雨、そして雪

台風の雨を冒して北八ガ岳辺りを歩いてきた。
例年の誕生日山行である。日は選べない。

前の晩、予報を追っていると台風の速度が増していることが読みとれたので、土曜の夜をやり過ごせば周辺の高気圧で晴天が得られると踏んだ。山の北面は雨もさほどではないか?という読みが的中し、林道歩きでは風もなく、傘を使って悠々歩くことができた。
e0024555_8481885.jpg

2100m付近の日没近く、雨が長く尾を引いていると思ったら、それはミゾレに変わっており、やがて雪になった。結局4cmほど積もったが、夜中には晴れて森は明るい月に照らされた。

屋根はHex3、土間があるので雨の出入りに便利だ。
最低気温はシェルター内0.2度。
WMのSummerLiteにmontbellのブリーズドライBivyであたたかく寝た。

翌日は予想以上の抜けるような快晴を得て、黄金に輝く木々を堪能することができた。
e0024555_8545645.jpg


秋から冬へ、山の懐でそれの一端を見た。
e0024555_8495482.jpg

梢は輝く。
e0024555_849984.jpg

そう、ハイキングでいいじゃないか。
e0024555_8564177.jpg



参加中... 雨のハイキングもまた佳し。森は私を守ってくれる...Click!

[PR]
by ulgoods | 2007-10-29 08:53 | 山行 | Comments(25)
Commented by べー at 2007-10-29 10:32 x
おおお、晴れましたねぇ。
三日も天気が悪かった私と大違い(笑)。

それにしてもHEX3とは豪儀な!
Commented by ulgoods at 2007-10-29 11:14
べーさん、晴天は日ごろの行いとも言われますが、疑問でしょ(笑
先週は前日の雨に騙されて晴れの2日を逃したので、今回は明日を信じて出かけました。お天道様にも前向きの姿勢が評価されたようです。
雨の0度(最悪は雪)を想定しましたから、今回は安全マージンのすべてをHex3に与えました。900g弱ですから、さほど悪くないと言い聞かせています(^^)
時々壁を蹴飛ばして雪を落としますが、雪が斜面を滑って裾に積もり、ベンチレーションが失われます。ドアは開いて寝ましょう。
ペグは6本持ちまして、辺の中間の固定は落ちている枝を使いました。十分もちますね。
Commented by カワサキ at 2007-10-29 21:50 x
いまや Hexは『豪儀な』邸宅として、捉えられていますね。
日本のUL界も隔世の感があります。(^^)
Hex 頼もしいですよねえ。
Commented by ulgoods at 2007-10-29 23:18
Hexは豪邸ですね(笑
なんやかんや持つより軽く済んで安心感は絶大。今回はHex3にした分、寝袋が軽く済みました。安心して火もたけますし。
Hex3のSpin生地版をMFDさんが作ってくれるのを待っています...
Commented by beyondx at 2007-10-29 23:49
最近はストックを持たないハイキングに取り組んでいるのでモノフレームシェルターに期待していますが、雨天時などは濡れた装備も広げ放題のHex3がやはり頼りになります。
Hex3の軽量版ができると魅力的ですね。
Commented by ベー at 2007-10-30 02:55 x
透湿素材の参天、カーボンポールの採用など、まだ進化はできそうですよね。TGの参天でも入手してみようかしら...。
Commented by ulgoods at 2007-10-30 06:52
beyondxさん、Hexも真ん中に支柱がなければね..宮殿並みになるんですが、大黒柱にカーボンポールなんか使うと触れぬようにと結構気を遣います。
Hex3の軽量版ではないですが、シェルター類もSpin生地で作り直せば4割くらい軽くなるようです。世の中にあるにはあるが買えない状態。
Commented by ulgoods at 2007-10-30 06:55
べーさん、TGの参天ってVertexですか?ををパターン取り用?!
そー言えばTGの製品からタープ類が消えましたね。良くなかったのかしら?
Commented by べー at 2007-10-30 09:13 x
いや、100%実際に使う用です(笑)。
ダイアモンドタープですか?うーん、風に煽られるそうですが...。
Commented by shimon at 2007-10-30 09:17 x
ども。御無沙汰しております。北八で突然僕が声をお掛けしてもうすぐ一年が経ちそうです。。早いっス。blogが更新されるたびに熟読させてもらってます。いつもノーコメントですいません(笑。 文中の「ハイキングでいいじゃないか。」はぐサっと突き刺さります。仰る通りで。。。今週末は、霧が峰、美ヶ原へ参り初雪を纏った八ヶ岳や北アを眺めたいと思ってます。 
Commented by ulgoods at 2007-10-30 10:59
べーさん、そう仰らずにぜひパターンを採取して...
モノポールはRainbowを持っていますが、ねじれたり、ひしゃげたり、張り綱で抑えようにもポールの耐力を限界近くまで使っている気がして怖いですね。炭素化の例は見当たりません(笑
もう、500g以上の寝床には興味が向かないので困っています...
Commented by ulgoods at 2007-10-30 12:00
shimonさん、ようこそ。
快走ぶり拝見しておりますよ!
去年のクリスマスイブの前日くらいですね。お会いしたの。その後奥多摩でバッタリもう一回。ちょっとご縁がありそうで、うれしいです。
ハイキングです!某軍曹のHardcore Hikerをのれん分けしてもらってHardcore Hiker宣言しようと思っています。
歩きたい、山があれば仕方なく上る。
なぜ山に登るのかと聞かれたら、やはり「そこに山があるから(仕方なく)」
Commented by rwalker at 2007-10-30 20:18
遅れましたが、誕生日おめでとうございます。
高い所はもう雪なんですね。
私がよく行くあたりは、緯度は高いけど高度はそれほどでも無いので、まだ降雪にはあっていません。
来週あたりはありそうですが。

