サーモスチタン その2

何と言うことだ!信じられない。興奮冷めやらず。
先々週の日曜日、昨年Sierraを一緒に歩いた某氏からメールで、サーモスチタンの旧版を確保した!というメールをいただいた。めぼしを付けたお店に電話したら在庫があったというのだ!しかも、翌週の日曜にはわざわざ近郊の街まで出向いて買って下さるという。
嗚呼、一生このまま旧型のボトルにお目に掛かることもあるまいと思っていただけに感激もメガトン級と言ってしまう。さすが僚友(買い物系でも)、分かって気に掛けて呉れて感謝感謝。ついでなので無理のない範囲と言うことで2本お願いしてしまった。
在るところには在るものだ。買ってもまだ在庫が残っていたとのこと。探せば他にもあるかもしれない。日本は広いし田舎は深い。

e0024555_225112.jpg


本日受領し、早速..は、量ってみた。
重量は何と!230g。伝説は本当だった。新版の254gより24gも軽い。

旧型品番 FBA-502T
新型品番 FEB-500T

モデル名 FBA-502T FEB-500T 差
筒重量  155g   173g   18g
中蓋重量 33g    37g   4g
外蓋重量 41g    44g   3g
全体重量 230g   254g   24g
生産国  日本   マレーシア

やはり筒部分の重量増加が目立つ。
並べてみれば分かるのだが、旧版は本体で2cmほど長さが短い。蓋のRも大きいので全体がずんぐりした印象を受ける。かといって直径に変わりはないようだ。
中蓋は締める形式が異なっている。旧版は2ピース構造で筒の外側にねじ込むが、新版は1ピースで、筒の内側にもねじが形成してあり、そちらにねじ込む。作りとしては新版の方に技術的な進化を感じる。
外蓋は、やはりブラスチックな握りの分だけ?新版が重い。
全体で24g増加している。
原因は..よく分からないが、筒の長さの増加が考えられる。外径が変わらずに長くなっているのは、内筒と外筒の間隔が広がったのだろうか?割ってみないと分からないので割らない。
あとは、これ重要かも...というのは、指で弾いた時の音色の違いだ。両方とも首の部分を軽く持って響きに影響し難いように持って爪で弾いてみたが、
旧版はカンカーン
新版はコンコーン
この違い、旧版の音が明らかに高い。これって、外筒の素材の厚みが違うのではないだろうか?落として凹みだらけという記述を余所のblogで見かけたが、いかにも見栄えが悪いので?外筒を厚くしたのかもしれない。これも割ってみないと分からないけど、イイ線で当たっていそうな気がする。チタン増量お値段据え置きはチタン好きには堪えられないかもしれないが...

ねじの作り込みは新版の方が技術の進化を感じると書いたが、どうやら新旧で作り方が違うのではないかと思う。新版は溶接で筒を作ったような、継ぎ目のような筋が内外筒共に上下に貫いているが、旧版の外筒には筋は見えない。新旧とも同じ作りなのかもしれないが、であれば、旧版は継ぎ目を隠す工程が念入りだ。旧版の内筒にも筋を見つけた。どうやら板を巻いて溶接で筒にして、下はプレスで作ったカップと溶接しているような気がする。さすがにプレスじゃ作れないよな..

ロゴは...新版も悪くはないのだけれど、色の赤が鮮やかすぎる。旧版はくすんだ赤。というか、新版は動脈の血、旧版は静脈のそれの色だ。
e0024555_226877.jpg

THERMOSとTitaniumのロゴサイズの比も、旧版はTHERMOSがデカくてTitaniumは控え目なのに対して、新版はサイズ比率は逆で、やはりTitaniumuがTitaniumがぁ..みたいな印象を受ける。
全体の色は旧版の方が暗い。新版の方が金属チタンに近い塗装となっている。

なんだか、ちょっとスッキリした。たかが24g、一口分の水の重さにもならない。が、メーカーが予告無しに仕様を変えるので、説明もないのでムキになってしまった。ウリで理由があって良かれと思って変更したなら売り文句として書いても良いと思うが。

外箱や説明書も見比べてみた。
新版の外箱は重厚な質感の模様が印刷されている。旧版は、ま、普通。やはり新版は高級感の醸成が視野に入っているのだろう。
説明書では、注意事項の列挙の上下順が変わっていたりするのが面白い。
e0024555_2302072.jpg


肝心の保温力だが..
モデル名 FBA-502T FEB-500T 差
10時間 65度以上 64度以上
 6時間 73度以上 73度以上
旧版の方が10時間経っても1度温かいと主張している。

さて旧版、底に小さな穴が開いている...まさか真空にして栓をし忘れたわけではあるまいが、今度はこの穴が気になって仕方がない。
変なボトルに手を出してしまった。

新版だが..無駄になったわけではないが、山へ二本は水筒を持たない。どーしても二本要るとしても旧版が二本ある。新版は、どうしようかな。子供の遠足に貸し出すか。



縮小宣言後だが、仕込済みのネタがまだあるので..手抜きblogはまだ少し続くと思う。書いて良いだろうか。
「登山・キャンプ」へ+1..Click!

[PR]
by ulgoods | 2008-01-31 02:32 | 生活系 | Comments(15)
Commented by べー at 2008-01-31 03:25 x
おめでとうございます。
やはり新旧取り揃えるのがマニアの基本。また無くなったときに高値で売ればよいのです(笑)。
貧乏な私はパタゴニアショップで鯨の絵が描いてあるSIGGのボトルを買いました。冬や氷水、夏はぬるま湯を飲みます!

