MLD Monk Spectralite.60 Tarp

MLD Monk Spectralite.60 Tarp

Mountain Laurel DesignsのCuben Fiber Tarpはサイズ125 X 245cmの一枚布であるが、本体重量は84g!と、ほほう!と、うなる軽さだ。
e0024555_9222184.jpg

素材のCuben Fiberはヨットの帆に使われる布で、spinnaker生地と同様に超軽量布として屋根材に使われ出した。元がヨットの帆であるから、伸びたり裂けたり(帆としての使い方での裂け方)ということには強いはず。濡れて重くなることもない。反面、通気性ゼロ(だと思う)。通気しててはヨットが進まないのだ。
透けているので衣類には使いにくい気がする。雨具のrain chapsにspinnakerが使われているくらいか。
生地は織って作ったと言うより、荒目の繊維の布をフィルム材に浸した?ような感じ。縫えるので布なのだろうが、フィルムと言う方が感覚的には近い。
一部、接着されている。
e0024555_9224689.jpg

この素材が登場してから、わたし的には屋根系に動きが出た。なんしろ軽い。BivyとTarpを併用すると下手するとテントくらいの重量になるという不満が、100gタープの出現でBivyに優位性が出てきたと思う。

このくらい軽い屋根であるから張り綱も軽くしたい。というわけで、BPLのAirCore NANO Dyneema Guylineを併せてみる。100% Spectra な紐だ。重量は1m当たり0.97g、Breaking Strength 200 lb(90.7kg)とあるが静的荷重だろう。
e0024555_924527.jpg

細くて扱いにくいが、こんな用途には使える。主索に10yd、その他5yd2本を使い、これまたCuben製のスタッフザックと併せて98gだった。
e0024555_9245018.jpg

ま、ヤードポンドの国で作られた品なので100gに拘っても仕方ないが、わたし的には許せるのは100gまでだ。これでスタッフザックに0.3 oz/sq/yd のCubenを使ってくれると軽くて助かるのだが...

さて、一枚布、どー張るか?布の中程に一つループが縫い付けてある。これがヒントだな...
というわけで、MLDサイトにある分かりにくい写真を念頭に張ってみた。
一枚布だが、けっこう立体的に張れるものだ。風を防ぎ、雨をしのぐ形ができた。
e0024555_9294034.jpg

e0024555_928484.jpg


こんな屋根の下なら、頭骨が入ったBivyはやりにくい。やはり潔くオロク袋型Bivyを使うべきだと思った。
もすこし、いろんな張り方もできそうだ。長手方向1/4の位置にループが一対あれば...と思う。

最近はBPLではCuben Fiberを使った製品をUltra super Lightという言葉は使い切ったのでNano xxxxと名付けるようになっている。「ナノ軽ぅいーーー」とか、つい口をついて出るような日は...来ないと思うが。
次回はBPL の懸垂曲線Nano Tarpの予定。


参加中... ふ っ と 影 が か す め て い っ た 風 ...山頭火、本家は味があるなぁClick!

[PR]
by ulgoods | 2007-10-17 09:33 | 宿泊系 | Comments(15)
Commented by 出がらし紋次郎 at 2007-10-17 09:49 x
Cuben Fiberでチューブ・テントがでけへんかな~と思う今日この頃w。
Commented by ulgoods at 2007-10-17 11:50
出がらし紋次郎さん、
あのチューブテントお持ちですか?結構便利かなと思いつつ買えないでします。Cubenで作ると画期的に良さそうに思えてきます(笑

でもCubenって、生地、高いんですよね...
Commented by rwalker at 2007-10-17 21:40
昔の天幕は綿帆布製でしたが、最新のシェルターもまた帆布なんですね。
セイルの補修用テープというのもあります。
タフで強力なガムテープで、色々使えそうですが値段が高いのが難です。

Monk(修道士)という名は、一切無駄なものは持たない、狭い房に篭る、というような連想からでしょうか。
ムーンライトⅠ型を、道祖神やら地蔵堂と呼ぶのと似たような発想に思えます。

私は、このサイズのタープ(ポンチョ)だと、四隅にバンジーコードを付けてペグダウンし、真ん中を内側からストックで持ち上げることが多いです。
Commented by ★joxter at 2007-10-17 23:00 x
あ、では… Prophet も漸く着荷、ですね!

