ゴア靴下 / ROCKY GORE-TEX Socks

ゴア靴下 / ROCKY GORE-TEX Socks

GORE-TEXの靴下である。買ったが、あまりよく見ていなかった...
昨日の夜明けのランブラーさんのblogでSeal Skinzの防水靴下をやっていたので、よく分からないままに質問を浴びせてしまった。gameraさんにはテストをしてお答えいただき感激である。
うむ、あれも結構防水らしい。
で、自分も少し時間があったので買い置きのROCKYも試してみた。

これはGOREのハードシェルとソフトシェルが合体した構造で、爪先から踵が伸縮性無しハードGORE、爪先から足の甲が伸縮性になっている。Seal Skinzとは異なる構造だ。
e0024555_2328750.jpg

先ず履いてみた感じだが、2層のゴアと言うのだろうか、内側は人の肌に触れる考慮がない。ので、何か靴下を履かないとだめだ。厚みだが、開封後のイメージ的にぶ厚い記憶があったんだけど,実は買った時の記憶は当てにはならず、かなり薄い。普通の雨具と同じくらいの厚み。厚み的には靴のサイズを1つ上げるほどの厚みではなかった。甲の部分が結構伸びるので厚手の靴下でもイケる。
縫い目はシームシールされている。
e0024555_23282378.jpg

で、テストだが、履いた状態で風呂の残り湯に足を突っ込んでみた。Seal Skinzの内部と同じになるよう、coolmaxの薄手のソックスを履いている。
予想としては甲の部分の伸縮素材から漏る気がしていたが...
e0024555_23283978.jpg

30秒くらい経って、ああ、やぱり!という感じで足に濡れを感じた。しかし、足の指をうにゅうにゅさせたが実は濡れた感じがない。?不思議だ。というままに5分くらい漬けていた。
いい加減飽きたので足を上げて靴下を脱いだが...おや、少し湿っぽい感じだけど液体の漏れはみられない。珍しく裏切られた感覚。濡れ感は、たぶん温かい湯に漬けたので汗をかいたのだろう。実際は全然、不思議なくらい濡れていない。
先ずは合格だ。

これ、Seal Skinzと違って足底はモロにGOREの素材、雨具と同じ素材なので踏んだりしていても透水圧まで漏らないだろう。期待を裏切り甲の部分もなかなか保つ。ここはゲーターを履くので保護されるし安心だ。
と言うわけで、結構な防水靴下だった。

ゴア靴は透湿性に優れていると言われるが、何か勘違いが多い。
結局は水分を通し難い膜で構成されているので膜を突き破るほど内部の水蒸気圧が高くないと湿りっ気は抜けない。あるいは3層の層に液体の汗が染み渡ってやっと膜に移って抜けていく。外側が濡れているのに水蒸気が飛び出ていくのは、よほど内部が蒸れていないとダメそうな感じは思考してみてもそんな気がするだろう。
構造的にも販売モデル図にあるようなきれいな微少孔が整然と並んでいるわけでもない。
当然、蒸れに関してはゴア靴とメッシュ素材の靴とでは雲泥の差がある。雨が降らないのに透湿性に優れるとか聞いて有り難がってゴア靴を履くのは大きな勘違いなのだ。余計に足を蒸らしてマメを量産するようなものだ。
メッシュ靴は軽いので足腰への負担も少ないし、足も乾いたままで良いことずくめだ。
が、日本は多雨である。雨でメッシュ靴はちょと辛い。で、んなとき履こうと買ったゴア靴下!靴のGOREブーティだろうが、GOREの靴下だろうが、足が濡れなければ幸せだ。ゴア靴だって長い時間の雨ではグタグタに濡れるしね。あれは中からか?で、靴の折れ曲がり箇所では膜も破れるだろう。であれば雨の時だけGOREの靴下を履くのは合理的だ。
e0024555_2336117.jpg

MontrailのNamcheでこんな感じ。

また、冬季、スノーシューで歩く時など、これで防水して更に靴の外側をTyvecやネオプレーンで防水保温する方法が提唱されている。湿雪ではわからないが...うまくやれば電車の中で分厚い冬靴を履くのは免れそうだ。
今年の冬はメッシュ靴、GORE靴下、防水のオーバーシューズでスノーシューしてみようと思う。ガキの頃冷たい雪の中、ゴム長靴一丁で過ごした経験上、足が凍るのはイヤだ。一回目は防寒靴も担いで行くつもりだが。

お高いGORE靴、履かないで済めばそれに越したことはない。靴下で済めば履き回しが効く。とはいえ、フィールドテストが完了していないので..情報お持ちの方、情報乞う。



参加中...ずいぶんと更新をサボりました。すんません。戻りはここからClickで!

