KUKSA / ククサ

二年前、仕事でフィンランドへ行った時、自分用の土産にKUKSAを買った。北欧バックパッカー御用達のカップと聞いていたからだ。

e0024555_03908.jpg


ヘルシンキ、駅前広場横の坂上にある二軒のデパートのどちらだっただろうか、土産物売り場の一角にKUKSAはさほど有難味も見せずに、他の特産品と共にありきたりの土産物として売られていた。その他特産品としては蜜鑞の石鹸やムーミン柄のネクタイなど。
KUKSAはバハカと呼ばれる白樺の瘤を使って作られるため木目も複雑で詰んでおり一部で光沢さえ放っている。バハカは寒風とオーロラが作り出すという。確かにそんな光沢だ。冷たい要素で作られたらしいが、出来たカップは木製で断熱性は高いので、熱い飲み物に使うのに適している。かちゃかちゃと神経質な音を立てない。暖かくて丸い。

さて、飲むにあたって洗礼の儀式が要るらしい。ありがたいことに日本語を含む各国語で書かれていて読んでしまった。儀式か...少し気味が悪いが読んだからには実行せねばなるまい。そう、それが出来ずに今まで仕舞っておいたのだ。
フィンランドのヘルシンキはやはりヨーロッパの都市であり、石で作られた街だった。訪れた教会、レストラン、パブ、全てが石とその凹凸に巣くうシミのような闇とで構成されてる。炎が影を生み、その影を幾重も塗り込んだ、ある種おどろおどろしい地下の部屋でその儀式は執り行われなければ、という気持ちが最近まで私のKUKSAの儀を滞らせてきたのだった。

今日、何かの拍子にラジオでヘルシンキの名前を聞いた。気温は2度らしい。
もう長い夜の季節に入っているのだろう。オーロラは見えるだろうか。ヘルシンキで歓待してくれたスオミな人たちは元気だろうか。地下牢パブの隅に膠着した闇はどうしてる。
懐かしいな。
そうだ今日はKUKSAの魂を呼び起こしてやろう。

洗礼の式:
貴方のククサにラム酒、又はブランデーを注ぎ北極星に思いをめぐらし貴重な液体をすすりながら自然の語りかけをククサを通じて聴きなさい。この儀式で塩味を感じたら儀式は成功です。

とある。塩味を感じなかったら?
少したじろぐが、やってみよう。残念ながらラム酒もブランデーもない。夏の北岳の残りのモルト酒があるだけだ。まぁ良いだろう。やってみる。

いつか、北欧、クングスレーデンを歩きたい。
先ずはククサで酒でも飲んで荒野に思いを巡らせてみるか。

e0024555_0422947.jpg


ん、気のせいかな?塩味だ。
私のKUKSAになったのだね。
時々、野山へ連れて行ってやろう。そして私を連れて行っておくれ...


参加中... 秋 風 あ る い て も あ る い て も ...山頭火
オーロラの下に立ってみたいよ、ね ;-) Click!


