Best3その3〆

Exciteメールが少し動くようになっているので、本文をダウンロードできました。
しかしExcite、サーバ増強と言うが、未だアクセス数の制限が取れていない。こんな不手際は業界でも前代未聞です。
みっともない。


では、気を取り直して、
お寄せ頂いたBest3を掲載いたします。感謝!

joxterさん
http://blog.livedoor.jp/joxter/

[運搬系]
Adjustable Goat Poles
TiG

他のお道具がどんどんUL化していく中、ストックだけが鈍重でどこかバランス悪く感じていましたが、 今年JMTで大変お世話になったベーさんがお使いになっているのを見てこれだ!と思い帰国後早々に注文しました。
実測で91g/本_これまで使っていたものの僅か1/3の重量ですが、 大変しっかりしたつくりで小生のだらけきった身体を支えるのにもTarptentの支柱としても充分な強度です。
※握りに縄跡を付けずにタープを張るポール用のキャップの写真もお寄せ頂きました。

私も買いました!普段使いには強度は充分ですし、超軽い!輪っかもゴムも軽い物を選んではめています。
頂戴したポールのキャップ、次回張る時に使わせて頂きます!


[宿泊系]
nunatak
Arc Ghost

JMTに臨む際に新調したシュラフ。通関時に小トラブルがあったものの、補償を受けられて超割安な買い物になりました。
シェル素材にQuantumを選んでMサイズで399g。小生としては初めてのキルトですが、 霜の降りたSIERRAの朝もRidgerest Shortと一体のまま快適にこの身を包んでくれていました。
その節は皆さんにいろいろご意見を頂戴して有難かったです。m(_ _)m
Sierra歩きではjoxterさんの泊まり装備が屋根を含めて一番堅実だったと思っています。見習って、後半戦の高地主体に備えて?と言うわけではありませんが、Arc Alpinistを入手しました。

[燃える系]
BPL
Titanium Esbit Wing Stove
これは今年購入したものではありませんが_
重量(13.4g)&サイズで劇的なUL化に貢献し、やはり今年のJMTで大変重宝したもののひとつなので選ばせて頂きました。
コッフェルにこびりつくヤニとその匂いが玉に傷ですが、他の燃料のストーブに比べ深刻なトラブルが無いことも重要なポイントだと思います。
これもSierraでのjoxterさんのスタイルを見て、普段使いのスタイルとさせていただいておりますm(_._)m


beyondxさん
http://beyondx.exblog.jp/

・分類:燃える系
メーカ名: バックパッキングライト BACKPACKINGLIGHT
品名: チタニウムウィングストーブ Titanium Esbit Wing Stove

重量11g。
チタン製スプーンよりも軽くてコンパクトなストーブ。
joxterさんに続いて2件目のBest3入りな一品です。炎を吹き消して無駄なく使えます。高所としては夏の北岳で使いました。風防とセットで結構な風の中でも使えました。

・分類:生活系
メーカ名: フェザーフレンズ FEATHERED FRIENDS
品名: フーデッドヘリオスジャケット Hooded Helios Jacket

スタイリッシュ、軽量、フードもボディもダウンブリブリ。
ジャケットでのビバークスタイルをインスパイアさせるパワーがある。
モコモコですよね(笑)
フェザーフレンド物は手にしたことがないのですが、ダウン抜けなどはどうでしょう?NunatakのEPICモノはイマイチという感触でした..モンベルと比較してみたいと思っています。


・分類:エレキ系
メーカ名:ペツル PETZL
品名:タクティカXP TACTIKKA XP

明るく、軽く、機能的となかなかの高バランスヘッドライト。デイハイクもオーバーナイトも必需品。
赤色フィルターで目立たずに夜間行動可、手軽に夜行性動物気分。
普通のTIKKA XPは私も愛用です。光らせ方やシャッターは素朴な構造だと思うのですが、ビームも効いてこれでよいかなという感じ。


サーリィさん
http://sariputra.exblog.jp/

【その1】
・分類:エレキ系
・メーカ名:PETZL
・品名:TACTIKKA XP
単4電池3本なので若干重いですが、明るく腹持ちも良い感じです。
焦点距離を透明を含むカラーフィルタにより可変で、木々に蠢く怪しい物体があるときは、ブースト機構で強烈に照射することも可能です。
私は明かりフェチなので、これとe+LITE、ZIPKA PLUSを併用しています。
Beyondexさんからも推薦が出ています。明かりフェチ系の方には..Photonの充電式が手元にあるので近いうち書きますね!

