Carbon Monoxide Detector

Carbon Monoxide Detector

今週末も泊まりで山へ行けないので家で燻っているのだが...
燻るなら燻るなりに、燻りモノの計り事をした。

実は、昨年の夏から買って準備しているiglooキャンプだが、実行に向けて一つの障害があった。粗忽者な私のこと、調子に乗って中で暖を取ったり調理するというのは大いにありそうな話だが、そんな時に懸念すべき事として真っ先に一酸化炭素中毒が挙げられよう。一酸化炭素COは五感に対して無色透明無味無臭無刺激な認知不能な気体。二酸化炭素と違って、吸っても息苦しくなることはないが、吸って異変に気付いた時は手遅れというコワイ気体だ。血中のヘモグロビンに対して酸素の250倍の結合力を持つので、一酸化炭素と結合した血液は酸素を運べなくなり、体内組織が低酸素状態に陥って生命に重大な危険を及ぼす。貧血どころの話ではない。(運良く)気付いた時は体が動かず、回避行動が取れない。
そんなコワイもの...生身で検知するのは命がけというか、おつむが検知した時は体が手遅れなので、ここは一発エレキの力を借りることになる。そう、用心深い私はigloo製造器とほぼ同時に一酸化炭素警報機も仕込んでおいたのだ。そいつの動作を確認できない限りはiglooの宿もお預けと決めていた。
一酸化炭素のヤバさはgoogleば出てくるのでご一読。

いろいろ探した。一酸化炭素中毒を測るのに一番確実なのは、問題となる血中濃度をモニターすれば良い筈だが、その都度血を抜いたのでは痛いからイヤ。っていうか、普通に売ってないし。
で、お次は空気中の一酸化炭素を検知することになる。探したが、空気中のCO濃度が測れて数値が出る計測器は高価で買えないし、そこまでの必要もない。というか、数値を眺めながら動けなくなったらお終いだ。相当濃いCOなら一瞬でも危険だろうが、低濃度でも吸い込んだ総量、結果としての血中濃度が問題だから、ここは気体濃度の計測ではなく、危険な血中濃度を引き起こすであろうCOの積算値に対しての警報機が要る。

昨今、家庭内でも湯沸かし器やストーブの不完全燃焼による事故が多発したが、やはりそれ用の警報機は売られており、家庭用のヤツは種類も豊富だ。当然、担いで持ち歩くこと考えられていないからサイズが大きくて重い、使えない...とか、とか、思いながら検索を広げたり絞ったりしていったら、数値は出ないけどヤバそうなら警報が鳴って、しかも許せるほどに軽量小型安価なものが見つかった。
COSTAR Personal Carbon Monoxide Detector Model P-1
電池込みで142g...というやつ。
e0024555_010261.jpg

裏にベルトクリップが付いているが、腰位置での濃度に反応しても仕方ないから、口鼻に近い胸ポケットに固定すべきだろう。

国内でも取扱は数カ所見つかったが、私は飛行機関連屋さんから買った。そこが一番安価だった。なんでも、小型飛行機のコクピットの中でも一酸化炭素の危険があり、その検知に使うのだそうだ。快速旅団のGenさんもテント内での燃やし系開発の際は同機種を用意して万全を期すという。私はと言うと、先日は不意の雪でテントの裾が埋まりかけているのも知らず、呑気にロウソクを点けたまま寝入ってしまい、後でゾッとした不名誉な経験を持つ。先日も赤岳の小屋で石油ストーブが原因と思われる一酸化炭素中毒事件が発生したとニュースで見たし、人ごとではない。