やられた..木地を舐めたら塩味だった....
[PR]
by ulgoods | 2007-11-04 00:43 | 生活系 | Comments(23)
Commented by beyondx at 2007-11-04 02:23
ククサ、はじめて知りました。温か味のあるいいカップですね。とても魅力的です。民芸品であり実用品なのですね。素敵なモノです。
>北欧バックパッカー御用達の
各地の気候風土や文化にあわせ、それぞれの現地御用達のモノがあるというのは当然のことなのでしょうが、カッコいいですね。我が国の軽量バックパッカー御用達というといったい何になるのでしょう?
最近はお箸もあまり持ち歩かなくなりました。つまようじはいつもファーストエイドに入れていますが・・。
Commented by ulgoods at 2007-11-04 06:21
beyondxさん、ども!
スカンジナビアの荒野に立つバックパッカーの背にククサがぶら下がっている写真をだいぶ前に見ました。
こいつを眺めていると、そのうちオーロラを見に行く気が高まって、実現できるかもしれません。
本邦のバックパッカー御用達は...うーん、手ぬぐいは思いの外重いので持てませんね。箸は、山での食生活がドロドロ飯が主体なので、これも使いません。PonchoとULAのRainWrapの組み合わせが蓑と腰蓑に似ていると思ったことがあります。RainWrapは案外浮世絵の影響かも(笑
Commented by azm at 2007-11-04 08:33 x
キノコはまた来年までお預けです。オオツガタケに出会えたのは大当たりでしたが、大丈夫当たりませんでした。
さて、ククサ。良いフォルムですね。取っ手が長いのはひしゃく代わりにもするからなんでしょうね。
究極のulgをめざすとそれは”マタギ”なのかもしれませんね。蓑に腰蓑、鹿革の腰あて、食料現地調達。
木地が塩味に爆笑!北欧人もなかなかですね。舐めたらあかんぜよ。ばれちゃうから。
Commented by rwalker at 2007-11-04 21:36
本物のククサは良いですね。
私が持っているのは、キツネ印のパチモンなのでうらやましいです。
トナカイ角のインレイされヤツが欲しいのですが、チタンよりも高くて手が出ません。
そういえば、Light My Fireのマグやコフランの折畳みカップもククサっぽいデザインです、どちらもスウェーデンデザインなので当たり前ですが。
スウェーデン軍の食器セットのマグカップも、ククサのような形で使いやすそうです。

>北欧バックパッカー
ククサの他には、Puukko(ナイフ)とトランギア、濃緑色のウェアというイメージです。
日本独自の道具と言えば、地下足袋と脚半に腰鉈と、藁で編んだ背当てに背負い籠で山に入っていた祖父を思い出します。
尻皮や背皮はアオ(カモシカ)が最高だそうですが、今は殆どが犬で実に色んな色があります(これも雪が付きにくくて中々良いです)。
Commented by ulgoods at 2007-11-04 21:55
azmさん、ども。何種類くらい見分けられるんでしょう?うちのお袋も採ってきて家族総出の掃除の時に、よく近所の長老に見て貰いに行ってました。
紫の、少し尖ったの...好きだったなぁ

マタギ、後でコメントもらったrwalkerさんが詳しそうですね。
猟や精神世界の理解はできていないですが、野山で暮らす手法に関しては興味あるです。って、切り離せないのかな..
またぎ、学ぶところ大と思っていて。時間が出来たら研究したいです。
白樺の瘤の光沢はきれいです。
普段使いにしてみます。暖かいです。
Commented by ulgoods at 2007-11-04 22:03
rwalkerさん、
ククサは取っ手が付いているのでロクロでは作るのが難しそうですね。日本の食器で取っ手が付いている物は皆無と思われ、でも、底に台があるから熱くなく、生産性から言うと取っ手なしが勝ると思われ..
問題解決のパスが違うのがおもしろいです。

お爺さまは山の人だったのですか。rwalkerさんのblogで見た腰のナタも似合っていました。私も小さな頃はナタを振り回して遊んでたっけ。あれがあれば山では無敵だと思いました。研げば良く切れる。
ノマディクスに経験豊富なようですが、マタギも探求なさっているのでしょうか。
Commented by ulgoods at 2007-11-04 22:29
azmさん、書き漏れました。
必要以上に柄が長いので充分柄杓になります。これでトナカイ鍋の煮物を取り分けたりしたんでしょうね。
カップで使うだけなら穴二つ部分だけで充分です。

ちなみに、トナカイ、味はイマイチ。鹿系なので匂いがね...
Commented by azm at 2007-11-04 23:36 x
ども。トナカイ肉も慣れでしょうね。うちの相方は、羊は癖がなく、牛は臭いと申しております。
ムラサキでとがったきのこはなんでしょうね。とがってなければ”ムラサキシメジ”、”コムラサキシメジ”てのがあるようです。
とりあえず見分けがつくのは、食は”ハナイグチ"、”ショウゲンジ(コムソウ)”、”オオキノボリイグチ”、”オオツガタケ”、クリフウセンタケ”、”ナラタケ”、”キハツタケ”、”アイシメジ”、”キヌメリガサ”、毒は”ベニテングダケ”、”ドクツルタケ”、”ツキヨタケ”は多分見分けがつきます。
Commented by rwalker at 2007-11-05 01:06
>問題解決のパスが違う
そうですね、道具全般に言えると思いますが、日本人はシンプルな形を好み、人のほうで何とかしようとするようです。
海外ではフィンガーグルーブなどを設けた道具をよく見かけるのに対し、本邦の何と素っ気無いことよ・・
でも、その方が色々対応できるので、どちらが優れているかは一概には言えませんね。