ハット良いですね。
荷物が軽く小さくなったお陰で、バックパックと干渉せずにつばの広いハットが被れるようになり、実に喜ばしい。

>なぜ
そこに山があるから登る、そこに川があるから下る(上る場合もある)、そこに海があるから渡る。
理由は「Because, IT is there」で充分ですね。
Commented by カワサキ at 2007-10-30 21:25 x
雲ノ平、台風接近時にCrazy Diamond Tarp を張ろうとして危うく黒部川への供物にしてしまいそうになりました。風神かな?
飛び去ろうとするタープを地上につなぎ止めるペグはわずか4カ所では太刀打ちできません。
パラセールみたいに良く膨らみます。あとおっしゃる通り、ポールがたわんで、たわんで、、、そう考えると Tipi型は力学的に理にかなってますよねえ。
Spin生地のTipi それも5角形以上多角形〜円錐型のやつが欲しいですね。同感。

モンベルの四角錐もやはり風をはらみます。少しでも多角形の方が耐風性は高いみたいです。あ、懸垂曲線を持つ Nuktukは別か。。。でも懸垂曲線にすると、居住空間が極端に狭小化します。
Commented by rwalker at 2007-10-30 21:47
モノポールなどが風に強いのは、支柱には圧縮方向の力、ガイラインには引っ張りの力しか加わらないので、それぞれの素材の強さを生かした構造だからだと「天幕」という本にありました。
同署での説明は砂漠の民のテントで多柱式ですが、基本は一緒だと思います。

カワサキさん
>懸垂曲線にすると、居住空間が極端に狭小化します
モスのスーパーフライも風に強いですが狭いです。
そして、窓があるので雨に弱いですね。
Commented by ulgoods at 2007-10-30 23:37
rwalkerさん、誕生日はもうあちら側に近くなる一方なのでアレなのですが(笑
せめて日を決めておかないと。雨の日など出る気にもならず、かといって雨で家に居てもUL'erは張り子の寅かと言われても癪なので、出た次第。
降ったら降ったでREIの帽子も有難く、去年買ってこの日卸したGoreWindstopper Softshellのズボンも雨を通さず快適で、厳しい環境では装備の一つ一つが有難く感じられました。

モノポールの力学ですが、仰るとおり、ポールは足元が支点なので頂点がずれても曲げ応力が発生せず、ガイライン(膜体)には圧縮力も掛かりようもなく、それぞれの特性を発揮できる部材配置で理にかなっています。ただ細い棒に一定以上の圧縮を掛けると飛位と言って急に予測の付かない方向に撓って折れます。今回はTiGのカーボンポールを使ったので、圧縮が掛かったポールには触れないように気を遣いました。立ち上がる時など掴めると楽なのですが..
Cuben製のピラミッド、Oware辺りに頼めば作ってくれると思いますが、買える額かが問題です(笑
Commented by ulgoods at 2007-10-30 23:47
カワサキさんご自身が強風の黒部の供物にならないで良かった(^^)
Crazy Diamond TarpはTiGですか?最近見かけないですが、カワサキさんからのフィードバックで廃盤になった?
Cubenのように湿らず質量の小さい高張力布であれば懸垂のsagを小さくとっても良いと思われ、錐型テントの場合はもはや懸垂にする必要も少ないかと思われます。
パターン取りや縫製が簡単な方がMFDさんも喜ぶでしょう。

風をはらむデザインは避けなくてはいけませんね。
カワサキさん、以前も背の高いTipiを破いていませんでしたっけ?
あれも最近見ませんが...(笑
Commented by rwalker at 2007-11-01 02:17
>誕生日はもうあちら側に近くなる一方
一休禅師の言うように、「冥土の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし」というところでしょうか。
その心は、限りある人生を楽しめ、と解釈してます。

雨のハイクは諸手を挙げて歓迎、ではありませんが、最新の装備は私のような凡夫にも、レインギアを使う楽しみをもたらしました。
たまには、雨の中を歩くのも良いものですね。
レインハットは、北米の漁師が被っているような、後ろが長いつばになっているのが良いです。
ORのゴア製耳あて付きが最強だと思われます。

