Gearlist for Okutama Nov. 24-25

11月末にタワ尾根一泊、雲取-鴨沢を歩いた時のザックの中味、備忘録。

行く前は体重計で測ったらザック、食料で(水含まず)で約5.6kg。試験的に持ったものあり、寒さ対策が過剰で重くなってしまった...でも、1月くらいまでならこの装備で暖かく眠れそうだ。

e0024555_1514933.jpg



ザックの中味を晒します。
軽量化のご意見など下さるとありがたいです。

Gearlist for Okutama Nov. 24-25

Baseweight 5178g

PACKING SYSTEM 242g
Backpack 176 Z-Packs Z1(42.6 liters), Sholder Pouch, Belt Pouche
Liner 66 Sea to summit 35L

SLEEPING & SHELTER SYSTEM 1547g
Tarp 99 MLD Monk Spectralite.60 Tarp, Guyline
Stakes 24 Titanium goat Carbon Stake x 4
Bivy sack 176 Titanium goat Ptarmigan Bivy
Sleeping pad 579 Pacific-Outdoor Equipment Max Thermo
Sleeping bag 590 Nunatak Arc Alpinist EPIC, Jacks R Better compression sack
Pillow 65 Montbell UL Comfort System Pillow
Groundcloth 41 Gossamer gear Polycryo Ground Cloth

COOKING SYSTEM 267g
water boiler Kit 190 Esbit Wing Stove, Titanium Foil Windscreen, Titanium Cup, Lid, Stretchable-Gunte-Gloves, Esbit x 2, Gas Lighter, Aloksak
Utensil 11 Light my Fire
Canteen 38 Platypus
Cozy 28 AGG ENERTIA Warp

EXSTRA CLOTHES 1515g
Rain shell 251 Patagonia Spector Jkt
Rain Chaps 45 Mnt. Fuji Designs
Rain mitts 34 MLD eVent
Under wear 100g Finetracks
Socks 68
Socks 111 Seal Skinz
Down Jkt 432 Nunatak Skaha Plus EPIC, Staff sack
Insulated pants 328 Montbell Thermawrap pants
Insulated socks 146 Integral Designs Hot Socks


MISCELLANEOUS GEAR 1532g
Medic Kits etc. 273 First Aid, Repaire, Supplements, Toilet Kits
towel 16 MSR
Mobile phone 120
Light 82 Petzl Tikka XP, Litium battery AAA x 2
Camera 167 Caplio
GPS 168 Vista HCx, Clip
Radio 157 Panasonic, Litium battery AA x 2
Bear Bell 48 with Silencer
Camp fire 145 BushBuddy Ultra
Meteorologic 56 Brunton ADC pro
Meteorologic 33 Coghlan's
Flask 116 Nalgen
Knife 21
Kuksa 178

Worn
Titanium Goat Adjustable Goat Poles
Montrail HardRock
Smartwool Adrenaline Socks
Uniqlo CW-X もどき
Phoenix 七分丈 Pants
TNF Apex Softshell Jkt
Patagonia Capline 2 Crew
T-Shirts, Pants
Buff Visor Cap
...

Foods
アルファ米100g
おかか
Freeze dried Miso Soupe x 1
Kuskus80g
Trader Joe's raspberry bar x 1
Pemmican bar x 1
Clif Bar x 1
Java Juice x 1
Trader Joe's Trail Mix
Liqor 100cc

急いでパッキングしなければ、あと500gは減らせた気がする。
Nunatak Arc Alpinistは単体では私には-7度は辛い気がする。寝相を考えよう。背中が出ないようにしなければ...
IDのHot Socksは裏が丈夫なので、そこいら中を歩き回っても大丈夫だった。が、不要だったな。
Ptarmigan Bivyは効果があったかは不明。
montbell空気枕に穴が空いた!シロの仕業か?
雨が降りようにない天気だったが、雨を想定して絶対濡らさない構成だったので重くなった。


