Terra Nova Laser Photon

Terra Nova Laser Photon - lightest tent in the world のフレーズと共にオジサンがテントから出てくるYou Tube動画で有名な英国製のギネス認定世界最軽量を謳う2枚壁テント(と言ってもmade in Vietnam)。
HillebergのAktoと(酷)似た形状で、自立式ではない。
e0024555_9104212.jpg


Terra Nova社は英国のテント屋さんで、山岳テントからファミリーテント、小物衣類などを製作している。
英国は然したる山岳がない国だが、山岳マラソンや三山早登りなどで軽量化を要求される場面もあり、このテント Laser Photonも山岳マラソンやアドベンチャーレース用としてギネスの世界記録認定マークと共に社のホームページに掲載されている。
きっちり傘を巻かないと気が済まない英国人らしく、1gを争う軽量化には余念がない。Laserシリーズは脈々と自己最軽量記録を更新しており、年代順に
Laser 1.27kg
Laser Competition 0.94kg
Laser Photon 0.79kg
と表示されている。

実際のLaser Photonは
ポール 147g
幕 559g
ペグ 15g(12本)
最小構成の重量が実測で721g、スタッフザックに入れたパッキング重量746g!
オプションのポールスリーブの86gで、全部突っ込むと832gになる。公式重量の790gというのは本体とポールスリーブ込みで、全スタッフザック類を除いた重量だろう。
以前入手したBigSkyのEvolutionが幕とポールで920gだったから、Laser Photonの幕+ポールの706gはすごく軽い。ま、ポールが一本だし、長さも短いのだが、Evolutionはカーボンだったから、Laser Photonもカーボンにすれば...うひひ!更に50g位は儲かるかな。
とは言え、付属の一本1gと言うチタンペグは細いピンだから畳に刺しただけで曲がってしまう。ちょっとやりすぎだ。意気込みは判るが実際の使用には尻込みをする。
張り綱と自在が案外ぞんざいだ。あと2,3gの軽量化の余地はある。
ポールはFibraplexにお願いして作ってもらえば40から50gは軽くなるだろう。逆に、強度が要求される場面ではポールの2本併用もできるから、作ってもらった方が良いな...
色は、イギリスのあの緑だ!

Akto似のカマボコ型だが、末端の構造がAktoと異なる。そこまで一緒だとまるっきりコピーなのだが、ま、ドームテントはどんなものでもドーム型な訳で、カマボコ型もお国は違ってもカマボコなので似るのは仕方あるまい。
頑張れば二人寝られるらしい。運の悪い方が前室で寝るのだ。というくらいの前室があるので、荷物置きとか湯沸かしくらいなら問題ない。
上部に換気口が無いのが気になっていたが、実物を見てもやっぱり無かった...。普段はドアを開け放つのが作法という設計思想。足元にメッシュがあるので、それで通気ができる。
などなど、
詳細は別途書くこととするが、何故、海の向こうの島国からテントを?という感じなのだが...英国は本邦と似て雨がちな土地と聞く。当然テントも雨を意識した作りになっているだろうから、本邦に於いても使ってみたいというココロであった。Aktoは皆様お持ちで私も見る機会があり、なるほどという作りであったが、Terra Nova社テントの詳細、特にLaser Photonは軽いということ以外は世界中漁っても詳細情報が得られないのは困った。軽いからには何か訳がある筈だが、それが判らずモンモンとしていた。
800gを切る雨天で使えるテントというのは画期的だ。手持ちのIntegrel Designs eVent Crysallisが実測で731gだ。この時点でLaser Photonの実測と重量的には同じくらい。雨天を考えてタープを持ったとして、最軽量のCuben Fiber製で84g+ペグ&張り綱となるから、Laser Photonよりは重くなる。で、耐候性はテントの勝ち。タープを張ると実は綱まで入れた必要面積はテント以上に広いから、フットプリント面積に於いてもPhotonの勝ち。これはテントの逆襲だ!が、こういう重量は往々にして裏切られる。メーカーさん良いこと書きすぎで泣かされることが多い。しかし、山宿泊のパラダイムが変わる可能性があるのなら重大事だ。結局買わなきゃわからんなぁ、と張り切ったり萎えたり。晴れているならばBivy&Tarpの方が気持ちよいのだが...
で、昨今のドル安。英ポンドは円に対してほぼドルの2倍のレートで動いてるので、ポンドも安くなっていた。一時期は200円を切った!このタイミングで、とあるお店が20%OFFをやってしまい、なかなかバーゲン期間が終わらずに、しかもカートに入れてみたら輸出なのでVAT(消費税)の17.5%が免除されて、送料も一時期は70ポンドとかべらぼーな事が書いてあったのだが、最近は39ポンドくらいでDHLしてくれるらしいことが判り、VAT分と送料がチャラな感じが嬉しくてカートに入れたまま買えなかったテントが、心憎いことにズーっとカートに残ってBuyボタンを押すのを待っており、んで、今後贅沢をしなければ何とか手が届くんじゃないかと思い始め、連休はお出かけできないので想いが発酵し、備えよ常に!の精神がついに5/1にポッチりしてしまい、5/7に手元に届いたわけだ。
こう見えても並々ならぬ努力をしている。