祖父は山仕事と猟が趣味でした。血は争えないものです。
私が腰に下げていたのは、阿仁マタギの使う「ナガサ」という山刀で、十数年前に阿仁で手に入れたものです。
その頃存命だった、先代の鍛冶に色々と話を伺いました。

>ノマディクス
懐かしい響きですね、70年代の香りです。
マタギは基本的には百姓なので、ノマドでは無いですが、数日から数週間のスパンで山に入っていたので、参考にできる部分は多いです。
マタギ関連だと、知人が詳しいです。研究分野だとか言ってました。

>トナカイ
ムースの次に旨いのに・・
「遊牧―トナカイ牧畜民サーメの生活」という本が面白いので、一読をお勧めします。
Commented by オカバ at 2007-11-05 02:12 x
最後の一行で笑ってしまいました。
日本酒がすすんでしまいそうですねw
でも手軽に塩分補給も出来そうで、ちょっと惹かれてしまいます。
Commented by ulgoods at 2007-11-05 08:28
zamさん、聞いたような名前がちらほら..
私が好きだったキノコ、Webで調べてみたらムラサキアブラシメジモドキのような気がします。きれいな紫色でした。
キノコのごった煮も不思議と良い味を出しますよね。黄色系の肉厚のキノコもうまい。がぶり食い付きたいです。

トナカイ、食べたと子供に言ったら、サンタが来ないと言われました...
Commented by ulgoods at 2007-11-05 08:42
rwalkerさん、外国の大工道具なども見比べると面白いですよね。おっしゃるとおり日本の道具は素っ気ないですが、逆に外国のモノ見ると、そんな形状で良いの?と思ったり。私はシンプルな形状が好きですが、感覚が慣らされているんでしょうか、何か決定的に違うんでしょうかね?これも言語から来ているのかな。

ノマディクス、70年代、正しい反応をありがとうござします(笑)。たまたまバックパッキング入門の冒頭を読み直していたので...芹沢氏の文章は色褪せないです。

鉈ではなくマタギの山刀でしたか。血抜きの溝なども付いている?

ご推薦の本、探してみます。
Commented by ulgoods at 2007-11-05 08:45
オカバさん、ども。
日本酒にも良さそうですね。燗酒も冷めにくいかな。
万能容器として日常使って手垢を付けてみようと思っています。手垢が付いた頃にザックに下げて北欧歩きといきたいものです。
Commented by べー at 2007-11-06 02:33 x
こういった普段使いもできる品を持っていくと安らぎますよね。私は日本手ぬぐいを持って行き、あついチタンカップを持つときに巻いているのですが、なんとなく安らぎます。不思議なものです。

スノピNo1カップの取っ手の形状が薬指を使ってホールドするデザインなのに心を打たれました。
 
 
Commented by ulgoods at 2007-11-06 08:01
べーさん、お戻りですね。
異国の地でも手ぬぐいで頬被りをするとよけいに落ち着くと思います。
日本手ぬぐいは用途が広いのですが、思ったほど軽くなくて...持ち歩きたいと思っているのですが..救急箱からガーゼ類を取り出せば釣り合うかな。
ククサは削ったり肉抜きなどせぬよう気をrつけます。

スノピ#1ですが、なるほど、人差し指では持ちにくいと思っていましたが、それ以外の指なら取っ手の凹部に指が上手くはまりますね。薬指でやると小指が立つのを防ぐことが出来ます(笑
人差し指以外で持つ発想はありませんでした。容量が小さいのでできるのですね。
Commented by べー at 2007-11-06 08:43 x
日本手ぬぐいは、五円玉もあるとDance in Yasukiが楽しめます。

スノピNo.1は、人差し指、中指を上段に、薬指を下段に当てると収まりが良かったです。
Commented by ulgoods at 2007-11-06 09:14
yasukiですか...
あれも人前で披露するには一種のカミングアウトが必要と思われ、なかなか境地に達するのが困難な演舞かと。
風呂上がりのヌンチャク芸くらいかなぁ..

