Best3その1

お寄せ頂いた「私のお気に入り山道具ベスト3」、到着順5名様分を掲載します。
次からの方は編集時間の都合にて、明日以降、よろしく。
参考にさせてもらいます。
ありがとうございます。
自分のが決まっていません(汗

僭越ながら少しコメントをつけさせていただきます。米印イタリック体です。
コメントへのコメントも歓迎!


村上宣寛さん
http://psycho01.edu.u-toyama.ac.jp
愛用の3品

・バックパック
Mountain Hardware
Solitude

2006年07月入手
http://psycho01.edu.u-toyama.ac.jp/solitude.html
調節機能はダメですが、それ以外はなかなかの代物です。20キロ以上持っても平気だし、バランスも良いので、山でも疲れません。
80リッターあるので、適当に放り込めばパッキングは終了します。アウターフレームパックの進化形です。
Webで見て、しり上がりの姿は興味を持っていました。アルミで補強しなくて良くなったのですね。

・登山靴
マインドル
Air Revolution

2006年2月頃入手
http://psycho01.edu.u-toyama.ac.jp/shoes.html
非常に固くて丈夫です。その割には軽いです。
荷物を持って歩くと、良さが分かります。奥駆けでは連日12時間歩いても、疲労を感じませんでした。オールシーズン、この靴です。
勝手ながら村上さんと言えばマインドルのイメージです。急いで長距離を歩くときは足裏の疲労軽減で底が固いほうがいいと思いましたが、ふくらはぎの疲労が足の裏に移るという説もあり、ストレッチなども重要らしいです。

・テント
ヒルバーグ
アクト

2005年2月頃入手
http://psycho01.edu.u-toyama.ac.jp/akto.html
タープとビビィも試したのですが、さほど軽量にはなりません。アクトはかなり軽く、広くて居住性が優れています。また、張りやすく、設営には1~2分しかかかりません。
細引きの調節機構が優れていて、ペグを打つ位置の自由度が高いのです。
これは欲しいテントです。綱を要するのでどうかと思っていたのですが、自由度が高いのですね。NextBuyな一品です。

今年購入の3品
・GPS
ガーミン
Map60CSx
2006年秋購入

UUDの地図と組み合わせると最強です。
http://psycho01.edu.u-toyama.ac.jp/gps.html
二台並べて歩いたことはないですが、HCxと比べると60CSxの方が精度的に安心感がある印象を持っています。UUD地図は使えますね。登山道が入っているので、前日のPC仕事が減りました。

・東急ハンズで買ったフライパン

東急ハンズで買ったフライパンもなかなかです。
http://psycho01.edu.u-toyama.ac.jp/koffel.html
お山でもしっかり調理して食事を採ってらっしゃるのは本で読んでいましたが..年季が入っていますね。

・カメラ
オリンパス
E-3

http://psycho01.edu.u-toyama.ac.jp/camera.html
山道具、ですね...

今年の物はあまり使い込んでいないので、充分な評価はできません。


出がらし紋次郎さん

・THENORTHFACE
SKAREB55・Mサイズ

ザックカバーが付属している。
GRANITEGEAR NIMBUS OZONEもいいかなと思ったが、ある場所で実物を発見し一目ぼれ。メーカーに問い合わせたが、日本の直営店ではすでに在庫もない、という。ところがその後、某HPで30%引きで安売りしていたのを迷わず購入。
実重量は1472g、付属ザックカバーは93g。
この辺で1kg軽量化可能ですが、出がらしさんは頻繁に野宿なので耐久性との兼ね合いもありますか、削りにくいですね。ある程度耐久性を残すと500gは軽くできそうです。

・SEA TO SUMMIT
ultra-sil DRY SACK 8L

GRANITEGEAR AIRPOCKET M&L
防水素材と止水ジッパーにひかれて購入。これが、あっし的には装備軽量化の立役者です。ビニールの重包装をしなくても良い。
私も何かと便利で使っています。気をつけないと袋に入れて袋に入れて..2重くらいにはなってしまうので、何とかしたいところです。でも、小分けしてふだんから整理すると撤収が速くて良いです

