4年生

気がついたら、最初の記事から4年目を迎えた。日記も日ペンも三日坊主だったのだが丸三年って自分でも驚く。完全に何かのツボにハマった状態だったと思う。書きたい気持ちが継続し、書く楽しさを覚え、コメントでつながる感触がうれしくて。

その時は何かが不足していたのだろう、最初のBLOGを書き始めるときの書かずには居られなかった衝動を覚えている。10代で不発に終わったバックパッキングを40を過ぎてから再開しようと思っていた所で出くわした超軽量バックパッキング、その世界を形ち作る鋭さを増した思想や技法に触れて自分の魂が沸騰し、やがて脳を侵し発酵して残渣が溢れ出して支離滅裂な文章を製造するようになった。今見ると脱ぎ捨てたパンツを眺めているようでもあるが、自分の体からはぎ取ったばかりの温もりと少し形が残っているそれは目を背けたい反面で何故かいとおしい。

古来からBLOGの上にも3年とはよく言ったもの。この緩い双方向性の媒体を通じて新たな人間関係群を形作ることができたのは大きな収穫で私の宝だ。仮想といわれるNet空間を通して出会った人々と織りなす現実な交わりは出会いの時点で濃ゆいからお互いの人生にまで関わるほど濃密だ。皆、深い。

最近では国内でのUL道具のインプレや使用例や実物を見られるようになって幸せなこと。もう買わなきゃいけないモノもあまり無くなった。最初は私が試さなきゃ感的な買い物が多かったと思うが、お陰様で買いたい気持ちも治ってきたらい。Blogのページビューやランキングもあまり気にならなくなってきたのは、たぶん良いことだろう。

ウルトラライトバックパッキングというのは見た目には格好良くない。雑誌を賑わすファッション性とも無縁。装備もペラペラ薄くて貧弱だし宿泊の姿などは哀れを放散する。でもそんな見た目はどうでも良かった。身一つでは存在が難しい場所に、ある程度の人としての生活様式を保つための最低限な道具だけを持ち込んで、自然から採らず残さず、半ば身を曝してそこに存在し、暗闇に沈んで静かに一夜を過ごすこと、それが私にとって心地よかった。守るものが薄くて軽いから五感が研ぎ澄まされる感覚は私には麻薬だったのだろう。そのために野外で自分を生かしておける最低限の道具戦略を立ててみるパズルに没頭した。山へ行くのはある意味で度胸試しの要素もあったかもしれない。フィールドは山でも庭でも、電車に乗っているときの脳内でも良く、ことさら高い山である必要はない。低い山なら道具を削ればそれで刺激的だ。登山界とは言わない、ハイキング界の詫び寂びか、削り取って本質を求める俳句のようなもの。

最近はこの国の風土に合った山での過ごしを行いたいと思っている。近代に導入されたアルピニズムのお下がりではなく、もしかそれ以前に存在したことの焼き直しになるかもしれないが、今は何かを新たに組み立てたいの感じが強まっていることを意識できる。意識できたことに気づけば出口も見えるだろう。

どうやら易分解性物による一次発酵は済んだようだ。これからは二次発酵のお楽しみかと思っている。
もう少し歩こうか。

vote for
ある意味ULGの誕生日
「登山・キャンプ」へ+1..Click!