気温と湿度の測定結果
e0024555_2332026.jpg

夜はBivy脇で-1.6度くらいになった。この日はとても乾いており、朝、落ち葉の上のGround Clothの下に水滴が付いていなかった!
冷涼、乾燥で快適であった。

e0024555_154294.jpg

e0024555_2007.jpg

e0024555_1552419.jpg

e0024555_1585630.jpg

e0024555_1562345.jpg

e0024555_1574721.jpg



バックパッキングとは何を持っていかないかという策略のことである...メイベル男爵
「登山・キャンプ」へ+1..Click!


投稿時の編集で中綿モノ衣類が何点か欠落してましたので、追加しました。
[PR]
by ulgoods | 2007-12-06 02:11 | 山行 | Comments(14)
Commented by Osamu at 2007-12-06 08:00 x
>Trader Joe's
日本でも買えるのですか?
米国東部のこちらにも店が増えてきました。こちらの日本人にも Trader Joe'sの品物好評です。
特に私は激安ワイン愛飲してます。(値段にも関わらず、おいしいのです。)
Commented by べー at 2007-12-06 08:10 x
NunatakのTomに相談したときに、Alpinistではシエラネバダは寒いかもね、と返事があり、追加で2oz入れてもらいました。-6.6度対応のはずですが、アジア人の方が寒さに敏感ですので、実質-2~3度かもしれませんね。

気温、湿度のグラフは楽しいですね。百葉箱を思い出します。
 湿度計はタープのしたですか?タープで夜間にこの湿度ですと、気温が下がったりすれば露点が下がるでしょうから、結露が出ますね。

シングルウォールテントでの、盛大な結露のグラフもお願いします!

Commented by ulgoods at 2007-12-06 08:14
Osamuさん、
Trader Joe'sは、まだ日本に進出してませんので、Trader Joe'sでしか買い物をしない知人から送ってもらっています...
夏にサンフランシスコのお店に行ってから、私もファンです!
Commented by ulgoods at 2007-12-06 08:32
べーさん、たぶんベーさんの感覚は合っているような気がします。私も基地の町育ちですが、兵隊さんは冬でも半袖ビールでしたから...
また、WMの袋などはモンベルとかと比べてもダウン量的に納得が出来ますが、Quiltはどうせ着て寝るので、少し甘くしているかもしれません。

電気百葉箱は帰ってきてから遊べるのが良いですね。
このときの位置はタープの外でした。シロに蹴られて危うく見つけられなくなるところ。
このときは気温と相対湿度がきれいな逆位相で動いている感じが分かります。空気中の水分量がほぼ一定なので、気温が高いところでは相対湿度が下がって見えるということかと理解しています。
付属のグラフソフトでは露点がグラフ化できないので、計算で求めようかと思っています。
Commented by 出がらし紋次郎 at 2007-12-06 08:36 x
Kuksaはいいよなぁ。あっしも欲しいなぁw

以前にも記したように、あっしの長期歩き旅の装備は、ようやく
基本重量9kg台に突入しました。2泊までなら着替えが減る分
(長袖T1、半袖T2から1に、下ばき2から1に、靴下は2据え置きw)
大分軽くなりますわな。

また上京する機会が近々あるかも知れへんので、
ULW-BPr meeting(呑み会)でもやりたいものです。 
Commented by ulgoods at 2007-12-06 09:06
Kuksaは重いですが、そのぶん他で何とかします...
プレゼントされると幸運が来るけど、自分で買うと幸運が逃げるらしいのですよ。
迷信とはいえ、気になる縛りです...
それで、2年間、押入で寝かせて、Kuksaが誰に買われたか忘れた頃に引き出して使った次第。