で、このセンサーを鳴らしてみなければ、ということになっていた。わたし知識的にはCOは何か燃やさないと得にくいので、夏の間はテストせずに放置してた。だって、汗だくテストは嫌だ。で、冷えてきた年末になって鳴らそうとして、小さなコンロに備長炭を熾して45Lのゴミ袋を被せて不完全燃焼状態を作ったつもりで、その中に検知器を仕込んでみたのだがこの時この装置はウンともスンとも言わなかった。ま、付いてきた9V電池が膨らんで破裂し掛かっていたので電圧がなかったかも。買ったお店の商品保管と出荷チェックが杜撰っぽい。センサーにも寿命はあるらしく、そんな管理もされていなさそうなので、もー買わないが...
で、最近、思い出して新しい9V電池を買ったし、テント内での一酸化炭素中毒の事例も聞くから、どーせやるならテントを使った方が良さそうと言うことに気が付いたので燻りついでに試してみた。

使ったテントはBlack Diamond OneShot、コイツは完全に密閉できる。使った燃料は100円で買った練炭の小さいの。いかにも一酸化炭素を吐きまくりそうな印象で今回のテストにピッタリだ。練炭はライターで簡単に着火できる着火剤が塗布されており、見るからに体に悪そうな煙を上げて短時間で着火する。
e0024555_0132526.jpg


練炭を小型コンロで燃やして、警報機を吊ったテント内に入れて密閉し、警報が鳴るかどうかというのが計り事の趣旨。鳴れば良しとする。
2個着火し、炎が回るのを待ってテントの中に入れた。火花が飛んでテントに穴が開いても困るのだが、どうやら一度着火すると後は静かに灰まみれで燃えるようだ。CO警報機は、COは空気より若干軽いらしいので、上の方にセットした。全部仕込んでジッパーを閉めて換気口も塞いで暫し待つ。
e0024555_01492.jpg


待っている間に取説を読み直した。
この警報機が鳴るのはcarboxyhemoglobin(一酸化炭素ヘモグロビン)COHb濃度で10%に相当する一酸化炭素量で、空気中の濃度と時間で言えば、
30ppm 許容
70ppm 240min
150ppm 50min
400ppm 15min
とある。ヘビースモーカーはただでさえCOHbが10%くらいあるというから考えてみれば恐ろしいというか、安全側で鳴るのはセンサー的には適切な設定なのだろう。
400ppmってどんだけ?と思ったが知る由もないが、アラームが鳴ったら大急ぎで換気しなさいと書いてある。

テスト開始から8分くらい経過したか、あんなに狭いテント内で練炭を燃やしている割には鳴らないなと、しびれを切らして、本当に燃えているかジッパーを開けて確かめることとした。ジッパーを開けたのと同時だ、PiPiPi 4秒休み PiPiPiが聞けた。充分でかい音だ。赤いLEDも光ってるし!おおお、働いたと先ずは一安心。

このアラート、切る方法がない(一時的に切る方法はあるが、そのとおりに動作しなかった感じ)。電池を抜かないとダメだ。そもそも電源ONのスイッチがないのだ。これはスイッチ入れ忘れで痛い目を見るよりましだし、目覚時計くらい簡単に止められても困るわけだから、この場合は合理的で納得。30秒に一回LEDが光って動作を知らせることになっている。実はこの30秒に1回と書かれた動作が確認できていなかったのだ...ま、鳴ったのでよいか。
電池は1年くらい保つので入れっぱでおけーだ。

次ぎに、電池を一回抜いて、積算値をクリアしたつもりで、OneShotのベンチレーションを全開にした状態でテストしてみた。
e0024555_0372063.jpg

実は鳴らない事を期待していたのだが...今回は1分30秒で鳴った。やばい。速攻だ。ほぼ無風だったらベンチレーション効果が低かったか、さっき新鮮な空気に曝したので燃焼が盛んになった状態から始めたからか、はたまた電源を切っただけではセンサーの一酸化炭素検知能力が初期化されなかったのか、判らないが予想より短い時間で驚いた。相当な濃度が予想される。つまり、ああ、寒いなーとか言いながら火を入れて暖まる間もなく危険な状態になる。甘く見てはいけない。

何度かテストをしたが、概ね1.5分から8分の間で鳴った。
ちょっと気になるのだが、開けようとして触れた(振動が起きた)タイミングで2回鳴ったことだ。単なる偶然か、センサー辺りに気流が起きないとその気にならないのか、現在、センサーを長期休憩させて、無振動での鳴り始め時間を計ろうと思って、庭にテントを張りっぱなしだ。というのも振動(気流乱れ?)と関係あるならセンサーの設置方法を考えないといけないから。