というわけで、朝受け取って帰宅後の夜中に張ってみた。庭でごそごそやりながら、なーるほど、こーなっていたんか!と疑問が氷解する瞬間を味わった。


vote for
週末は雨らしいけど、張りに行かなきゃな..
このテントの子細に興味ある人は、ここの「子細希望」をClickね!
「登山・キャンプ」へ+1..Click!

[PR]
by ulgoods | 2008-05-09 09:23 | 宿泊系 | Comments(26)
Commented by zzz_bear at 2008-05-09 21:58
こんにちは。僕も最近かまぼこタイプを仕入れたのですがコイツも候補にありました。
結局軽さの追求をしきれなく、まったり要素を重視した方向に流れたのでこんなんになりました。
http://zzzmmm.exblog.jp/8779996/
外張り+ポールで794gです。あとはペグですが今は6本で80g程なので、もうちょい軽いのでもいいかもしれません。
Commented by べー at 2008-05-09 22:05 x
ついに名前つながりシリーズが!
色がいいです、色が(笑)。
素材と縫い目はどんな感じですか?
Commented by JSB at 2008-05-09 22:17 x
http://www.andersj.se/innertalt2/inner8.jpg
GGのザワンよりも、早い時期にソレを作っていた人がいた!?
2ポールで立ち上げると、この形に収束するのかもしれない
300g、インナーのみの自作?
Commented by ★joxter at 2008-05-09 22:43 x
2重壁柱込みで700g台とはっ…
んん~この目で見たい、なでなでしたい、お寝んねしたい!(笑)
_やはり小生は特に屋根系に弱いようです。。。

続編待ち遠し!
Commented by bphiro at 2008-05-09 23:39
こんばんわ!
ほんと、Aktoによく似てますね。末端の処理方法が違うのは画像でも解るので続編にて違うアングルからのレポ期待しています!
Commented by ulgoods at 2008-05-10 01:22
zzz_bearさん、こんにちは。
山寝、やってますね!Expedも同じ形状出してましたね。興味があったんですが、そーせなら最軽量いってみよー、ってな感じでLaser Photonになってしまいました。
Expedは外張りだけだとIDのSilDomeみたいですね。頂部のベンチレーションも効くようで良いなぁ。
明日、奥多摩方面と思いましたが、雨の予報ですね。雲的にしつこい雨の感じ。パッキングしようか、サボろうか...萎えてます。
Commented by ulgoods at 2008-05-10 01:23
べーさん、ども!
へへへ、こいつは買う因縁だったようです。
縫い目は防水していないんですよっ!せめて床の縫い目くらいは自分で塞がないと...軽いには軽い訳がありそうです。
Commented by ulgoods at 2008-05-10 01:27
JSBさん、最近ポール二本式のシェルターを収集中ですか?
今になって言う訳じゃないですが、丁度一年前くらいにポール二本のA型を構想しておりまして、MFDのオヤジに相談したんだけど縫ってくれそうにないので、放置してたらいろいろ出てきたww
ストーブも屋根も同じ事考えるくらいになっているんだけど、製造力が伴わないと負けですね。
Commented by ulgoods at 2008-05-10 01:29
お山に行けないjoxterさんを刺激してしまったか!?
屋根系は何か充実感があるので私も弱いです(笑
でも、もーさすがに買う物無い。困った...
Commented by ulgoods at 2008-05-10 01:32
bphiroさんのAkto見て先を越されたと思い、別な選択肢を模索して辿り着きました。実用強度的にはAktoと思いますが、なんせ、コイツ軽いので、わたし的には魅力的。US製は一巡した感じなので、今はUK方面を物色しております。最終的にはJP製に戻るのかしら?(笑
一発目で床を焦がさないように気を付けて使います...