・スノーピーク
チタンTREK700

MSR アルミウインドスクリーン、トランギア アルコールバーナー、FGS シェラスパイダーチタンゴトクと共に。
一人分の湯沸しはこれで充分。トランギアは重いですね。やはり。安定はするけど。
モリタ アルミフライパン(食器としても積極使用。重くても携行します)は、こういう使い方もできます。下が牧草地なもんで。
シェラカップやカトラリーも、アルミからチタンにしました。
700は良いサイズですが蓋が重いのが残念です。
ストーブは空き缶や固形もお試しください。


・番外
モンベル
ブリーズドライテックモノフレームシェルター・ダイヤ

ビヴィサックでは中腰にはなれません。結構中は広いです。
自立はしませんが、両端に靴やザックを入れて重石にするなどの工夫で、なんとか自立します(風が強い場所では不可)。
設置場所によって(草地や川ッぷちなど)結露はしますが、通気性はよく、乾きは早いです。実重1125gですが、ペグを丈夫で軽いチタン製に
交換するのもありかな。
ペグは貫通用のネールペグ数本と、あとは軽い奴という具合に組み合わせて持つ手もあります。都市内野宿は経験ないですが、コンクリートでは打てないですよね。アスファルトなら何とか?

これで、基本装備(早春・晩秋対応、食料・燃料・水除く)15.3kgを9.7kgに落としました。これは3泊以上の長期旅対応なので、短期の旅では着替えが減る分、もっと減らせると思います。
ここからがしんどいです。


rwalkerさん
http://rwalker.exblog.jp

・分類:生活系
メーカ名:SWANNDRI
品名:RANGER SHIRTS

感想:軽くて暖かいウールのプルオーバーシャツです。
粗く編んだウール地の両面を起毛しているので、見た目の割には軽く通気性も良いです。
寒冷な状況では、ウールの吸水によりシェル内部での急激な水分量の変化を抑えて、シェルの内側の結露を少なくします。
両胸のポケットは大きく、地図、コンパス、行動食などを収めておけます。
衣擦れの音もしないので、行動中も静かです。
また化繊よりも火に強いので、焚火のまわりでも安心。
rwalkerさんの行動って... トムブラウンジュニア氏のように気配を消して歩く?

・分類:生活系
メーカ名:VICTORINOX
品名:モーゼルナイフ

感想:VICTORINOXの(かつての)ドイツ軍用モデル「トルーパー」に、クリップポイントブレードを一枚加えた、銃器ブランド「モーゼル」とのダブルネームモデルです。
パンをスライスする、缶詰を開ける、ワインやビールの栓を抜く、薪やシェルター用の支柱を切る、ねじを回す、紐を通すための穴を開ける等々、山での作業の殆どをこなせます。
ナイフが二枚なので、砥石が無くとも長期間使えますし、一枚を非常用にとっておく事もできます。
http://rwalker.exblog.jp/4781029/
バックの紙やすりは研ぎ用ですか?

・分類:エレキ系
メーカ名:FENIX
品名:L0D CE(LEDライト)

感想:非常に明るく使いやすいライトです。
単四一本使用で、サイズは小指ほど。
明るさは三段階に切り替えられ、最も暗いモードだとアルカリ電池で8.5時間のランタイム。
山道具というよりEDCですが、山でもバックアップ用として期待できます。
http://rwalker.exblog.jp/4546813/(一番下)
使い込んでいるご様子。結構多彩で長時間ですね。リチウムやエネループにすると軽いし冬でも活躍しそう。

・番外編
私は、これが無いと行動できません。
NATURAL AMERICAN SPIRITSの缶入りタバコと、POWWOW MIX。

缶ピース、箱ピース、パイプとパイプタバコ、酒を入れるマルキルのボトルなど。
オーバルの真鍮缶も、タバコ入れ(着火用レンズ付き)です。
スナフキンになる一式ですね。山でパイプはいいですねぇ。私も持っていますが、せっかちなのでゆっくりふかせません。


zzz_bearさん
http://zzzmmm.exblog.jp/

・燃える系
Trail Designs
Caldera Ti-TriTM Stove System

山より道具というイカしたブログがあるのですが、そこで見てヤラレました。
イカれたブログを見てしまったのですね...
Trail Designsからは試作品テストのお申し出をもらっています。秘密のブツなので許可が出るまで公開できないのが辛い。