ま、とりあえず鳴った良かった。
30秒に1回の動作確認のLED点滅だが、どうしても気になって眺めていたら、約1分で光っているのを見ることができた。時間間隔はどうやら不定。だけど、一度判れば横目でも何か光った!みたいに動作の光が目に入る。一応は動作しているから、反応の濃度も信用することにしよう。体の大きな人はそれだけ血も多いし呼吸も多い、小さな人はその逆だから、外国製でも大丈夫なんだろうな。

これ以降、できるなら鳴った姿は見たくない。室内で何か燃やしている家庭やテントにも設置を勧める。
毎回こんな重い物を担ぐのはイヤだから、テント内では火を使わないのが一番だ...が、練炭じゃなく、普通に使うガスストーブやアルコールストーブで鳴るか、それも試したい。鳴るまでテント内にいるのはそれはそれで勇気が要るな。

追記
・COSTAR P-1で検索すれば国内でも数の事例が件引っ掛かります、クリップはベルトと言うより自動車のサンバイザーに便利なようです。
・アラートは1度だけ、テストボタン長押しでキャンセルできるが、4分後でもアラートな状況だとまた鳴って、以降は米国の法律に従ってキャンセルできない仕様らしい。わたしはガチャガチャ押していたんだが、それでキャンセルできなかったようだ。
・電池が1年保つらしいので、貧乏くさく電池を抜いて保管するのはやめて、台所にでも吊り下げておこうと思う。


e0024555_0345769.jpg


庭の梅が一輪咲いたよ。ボヤボヤしてたら蛙も起きて春が来る...
「登山・キャンプ」ランキングへ

[PR]
by ulgoods | 2008-02-18 00:38 | エレキ系 | Comments(30)
Commented by rodo at 2008-02-18 08:46 x
かごに入れたカナリアの方が幸せじゃないか?(笑
Commented by ulgoods at 2008-02-18 08:59
カナリアの居る風景も良いけれど...
餌を持っていかないといけないし、リセットが効かないので、結末を思うとエレキ物の方が重量も心も軽くて使いよいと思って...
Commented by bphiro at 2008-02-18 11:38
Hexなんかで底が無い上に底周辺が開いているので安心してシェルター内でアルコールストーブやガスストーブで暢気にコーヒーでも作って飲んで、ましてポールにろうそくランタン吊るして!が僕のお山でのお気に入りまったりスタイルですが、気を付けないと翌日いつまでたっても夢から覚めないかもしれませんね。
考えさせられます。
Commented by coolys1 at 2008-02-18 13:02
最後の梅の写真で癒されました!?

怖いですねー。 歌舞伎町の一件もcoで一気に死者が出てしまいましたし、
冬山のテント火災もその後の状況ではやばそうですが
寝ている(あるいは起きながら)あの世生きというのは避けたいですね。
死んだことを認識しないで死んじゃうと、成仏しにくいっても言いますし

ちなみに私は商売柄、炭火焼きや七輪焼きの飲食店で地下にある店には絶対に行きません。 動力換気だけに頼っているのはどうにも不安なのですね(商売柄)  
Commented by ulgoods at 2008-02-18 13:04
bphiroさん、こんにちは。
私もいつも持ち歩く気はないですが、物事の関係がわかって、意識していれば事故は起きないと考えます。
危険性の喚起になれば何より。私も換気をしようと思います。
Commented by ulgoods at 2008-02-18 13:52
coolys1さん、ごぶさたしております。
テントは燃えれば一瞬で骨だけになるので、その後寒くなければ大丈夫と思いますが、ガスの類はご用心。
気が付かないまま逝ってしまうのはイヤですね。たぶん一生気が付かないのだと思います。