[PR]
by ulgoods | 2007-08-23 23:44 | 生活系 | Comments(35)
Commented by coolys1 at 2007-08-24 00:21
やったー!! GORE靴下のあらゆる場面での実用性が確かめられれば
こんなにいいことはない!(ちょっとホメすぎか)

いずれにしてもバイカーなんかには朗報ですね。

昔、多雨期の夏休みの郵便配達で辛い思いをした一人として・・・
Commented by ulgoods at 2007-08-24 00:28
coolys1さん、ども!
中野ではお世話になりました。
メッシュ靴にGore靴下、ま、靴は濡れますが、足は保ちそう。海水浴でお疾呼するみたいな不思議感が味わえそうです。
履いた感じ、シワも気にならないですね。ま、長距離歩かないと何とも言えませんが、どうせ、雨でグチュグチュなので変わりなさそうです。

郵便...お務め、ご苦労さまでした...
Commented by べー at 2007-08-24 00:48 x
以前、小さ目というレビューを見たのですが、私は普段9-9.5を履いていて、このゴア靴下は9インチで丁度良かったです。ULGさんは10でしょうか?

私も結局、持ち出して振られずじまいでした。
Commented by ulgoods at 2007-08-24 00:54
べーさん、私の靴下は9Lです。
靴はHardRockWideでは9.5を履いていますが、ナムチェでは10がいいですね。
やっぱ、降られそうな時は持って出ますか。
降られなければ何よりです。
Commented by べー at 2007-08-24 07:42 x
はい、いざというときには手袋にもなるますし(でた。。。)
日本の秋山なんて、雨が降ったら寒いですから、ちょうど良いとおもっています。
Commented by gamera at 2007-08-24 10:14 x
こちらでははじめまして。
ご紹介ありがとうございます。
わかりやすく最後までついつい読んでしまうレポートは
いつも勉強になります。

濡れているようで濡れていないという感は自分もを味わいました。
そして、ソックスの中は濡れていない。
皮膚に感じる温度差で脳が勝手にそう思うんですかね?

このGOREソックスは薄手でいいですね。
seak skinzは防寒用としても使えるとのことで厚手になっていますし、
夏場でタイトなシューズにはこちらのほうが良いかもしれませんね。
この分野の商品はまだ少ないので、今後もチェックしていこうと思います。
Commented by カワサキ at 2007-08-24 17:05 x
こんにちは。
僕はseal skin の靴下愛用者です。
もうずっと前にゴア靴は辞めて、その代わり速乾性の軽量な靴に宗旨替えをしています。
あとは、Seal Skinすらも持って行かないと言う選択肢がありますが、これをやると足にまめが出来ちゃいました。それで、仕方なく SealSkinを履いていたんですが、最近試してみようと思っているのは、豆防止ワックスと言うやつです。雨が降ったらこれを足に塗って、Smart Woolの靴下をはいてメッシュ靴で歩こうともくろんでいます。
Commented by ulgoods at 2007-08-24 17:08
べーさん、雨が降った時に防水靴下として履くか、防水手袋として使うか...2組無い時はたぶん靴下として使うんだと思います。

ゴア靴を履いて靴下を守る、ゴア靴下で靴への水の侵入は許すの違いは玄関で靴を脱ぐ、脱がないの違いと無関係ではない気がしてきました。
Commented by ulgoods at 2007-08-24 20:09
gameraさん、ようこそ。
ROCKYは脱着が少しキツイのが難点です。あと、しわが寄ると足に悪そう。メッシュ靴の時は持ち歩くようにしてみます。

The Seirus NeoSock やThe Kahtoola FlightBoot あたりも仕入れておこうと思っています。
ぼちぼちとコメントなど頂けるとうれしいです。
Commented by ulgoods at 2007-08-24 20:13
カワサキさん、既にやっていましたか...
マメ防止ワックスってディクトンですか?Dr.の講評をお待ちします...
荷物と足が軽いとホント楽ですね。
雨の日は極力山へも行かないので、GOREで無くても全然構わない感じです。
一時期GOREは透湿性がみたいな感じで夏でも街履きしたことありますが、やはりGOREは効きますね。汗くさくてしょうがなかった...

