な音で縫い進む。
縫うのも結構楽しいな。現実逃避にはもってこいだ!

vote for
縫えるようになったことを家人に悟られてはいけない。雑巾や何やらやらされる...
「登山・キャンプ」へ+1..Click!

[PR]
by ulgoods | 2008-09-02 02:28 | MYOG | Comments(23)
Commented by zzz_bear at 2008-09-02 02:43
お疲れさまです。裁断の面倒さに比べると縫うのは楽しいですよね。
自分も気は長くないので、高度稼ぎから稜線に出て、やっと進めるか!って感じです。
Commented by ulgoods at 2008-09-02 02:51
zzz_bearさん、こんばんは。
実際やってみると厄介なこと山積です。改めて身の回りのSilNylonやSpinnモノを見てみると..これは高度な技で作られたモノだったんですね。
ガガガーーっと一気に縫える日は来るのでしょうか?現在最低速...
Commented by rwalker at 2008-09-02 06:06
着々と進んでますね。

>釣り針のように曲がった針

私も針を曲げましたが、こんなのは始めて見ました。
焼きが甘いやつだったのでしょうか。

私の使っているミシンの説明書には、薄地を縫うときはハトロン紙などを敷いて一緒に縫い、縫い終わったら紙を破りとる、とありました。
そういえば、何かの縫い目に紙が挟まっていたのを見たような気がします。
今度試してみようと思います。
Commented by ulgoods at 2008-09-02 09:39
rwalkerさんの方は着々と縫い上がってますね。いいなぁ..
そろそろSpinnを仕入れようと思ったけど、GGのシートも品切れですかね?
生地が滑るので、接着剤で仮留めするか、ステップラーで仮留めしようと真剣に思いました。邪道かしら?

針は、あまりに見事に曲がったので、ご入り用ならもう一度やってみますよ。
ハトロン紙の話は聞いたことがありますが、2.7mとなるとそれはそれで大変かと思い、素での直線縫いを頑張ってみます。

MFD師匠に指南して貰おうかな...
Commented by last-chance-gear at 2008-09-02 14:28
こんにちわ、ご無沙汰しています。Make Your Own Gear! 始まりましたね、楽しみにしています。仮止めの件ですが手芸用に水に溶けるテープがあります。
両面テープのようになっていて、まち針や仮縫いすることもなく、シルナイロンを張り合わせる事が出来ます。直線縫いだけだと作業が非常に楽になり、私はこのテープのおかげで、まち針の山から解放されました。http://thru-hiker.com/projects/silnylon_stuffsacks.php
このサイトにまちの付け方が説明されていて参考になります。タープの完成を楽しみにしています。
Commented by 理事長 at 2008-09-02 14:28 x
はじめまして、いつも楽しく拝見させていただいてます。
早速ですが、私も縫製という自作道具の深みに嵌った先達としてアドバイスさせていただきます。
長い距離で生地をカットする場合は、ベニヤ板を敷いてロータリーカッターでチャコ線に従って一気に切るのが簡単です。また、チャコが乗らない生地ならダマートグラフでマークするという手もあります。
私は失敗ができない場面では、待ち針と安全ピンで仮止めをして、し付け縫いをしてから本縫いしてます。面倒ですが後で泣くよりマシですから・・・。
あと、ジグザグ機能はテープ取り付け部の補強などに便利なバータック縫い(送りの小さなジグザグ縫いを往復させる)に必要ですから、是非整備することをお勧めします。
なお、判らない事がございましたら、当方も素人ですが可能な限りの助言をいたしますので御遠慮なくどうぞ。
では、頑張ってください!!
Commented by beyondx at 2008-09-02 18:56
進んでますね。
糸の色が紐の色との組み合わせでアクセントになっていていい感じです。

>このマシンと一体になるにはもう少し時間が必要
ミシンの糸調子の調整はてこずるときがありました。
シルナイロンではどうやってもうまくいかないので、いらないTシャツを縫って合わせてみると急にうまくいったり・・。
ミシンのご機嫌とりも難しかったです。

ミシンのスキルを高める為、シルナイロンに手馴れた人のミシン仕事がどうしても見たくなり、Ray-Way Backpack KitとDVDビデオをオーダーしてしまいました。
次はバックパックで修行してみます。
Commented by ulgoods at 2008-09-03 02:11
last-chance-gearさん..長いなLCGさん、お久しぶりです。
週末のお店、レアもの揃いですね。BigSkyの試作品なんて..BigSkyには貸しがあるんです。未だにテントのスタッフザックを送ってこないのに、よくぞ試作品が手に入ったこと。