関東下向の際は飲みましょう!お声掛け下さい。
Commented by JSB at 2007-12-06 17:30 x
英語ばかりで読めん(涙)
かろうじて、ゆにくろ、読めた! 
>朝、落ち葉の上のGround Clothの下に水滴が付いていなかった!
これにはびっくりしました。乾燥していたんですね
風速はどんな様子でしたか?
Commented by ulgoods at 2007-12-06 17:53
私も読めないで書いているので滅茶苦茶だと思います(笑
日陰の鞍部は写真の通り霜柱でしたが、私が行き倒れた場所は土も乾燥していて落ち葉が積もっていたので良かったです。
普通は一晩地面にビニールを敷いておくと朝にはビシャビシャなんですがね。
風はほとんどありませんでした。ゼロと言っても良いかな。
かなりオープンエアで寝たので寝息の結露もありませんし、冬の奥多摩はこのスタイルでやろうかと。
Commented by rwalker at 2007-12-06 20:40
グラフがあると良く分かり面白いですね。
音は気にならなかったでしょうか?

ククサ、案外重いですね、私のはパチモンなので軽いです。
それでも、幸運は逃げるんでしょうかね?

私も、来月あたり上京するかもしれません。
Commented by ulgoods at 2007-12-07 09:54
グラフは、もう少しいろいろな項目が書けるのですが、今回は気温と相対湿度だけにしてみました。空気密度も書くと良かったかと思っています。CSVに吐けるのですが、良い描画ソフトがないかと思っています。装備一覧もデータベース化したいのですが..私の本業の分野なのですが、紺屋の白袴で、手が着きません...

上京の折、お時間があるようならお目に掛かりたいです。東京駅にでも呼び出して下さい。
Commented by zzz_bear at 2007-12-08 00:49
奥多摩でも既に氷点下なんですね〜。大凡は予想できますがこうして実データが見れると面白いし参考になります。現在冬の奥多摩でも耐えられるよう思案中です。
Commented by ulgoods at 2007-12-08 09:33
zzz_bearさん、こんにちは。
データは先月末のことなので、今頃はもう少し寒いかもしれないです。
記録開始はキャンプを張った直後で、日没で急速に気温が下がり、最低気温は2時くらい、夜明け前ではありませんでした。
6時くらいですか、日が出てから気温は回復しました。
歩いている時はザックのフロントポケットに入れていました。日中に最も下がった時刻は雲取山荘から日陰の巻き道を歩いている時ですね。その後、雲取から石尾根への開けた尾根道を歩いている頃に日なたに出て急速に暑くなっています。鴨沢への日陰の道に入ってまた下がり、と言う具合。
日陰と日なたで10度くらい簡単に変わるようです。乾燥しているのが何よりでした。
前シーズンの冬に巨木の所で寝ましたが、Getawoodcapeを張って、ISUKAの450+Bivyで寝てましたが、大丈夫でしたよ。
思い立って近郊電車で行ける距離にこのようなフィールドがあるのは有難いです。
Commented by zzz_bear at 2007-12-10 01:08
>前シーズンの冬に巨木の所で寝ましたが、Getawoodcapeを張って、ISUKAの450+Bivyで寝てましたが、大丈夫でしたよ。
参考にさせて頂いてます。場所がどんぴしゃだけに有り難いです。

>思い立って近郊電車で行ける距離にこのようなフィールドがあるのは有難いです
ほんとそうですよね。新しい場所を発掘していきたいところです。
この時期結構ハンターの誤射が怖いですが...
Commented by ulgoods at 2007-12-10 09:06
誤射は..やはり、明るい色を身につけて、開けた場所を歩くのが安全なのでしょう。
奥多摩辺りは隅々まで歩かれているようで、そういうマイナールートを書いた本も何冊か見られます。頂きに拘らず、落ち葉にまみれて眠るのが目的であれば寝床の宝庫と言えそうです。
奥多摩帰りでは駅前路地裏の蕎麦屋で一杯やってから帰ることにしています。これもまた楽しみで、へへ。
<< MSR FLING 私とシロとチャと >>