[PR]
by ulgoods | 2008-07-11 09:03 | 駄文系 | Comments(40)
Commented by Sariputra at 2008-07-11 09:21
Happy Anniversary!!!
これからの二次醗酵、さらなる解脱、楽しみに拝見させていただきます。
Commented by ulgoods at 2008-07-11 09:45
Sariputra-san、初めまして。
未だ煩悩の固まりですが、ラジエターを引き締めて、やってみます。読んでくれて、反応してくれてありがとう。
Commented by kimatsu at 2008-07-11 11:15 x
4周年おめでとうございます。
ピークを追うのではなく、身一つでいかに山で過ごすかということを追求するという登山/ハイキングのあり方にとても魅力を感じつつ、拝読させていただいてます。
新たに組み立てられる山の過ごし様を、これからも楽しませていただきます。
Commented by 神保町方面編集者 at 2008-07-11 11:56 x
石の上にも三年、山の上にも四年、身(銭)を切っての実践報告は、立派な成果だと思います。今後も楽しみにしています。
Commented by ulgoods at 2008-07-11 12:14
kimatsu-san、初めまして。
今月、今まで遠くにいたUL同好の士の二名がたまたま近所に住まうことになり、秋には集える拠点も近所に出来の予定で、群れることは好きではないのですが、相乗効果(パンツの穿き回し?)が期待できる状況になりつつあります。
私も脱いだパンツを洗って日に当て、も一度、裏表を確認して穿いてみるかなと思っているところです。
今後ともよろしく。
Commented by ulgoods at 2008-07-11 12:14
神保町殿、
最近楽しそうな過ごしをなさっていますね。
私も顔を洗って出直す準備をしております。今後ともよろしく。
Commented by カワサキ at 2008-07-11 13:47 x
おめでとうございます。新たな方面への出発になりますね。
陰ながら見守っております。でわでわ。
Commented by ulgoods at 2008-07-11 14:08
カワサキさん、ウルトラライトなる言葉の仕入れ元はカワサキさんとこ。
次回お会いしたときに短い分析をただけると幸いです。
Commented by azm at 2008-07-12 00:56 x
ども。ご無沙汰です。低山も又良き哉。”削り取って本質を求める俳句のようなもの”、いいですね、その境地。そうそう、”一万年の旅路”是非ご一読を。もう読んでますかな。得るもの多し、共感多し。ulgoodsさんの道に通ずるものありかと..
Commented by イナオ at 2008-07-12 01:01 x
ウルトラライトは仕事でも他でも活きるすばらしい思想だと
思ってます。無駄遣いを正当化できるとこなんか。
ulgoodsさんやカワサキさんおよびこのブログに出入りする方々によって、
日本独自のウルトライトな地平が見えてきそうで、これからも楽しみです。
Commented by ulgoods at 2008-07-12 08:16
azmさん、ども!
ハイキングと俳句、何やら語感が似ていますから(笑
一万年の..さっそくアマゾンにお願いしてみました。ちょうど、星野道夫さんの”森と氷河と鯨”を見終わった後なので話が繋がりそうです。ワタリガラスの伝説を追ってシベリアへ移ったところで残念ながら本は終わりますが、やはりワタリガラスの話はありました。どこまで海沿いに南下できるんだろう..と思ったら日本にも賢い八咫烏の神話があることに気づいてしまった!八咫烏ってカラス?

Commented by ulgoods at 2008-07-12 08:23
イナオさん、
無駄使いの正当化...うーん、縫製とか素材を見たいだけで買って使っていない物は結構ありますが、何一つ無駄ではないのですよ。たぶん...
日本でもウルトラライトで山歩きの事例が貯まって公開されれば方法論として認知されるかと。タープで寝ていて「大丈夫ですか?」とか好奇な目で見られることも無くなるようにと。
Commented by azm at 2008-07-12 13:22 x
ulgoods様。ども!八咫烏ってカラスでしょう。それも三本足。高句麗にも三足烏の神話があります。
Commented by sugi_si at 2008-07-12 23:34
雪の奥多摩で聞いた、起きたら雪が積もってたという一言が鮮烈な記憶としていつも思い起こされます。
周囲一面の田圃が庭と言える中で幼少期を過した私にとって、自分と自然との隔たりの大きさにショックを受けた瞬間でもありました。
あの頃は雨も雪も暑さも寒さもただただ楽しかった。
隔たりを無くすことで頭がいっぱいの日々です。
ULの道も相通じるものがあるような・・・。

これからも楽しみに拝見させていただきます。
Commented by ★joxter at 2008-07-13 07:45 x
哀れの放散…ですか(笑)
確かにみすぼらしい感、拭えませんね。

でもそれは、単に重量からだけでなく
ある種呪縛とも言える何かから解き放たれた姿にも思えます。

>最近はこの国の風土に合った…
本当に、そう感じます!
昨年のあの体験がそのことを強烈に思い起こさせてくれました。
Commented by bphiro at 2008-07-13 08:05
ULGさん、4周年おめでとうございます<(_ _)>
僕が知人の奨めでブログをやり始めてから間も無いのですが、最初の頃からULGさんのブログからたくさん勉強させてもらいました!
僕も40ですが、20台の後半でバックパッキングから離れてしまい、39で再度山に行きたいな~からの復帰組みなので、ULの身体に対しての優しさと、コメントに書いておられる「ある程度の人としての生活様式を保つための最低限な道具だけを持ち込んで」という所は非常に共感します!
これからの二次発酵も更に楽しみにしています(^_^)
Commented by オカバ at 2008-07-13 13:40 x
遅ればせながら3周年、おめでとうございます。
ulgoodsさんの、他者からの受け売りや猿真似ではないスタンス、自然への接し方をいつも楽しく拝見させていただいております。
これからの二次熟成も楽しみにしてます。
Commented by supica-hosi at 2008-07-13 17:41
ごぶさたです。
山にもご無沙汰ぎみなので
読み逃げばかりです。^^
四年めに突入ですか。
ulgoodsさんの道具魂には圧倒されてきました。
これからもハテナ(?)魂をエネルギーに
道具を山遊びを・・・追求されてください。
Commented by SGT. M at 2008-07-14 00:07 x
日ペンも続けてください