ODのFoxTailを三節棍と言った人がいますか、それも練習しないと。
Commented by rwalker at 2007-11-06 19:28
こんばんは。
>これも言語から来ているのかな。
思考は言語によって作られますから、そうかもしれません。
しかし、その言語が生活環境や習慣から生じた場合もあるので、一概には言えないですね、卵が先か?鶏が先か?です。(生物学的には卵ですが)
私見ですが、世界でも有数の豊かな土地により、道具を複雑化させる必要が無く、技術の習得に多くの時間を割けたこと、仏教の影響によるのではないかと思います。

私もシンプルな道具は好きですが、斧は西洋の物のほうが使いやすいです。

>芹沢氏の文章は色褪せないです。
全くその通りですね。
私も氏の文を読むと尻がむずむずして、歩き回りたくなってきます。
それと、オークションサイトで古い道具を探してしまいますね。
「入門」に載っているビクトリノクスを探していますが、中々見つかりません、あと先割れスプーンも・・・・
Commented by rwalker at 2007-11-06 19:28

>血抜きの溝なども付いている?
特に溝はありませんが、裏には「盗み」と呼ばれる凹面加工がされています。
これは、木などへの食い込みを良くする為で、他の鉈でも同様の加工がされているものも多いです。
「血抜きの溝」、英語のblood grooveを直訳してそう呼ばれますが、元々血を抜くためのものではありません。
切断や刺突の抵抗を減らす効果もありますが、第一義的には強度を減せず軽量化する為です。
日本刀にあるものは「樋(ひ)」と言い、これも軽量化、及び装飾です。
ちなみに樋があると、振ったときに良い音がします。
Commented by ulgoods at 2007-11-07 07:57
rwalkerさん、
道具から生み出されるモノの形状や装飾なども道具の形に似ている気がします。本邦のモノは潔良しをモットーとしていたのでしょう、素っ気ないですが、嫌いではありません。
ところで、あのビクトリノックスはどの刃に惹かれてお探しでしょう?

血抜きですが、確かにどー抜けるのか疑問に思っていましたが、軽量化でしたか。先人も軽量化には工夫を惜しまなかったわけですね。

ガキの頃、台所から出刃包丁を持ち出して笹藪を切り開いて基地を作って遊んでいました。面白いほど良く切れた。無敵ですね。
石にも当たるので、帰ってから刃こぼれで叱られたっけ(笑
Commented by rwalker at 2007-11-07 12:36
こんにちは。
>あのビクトリノックスはどの刃に惹かれてお探しでしょう?

長い突錐です。
他のタイプの錐でも充分なのですが、長さによって可能になる用途もありますし、現在あれが付いたモデルが無いので。
Commented by カエル姫 at 2012-03-05 01:11 x
はじめまして、今、北欧を一人旅しておりまして、ククサつながりでこのサイトにたどり着きました。街中の民芸店にも山積みしている上、値段がはるのでどうしようかと思っていましたが、ククサにそのような言われがあると知り、やはり勝って帰ろうと決めました。なるべく、雰囲気のあるショップで買いたいところですが(笑)すてきな情報ありがとうございました。
Commented by ulgoods at 2012-03-05 06:06
カエル姫さん、
今年もきっちり冷えて良い冬でしょうか?いまごろの北欧はオーロラ三昧なんじゃないかと勝手に予想して、羨ましいな。
ククサって現地でもそう安くは無いですよね。私も少し躊躇した覚えがあります。記事にしたククサはその後、ちゃんと使っていて、ときどき胡桃オイルで手入れもして、いい色に変わってきています。買って後悔はしていません。
コブの木目の面白いものがあるといいですね。液体を入れるとまた輝き方が変わります。

よい旅行をお続けください
<< Carbon fiber te... Continuous baff... >>