涼しくなったら縫ったタープを携えてお邪魔したいなと思っています。
Commented by ulgoods at 2008-09-03 02:16
理事長どの、アドバイスありがとうございます。blogサイトは検索等で何度か拝見していおりました。ご挨拶を残さずにすいません。
早速、ロータリーカッターと水溶性両面テープを仕入れてまいりました。
折り伏せ縫いの練習が済んだら本番いきます!
両面テープを駆使することになりそうです。
ヒントありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
Commented by ulgoods at 2008-09-03 02:23
ビョンドさん、張り姿を拝見しました。きれいですね。私もやる気が沸いてきます。
糸の色はライトブルー系です。グレーと紫の生地なので、両方で使えそうな色を選びました。縫いが上手くなったら蛍光色など選びたい。
今日はミシンの調子がよいです。追記に書きましたが、お釜のケツのねじを締めたのが勝因かと。
私もSilNylonを扱っているのを見てみたいな..今度MFDさんにお願いしよう。
ビョンドさんはザック縫いの前にネットテントですよね!完成目指して頑張って下さい。
Commented by joxter_2008 at 2008-09-03 07:34
いよいよですね、出来上がりが楽しみ。是非実物拝見させて下さい。
ミシンはいろいろてこずりますね。小生などはイラっとなったらコツコツ手縫いモードに入るタチですが、これは大物だけにそうもいきませんね。
TZさんといい改めて日本なりのガレージメーカーが産声を上げはじめる時代なのかもしれませんね。
Commented by Keny at 2008-09-03 09:17 x
REY-WAYタープを自分以外にも製作しておられる方がいたとは感激です。
Commented by 理事長 at 2008-09-03 10:09 x
再びお邪魔します。
ミシン糸の件ですが、私が家庭用ミシンと職業用ミシン多用しているのは、スパン糸(短繊維)ではフジックスのシャッペスパンの30番と60番、フィラメント(長繊維)では同じくフジックスのキングレザーミシン糸30番です。
特に後者は私のお気に入りで、最近は全部これだけで済ましています。袋物の製作に特にお勧めしますので2~3色買っておいても損はありませんよ。あと、ジーンズステッチ20番(スパン)は小型の家庭用では限界かもしれませんが試してみる価値はあると思います。
以上は家庭用ミシンで使えるの糸駒巻きで売っている糸ですが、私が工業用ミシンで使っている永井撚糸のビニモ(フィラメント・40~8番)は大きな縦巻ボビンでしか売っていませんが、こちらも強くて使いやすい糸です。
また、スパン糸は水を吸うと膨張し、縫い目を締めて水を浸入させないといいますが、シームシールをするなら関係ないですし、フィラメント糸のほうが縫い目は綺麗な気がします。参考になれば幸いです!
Commented by ulgoods at 2008-09-03 13:52
joxter_2008さん、ども。
細かなところでは手縫いも併用すべきかと思っています。いずれにしても生地をしっかり合わせて固定できないと..
超軽量の歩きはヌラさんのJMTで実証済み。端で見ていた者としても自信がつきましたし、道具の革新もちょと停滞しているので、向こう発祥のモノ達ですが、カイゼンをかましてJP仕様にしていく時期かなと思っています。
時々は、途中下車でお声掛けくださいまし。
Commented by ulgoods at 2008-09-03 13:55
Kenyさん、初めまして。
一人じゃないって、こちらこそ勇気が出ます。
情報など共有できればありがたいです。よろしく!
Commented by rwalker at 2008-09-03 22:42
縫いあがってはいますが、出来は良くないです。

私の買ったトコではまだありますよ>生地
ヤードあたり19ドル也。

>邪道かしら?

いえ、上下の生地で滑ってずれていくので、仮縫いくらいはしたほうが良いと思いました。
二枚以上重ねたSPINNAKERが床にあると、まさに地雷。
氷よりも滑ります。
雪が付きそうに無いので、冬場の屋根に良さそうです。
Commented by JSB at 2008-09-03 23:46 x
腕を上げましたね(笑)そのペグ袋に↓これなど入れてみたいです
VARGOのチタンペグ3本利用のmini三脚です
Commented by ulgoods at 2008-09-04 09:20
理事長どの、
糸はとりあえず#30、#50を追加で買ってありますが、#50で調子良さそうなので#30は試しておりません。さすがに30は太い気がしました。
糸の種類も沢山ありますね..
今回の#50は再生糸とあります。ペットボトルでしょうか、強度はどうなんだろう?ま、手で千切ろうとすると指を切りそうなくらい強いので大丈夫そうではあります。
Golite Hex3の説明辺りでも雨で糸が膨張して止水効果が出ると読んだことがあります。確かに針穴からの進入は減るかもしれないですが、糸の毛細現象があるんじゃないかと思っています。目止剤を最小量にするためにも上手に縫いたいものです。
山ズボンの裾上げもできるようになりたいな!
縫いの世界の入り口ですが、奥が深くて戦いております..
Commented by ulgoods at 2008-09-04 09:36
rwalkerさん、写真の縫い目はユルい駄目でお恥ずかしい。昨日今日はもちょっとマシです。でも、縫い目がちじれてきて、どうも長いものを縫う自信が持てません。
ハトロン紙が要るかな?ま、いろいろ組み合わせを試してみます。
$19/ydでSpinnが買えるお店って...
Commented by ulgoods at 2008-09-04 09:37
JSBさん、もう少し上手くなったら縫って、アルコールストーブ・コレクシオン2008秋、縫製部門に出展いたしまする。
Commented by Keny at 2008-09-04 09:39 x
こちらこそ宜しくお願いします。周囲に自分で作ろうという人間が一人もいないので、けっこう気が滅入ってます。
情報はほんと少ないです。海外のアウトドアの雑誌には、たいてい材料などの購入先が紹介されているものなのに、日本の雑誌では見たことありません。流通はしているはずなのに、何処に行けば購入できるのか分らず、仕方なく海外から輸入する始末です。
北米では購入できるゴアテックスも日本では「一般向けの販売は致しません!」と堂々と言われる始末です。非常に憤りを感じます。
Commented by JSB at 2008-09-08 15:44 x
落し蓋、、、第二弾
シリコンの薄い膜 0.3mm厚*92mm直径で、重さ2g
今度は、効果が現われました!

危険がいっぱいの、、、ikaros ブログを、ご覧下さい(苦笑)

Commented by ulgoods at 2008-09-09 09:25
JSBさま、なんと素晴らしい!
これはスト婆家界のヌーブラとも言える大革命です。
詳細な時間データを至急!
燃料節約、時間節約、結露低減、もしや圧力鍋効果まで?
ストーブの効率化ばかり考えていた自分の未熟さを知りました。恐るべし...
<< 裁縫練習 Ray式タープ製作その1、裁断 >>