JPでの非GORE靴党、結成の機運か!
Commented by SGT. M@不躾 at 2007-08-24 21:25 x
こんばんは。
Seal Skinを穿いたのは2度ほど。
JMTには持っていきませんでしたが天候が怪しいときはいつもパックに入れています。
中厚のソックス(歩行時間2時間くらい)
http://www.hardcorehiker.com/p_blog/article.php?id=297
直ばき(歩行時間1時間くらい)
http://www.flickr.com/photos/hardcorehiker/538306222/in/set-72157600332503179/
何れも浸水等は特に感じませんでした。
厚いので始めっから悪天候の時は大きめのズックで望みたいです。

明日、海抜0〜4mの所を11kmほど歩いてきますので、出来たらテストしてきますw
きちんとレポしていないのでスミマセン。


大日本非GOREズック党いいですね。
党員を増やすべく、ちょっと前にも姫にGORE不要について話し、4,980円で買えたMontrail Hardrock Wm's Wideを献上いたしました。
Commented by SGT. M@不躾 at 2007-08-24 21:26 x
文字数オーヴァーのため、連投お許しください。

カワサキさん>
BodyGlide Anti-Blister & Chafing Mini-Stickを先日雲取山を歩いた時に使いました。ノン・トラブル。
その先週、安達太良&磐梯(雲取と同じくらいの距離)を塗らずに歩きましたが小さいですがしっかりとマメを作りました。
スティック状なので手軽で、オイラの場合ディクトンよりも効果がありました。
雲取ではインソールとソックスのシステムを変えたので一概には言えませんがそう感じました。
Commented by JSB at 2007-08-25 00:22 x
以前何かの記事で、足にできるマメは、軽い火傷の症状なのです。
と、知りました。摩擦で熱が発生して、それが逃げないから
皮膚が火傷することに。
JSBも、GORE崇拝主義を止めて、メッシュを支持しています
特に暑い時期のGOREは、いやだ!
極端な話、国際陸上競技のマラソンアスリートの履く特製シューズを
TVで見かけましたが、もう全体がメッシュだらけ、熱は篭りません(笑)
それに必要最小限部分だけ、スポンジゴム?など貼り付けて縫って

ひょっとすると、マメと凍傷は同時には、起きない理屈になる?
Commented by ulgoods at 2007-08-25 21:52
軍曹、ご無沙汰。
そうそう、軍曹は非GORE靴派でしたね。
実地で浸水無いのが確認されればSeal Skinは良いかも。というのもROCKYを部屋で履いていましたがやはり細身の作りなので親指が横方向に絞られる感じで、ちょと辛い。伸びるかなぁ...
Anti-Blister等も大事ですね。ゴルフボール大の見事なあのマメ、その後が気になっておりましたが。

続報等ありましたらご紹介下さい。
Commented by ulgoods at 2007-08-25 22:01
JSBさん、ども。
マメも火傷も真皮と表皮間に液体が溜まる症状は同じそうですが、共に熱によるモノか、ちょと私には判りません。冷たい靴の中でもマメはできそうな気がしています。

お山では登山靴でないと睨らむ人も居るかもしれないですね。岩登りでなければあまり変わらない気がします。
どうも節分の太巻きとか、バレンタインのチョコとか、土用の鰻と同じで、山にはGORE山靴という感覚がいつの間にか植え付けられていた?

ソールの柔らかさとマメも関係があるように思います。ま、ズック靴だと山ではダメでも街で履けるので比較的安いしつぶしが利くのでいろいろ試せます。JMT行くので靴を集めたので、数年は街履きには不自由しません。
街では雨の日はGOREズックを履きます!
Commented by rwalker at 2007-08-26 20:47
私もロッキーのゴアソックス持ってます。
靴に入っているゴアライナーの寿命は百日程度と聞いたことがあるので、必要な時だけ使えるゴアソックスは、高価なゴアライニングの靴よりも良いと思っています。
カナディアンロッキーを歩いた時は、友人から貰ったジャングルブーツだったので偉く重宝しました。
ゴアソックスの上部をガムテープで巻いて肌に留めると、かなり深い水でも足は濡れないので、渡渉にも使えます。
靴の中にクッションなどが無く、水を溜めない排水性の良い靴との相性が良いようです。

