Patagonia Spector Jacket

Patagonia Spector Jacket

e0024555_4124764.jpg


この頃何かとアレなパタだが...
最軽量(当社比)の雨具の備忘録、簡単に。

縫い目のない溶着技術(コンポジット・シーム・システム CSS)を多用。
※独自のレーザーカット&超音波溶接技術により接着剤を使うことなくシームレス化を実現、生地と生地との接合部分の強度を大幅に向上させることに成功しました。

e0024555_4215449.jpg


生地
H2No DWR
20x22デニール Nylon、40デニール・リップストップ


利点
軽量、 コンパクト、 雨天時の機能性向上、耐久性向上、 仕上がりの美しさ

重量
・Patagonia Spector Jacket(US M) 267g
・MontBell Peak Shell Jacket (JP L) 292g

サイズ感
Spector M サイズは、Peak Shell L(JP)より若干細身、脇の下余裕少なめ、腕、丈とも若干長め

その他
・生地は薄くしなやか。ゴワつき感全くなし。
・ジッパーや袖口のゴムなどは軽量化のため幅が狭い。
・ポケットがベンチレータになる。
・Pull overが一番(驚異的に)軽いが、前が全開しないと蒸れて辛いと思うので、本ちゃんで使うにはこちらかと。
・廃盤なのは惜しい。最近のはウェルデッド・シーム・テクノロジー(融着)が使われている。


縫い目ありなし、オレンジは MontBell Peak Shell
e0024555_4221777.jpg


言われていれば縫い目がないのは不思議だ。
溶着箇所がゴワつかないのも不思議な感じ。
金具類はもう少し減らせそう。

高が数十グラムの差だが、極限を追求した時のモノの姿(解の一例)を見たかった。
衣服の常識である縫うということから見直して、軽さのみならずさまざまな特性を得た例として。



歩くという単純な行為の、なんという素晴らしさ!...(遊歩大全の帯から)
「登山・キャンプ」ランキングで! Click!!


Montane Atomic DT JacketはMサイズ240g...まだまだ道は遠い。
[PR]
by ulgoods | 2008-02-21 04:27 | 衣類系
<< 小菅 Carbon Monoxide... >>