Black Diamond Spot Headlamp

Black Diamond Spot Headlamp

ブラックダイアモンドの軽量ヘッドランプ、スポット。同クラスと思われるペツルのTIKKA XPより少し軽いので入手してみた。
昨年入手したPETZL TIKKA XPとの比較で語ってみたい。
e0024555_18243531.jpg


・重量
Spotは単4電池3本で85gとのことであるが、リチウム電池を使った実測では76gであり、同様にリチウム電池を3本使ったTIKKA XPの81gより5g軽量となっている。
このくらいの重量差では実質的に差がないので特に重量的には比べても面白くないのだが、その他の使い勝手の差に興味があった。

・スイッチ
Spot 1個
TIKKA 2個
Spotはスイッチが大きく、手袋をしたままでも操作ができる。TIKKAのスイッチは小さいので手袋では判別しにくいが、間違って押してもさほど問題ないし許せる。Spotは操作ミスが起きやすく、消灯させると同一モードへの復帰に手間取る。

・LED数
Spot 1x1W LED、小 LED x3
TIKKA XP 1x 1W

・集光、拡散の切り替え
Spot レンズで集光する1Wが1発と、拡散する小さいの3発の構成
TIKKAは拡散させたい時は拡散用のレンズをLED前面にセットする。

・モード遷移
Spot OFF->強中弱->点滅->OFF(1W、3LED共)、ただし、どこからでもOFF可能
TIKKA OFF-> 強中弱+点滅->OFF、別途どこからでも押してる間はBOOSTで、離すと元のモードへ戻る。

・スイッチ操作
両者とも1つのスイッチを押すことで順に切り替わるのだが、TIKKAは小さなスイッチだが確実なクリック感を伴った操作ができる。
一方、Spotは半押しを要求される。

・LEDの遷移
SpotはOFF->ON->OFF->ONで1Wと3LEDを切り替える。

・ヘッドバンド長
SPOT ヘルメット上からも装着できるくらい長い
TIKKA ヘルメットでは辛い

・電池寿命
Spot
1W
High Med Low
20 60 120 hr

3LED
High Med Low
100 120 145 hr

TIKKA
High Med Low
60 80 120 hr

Spot1W < TIKKA < Spot3LEDとなっており、順当だ。


・到達距離 0, 0.5, 10 hrの順
Spot
1W
H 43m 33m 17m
M 17m 16m 15m
L 8m 7m 7m

TIKKA
H 35m 30m 20m
M 27m 25m 19m
L 18m 17m 15m

Spot 3 LED
H 19m 14m 10m
M 14m 14m 7m
L 10m 10m 7m

TIKKA
BOOST 50m

光量の切り替えはSpotの方が強弱のメリハリがあり、調整範囲は広い。

その他、
TIKKA XPはバッテリーインジケータが付いている。


と、数字を比べるとこんな感じだが使った感じでは更に性格の違いを感じた。
Spotは大きなスイッチ1個なので手袋のまま操作ができるが、1スイッチで2系統のライトを操作するため好みのモードに到達するのに煩雑であった。例えば、テント内で3LEDのLOWモードを使う時、一旦消灯すると次回は1WのHighモードから始まるので更に1回押して1Wを消灯してから再び押して点灯し3LEDモードに移してから2回半押しという操作が要求される。この半押しはクリック感を伴わないため、押しすぎると消灯となり、次回点灯すると1Wモードの強となり...はっきり言ってウザイ。だいいち、手袋したままではこの半押しが難しいと思う。で、目が順応していない状況でいきなりTIKKAより強力な1W強で始まる時は辛かった。ライトを手で被った。今のモードを頭に入れておかないとモード遷移ができない。
一方のTIKKAはスイッチが小さいので手袋時の操作はし難いが強度の切り替えはクリック感を伴った操作が可能で指先が分かりやすい。しかし、消灯まで順にモードを替えないといけない。拡散モードへは拡散板のスライドで行うので、物理的に分かりやすい。
どっちもどっちだ。
Spotは冬の手袋している時にモードがどうのと面倒なことは言わずにON/OFFできればいい様な時には便利。
TIKKAは非降雪季にそれなりのモードがすぐ得られるので便利、しかもBOOSTモードは強力だ。
それぞれ、設計思想と想定適用分野の違う事がモード遷移とヘッドバンド長から伺える。
見た目、車に例えると、Spotはビガビガな目を持つホンダ車、TIKKAは独逸車の感じがする。

光は..ま、それなりに。光の色や拡散範囲に差がある。実生活でさほど支障がある差とは思わない。
Highモード
e0024555_1874263.jpg

TIKKAの方が色温度が高いようである。
Spotの方が集光はシャープである。レンズと反射板の作りの違いと思う。

Highの拡散モード
e0024555_1885259.jpg

3LEDで拡散させているが、中心部に明確なスポットが見られる。
明かりのことについては探せば正確な比較のページが見つかると思う。

わたし用途の使い勝手的には総合的にTIKKA XPが勝ると印象だ。あえて使い分けるならトレッキングにはTIKKA XP、冬山歩きにはSpotという使い分けをすると思う。

両者のいいとこ取りの設計はできないだろうか。例えば、Spotのスイッチを2個にして本体の左右あるいは上下に振り分け、それぞれ、1W,3LED用とする。モードは共用で押された方のLEDに遷移するだけ。とか、TIKKA XPもスイッチを左右に振り分けるなど、アフォーダンス感を強めることは可能だろう。
また、初っぱなが強から始まるか、弱から始まるかの設定も変更できると嬉しいかも。


参加中... な に か 足 ら な い も  の が あ る 落 葉 す る...山頭火、侘び...Click!

[PR]
by ulgoods | 2007-10-08 18:28 | 生活系
<< MFD Chelonian T... Titanium Goat A... >>