地下の七輪焼き..プロがそんなこと言っちゃ(笑
行く時はお貸ししますので。
Commented by しみけん at 2008-02-18 22:32 x
実は、酸素濃度を測る計測器を買っちゃいました。閉所作業員用の警報機です。ヘルメットやベルトに付けるタイプなので、コンパクト。
デジタル表示で酸素濃度が分かります。実験的に6畳ほどの部屋で石油ファンヒーターを付けると、しばらくたって21%から20.5%に下がりましたが、それ以上は下がりませんでした。20%未満になると警報が鳴りバイブが作動します。
それにしても、なんで酸素濃度の警報機を買っちゃったんだろう。一酸化炭素濃度を測れるタイプを買えば良かった・・・。
一酸化炭素は酸素量が不十分になったときに発生するから、まずは酸素濃度だ!と考えたのかな。買ったときの私の思考が思い出せません。
Commented by ulgoods at 2008-02-18 23:10
しみけんさん、お久しぶりです。
酸素の方を買いましたか...想定する現場のCO発生理由に依りますが、酸素濃度が高くてCOも豊富な状態(他からCOが流れてくるとか)もありそうなのでね。COに対する警戒であれば、ちょと難しいかも。

私ののCO警報機は数字が出ないので、鳴るまで心の準備だできないのが難点です。
申し訳ないですが、最後の行で笑ってしまいました..私も、同じ物を二個買ったり、同じ悩みの堂々巡りに入るの防止用にblogを始めた経緯です。
ご用心ご用心。
Commented by rwalker at 2008-02-19 00:20
COは怖いですね。
先だっての間違いから改めて勉強しなおしましたが、今まで甘く見てたことに気付きました。
ありがとうございます。

そういえば昔、ウチは掘りごたつに練炭を入れていたのですが、時々猫がコタツから出てくると足がもつれていることがありました。
今思うと、あれがCO中毒だったのかも知れません。
Commented by ★joxter at 2008-02-19 00:45 x
昔、雪上のリビングシェルで少々危ない思いをしましたので
KIFARUを購入したときにこの警報機も購入しました。
確か説明書に
『アメリカでは年間5,000人ほど一酸化炭素中毒で亡くなっている…』
とか書いてありましたよね。

しかし小生は揺り起こされても起きない奴らしいので、
『あの程度の音では無駄』
と一笑にふされました。(笑)
Commented by ER at 2008-02-19 00:48 x
ULGさん、こんばんは。
そして、コメントありがとうございます♪

一酸化中毒は恐いですね~
とっても真面目な道具考ですね^^
わが家では薪ストーブの横で七輪で酒盛りをするので、いつもCOに気を配っています^^

また、遊びに来ますね♪
ULGさんも是非また遊びに来て下さいねぇ~^^

P.S. 『お山に行きたしヒマは無し』ってフレーズがムフフで良いですね♪
Commented by JSB at 2008-02-19 01:13 x
http://www.kaisoku.org/mart_m/etc/co.html
JSBが訪問する先の中では、快速旅団だけがCOチェッカーを
取り揃えています。似ている形にも見えます(苦笑)

音も無く忍び寄る恐怖ですから、CO中毒は恐いです
Commented by ulgoods at 2008-02-19 08:12
rwalkerさん、ども!
ちょっと滞っていてすいません...

計って鳴ってしまうと今までのように呑気に火を焚けなくなりました。一通り燃やして安全な線を探らないと逆に不安です(^^;;