>ただ細い棒に一定以上の圧縮を掛けると飛位と言って急に予測の付かない方向に撓って折れます。
そうですね、軽量化に徹した、ジュラやカーボンではそうだと思います。
だからこそ、私はちょっと重い木製の杖を使っています。
これだと掴んでも大丈夫です。
積雪期はBDのスキーストックになりますが。

>Cuben製のピラミッド、Oware辺りに頼めば
BPLにあったアークティク1000で使ってましたね。
荷物だけでなく財布も軽くなりそうです。
Commented by ulgoods at 2007-11-01 09:07
rwalkerさん、ども!
全く、一休禅師の顕したとおり、めでたくもあり、めでたくもなし。年に一度の私だけの区切りの日です。

このときのレインハットはREIの防水透湿素材の物で、ツバの縁が針金なので、ザックや傘の柄にぶつからないように曲げてありました。少々の雨ならしのげます。今回は大きめのビニール傘のお陰で、ザックや手まで被うことができ、まったく快適でした。風のない林道歩きでは使える手です。

トレッキングスタッフ、私も太い一本物を持っておりまして、以前は一本派でした。今回は羽のように軽いカーボンのテストを兼ねて連れ出しました。Hex3の支柱には不安でしたが注意すれば保つものです。TiGのDJに話したら喜んでくれました。
アークティク1000のシェルター、使ってみたいけど、仰るとおり、あそこは何でも高いので..
国内では吹きさらしの荒野に寝ることはなさそうですから、壁で雨風防げる別なモノの入手を検討中。
そのまえに、Tarp&Bivyをやっつけないと...

Commented by azm at 2007-11-03 23:20 x
ども。久しぶりです。八ヶ岳をお歩きのころ、阿蘇におりました。
さて、相方が申しますには、風貌が、だんだん”マタギ”になってきましたね、とのことです。
Commented by ulgoods at 2007-11-04 00:54
azmさんのblogで立体視をして目が痛くなっておりましたyo。
マタギ上等!少し近づけるものなら、と思っております。
キノコは一段落しましたか?ご無事なところを見ると、当たりはなかったようですね。各種キノコのキノコ汁、食べたいな...
私のお袋もたんと採って塩漬けにしてることでしょう。 名人の鑑定眼を習い損ねました。今思えば惜しい。
Commented by kuma at 2007-11-04 11:25 x
HEX3は何より軽いのが良いですね。
そういえば、9月に二度目のヨセミテに行ったとき、コグラン温度計はマイナス9℃になってたんですが、HEX3(床無し)で大丈夫でした。
ただ内側は霜がびっしりでしたけど。
Commented by ulgoods at 2007-11-04 22:10
ああ、kumaさん、ども!
なんだかんだと、今ではULの範疇に入れるのは?ですがHexは楽でよいです。2人で使うなら充分軽い。一人なら、重さを我慢しても宮殿と言えます(笑
状況が読めず、ペグの効くことが期待できればHexで不満はありません。

9月のヨセミテはそんなに冷えますか。人も少ないでしょう。凛とした空気のヨセミテへ行ってみたい。冬が良いと聞いています。

通風がないと霜御殿でしょうね。寒さとの兼ね合いで痛し痒し。
軽い透湿素材のHex欲しいです。
Commented by kuma at 2007-11-05 01:01 x
ヨセミテバレーはそこまでは冷えないんですが、さすがにサンライズは標高が高いだけあって冷えましたね。HEX3も下部を数センチは開けて張ったんですが、霜は防げませんでした。ちなみに今回はポールではなくロープで張ってみましたが、より広くて快適でした。
一人には広すぎですね。
別スレでマットの話が出てましたね。 前回は安物のブルーマットでしたが、0℃でも結構寒かったので、今回は重いのを承知でサマーレストプロライト4にしてみました。
驚くほど違いました。全然寒くないです。ちなみに残りの装備はLuxury Liteの "V" Bagとモンベルのカバー、ウエアは長袖アンダー+山シャツ+ウインドブレーカーでした
Commented by ulgoods at 2007-11-05 08:57
kumaさん、こんにちは。
サンライズの草原は7月の朝でも霜で輝いていました。盆地状なので冷えそうですね。
Hex3をロープで!やったことないですが支柱がなければ広いですよね。中心に座ってピラミッドパワーも蓄積できそう!
マットは保温に効きますよ。冷えた地面はじわじわ無限に温度を吸い取る感じ。底冷えします。花崗岩の山は夏場は夜でも熱が残っている感じでしたが、冬場は暖まりようがなさそうです。
プロライト4は厚いので地面が岩でも寝られますね。私は重いので?岩のテン場では3は地面の不陸を感じます。岩のテン場ではマットのスペース以外に手や膝を着くと痛いので、テント内の聖域ですね(笑

Luxury Liteの "V" Bagは暖かいですか?彼の記述通りだとお買い得感がするのですが、配色が好きになれず手に入れていません。FillPowerを測定していないとありますが、羽毛の感じはどうですか?
<< Continuous baff... Bozeman Mountai... >>