              美子より
Commented by JSB at 2008-07-14 01:30 x
三周年、早いものですね!
05年7月の記事を読み返して見ました。
JSBは比較的早期にここのblogに出会えたという、幸運に嬉しくなりました。
それまで、悶々と実験などをやっていたのに、消火器まで備えた
立ち向かう勇者が現われて、仲間が増えたようで心強く感じました。
それぞれの軸足を持ちながら、かなりのコミュニケーションを発展させて
楽しくコンテンツ豊富なものになってきたようです。
海外との距離感も、多くの分野で近づいた気持ちです。

ps 当方へのリンク、張られていないというところなんかも、エライ!
   優れたこのバランスを、、、、今後ともどうぞよろしく(爆笑)

城西エリアを根城と検討中なりや、、なるほど、エリア51!
   怪しきこと、やがて、面白き成り
Commented by beyondx at 2008-07-14 11:10
3周年おめでとうございます!

ピース!!(・ ・)v
Commented by ulgoods at 2008-07-14 12:03
sugi_siさん、ご無沙汰。
暑い時期は奥多摩はご遠慮しているので、寒くならないと会う機会がなさそうですね。
私も寒い土地で生まれ育ったので、寒い所へ行くと帰ってきた感があり落ち着きます。そこで一夜を過ごして山っ気を補充するのは自分には必要なことだと思っています。なぜか装備が少ない方が歓びが大きいようです。
Commented by ulgoods at 2008-07-14 12:05
★joxterさん、そろそろですか?!
悟った振りして歩かないと、あんなペラペラ装備..なので、多くの人に知ってもらって、ああ、ULな人なのね!と認知されるよう。
今後は、急な奥多摩などご一緒できるかと。
Commented by ulgoods at 2008-07-14 12:19
bphiroさん、ども!
blogの写真ではお若いように見えましたが、似たようなお年頃?でも体形は若いですよね。うらやましい。
サバイバルとの線引きがどうなるかというのはやはり生活様式保持と採らず残さずのために道具を持ち込むということかなと思ったり。
二次発酵はね..ドンペリニヨンになるか、シャンメリーになるか(笑
Commented by ulgoods at 2008-07-14 12:24
オカバさん、こんにちは。
もがき続けて三年ですが、もがき続けるのも心地よいのですが、そろそろどうにかしないといけないかなと思い始めたところです。
どうするのかはわかりませんが(笑...
今後ともよろしく!
Commented by ulgoods at 2008-07-14 12:27
supica-hosiさん、お久しぶりです!
書いている向こうに読んでいる人がいるって実感できたのが supica-hosiさんからの初めてもらったコメントでしたので、未だコメントいただけるのは格段にうれしい。
お互いblogが続いていますね。ブロガーっていうのになったのかな?
Commented by ulgoods at 2008-07-14 12:31
地獄のUL日ペン軍曹ことSGT.Mどの、
美子さんを三日坊主の代名詞にしてごめんなさい。ファンクラブに入ります。
Commented by ulgoods at 2008-07-14 12:37
JSBさん、大御所のところにリンクを張るなど、3年4ヶ月早いと言われそうで、怖くてお尋ねできませんでした。お許しが出れば早々に。
傍目からは危ないオヤジですが、やってみないとわからないですよね!JSBさんの後追いを始めてから偉大さがわかりました。
今年は城西方面が熱いですよ。

燃える系、旋盤でも手に入れて精密加工を始めたいのですが、ミシンもまだ糸を通していないので、順番から言うとだいぶ後になりそう(獏)
Commented by ulgoods at 2008-07-14 12:39
beyondxさん、買い物番長はお任せするかなと...(笑
泡盛一升を浮かせるためのULもアリということですね。
Commented by JSB at 2008-07-14 15:35 x
>3年4ヶ月
遅すぎます!がははは。
「伊藤園」と同じ村人の一人に過ぎません(笑)
あそこから、かなりの藪漕ぎを強いられるとは思いますが(とほほ)

火器を細々と弄っている、JSBオヤジも末席に加えて チョーダイ!
キャラが被らないところも、いいよなぁ、って誰のこと?(笑)
いよいよ、火遊美ver2.0 発進!だ
iPhoneに、出遅れてしまったけど、巻き返しの楽しみもある♪