練炭コタツのネコの足のもつれは..足の匂いかも(笑
Commented by ulgoods at 2008-02-19 08:20
★joxterさん、ども!
やはり購入済みでしたか。同じ事が気に掛かるww。やっぱり何か燃やして鳴らしたですか?
そー言えば、Kifaruお持ちでしたね。いいなー
広いKifaruでは遠くに設置すると聞こえないかもですね。クリップを耳に挟んでお休み下さい。それでも起きない時はもうあっち側です。
USでも呑気な人が多くてテント内で亡くなった事例がWebで見つかりますね。事故にあった人のCOHbは50%以上のようなのでこのセンサーは安全側で鳴るようで、国内での使用例ではテント内での軽微な煮炊きでも鳴ると書かれています。あまり鳴りすぎるとオオカミ少年的にうっとうしくなるのが心配です。
鳴って、一回はキャンセルできて、2回目からは止められないと言う仕様は素晴らしい感じ。あ、鳴った、で換気をして一回アラームを保留し、4分後に安全なら鳴らないし、ダメなら鳴り続ける..そう言う仕様の目覚まし時計があっても良いなぁ。
Commented by ulgoods at 2008-02-19 08:33
ERさん、ども!
先月のコメント強化月間に伺おうと思いましたが、ちょと書きそびれたのですが、今回の記事がドンタコス話だったのでコメントせずにいられませんでした(笑
薪ストーブで暖まって七輪で炙って酒盛りって..すてきすぎる。
私も今期は囲炉裏を始動させていないので、ちょと備長炭でも熾して何か炙って飲もうかな。CO警報機もあるので安心。

今後ともよろしく!
Commented by ulgoods at 2008-02-19 08:40
JSBさん、こんにちは。
GENさんとこでも見ていましたが、最近は経費節減なのでお安いところを探してしまいました(^^;;
同じ物だと思いますが、GENさんとこ型番を書いてくれないから、ちょと探すのに手間取った記憶があります。
喫煙でCOHbが3%程度に上昇するとのこと。タダでさえ回転が遅いおつむが低酸素状態&COは後遺症も在ると言うことですから、私、人生無駄にしてるかなぁ..
Commented by SGT. M at 2008-02-19 09:20 x
トルティーヤ・チップス好きですか!!??
ドリトスも味が濃くなってしまったので、もっぱら海の向こうの大袋を食べてます。Japanサイズでは足りないでしょう?(笑)
最近は控えておりましたが控える理由もないので今晩食べることにします。
以前、バークリーのタコベルでタコスを10個買ってヴァレーに持ち込み一人で食べました。

来月末のディナーの候補としますw
Commented by Gen. at 2008-02-19 11:17 x
こちらではご無沙汰でした。…まあ、ショーバイですからー。

なお、フロアレス+トップペンチレーションのスカスカ参天だと、炭で約30分、灯油で1.5~3hで発報となります。そういったわけで、換気がいいといわれる参天であっても“炭はタブー”とアナウンスしてます。

BPLでもちょっと前にstvごと、機種ごとのCO測定をしてたのは興味深かったですね。

Gen.
Commented by ulgoods at 2008-02-19 13:34
Hi SGT.M,
軍曹もトウモロコシ系好き?ww
ドンタコスが近所のスーパーから消えた数ヶ月は焦りました。ま、無ければ無いで生きていけますが、最近復活して嬉しい。
来月末ディナーww検討いただき幸いです。川原でお待ちします。
Commented by ulgoods at 2008-02-19 13:39
Genさん、どうもアイソなしですいませんm(_._)m

発報情報をお寄せいただき感謝です。参天でも鳴りますか...
バーナーヘッドの距離なども影響するようですね。岩雪のARさんの話ではJetBoil系もバーナーを変更するとヤバすということでした。
知れば知るほど中で燃やす度胸が減ります(笑

こちらでも時々、突っ込みお願い致します。
Commented by べー at 2008-02-19 13:53 x
これは楽しい実験ですね。
わたしは人一倍、酸欠になりやすくて、なんどかたたき起こされたことが
あるんです(笑)。
うちのOneshotは、上の窓ではなく、頭側をあけて寝ています。
寒くないときは、もっぱらチャック全開君。
ひさしも取ってしまおうかと考え中です。
もはやそれはテントの役目を果たせませんが。
Commented by ulgoods at 2008-02-19 15:24
べーさん、お帰りなさい。
血中酸素濃度系を買ったんですよね。どうですか?
OneShotは冬用と思っていましたが、軍曹のFlikerを見ると霜御殿ですね。煮炊きせず、通風良くするのが基本と思いますが、EPICもヘタレだなと思います。
MLDが蚊帳テントだしましたね。あれなら風が吹くままですから良さそうですが、
もはやそれもテントの役目を果たせませんが...
Commented by べー at 2008-02-20 05:55 x
パルスオキシメーターで酸欠状態は測ったことがありませんでした。
順応できているかどうかはチェックしていましたが。
今度、テント内で苦しみながら実験してみます。

