NEMO GOGO

NEMO GOGO

長らく悩んで買えないでいたNEMO GOGOを少し安く買える店があったので、悩んだ末に空気梁の按配を体験せねば!ということでお取り寄せすることになった。

というのは、金属やカーボンのテントポールは許容半径より小さく曲げられると折れるが、空気梁は折れても復元して壊れることがない。実はこれの大きなテントも取り寄せてあるのだが、仮にポールが撓るほどの強風に煽られても空気梁なら撓んで折れても破壊されることはないので、もしかしたら山岳向きではないかと思っている。

で、とりあえず、いつものように畳マットの上で張る練習をしてみた。
e0024555_338389.jpg


GOGOの詳細はNEMOのページにあるが、手に取った感じ生地が写真で見ていたより透き通った緑色で私好み。この生地は日本製でeVentと同等の透湿効果を持つと紹介されていた。eVent好きの私としては試さないわけにはいかない理由の一つ。内側は外側と滑りや光沢が違うので、コーティングされている感じだ。
(追記:eVent並というのは怪しいです。コメントに追記しました)

張るに先立って、分離して付いてくる萎んだ空気梁を本体にベルクロ止めで取り付けなくてはならない。これは最初の一度だけ。次回からはベルクロ固定したままで収納して良いとのこと。とりあえず仮止めしてポンプのプラグを差し込んで..付属のポンプはマウスピースから袋に息を送り、袋を握って片方向弁を通して梁に空気を送る仕組み。肺活量が無くても少しの握力があれば膨らますことができる。息の湿気も袋に付くのだろう、袋には湿気逃がしの口が付いている。

尻尾とクチバシをペグで固定した後に空気を送って梁を立ち上げることになる。ポンプの袋を3,4回握ったくらいからモソッモソッっと動きだし、やがてムクムクと梁が立ち上がってくる。10回も膨らましただろうか、ムックリ、シャンと空気梁が立ち上がった。堅い外皮の中にビニールのチューブが入った構造で風船ではないのでどんどん膨らむものではない。今までと違う抵抗を感じたら膨らますのを止めるよう書いていた。張った梁は結構堅い。で、立ったところでベルクロを調整してやる。

尻尾だが、最新のモデルは枝などで支柱を入れ、斜め後ろに2本のガイラインを兼ねた構造をペグ止めすることで起立させる。
e0024555_3394864.jpg

絶妙の角度で起立するよう仕込まれていた。
実は、最初のモデルは終端がただの袋で、生地もTegralTexやTodTexのような内張がなされていないので、寝袋を濡らしそうで敬遠していたのだ。尻尾で立つようになって少し居住性が上がったかなというのも興味の対象だった。ただ、ペグが2本要るのは残念だ。とりあえず、起立オッケー!

最低3本のペグで張れるが、梁の両端と胴体の中間辺りに張り綱を取る輪っかが付けられている。岩の上などでペグが使えない場合は、クチバシの先端に重い物を載せて、あとは内容物(人間)の重量で先端部の空間だけ張るように書かれている。ま、最悪eVentほどの透湿性があるのなら被って寝ても良いのだけれど。これはまだ試せていない。

居住性だが...思ったほど良くはなかった。たぶん尻尾に入れる枝が手頃なのが無くて長いアルミチューブペグで代用し、少し長さが足らないせいもあるかもしれないが、断面が三角に近いのは足が壁に触れやすい。
e0024555_3411437.jpg

同じように足に骨を入れるTriPodは角形で足元も余裕、LightSabreも半円で足元はまぁまぁ良かったのだが、三角ではイマイチだ。頭部の広さはIDのUnishelterより少し広い感じ。だが、座れる高さでもなく、UniShelterのように外に上半身を起こすことも出来ないので結局は寝たきりを強いられる。

だが、外張りを巻き上げて蚊帳モードにすると頭部全面が蚊帳になり、寝たまま空を見上げることが出来る。
e0024555_3421560.jpg

これが他のBivyには無い画期的な開放感!UniShelterもTriPodもLightSabreもみな庇が邪魔で真上が見えないのだ。これは流れ星観察の時は良いね。

また床のクチバシをたくし込むと土の前室が現れる。
e0024555_3441061.jpg

煮炊きはどーかと思うが靴などを収容することもできる。Bivyの胴体がかなり長いので、床たくし込みモードでも足を伸ばして寝る場所は確保されている。

もひとつのイマイチ点、Bivyに入り込む時の姿勢がアレだ。高さがないからORの鰐口Bivyに喰われてはいるように、手を地面について足から体を押し込まないといけないのがちょと憂鬱だ。というわけで結構からだを前後する動作を強いるので、グランドシートが無いと底が石だと簡単に穴が開きそうだ。床材は特に強そうな繊維ではなかった。

重量的には、PackedWeight1.0kgとあるが、実測で1.023g(ペグ抜きポンプ込み)。ペグを入れると1.1kgくらいになりそうだ。ULとはとうてい言えない。

GOGO、どんなときに使おうかな。不意な来客の時、ホレ空気入れると面白いだろ、な!とか言って騙して庭に寝かせる....とか?やっぱ、天体を見る時か。うーん、買う前に考えるんだった。第一、Bivyの頭骨なんてどんなに風が強くたって、そうそう折れる物じゃない。空気梁でなくても良かったんだ。

収納は結構小さくなる。
e0024555_3464870.jpg

専用のスタッフザックも重量化に貢献しているが使いやすい。これは薄手の奴に交換出来るかな。金属ポールでないので撤収は楽だ。空気穴を保護するようにプラグを挿すと空気が抜けて、そのまま袋に押し込んでギュウギュウ空気を抜いて締め上げれば出来上がり。この辺の扱いは新次元うれしい。
畳むと小さいのは公園ステルスにも良いかもしれないな。

ちょっとクセはあるが楽しいBivyだ。どー使うかよく考えないと...先ずは庭で結露を試すか。

別便で来る予定のテントは梁も長大だが、そんな時にそんな所へ行くかは分からないけど、折れない恩恵が得られそうで期待している。



参加中...Click'n GOGO!



メーカページでは見られないおまけ写真
e0024555_348630.jpg

e0024555_348437.jpg

e0024555_34924100.jpg

e0024555_3503743.jpg

e0024555_3512680.jpg

[PR]
by ulgoods | 2007-09-05 03:49 | 宿泊系
<< igloo製造器 / ICE BOX ゴア靴下 / ROCKY GO... >>