DM7 修理完了 / Exped Downmat7 repairing ..done

DM7 修理完了

DM7分解編
DM7補修編
DM7難渋中
ときたが、やっと完了した。

結局、バルブに関しては、O-ringをうまくはめ込むことが良いようだ。素人が形成しようと思っても上手く行かない。
私の方法だが、
古いO-Ringを全部むしり取る。
O-ringがはまっていた溝があるので、エポキシパテを盛る。
乾かない状態でO-ringを乗せ、軽くふたを締め込んで面を付け、乾燥させる。
必要ならバリを取ってからパテに残った凹型とO-ringを接着する。この時、削りカスを中に落さないこと。
e0024555_073826.jpg

O-ringは面から0.7mm程度出るくらいにするのが良かった。バルブを締めた時のクリック感も良好になる。
O-ringにシリコングリスを塗る。
蓋を元のように接着して戻す。

以上

風呂に沈めて検査をした。
バルブからの漏れは認められなかった。
目出度し目出度し。
なのだが、風呂に深く沈めて水圧を掛けたところ、微少な泡の漏れを確認した。おそらくそいつが犯人だ。
もしかしたら、最初からそいつの問題でバルブではなかったかもしれない。が濃厚。バルブをバラす前に確認するんだった。
一つの症状に原因が一つとは限らない。エラーが複数あると、分離して気が付くのにひどく手間取るのが常だ。

場所は、バルブをマットに連結する台座の流線くさび部品の奥の角の布地。ここから、細かな泡が連続して出ていることを目視確認した。そこ以外は漏れがない。
何故?と思ったが、この場所はプラスチック部品の角で布地と擦れると布が負ける。擦れて穴が空いたのだろう。穴自体は見えない。何層構造か分からないが、内部の気密層が削れて外皮だけになり、外皮は摩擦には強いが気密が弱いのだと思う。Therm-a-restでは、この角は弾力があり、布と当たっても勝たないような手触りだった。耐久性というか総合的な品質は、その辺の細かな作りの差なのかなと思う。
e0024555_0121351.jpg

この部分は、付属のスタッフザック兼用のポンプで空気を入れる時に折れ曲がることが多いのが敗因だと思う。補修して、以降は別売のポンプを使う。収納時も折れないように気を付ける。付属のスタッフを使わない方が軽いしね。
アルキメデスの原理ではないのだが、風呂で見つけたのでEureka!と叫んだ!

原因が特定できたので、補修した。
付属のあて布を全ての角部分に予防の意味も込めて接着した。
e0024555_013321.jpg

接着だが、やはり付属のセメダインのような接着剤がよいようだ。一部を高価な万能接着剤でやったが、翌日剥がれた。結局、剥がれた部分は接着が上手くいかなくなったので、montbellのマットの補修パッチを当てた。montbellのパッチは極めて薄い素材で、かつ接着剤が塗ってあって良く貼り付く。色は悪いが漏れるよりましだ。
e0024555_0134129.jpg

暫く寝てみたが、目に見えるヘタリはない。たぶん一件落着。

分解の手ほどきと、貴重なO-ringを分けて下さった村上さんに感謝いたします。修理情報を公開することでお礼に代えさせていただきます。


追記
パンパンに空気を入れて、三夜敷いて寝ましたが、全くヘタリ感無し!こうでなくっちゃ。
成功だな...珍しく


vote for
幽霊の正体見たり..って感じ
「登山・キャンプ」ランキングへ、Click!! Thank you.

[PR]
by ulgoods | 2008-03-30 00:18 | 生活系
<< カメラ入れ 野宿というかキャンプ >>