Commented by ulgoods at 2008-01-31 08:06
はい。
おめでたい野郎でございます。
いやー、新旧同時に眺めて解ることもありますからね。これで悔いはないです。
子供の遠足に、ほれ、少しでも軽い水筒を、という出来心、もとい親心なんですよ。
Commented by カワサキ at 2008-01-31 22:51 x
写真を見て、自分が持っているチタンボトルが旧版だと言う事がわかりました。実は、気になっている事がずっとありまして。
この旧版のチタンサーモス。普通のステンレスサーモスに比べて、保温性が劣るように感じるのです。冷めるのが若干早い様な。。。
でも、こんなものかな?と思えばこんなものかも。。自信ありませんが、今度お暇な時でも、新旧で保温性能を比較してみて下さい。

ひょっとして、口の部分を長くしているのはその辺に理由がありかも知れません。
Commented by ulgoods at 2008-01-31 23:30
カワサキさん、そうでした。重量を量って安心せずにもっと大事なことがありましたね(笑)
棒温度計が数本あったはずなので同時に計かれます。ステンレスの350mlもあるから同時に三つ、10時間後で比較かな。お湯を1.5Lほど湧かさないと。
温度計探し出して数日中に。

裏に穴が開いていますか?私はそれが気になる...
Commented by bphiro at 2008-02-01 14:14
ULGさん、入手出来てよかったですね(^_^)
僕のは10年位前の普通のステンレスサーモスです・・・
一度重量計ってみます!
カワサキさん>
ULGさんのコメント内の新旧の保温力のデータを見ての事なので確かではありませんが、今回雪山にサーモスを持って行きましたが、29日の23時位に自宅でホット紅茶を入れて、お山に持って上がり
次の日30日の16時頃でも、まだ湯気が上がり暖かかったのでデータの保温時間を参考にするとステンレスの保温力は高いように思われます。
Commented by ulgoods at 2008-02-01 22:59
bphiroさん、こんばんは。
10年保てば元が取れていますね。私も長く使うようにします。
雪の中では少し温かい白湯でもホットして元気が出ます。
素人測定なので条件を一定できないから並べて計らないと結果が出ないです。折角、二本あるので並べてやってみることにします。
去年、子供の夏の自由研究用に棒温度計を10本くらい買ったんですよ..
Commented by bphiro at 2008-02-02 00:05
ULGさん>
うちのサーモス計ってみました。
うちのは、底のシールが少し見難いのですがなんとか読めました。
FBT-500 07025C 日本酸素株式会社
とあります。
重量は、全体で255g
内訳は本体183g、外蓋31g、内蓋41gです。

現在のカタログのFDM-501の初期型だと思うのですが現在のは
重量が300gになっていますので、ULGさんが言われるように肉厚に改良したのかもしれませんね!?

棒温度計の試験結果楽しみにしています!
Commented by azm at 2008-02-02 14:16 x
ども。サーモスチタン、確かに底に穴がありますね。言われるまで気がつきませんでした。気になる穴ですね。
ところで、生ハムは先週の段階で完成ということにしましたぜ。
ハム度にむらがありますが、まあなかなかいけます。
Commented by ulgoods at 2008-02-04 08:08
bphiroさん、重量そくて、ありがとうございます。
しかし、新しいチタンが昔のステンレスと同じ重さというのが許せないですよね。
ステンレスも全般的に重くなっていますね。何があったんだろう?軽く作るのに疲れたのかな?
保温力、こちらもテストしてみます。
Commented by ulgoods at 2008-02-04 08:09
azmさん、穴の謎、解明して欲しい!

生ハム、ついに完成ですか。ムラのあるところは愛嬌ですね。
今度は岩魚などいかが!
Commented by at 2010-02-14 23:14 x
うちに帰って軽量しました。

筒重量  173g
中蓋重量 37g
外蓋重量 43g
全体重量 253g

ULGさんが調べたときとほとんど重量が変わらないですね。
ロットが近いのか工作精度高いのか…。

一回の山行でキズキズになりました(笑)。
Commented by ulgoods at 2010-02-15 03:58
ベさん、おつかれさまでした。べさんが買ったのチタンは新型ですね。さすがに旧型はもうあの店にも無いようです。
都度沸かすのも良いですが、雪の時は魔法瓶に湯が入っているのは、いつでもすぐに暖まれるのは安心だし、なぜだか少し冷えた白湯は旨いので持つようにしています。というか、凍結対策にもなるし。
ザックのサイドポッケに入れて落とさないように、なんか紐が付けられないかなと思っているところです。
Commented by at 2010-02-15 12:12 x
純正品ではないですが、サーモス用のネオプレーンカバーもありますね。
買うときは要らないと思ったのですが、傷よけ&紐つけ&保温アップ用に検討しています。買いに行くのが遠くて(涙)
Commented by ulgoods at 2010-02-15 19:00
ネオプレーンジャケット、それは良いですね。ほすい!
近所で買えるお店は無いかしら?
Commented by ulgoods at 2010-02-15 19:12
べさん、mt.dax ネオプレンケース、探せば通販でも買えるようです。良かった!
<< 雪の奥多摩 VersaLite Super... >>