【その2】
分類:燃える系
メーカ名:JETBOIL
品名:JETBOIL

ちょっとかさばりますが、私は物臭なので、なんといってもこの簡単なシステムが一番性に合っているようです。
簡単設営で、風防などの携行品も不要。イグナイタが弱いので、万が一に備え防水マッチを持っていればそれでOKです。コジーを2重にすれば保温性も上げれるし、ガス消費量も当然少ないです。上下のプラスティックが今ひとつ(割れた)なので、SPのソロクッカー極チタンの蓋と、カップを流用しています(輪ゴム留め)。
このストーブもすっかり定着しましたね。零下10度以下だと炎を維持するのが大変で苦労して湯を沸かした記憶があります。が、体を風防にして立ったまま沸かせるのは便利。これをアルコールストーブで使いたくてハマったのでした。

【その3】
分類:生活系
メーカ名:MSR
品名:Packtowl Personal

パックタオルには、ULとコレ、オリジナルの3種類あり、全て使ってみました。 一番軽量なのは当然ULですが、肌触りが悪いです。肌触りは我慢できますが、臭いがきついです。夏場に使うと相当臭います。
オリジナルは、安価ですが、どうみてもキッチンタオルです。分厚いので当然乾きも遅いですね。
食器類の緩衝材に適しています(やはりキッチンタオルですね)。
パーソナルは、肌触りもよく速乾性、吸収性もULに負けず劣らずです。防臭性も高く、多少ものぐさでもにおいません。
難点は、使用上は問題ないですが端が解れてしまうようです。
私も愛用です。肌触りに関しては同感、手が荒れたかと思うほどササくれ感があります。Sierraでは水で濡らして帽子の下に被って歩きました。


しみけんさん
http://blogs.yahoo.co.jp/dfm92431/

・ジャンル:ナビゲーション
メーカー:Silva
品名:コンパスNo.15 TDCL

森林限界より上や有名な山を歩いている方々には無縁かも知れませんが、低山・藪山を歩く私にとっては、コンパスは欠かせません。
ミラー付きで精密に方位がはかれるので、カシミール3Dの「見える山」機能で調べた山の一覧表(登る山から見える周辺の山名と距離、方位角を表にまとめたもの)を使って正確に山座同定ができますし、傾斜計があるので、登りの尾根が見える別の尾根から下山する時に「あんな急な斜面を登ったのか。40度もあるぞ。バカだなぁ、私。」と感慨にふけるのも楽しい。
GPSに頼ってめっきり使わなくなりましたが、エレキコンパスはどーも当てにならなりません。キャラメルのオマケの方がまだ信用できます。
でもこれはずいぶん精密そうですね。三角測量ができてしまいそう。


ジャンル:火器
メーカー:MSR
品名:WhisperLite Internationale

私は展望を楽しみながら食事をするのが目的で山に登るので、遮風するものがない好展望地で調理、食事をします。
他のストーブならいつまで経っても湯が沸かないような強風時でも、WindScreenとこれの組み合わせなら、私の住む地域の山で吹く程度の風ならものともせずに湯沸かしが出来ます。
重いですが、シンプルなデザインと高い耐久性が気に入っています。
世界的定番ストーブの登場です。私はガソリン以外を燃やすこともなさそうなのでSimmerLiteを使うこともありますが、最近はまたSVEA123を引っ張り出して遊んでいます。
ガソリンストーブは楽しいですよね。


ジャンル:おもちゃ
メーカー:フジノン
品名:M24

山の上から展望を楽しむときにいつも使っている双眼鏡です。
レティクル付きなので、「あの鉄塔の高さは70mもあるのか」などと意味もなくいろんな物までの距離や大きさを測って遊んでしまいます。
防水(水没可)なので、適当にザックに放り込んでおくだけ。取り扱いに神経を使わなくて済むのがありがたいです。
コンパスと双眼鏡..トランシット測量機ができてしまいそう(笑)測りモノが好きなのですね。
ガソリンストーブにしろ、しみけんさんの山行スタイルを物語る逸品たち、ご紹介ありがとうございます。


「私のお気に入り山道具Best3」に多数お寄せ下さりありがとうございました。
人によってお気に入りはさまざまですが、お寄せ下さった方の山行スタイルの一端が窺える逸品らが集まりました。
山歩きが楽しくなるような品々の情報を多くの方と共有できればと思います。

お寄せ下さった方々、見て下さった方々にお礼申し上げます。


今年は山行回数を増やし、実証を行いました。来年は応用を進めたいと思っています。
ご贔屓に!「登山・キャンプ」へ+1..Click!

[PR]
by ulgoods | 2007-12-31 12:54 | 生活系
<< ちびストーブ/小川キャンパル ズック靴で雪歩き / Ligh... >>