私は汗を多くかく時期は指の間にマメができることがあり、そんな時はタイガーバームを足全体に塗るようにしています。
沢筋での行動で足が常に濡れているような時も、皮がふやけ難くなり楽になります。
Commented by ulgoods at 2007-08-26 23:30
rwalkerさん、ども!
ROCKYナカーマ!だいぶ使い込んでの情報をお寄せ下さりありがとうございます。安心度急上昇です!
それとマメ防止に萬金油でしたか。結局はヌルヌル状態が良いのでしょうか。ターガーバームはコリや捻挫にも良いと言うことなので持っていってもよいですね。土産にもらったのがどこかに落ちていそうです。
私も右足にトラブルが多いのでこの際いろいろ試してみたいと思います。
Commented by rwalker at 2007-08-27 23:56
こんばんは。
私が買ったのは10年以上前ですが、デザインに変化は無いようですね。
その頃は珍しかった伸縮性のあるゴアだったので、感動しました。
伸縮しないゴアの靴下も軍用品で有り(メーカー不詳)、たまにサープラスショップに出てたりします。
ロッキーとほぼ同じゴアソックスが、Cabela‘sでも売られており、こちらは若干安価で、長さが二種類ありました。
履き方は、普通の靴下の上から履く、またはインナーソックスとアウターソックスの間に履きます。
後者は、内側にパッド無いタイプの靴に有効です。

ROCKYは主にハンティングブーツを作っているブランドですが、早くからゴアテックスを取り入れ、ソールやアッパーにも色々と工夫があり面白いです。
Commented by rwalker at 2007-08-27 23:56

>マメ防止に萬金油でしたか。結局はヌルヌル状態が良いのでしょうか。

滑らせて摩擦を少なくすると良いのだと思います。
昔読んだ本(多分、SAS戦闘員)で、行軍訓練でのマメを防ぐ方法として、足にワセリンをべったり塗りつけてから靴下を履く、というのが載っていて、主成分がワセリンのタイガーバームで試したら、かなり効果がありました。
しかし、少しでも傷があると滅茶苦茶沁みるので、マメ防止だけならワセリンの方が良いかも知れません。
尚、休憩の時に土踏まずにタイガーバームを塗ると気持ち良いので、これはこれで持って行く価値はあります。
まだ試してませんが、ワセリンにタバコ屋で売っているメントール混ぜたら、モドキが出来そうです。

他にはホホバ油も皮膚の保護になります、こちらは顔や腕に塗って日焼けや乾燥のダメージを軽減することもできるので、冬場に使う事が多いです。もちろん足にも塗ります。
Commented by ulgoods at 2007-08-28 09:21
rwalkerさん、ありがとうございます。
ロッキーは10年前からですか..完成された形ということでしょうか。尤も、私のはドミニカ共和国製でした。
コメント頂いたM軍曹が先日海で履いて水没したそうです。やはり、上をテープで巻かないとダメですかね。私も結構スネ毛があるので剥がす時に痛そうで試すに及び腰です。
とりあえず比較用にSeakSkinzを手配したところです。

万金油、確かに傷には滲みそうですね...単なるワセリンの方が良さそうです。パウダーは湿気らせそうなのでどーしたものかと思っていました。

rwalkerさんのお書きになるのを読んでいると、最近読み返した本を思い出します。もしや、アリゾナの人に会った事があるのでは?差し支えなければ。
Commented by rwalker at 2007-08-29 00:04
こんばんは。
>コメント頂いたM軍曹が先日海で履いて水没したそうです。やはり、上をテープで巻かないとダメですかね。

渡渉にも使えると書いていてナンですが、もともとそれ用では無いので、ソックスが水没するような場所が多いルートなら、ネオプレンなどのソックスを持った方が良いと思います。
また、例え水没したとしても、内部の水が動かないので、水中でもそれなりの保温は期待できます。
水没した場合は、陸に上がってから、ゴアソックスの内側を拭いて水気を切り、インナーを乾いた物に変える、もしくは、普通の靴下で水に入り、陸に上がってから乾いた靴下とゴアソックスに替えるのはどうでしょうか?

>パウダーは湿気らせそうなので

フットパウダーですね。
ポリ袋に必要量を入れて、その中に足を突っ込んでまぶす方法があるので、小分けにした袋を複数持つのはどうでしょうか?
しかし、パウダーは汗で簡単に流れる、靴下に吸われてしまうので、マメ防止としては少々疑問です。
むしろ、行動後に使用したほうが快適だと思います。
ワセリンも、靴下や靴を汚し、ゴアなどの機能を低下させる恐れがあります。
Commented by rwalker at 2007-08-29 00:05
>最近読み返した本を思い出します。もしや、アリゾナの人に会った事があるのでは?