Commented by zzz_bear at 2008-05-10 11:34
expedは北欧系だけあってパッケージ全体でモノが丁寧な作りでいい感じです。
でもULとなるとそこも削ってという領域になってきますよね。
ULパッキングは一つずつの重量を減らさないと実現出来ないので悩ましいところです(笑)
Commented by 村上 at 2008-05-10 13:52 x
お山ではないのですか。なかなか良いテントです。Aktoと比べて、気になる点を書いておきます。少し組み立てが面倒、ポール両端の鳩目に入れないといけない。最少のペグの数が多いこと、インナーテントは吊り下げっぱなしではダメなのだろうか。ポールは軽量化しているので、風には弱いと思います。Aktoが強すぎますが、山では安心です。素材がナイロンなので、Kerlonと比べて弱く、雨に濡れると、かなり重くなると思います。雨の日などに使い込んでください。
Commented by ulgoods at 2008-05-10 14:24
村上さん、こちらは雨なので、出掛けてからの雨は頑張りますが、出掛ける前から雨では出掛けないことにしています。
ということで、庭に張りっぱなしのPhoton雨に打たれていますから、様子を見ているところでした。撤収して水滴を拭いて重さも量ってみましょう。雨でグズグズに濡れたのでは雨用テントの甲斐がないですからね。
ULモノはどこかに弱点がありますから、庭で使い込んでからじゃないと山へは連れて行かない主義です。
Commented by bphiro at 2008-05-11 01:19
床焦がさないようにして下さいね(^_-)-☆
今度12日の夜から、今期最終のバックカントリースノーボードに行くのですが、Aktoを連れて行こうか、エスパース連れて行こうか悩んでたのですが、なんとなくAktoになりそうです!

ULGさん、軒下お借りします。
村上先生、初めましてこんばんわ。
Aktoの最小ペグダウンの方法、参考にさせてもらっています。
手間が省けて、且、しっかり設営出来ます(^_^)v
ありがとうございます<(_ _)>
Commented by 村上 at 2008-05-11 07:58 x
hiroは私の名前と同じで、たまにブログを見させていただいています。「先生」は止めましょうね。私、現在、ペグはMSRのブリザードステイクとニードルステイクを各4本ずつ持ち歩いています。無駄かもしれませんが、どちらかがあれば、がっちりと張れます。なぜ日本には自立式にこだわる人が多いのか、理解できません。現在、軽量化のため、Aktoのサイドの張り綱は廃止しました。嵐の中以外は必要ないですから。ポールはオリジナルの頑丈な物のままです。ulgoodsさんのLaser PhotonはMoontrailのHPにもありましたね。よく売れているのか品切れでした。私、大男なので、二人用のLaser にも興味があります。ただ、あまり遊びにも行けず、馬力もありすぎるので、しばらくは買い換えられません。Aktoの重量は重い方になってしまいましたが、1分程度で設営できるのが魅力です。
Commented by ulgoods at 2008-05-11 12:01
bphiroさん、BCではまだエスパースが必要な感じですか?
風が出るのかな?できるなら、AktoやHex3など、もう少し柔い屋根でお試しいただければ..
って、Hexで辛い思いをしましたからね。お気をつけて!
Commented by ulgoods at 2008-05-11 12:03
村上さん、
日本では穂高の涸沢で張れるかどうかが、"ちゃんとした"テントの基準と信じられているのではないか、という気がします。
自立型と呼ばれるドームテントでも綱を取らないと、あるいは綱を取らなくてもフライをペグダウンしないと弱いことには変わりないと思います。
私も村上式を取り入れてペグ数を減らすのを庭で試す予定です。

Moontrailでも売っていたんですね...しかもお安い。20%Off & VAT Offでドル・ポンド換算したお値段よりなお安い。送料はUSからのUSPSならUKからのDHLの半額くらいになりますし、ポイントでオマケがもらえればMoontrailの方がお安いです。買うならMoontrailがいいですね。こっちはチェックしていませんでした。1万円くらい浮かせられたかも。がっくし..
でも、品切ればかりで買えないのでは困るし。ま、見なかったことにします。