・生活系
フォレストヒルキャンドルランタン
ハイマウント

コストパフォーマンス良し!UCOのランタンより軽い!
http://pds.exblog.jp/pds/1/200712/16/06/c0153306_132213.jpg
ろうそくは私もぜいたく品としてたまに持ちますが、重いので小さいのに変えようかと思っていました。運搬で割れないことと、テント内照明には笠がないと明るくならないので、その辺含めてセットが充実しているとよいです。

・燃える系
自作アルコールストーブ

自分でストーブが作れちゃうのがいい!
試作テストで燃料代が結構バカにならないものです.


SGT.Mさん
・分類:生活系
メーカー名:Montrail http://www.montrail.com/
品名:Namche (860g/size US9.5, par pair)

同社のHighline、Hard Rockと同じソール・システムのシューズを乗り継いでたどりついた1足。
Highlineがお気に入りだったのだが、耐久性が弱く直ぐダメになってしまったのだが既に廃盤で買い替えることが不可能だった。
ナムチェはそのソール・システムも然る事ながら、特筆すべきは通気性の良さだ。防水・浸透性素材を使用していないという点で不安に思うであろうが、その素材を使用したが故、通気性が無くなり足のトラブルが多くなる方が重大だ。なので必要に応じてGore-Tex製の防水ソックスを使用している。
たぶんサイズ色揃って日本一のNamche持ち...(笑

・分類:宿泊系
メーカー名:Western Mountaineering http://www.westernmountaineering.com/
品名:Tamarak (520g/one size)

今年JMTを歩くに当たって選んだ3/4レングスの寝袋。
JMTに限らず歩く時はフード付きの何らかの上着を持っているし、ビヴィと併用することが多いので雪降る天候でない限りフードの必要性は無いと思ってこのようなタイプの寝袋を探していた。
応用範囲が広く、衣類やスリーピング・パッドを適切な物にすればスペック通り氷点下の状況でも十分対応できた。
購入したものがシェルにExtremeLiteを使用していなかったバージョンだったのが残念。
メーカー発表のスペックは羽毛量255g、10cmのロフトで-1℃対応。ボックス構造。
これは合理的です。先を越されたので買いませんでした。これも連続壁ですね。TopBagとしてはどんな感じになるでしょう?Rabより良い?

・分類:生活系
メーカー名:Arc'teryx http://www.arcteryx.com/
品名:Access Short (169g/size S) & Pant (243g/size S)

40km超のデイ・ハイク、60 mileを歩いたJMT等、今年のハイキングはほぼAccess Short & Pantsで歩いた。
"TerraTex"というファブリックを使用しているこれらは、速乾性に優れ、通気性もよく(決して耐風性が無く寒過ぎると言う訳ではない)、ストレッチするのでストレスが無い。
これに出会ったことで、手持ちのサプレックス・ナイロン・ファブリックのショーツ&パンツはタンスの肥しになった。
両サイド(パンツは右のみ)にあるポケットの溶着されたシッパーのスムースさも○
軍曹は冬でも半ズボンですよね。あれってそんなに優れものだったとは...

続きまして気に入らない道具をお送りいたします。
・分類:生活系
メーカー名:SealSkinz http://www.danalco.com/
品名:WaterBlocker Socks (112g/size M, par pair)

パッケージやサイトにある、水中に足を突っ込んだ写真の通りマネしてみたが、2分足らずで浸水。
小雨降る中、1時間くらいのハイキングならOKだが、水没させると全くダメ。お蔵入り決定。
私の推薦品ではないのでご勘弁(笑
でも2足買ってしまいました。もう少し早く知らせてくれれば...でも、冬に断熱兼ねて使おうかとも思います。液体の水がなければ使えるかも。
完全水没させるならRockyの方が安心感ありますね。




私のお気に入り山道具ベスト3今日中なら駆け込み可(笑


塩水に足を浸けて、足の裏を丈夫にする方法を教えよう...メイビル男爵
「登山・キャンプ」へ+1..Click!

[PR]
by ulgoods | 2007-12-19 08:34 | 生活系
<< Best3その2改 Bigsky Summit E... >>