The Last Trapper / 狩人と犬、最後の旅

The Last Trapper / 狩人と犬、最後の旅

知らなかった。こんなにいい映画が出ていたなんて...
しかもフランス映画だ。
e0024555_1258163.jpg

カナダの本当の猟師が出演している。演技ではなくて、演技が面倒だからって本当のことをやってる(グリズリーだけは演技してる)。だから道具やテクニックや暮らしの細かなところまで参考になる。冬のロッキー山脈での森の暮らしが垣間見られた。
森も動物も、その一部としての人の営みまでも美しく愛おしい。

最近はフランスや北欧の映画を見ることが多い。ドンパチ映画と違って何度も見返してしまう。
子供にも見せてやろっと!
レンタルしていては申し訳ないので愛蔵版にすべく手配中。

細かいことだが参考になったこと
エマージェンシーキットに蝋燭を追加しなくては。照明でだけではなく、焚き火の火種として。
行動中の彼らは保温層の上に薄いヤッケ1枚だ。
テントと薪ストーブがあればあんな所でも暖かくいられる。
カヌーの補修には松ヤニとビーバーの脂を溶かして塗るのか。
凍った湖に落ちたら..ああ、怖い。
しかし、無線機の電気はどうやって得ているんだろう?
などなど
犬をつれて歩くと良いだろうな...

rwalkerさんはYukon川をカヌーで下ったんだよな。
若いうちにそういうのを済ませておくのは良いなぁ。歳とってから萌えると身動き取るのに大変だ。

そうそう、音楽でLeonard CohenのBy The Rivers Darkが挿入されていた..
Hallelujahが聴きたくてiTunesでアルバム買ったんだけどね。だだーーっと暗くなるからあまり聴かないけど、久々に聴いたらやっぱり脱力した。



そう言えば、長沢背稜を歩こうと、水場を探していたら、
メガネを囓られた日の、私が歩く数時間前の同じ場所の記録を見つけた。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~mt_singo/hike/toridani3.htm
チャも写真が出ているし、シロの話も出ている。その人も確認しているけど、やっぱり奥多摩の小林だった。エサを強請って手まで噛むらしい。メガネで良かったと思うべきか..
それにしても、自分がやがて行く場所の状況を写真付きで見られるなんて、なんだか時空を越えて、タイムマシンでちょっと時間を逆戻りしたような奇妙な感じがするNet体験。

映画でも犬が重要な位置を占めているんだけど、大事にされているがなぁ。
次回も似たような犬を見掛けたら奥多摩の町役場に問い合わせてやろう。

vote for
しかし、あの広大な森林での質素な生活も成り立たなくなりつつあるとは..深刻だ。
「登山・キャンプ」へ+1..Click!

[PR]
by ulgoods | 2008-05-12 09:38 | 駄文系
<< Terra Nova Lase... Terra Nova Lase... >>