Commented by creep at 2008-07-14 16:48 x
いつも拝読させて頂いているので、この場からの読み逃げも心苦しいので、
UL若輩ながら、末席にてお祝いとお喜びをお伝えさせて頂きます。
おめでとうございます。
Commented by イナオ at 2008-07-15 00:42 x
ulgoodsさん
スミマセン。無駄遣いは自分のことです。
不躾でしたでしょうか?なんだか申し訳ないです。

ちなみに、星野道夫氏の「森と氷河と鯨」は素晴らしい本ですよね。
読んで以来、人類学や民俗学に興味を持つようになりました。
生きておられたら、どこまで南下できただろうか?
その後ボブサムはやはり八咫烏までたどりついたようですが。
今でも興味は尽きません。
Commented by ulgoods at 2008-07-15 08:27
JSBさん、比喩が難解で...
遅ればせながら娯楽と危険の殿堂、とってもユニークJSBサイトをリンクさせていただきました。いつもはググって上から何番目に出るか楽しみにしていたんですよ。お休み処は情報が早いので買い物の参考にさせていただいております。
iPhone、昨日あたりから並ばずに買えた人の話を聞きます。表参道で入手してJSB2.0化とか!
私は防水になるまで買えません...
Commented by ulgoods at 2008-07-15 08:34
イナオさん、何一つとして無駄なモノはないのです..なんちって(笑
私もそろそろ使っていない物は処分しないといけないので、新規開店某Shopの委託販売に出そうと思っているところです。皆さんで情報を出し合って計画的な買い物が出来るようになるとみんなで幸せ。

「森と氷河と鯨」、何とも不思議な感じのする本ですが、その後でカワサキさんお勧めの一万年の旅路を読み始めました。優しくて平和な人々のお話はいいですね。
ボブさんが八咫烏までたどり着いていたですか!何か本などあればご紹介下さい。その関連を広範に読んでおきたいです。
今後ともよろしく!
Commented by ulgoods at 2008-07-15 08:44
creep-sann,初めまして。
以前SGT.M氏の所から飛んだのかな?時々拝見しておりました。バランス良く野外活動をなさっている印象でした。
ご覧いただいていたのは&コメントいただけてありがたいです。
今後ともよろしくお願いします。
Commented by 『ターボー』 at 2008-07-16 23:23 x
おめでとうございます。
今気がついたのですが、当方のブログも同様な時期に開設。
共に?? 4年目を迎えたことになります。
いつも数段上を行くulgoodsさんのブログの内容に圧倒され、コメントも書けぬまま「見てるだけ」状態で失礼いたしました。(^^)

当方は二次発酵する前で、いまだ味が出ない状態です。(笑)
これからもulgoodsさんの武闘派体験記版で頑張っていただければと思っています。

最近当方は毎週のように日帰りor一泊山小屋泊まりのお山に行っています。
流石に年なのかひざに激痛が走りリハビリ中です。(笑)
下りの恐怖感いっぱいですが、それでも山登りを続けています。
やはり山登りは離れられない趣味ですね。

これからも素晴らしい体験記を楽しみにしています。
(また飲み会のお誘いをお待ちしています)



Commented by イナオ at 2008-07-16 23:50 x
ulgoodsさん
ワタリガラス系の本にについてメールさせて頂きました。
かなりの長文になってしまい恐縮です。
Commented by ulgoods at 2008-07-25 03:08
ターボ-さん、お返事遅れて失礼しました。
ターボ-さんとはブログ開設がほぼ同時期でしたね。一時期は寝食忘れて書いていましたが、最近は少し枯れた?
お互いに良い味が出せれば良いですね。
たまには会わないとアレですよね..関東にもUL野郎の拠点ができますので、機会も増えるともいます。
今後ともよろしくです。
Commented by ulgoods at 2008-07-25 03:09
イナオさん、カラスの件、お調べいただきありがとうございました。
拝見し、お返事いたします。
1万年の..は頑張って読み進めております。
Commented by JSB at 2008-07-25 15:49 x
数年前に熊野古道へ、チョイ歩きに出かけたときに
大社の屋根のX形の材木(名称忘れましたが)のところに
ハートマークが透かし彫りになっていました。
ギョッ!と思って、宮司さんへお伺いしたところ、とても面白い話をしてくれて最後に、あれは猪を表現しているのです、と解説してくれました

判らないことは、遠慮なく訊いて、自分の知識(雑学かも、笑)を
高めていくと楽しいです。
いまさら、、、なんていう、歳は関係無し!
知るは愉快なり♪
伝えることは喜びなり★
(僅かながらも、ボケ防止にも役立ちそう、苦笑

ps。三本足の烏は、神さまの使者、、、だったような?
   自分の脳メモリーも、デフラグやってほしい、笑
<< 硫黄岳 祝!JMT Thru-Hike完成 >>