Oneshotは、しめきると結露天国ですよね。底部分はシルナイロンですので、地面からの水分ではないはず。ほとんどが自分の水分かと...。
やはりVBですか。

あ、ちなみにうちのRAKUさんはロフトが5inch超くらいでした。もともとのバッフルが2.5”なので、Extra Fillをいれてもあまり変わりませんが、いつでも張りがあります。10Fで寒いなぁって感じでした。(寝てしまいますが)
Commented by ulgoods at 2008-02-20 08:59
パルスオキシメーターを調べてみました。
飽和度を測るのですか。高い方が良いのですね。COHbも鮮やかな色を呈するらしいので、光で測るならパルスオキシメーターを騙すかもしれない...

VBですが、結露が寝袋の表面下で発生するくらい寒くないとどーだろう?と思ったりします。寝袋が凍らないくらいなら非透湿幕のテントで全部壁に付けて凍らせれば楽なんじゃないかと。変に透湿だと生地に取りこまれた分で太らないかと思っています。
べーさんのOneShotもカーボン骨でしたね。一回900g台の屋根を持ってしまうとAKTOは連れ出しにくいでしょ。

Versalite測らないと..空き缶不足で測れません。ビールの晩酌でもするかな。
Commented by べー at 2008-02-20 10:16 x
Oneshotのカーボン骨は頑張っています。
わりとRをつけてしまうのですがまだ折れていません。

AKTOは前室があるので、テントの中に入ったまま写真が撮れないのです。Oneshotはサイドパネルが広く開くので(ちょっと頭が支えますが)、写真を撮るのに向いたテントなんですよ。ペグダウンしないのも助かります。夕昏は西向き、朝日の時には東向きにしています。
(RAJDは両方開くので向きを変えなくて良いのはすばらしいです!)

次回の山行は悪徒を連れて行きます。
Commented by ulgoods at 2008-02-20 11:28
なるほど..写真屋さんには良いのですね。それで庇が邪魔なんだ!
RADJは張るのが面倒でしょう。
悪登、いよいよデビューですか。あれもカーボン換装済みですね!
Commented by べー at 2008-02-20 14:51 x
ひさしがないとちょっと頭を出すだけで星が撮れます。
ま、ひさしのないOneshotはちょっと使いづらいというか、いろいろと機能に制約が出てきますねぇ。

RAJDはそんなに面倒ではなかったですよ。ピンと張れないのは性格の問題ですし(笑)。

悪兎のカーボンポールは、最近見かけていないですね。どこに行ったっけ...。
Commented by ulgoods at 2008-02-21 05:13
べーさん、
>RAJDはそんなに面倒ではなかったですよ。ピンと張れないのは性格の問題ですし(笑)。

ピッチリ張れない性格って...

>悪兎のカーボンポールは、最近見かけていないですね。どこに行ったっけ...。

これも問題だ(笑
悪吐のポール、欲しくても手に入りにくい人が日本に多数というのにぃぃっ!
Commented by べー at 2008-02-25 06:51 x
>ピッチリ張れない性格って...

シャツのすそは出す、ボタンは嵌めない、靴下はなんとなく曲がってる、などなど、基本的にはエントロピー増大人間なのです。

>悪吐のポール、欲しくても手に入りにくい人が日本に多数というのにぃぃっ!

あそこは発送するまでに一苦労ありますからねぇ...。ulgさんがまとめて頂ければ、電話で催促しますよ。
Commented by ulgoods at 2008-02-25 07:59
べーさん、悪徒のポールに限らず、ポール換装需要はあると思われますが、そのうち某氏が取りまとめてくれるのかと..
テネシーはのんびりしてますからね、催促しないと出てこない(笑
<< Patagonia Spect... 計り事 >>