村上さん、怪我あがりなのに自転車であんなに走って..馬力ありすぎ><
Commented by JSB at 2008-05-11 18:35 x
結局は、紐とペグとシートなどから、シェルターは構成されていると
考えていくと、JSBが迫れそうなのは、軽くて強いペグかな(笑)
カーボンなどは、肉薄出来ないので、手に入る薄肉SUSパイプを
実験しています。これが意外と面白い
SUS304P 3Φ*2.5Φ*2000   @33g ¥1500/2m物
例のバーゴチタンペグよりも軽くて強いことが確認出来ました
熱ダレもほとんど気にならない範囲です!
首のR曲げ→アルミでも内蔵させてから曲げたら可能に成りそう

SUS304P 5Φ*4Φ*2000    @80g  ¥1500/2m物
アルミやジュラルミンよりも、挫屈強度が高そうです
某OD店のフォックス何とかポールに対抗する気はありませんが
6Φ~pipeなどを、別の用途にも使えないかなぁ?


Commented by JSB at 2008-05-11 18:40 x
JSBの軸足は今も、メタル系ですよ

信ずるものは (足元を) すくわれる

ので、地道に進めて行くつもりです(苦笑)
Commented by べー at 2008-05-12 02:04 x
私も自立式でなくても良いと思っています。
秋に稜線でシェルターを張って耐えてみます(笑)。あるいはいつものようにビビが面白いかも。(うちのバカ夫は上から雨が入りますから、雨が降ったらバスタブが本物になります(笑))

(メーカーを)信じるものは巣食われる。
Commented by ulgoods at 2008-05-12 08:38
JSBさん、パイプペグは砂地や雪には良いですね。
Φ3mmではどーだろう。市場では見たことないですが、地面が土だと打つ度に麺のように押し出される?
下が土ならPhotonのピンのようなペグでも何とかなりました。砕石の貫通力が欲しいなぁ。
熱ダレって...やっぱストーブ用なんですね(笑
BPLで夏用ストーブで液出しするの出てましたね。プリムスのスパイダーキットでも出来そうですが、金属ブロックの加工が無理。
昔から気に掛かっていた卓上旋盤やボール盤、欲しくなってきた。
Commented by ulgoods at 2008-05-12 08:52
べーさん、ども!
非自立でも最低2カ所強力にペグが効けば何とかなりますから、岩の天場でもそう言う配置は得られると思います。
屋根系が飛ばされても最終手kにビビにくるまって..と言うのを考えたことがありますが、へたなビビより軽いテントが出てくると考え物でして、ホンマかいなと手が伸びてしまいました。これでBiblerのTripodはフットプリンが小さいと言う以外は持っている意味が危うくなりました(笑
メーカーさんは、気になる部分の写真を掲載しないから...バガブーは気を付けないと浴槽になりますね(笑
Commented by JSB at 2008-05-13 01:46 x
>(メーカーを)信じるものは巣食われる。
わおー!
素晴らしい返歌を、ありがとう(笑)

JETBOILの七変化スタイル。立案中です、お楽しみに!
Commented by べー at 2008-05-14 09:20 x
>屋根系が飛ばされても最終手kにビビにくるまって

「最終的にビビりまくって」に見えました。屋根が飛ばされたら、ビビリまくりますよね(笑)。

雨が降ったら秘儀「ひっくり返りの術」を使います。

>JSB師匠

 師匠にお褒め頂いてうれしい限りです。燃焼組には入れませんがウルトラライト駄洒落会の歌会には参加いたします。
Commented by ulgoods at 2008-05-14 12:04
べーさん、
屋根が飛ばされてもビビらないように、頭骨、足骨入りのビビを基本にすると思います。奥義ひっくり返りの術も幕に触れている部分は冷えるかと思ってビビってます。やってみたいのですが、ショートハイクで怪しい天候の時は出ないので、機会がありません。台風が来たら庭で試します(笑

ウルトラライト駄洒落会..手持ちの自動翻訳に掛けるとultra lightは”つまらないもの”と訳されてしまいますorz
自爆を恐れずに爆爆しないと師匠の域には難しく。道は遠いです。
Commented by べー at 2008-05-15 01:38 x
Ultralightは軽佻浮薄でしょうか(笑)。
骨入りビビを物色していてBDのLightsaverでもと思ったら、BCにあるのは旧型でした...。アドバンストビビを日本に持って帰ってしまったので、骨抜きです。
<< The Last Trappe... ハイク >>