mo-go-gear / ultralight pack stove 空き缶 アルコールストーブと五徳セット

mo-go-gear / ultralight pack stove
e0024555_9281822.jpg

参考用に買おうと思っていたが、先日Yahooでお安く落札できた。
$22.95だから中古を1500Yenで買えたのはラッキー。
プチトマトの容器みたいのに入ってる。付属カップは0.5液量oz、他に説明書1枚。

ストーブは
高さ40mm、重量12g。形式は気化側室付き、上面バーナー型。
缶は燃料缶が外側に来る配置で、上辺をストレッチしてバナー部を内部に押し込んである。内部のどこまで伸びているか判らないが、重量から考えるとボトムまで達していないような気がする。缶に荷重がかからないから気密ができていれば問題ない。
接合部は綺麗だ。開口部の切り口も綺麗。さすが売り物、作りの質は高い。

内筒の下部には比較的大きな切欠が3カ所あり、、気化室の内部にグラスウールが充填されているのが見える。一部内筒にはみ出しているし。切欠の大きさから勘案すると燃料を積極的にグラスウールに染みこませる作戦のようだ。私も初期の炎の噴出を早める目的で少量のグラスウールを気化室に入れた同形式のストーブを作ったことがあるが、mo-goの積極的な詰め方と異なるので燃焼特性の違いが気になる。
ノズルは16穴、径は0.6~0.7mm。径は比較的細いと思う。以前、0.5mm径で密閉式サイドバーナーを作成したことがあるが、細すぎてダメだった。恐ろしいほど火炎放射する。それ以来、1ないし1.5mmで作成していた。
16穴はBPLのアルコールストーブテストでも総合的に良い成績を収めていたことを思い出した。

どういう燃焼を見せてくれるか、早速、火入れしてみた。
まず、アルコールを入れた。かなりの量がグラスウールに吸い込まれる。点火するもすぐにはジェットに点火しない。と思ったが、何度かやるうちに息を吹きかたりすると、即座にジェットに点火することが判った。グラスウールのお陰で少しでも内筒が熱せられるとジェットが出るが内筒の炎が小さいので引火しづらいらしい。ジェットの径が小さいので炎は盛大には上がらない。誕生日ロウソク程度。内筒からの炎は前述のようにこの段階では小さい。
e0024555_9315982.jpg

暫くこの調子で推移する。実はこの状態では炎が五徳の上面まで届いていないのである..。お湯は沸かない。何故こんなに五徳が高いのか、この時点では判らなかった。

燃焼に変化が見られるのは内筒のアルコールが見えなくなってから。全燃料がグラスウールに含まれた状態になると、予想に反してノズルからの炎は小さくなり、内筒から大きな火柱が上がる。これは、小径ノズルから粘性抵抗に打ち勝って抜けるのを嫌った蒸気達が内筒壁の切欠を通して内筒内に戻っているのが原因かとも思われる。暫くこの状態で盛大に燃焼してフィナーレを迎える。
この状態では背の高い五徳が必要だ。
e0024555_9322943.jpg



このストーブを見て考えたことは、
・16穴の小径ノズルは個々の炎が独立し、充分に酸素の供給を受けるので効率の良い燃焼をするのではないだろうか。
・気化室のグラスウールから蒸発しやすいので気化熱がそちらに使われ、内筒内のアルコールは蒸発が押さえられるのではないだろうか。
という2点。

私がだいぶ昔に作成した少量のグラスウールを含むストーブ(写真左側)と比較すると、
私のは適当に開けた1mmが21穴なのだが(というか、缶の外周が21cm)、
・ノズル間隔が狭いので炎の連結が見られ、1本の巨大ロウソク化する傾向がある。
・内筒下部に敢えて切欠を設けずにできるだけシール性を高めているので初期の炎の立ち上がりこそ若干遅いが、燃焼形態は安定している。どちらかというと後半に火力が弱まるのでラーメン向き。
という違いが見られた。
21cmの1cm間隔と1.5cm間隔をいくつか試していたのだが、昔の私は炎が盛大に上がる1cm間隔を選んだのだと思う。

これによって次のストーブのデザインの方向性が決まった。
0.7mm16穴
シール性の高い内筒下部
大量のグラスウールの充填
の3点。
幸い、先日0.7mmのドリルは買ってあるので即テスト可能だ。時間があればね..


五徳の細部を見た。
e0024555_933297.jpg

高さ80mm
上辺幅90mm
底辺幅110mm
針金はΦ2.5mm、材質は私が買ったものと同じステンレスバネ線と思われる。
重量27g。
パイプは外径5mmの肉薄アルミパイプのようだ。少し扁平させてある。上縁付近は裂け防止用?で真鍮パイプを被せて膠のようなもので接着している。2本が明確に分かれるように深く溝が刻まれている。足は自由に360度は開かない。パイプの扁平化と内部での針金の微妙な曲がりによって開きが制限されている印象を受ける。これは安全。
針金足にはステキな靴を履いている。恐らく金属製ボタンだろう。本来なら潰して止める部分がそのまま伸びており針金にカシめてある。接着剤も入っているのだろう。
パイプの足は裏に刻印があるが読めない。なにかの流用と思う。

この五徳に関してはターボ8978さんの自作五徳の方が優れていると思う。
mo-goが何故足を底部が開いたデザインにしているのか理解できない。台形は安定した形に見えるが、この場合、上面が狭くなるし、パイプに炎が掛からないためにはストーブを鍋中心から足の解放方向に偏心して置かなくてはいけない。また、直角でないから荷重がかかると足や屈曲部に曲げモーメントが働き、そのうち折れて全体が座屈することを余儀なくされる構造、あるいは地面に垂直ではないので足が開く方向の分力が発生しており(X脚の感じで接地)、各部の摩擦を使い切ると急に開脚する危険がある。鍋が落下して火のついたストーブをひっくり返すとかなり危険。
危険の芽はデザインの段階で排除しなければならない。

先日作成した二次酸素供給を狙った突貫ストーブや、実はその後に呼気強制過給式ZIPストーブ構造のアルコールストーブを作ったのだが、その辺りから方向転換して巨大なロウソク化を止めて連結しない微細炎が多数あるストーブのデザインを考えていた。各炎に充分酸素が供給され、径の小さいノズルからは高速のジェットが噴出し、すぐにジェットが乱流化、炎の高さも低いというやつ。炎が低いと五徳も低くすることができるので、足も短くて済み軽量頑丈。炎が低いと風の影響を受けにくい。
また、mo-go-gearは塗装を剥がしてあるが禅ストーブの教えによると金属表面が削れて薄くなって強度低下が見られるとあったので、剥がすのも面倒だし、塗装は残すことにする。幸い、アサヒもキリンもノズル位置には塗装はないし、何度か燃やせば燃える塗装は燃えてしまう。残った塗装の波紋も美しいし。

mo-go-gearのストーブを見て方針が明確になった。
お買い得だった

追補
コメントにも書いたが、五徳の寸法に関して。
プチトマト容器にピッタリの図を追加。まさか容器の金型は作らなかったでしょうから、容器に合うように五徳を作ったのかも。
e0024555_13475534.jpg

[PR]
by ulgoods | 2005-08-25 09:34 | 燃える系
<< Exped / eVent B... Exped / eVent B... >>