THERMOS TITANIUM BOTTLE

サーモス チタン・ボトル / THERMOS TITANIUM BOTTLE

数年前に姿を消したっきりの幻のチタン魔法瓶が帰ってきた、らしい。
e0024555_22595623.jpg


そーいえば以前、山屋で見かけてずいぶんと高いなと思って手に取って見ただけだったが、この頃になって他の持ち物と釣り合いを取るために軽い魔法瓶が欲しくなり、ずいぶん探したのだけれど新品はおろか、中古を見かけることもなかった。数ヶ月前に小さなサイズがオークションに出たが、フルサイズボトルと同じ値段で落札されていたっけ。

このボトル、ちょっと疑問があったのだけれど...
重量が260gとなっている。以前のモノは230gだった筈だ。何故+30g?その当時でも他のボトルより30g軽いのが売りだった筈だが..260gといえば、同容量のステンレスボトルが260gと書いて売られていた気がする。値段は4000円くらい。一方のチタン製は1.5まんえんの値札が付けられている。同じ重さなら別段チタンでなくても良いわけで、買う理由はない。というか...これ買ったらアホだと思った。
が、見るだけ見てみようということで、神保町の某やへ行ってみた。

袋から出して眺めていると年季が入ったスーパーマリオ似の販売員に声を掛けられ...
マ「チタンはいいですよねぇ、希少資源ですから」
私「へえ」
マ「やっぱり良い物はイイですよ。山道具は軽くなくちゃねっ!チタンは希少資源ですから。」
私「これって重さがステンレスのと同じじゃ無いですか?」
マ「これ?」と言って”山には山用”と書いた重いボトルを出すので、別の箱からステンレススリムボトルを袋からだし持ち比べてみた。
私「同じ?」
マ「いやーチタンは軽いですよ!希少資源ですから」
私「チタンは軽いけど、ボトル自体は同じ重さじゃ、買えないなー」
私「量りがあると有難いんだけど。少しでも軽きゃ買う気にもなるんだけど...」
マ「ちょと行ってきます」と言って向かいの靴売り場から量りを担いできた。10g単位までの荒い物だが..
その結果、
チタン0.25kg
ステンレス0.28kg
10g未満を四捨五入だとしても最低で20gの差はあるわけだ....
私(心)「もう探し歩くのも嫌だしな、軽きゃ買うと言ったし」
私「では頂きます」
マ(心)「一丁上がり!希少資源だし」

在庫限りで再入荷の予定はないとのこと。希少感を演出しているのかな!
ということで、とりあえず手にした。

実際の重量は0.254kg、なるほど切り捨てられれば0.25kgとなるわけだ...
e0024555_2303480.jpg


でもなー、チタン480mlに対してステンレスは490mlだし、そー言う意味では数グラムだけステンレスが重くても不思議はない。

これ、どーいうことで復刻になったのか分からないが、イマイチ的を外している気がする。
やっぱり230gを再現して欲しかった。
表面のコーティングをやめて金属感を出して欲しかった。
ロゴは控え目にして欲しかった。

チタンという素材を与えられたら、設計のエンジニアなら以前の重量を切るくらい奮い立つんじゃなかろうか?もし、230gを切っていれば、喜んで買うし、昔買った人も買い直すかもしれないのに..チタンならイイだろ!くらいのつもりで復刻したよーな気がしてならない。

ステンレスボトルを安いところで買うと値段で4倍以上違う。いくらチタンが腐食に強くても、臭いが移らなくても、そんなの4回買い換えれば済む話だ。しかし、現段階ではこれより軽いボトルは手に入りそうにない。仕方ない...
ちょっとスッキリしない買い物だったな。
リアルなお店で買うのは久しぶりだったが、マに負けた私も修行が足らん...
テルモスさんもg単位まで正確に重量を表示して欲しかった。

e0024555_2311890.jpg

e0024555_2314050.jpg




すべてを求めるとすべてを失う...メイベル男爵
「登山・キャンプ」へ+1..Click!

[PR]
by ulgoods | 2008-01-10 23:04 | 生活系
<< ママチャリ優勝! 寝袋チャックの右と左 / L-... >>