小生は ここまで切り詰める根性がなかったので
Grace Solo Spectralite .60 を一緒に発注中です。
おおよそ倍の重量ですね。。。(汗

Commented by ulgoods at 2007-10-18 00:24
realkerさん、いつも適切なお話しありがとうございます。
これ以上簡潔な防水布はないでしょう。しかし、懸垂曲線モノとは違って、張る自由度がとても高い!そこが魅力です。
かばんも帆布製が耐久性で人気がありますから、たぶん、ヨットの人は山の人同様に帆の軽さに熱心なのでしょう。重心位置=復元力に影響しますから、命がけですね。
補修テープ、紹介下さると幸せ!
張り方、研究してみます。昔の帆布と違って極限まで¥?Monkなので、意図しない張り方ができるか...
Commented by ulgoods at 2007-10-18 00:24
joxterさん、おばんです。
マリポサ+以外は届いています!一緒に頼んだのに、何故かマリポだけ別便で遅れました。たぶん、本家のProLightでは正値に戻ったのにFCはWeb更新忘れて、慌てて本家から別便かと..最近はFCのも正値に戻りましたw
Grace Solo Spectralite .60...御殿ですね。高いので買えませんでした(涙
また、荒野で焚き火で一献したいものです。とりあえずは吉祥寺で!
Commented by ulgoods at 2007-10-18 00:47
rwalkerさん
>ムーンライトⅠ型を、道祖神やら地蔵堂

道祖神ですか...

Commented by 出がらし紋次郎 at 2007-10-18 10:09 x
>あのチューブテントお持ちですか?
>結構便利かなと思いつつ買えないでします。
いやぁ、持ってないですm(__)m。
あれば欲しいなぁ、と思ってしまうんですけどw
Commented by 出がらし紋次郎 at 2007-10-18 10:14 x
但しコフランのものは、500gするそうで…色も悪いし…
緑や青なら買うけども。
Commented by ulgoods at 2007-10-18 10:56
出がらし紋次郎さん、コフランの三角チューブ、いろんな使い方ができて便利そうなんですが、軽くないんですよね...
でCubenならと思うのですが、生地が多そうで重そう。と言っても300g以内にはなりそうです。
Commented by rwalker at 2007-10-18 12:27
>コフラン
サバイバルバッグなら持っています。
チューブテントと同じオレンジ色のプラスティックで、約1m×2mの袋状。
枯葉などを詰めて寝袋、底を抜いて筒にしてチューブテント、切り開いてタープやグラウンドシート、ポンチョとして使用できます。重量290g。
似たものでは、BCBのサバイバルバッグがODの薄手プラスティック製で、ほぼ同じサイズ。重量は100g以下。
「遊歩大全」には、ナイロン製のチューブテントも載っていました。
単なる筒から、メッシュ、ビーク、リフター付の豪華版まで色々あったようです。
Cubenで作るなら、3m四方位のサイズを作り、二辺をスナップやヒモで留めるようにしたらどうでしょうか?
Commented by rwalker at 2007-10-18 12:54
>補修テープ
Sail TapeあるいはSail repair tapeで、各種あります。
一般的には、ナイロンやダクロンのものが多いですね。
http://www.sailrite.com/Categories/Repair-Tapes

>張り方
「Boy Scouts Handbook The First Edition 1911」に、角型タープの色々な張り方、ハトメなどの位置が詳しく載っています。
まぁ、買うのも面倒でしょうから以下を参考して下さい、内容はほぼ同じです。
http://www.equipped.org/tarp-shelters.htm
Commented by ulgoods at 2007-10-18 16:33
rwalkerさん、ども!
サバイバルバッグも応用範囲が広そうですね。いざというときにタープの携行が勧められていますが、これでも良いかもしれないですね。

補修テープのURLを私の素材情報フォルダに追加させていただきました。ダクトテープでは冴えないので、入手しておこうと思います。

タープの張り方は、おおよそ考えられるモノは全部紹介されている感じ!
これ以上やるとなると、折り紙の世界ですね(笑

情報、ありがとうございます!
Commented by rwalker at 2007-10-18 21:15
>サバイバルバッグ
大判のゴミ袋をテープで繋いで代用できます。BackPacker誌99年9月号に、ゴミ袋で作ったチューブテントが紹介されてました。
また、リーフバッグと呼ばれる落ち葉用の袋も、口には巾着様のドローコードが入り、丈夫で良さそうです。

>補修テープ
ウィンドサーフィンやスポーツカイト用の方が軽いかも知れません。
また、スポーツカイトにはスペクトラやケヴラーのコードも良く使われています。

因みに、ダクトテープはMancoというブランドが良いようです。
http://www.backpacker.com/article/1893
海外旅行に行く知人(女性)に「Manco のDuck Tape買ってきて」と頼んだら、何故か怒られました。
Commented by ulgoods at 2007-10-19 00:32
確かに70L用の大きな袋なら使えそうですね。製品を買うの止めました(笑

スポーツカイトですか。なるほど!rwalkerさんも情報の間口が広いですね。
Duck Tapeは人に頼まず通販で買うことにします...
<< 吉祥寺で MFD Chelonian T... >>