Carbon fiber tent stakes / Titanium Goat

Titanium Goat 製のカーボンファイバー製ペグ、長さ9"、直径0.3"である。
e0024555_256467.jpg

鉛筆ではない。
e0024555_257574.jpg

重量は実測で7g!
1円玉7枚分...ウソのように軽い。

ちなみに下の写真は手持ちのペグ達で、左から
6g チタン
8g チタン
7g カーボン
16g チタン釘
18g Eastonアルミ中空 31cm
である。
e0024555_257242.jpg


やはり中空物(カーボンと右端のEaston)は見た目を裏切って軽いな。実が詰まっていないので強度は無論弱いだろう。間違っても岩石に打ち込んではいけないと思っている。でもこのカーボンペグは結構堅い。腕力だけで折り曲げるのは私には難しそうだ(実は勿体ないので力が入らない)。

通常、テントの設営場所の状態が不明な時は8gチタンペグが主であるが、岩石貫通用にチタンのネールペグを一本持つ。地面が土(腐葉土とか)の場合は、長いペグでないと効かないのでEastonの31cmモノを2本くらい混ぜていた。
が、これからは土ならカーボンだ!記述によると2007年製からは先端にアルミチップが付いたので凍みた土にも打てるとある。仮にEastonを6本持つとして、カーボンに置き換えると66gの儲け!これはでかいぞ!

ただ、頭のプラスチックがヤワなので、石での打撃には向かないと思う。木か何か噛ませて叩かないと割れそうだ。気を遣うのはしょうがない。


ULからSULに移行しつつあり。
薄くてヤワな道具ばかり偏集中...



参加中... 今週末は晴れて欲しいよ、ね...Click!

[PR]
by ulgoods | 2007-11-13 03:06 | 宿泊系 | Comments(13)
Commented by べー at 2007-11-13 12:25 x
私のは、特注で3インチで作ってもらいました。岩を乗っけるにはそれで十分です。
 凍った雪面で叩いたら、頭のプラスチックは割れました...。
お気をつけくださいませ。
Commented by ulgoods at 2007-11-13 13:04
べーさん、お帰り?
秋の奥多摩用に長いの頼んだけど、腐葉土にタープを留めるくらいなら落ちている枝で良いんだよね...(笑
Commented by カワサキ at 2007-11-13 15:35 x
カーボンペグ、鉛筆より軽いですよね。長短持っています。
今これでベータープを建てようとしているんですが、どうもタイミングが悪くて遅くなってすみません。
チタンパイプ(煙突)も仕入れたのでこれとシリンダーストーブで燃やしてみようと思っています。
Commented by ulgoods at 2007-11-13 17:57
カワサキさん、ども!
短いのも持ってますか、短いヤツはうんと軽そうですね。次回入手します!
タープはゆっくり出も良いですよ。
試すモノが山のようにあるので山へ行けません(涙

DJから発売前のRefrectexのBivyが送られてきました。TiG のBivy Collectorと言うことになっているので....また庭に寝ないと。

シリンダストーブの仕事ぶり、お知らせ下さい。
お互いに忙しいですね(笑
Commented by べー at 2007-11-14 02:41 x
冬用シュラフ用にTGのビビを入手せむと待っていますが、大きさはいかがでしょう?
Commented by ulgoods at 2007-11-14 08:48
べーさん、ども!
発売されるサイズはLのみでしたよね。
Lだとだいぶゆとりがありますよ。厳冬期のシュラフでパンパンになるくらいかな。
結露の観点から、ゆとりがあるのが良いのか悪いのか、詰めてみないといけないと思っています。
露点が計れるエレキものを入手したので、あちこち計ってみます。
Commented by JSB at 2007-11-15 02:24 x
パイプの太さ
約Φ8mmなのか、、、、
チタンパイプΦ5mmで、試作したがちょっと弱かった
チタン材、物によっては、曲げモーメントに弱いんだね(苦笑)
そのうちに、チタンパイプΦ8mmペグ、、、、トライしますか?はははは
Commented by ulgoods at 2007-11-15 08:54
JSBさんおはようございます。
チタンで軽くするとなると薄々にするわけで、曲げを掛けると堅い薄々の断面内の応力はとても大きくなるのでツライですね。ちょっとの凹みとかが命取りになるような。そんなに高強度でなくても粘りのある素材である程度の肉厚で支えた方が安心感があります。
カーボンペグ、庭でシェルターを張るのに使っていますが、イイ感じです!

秋冬物を仕入れたので試す物が多過ぎて記事が書けません...
Commented by JSB at 2007-11-16 01:18 x
http://jp.youtube.com/watch?v=lbyP4GY_AJk

懸案の8mmのアルミパイプ材料で、ストーブをでっち上げました!
バーナー8gです。110mm長。もちろんシャコタン仕様でもバッチリ★

スノピのイソプロブタンを使えば、-10℃ぐらいまで燃やせますか?
試す物、沢山作っておきますので、お時間が出来た時にでも
お声掛けくださいね(笑)
Commented by ulgoods at 2007-11-19 00:53
JSBさん、拝見しました!
良い感じですねぇ100円ガス液出し燃焼、この冬に寒いところで試させていただきます。一酸化炭素の発生なども気になるところ。
現在、一酸化炭素警報機を鳴らそうと、一酸化炭素の生成を試行中。炭くらいでは鳴らない...恐い。
Commented by bphiro at 2007-11-19 17:00
ulgoodさん、初めてコメント欄お邪魔します。
bp-hiroです。
ulgoodさんの、ページは凄く勉強になります。
僕は、まだまだ追いつきませんが楽しませてもらっています。
今後も楽しみにしています(^_^)
Commented by ulgoods at 2007-11-20 01:44
bp-hiroさん、初めまして。
コメント頂き、ありがとうございます。
私、あれやこれやと、ますます山より道具で、参考になるかどうか分かりませんが、試行錯誤、修行中ですので、今後ともご意見などお寄せ下さると幸いです。
よろしくお願いいたします。
Commented by bphiro at 2007-11-23 00:44
こちらこそ、宜しくお願いしますm(__)m
<< 結露を計る / Brunton... KUKSA / ククサ >>