私が会った事のある方で、本を書いているアリゾナの人だと、「98.6 DEGREES」の著者Cody Lundin氏ですね。
BACKPACKER誌'99年9月号の表紙にもなっていました。

私のブログ名の元ネタの方でしたら、残念ながらお会いしたことは無いです。
Commented by ulgoods at 2007-08-29 06:12
rwalkerさん、
ゴア靴下の使い方、逆転の発想ですね。視野が広がります。
ありがとうございます。

本のこと、rwalkerさんがお書きになったのかと思った次第。その本の中にアリゾナで会ったバックパッカーのことがコラムで書いていたので、変な尋ね方をしてしまいました。不躾な質問をお許し下さい。
Commented at 2007-08-31 21:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ulgoods at 2007-09-01 16:58
JSBさん、
私はメールとかはいただいてないですよ。

JSBさんは継続的に作り物をなさっているので、山関連?のDIYの特集には相応しいと思います。
ゼヒ、ヤマケイでJSB節を!

私は自称 山と軽薄・偏集長なので(笑
Commented by JSB at 2007-09-03 01:46 x
山関連は、、、、無いなぁ
「お休み処」はある意味、OD関連の出会い系サイトだからなぁ
会ってみると、其処から新しい流れも生まれる?、、、、(苦笑)


http://ultraliteskunkworks.blogspot.com/
Bill さんのblogです。繊維系では、自作品など目白押しのコンテンツ

靴下なども出ています!
Commented by rwalker at 2007-09-04 01:22
不躾だなんてとんでもありません、こちらこそ紛らわしいタイトルですみませんでした。
何度も読み返した本なので、どこか似てきたんでしょうか。

「山と軽薄」、いいですねぇ、私も一枚かませて下さい。
Commented by ulgoods at 2007-09-05 04:11
rwalkerさんのサバイバル系の体験からいただけるアドバイスは貴重で、感謝しております。
さて、「山と軽薄」、山と短小軽薄ではゴロが悪いので短小は省きました。人が軽薄なのではありません(と思う)。ま、渓谷に音を掛けているんですが。しかも装備が軽薄に偏っているので編集長ならぬ、偏集長を名乗らせていただいております。
是非、軽薄ナカーマーということで、よろしくお願いします。
Commented by JSB at 2007-09-08 00:19 x
Tyvekが破れたので、思いついたのですが
コレ薄いので、うまく接着したら
使い捨ての防水靴下に流用できないかな??
ゲーターやターバンみたいに巻くのも、いけるかも
Commented by ulgoods at 2007-09-08 09:14
JSBさん、Tyvecでオーバーシューズを作ってスノーシューの時に履くのをBPLで見ました。少林寺拳法の足元みたいでかっこよいです。一応、防水透湿ですので、いろいろ使えると思います。
Tyvecのズボンがあります。しゃがんだらお尻にベンチレーションができてしまいました。余ってますので(笑)シートを送る時に同梱しますね。
Commented by rwalker at 2007-11-02 21:23
こんばんは。
私の「デザインに変化は無いようですね。」というコメントは撤回します。
しばらくぶりに良く見たら、縫製パターンが違いました。
私のは、足首よりの甲の部分に縫い目があります。
それぞれのパネルの形も違いました。
誤った情報を書き込み申し訳ありません。
今後はよく確認することにします。

私のソックスもドミニカ製でした。
Commented by ulgoods at 2007-11-02 22:38
rwalkerさん、こんばんは。
ご丁寧にコメントの訂正をくださり、ありがとうございます。
縫い目の位置ですが、改善でしょうか、それともコストカットの方向?
この靴下を使ってから、キャンプサイトにサンダルを持っていくようになりました。雨でもサンダルで出られるのはとても楽!
なんですが、どうも右足が狭い(私の足が広い)ので、次回はSealSkinzを持っていこうと思っています。
ネオプレーンのオーバーシューズをForty Belowに注文して2ヶ月ですが、催促したら工場のビルの持ち主が亡くなって、引っ越しの最中だとか..BigSkyの18ヶ月待ち(更新中)よりはマシですが、どうも催促しないと動かない、催促するとすぐ動くというのはお国柄なんですかね?
私も出す数字などには注意を払います。
今後ともよろしくお願いします。
東北の低山も歩いてみたいな。東北出身のくせに、そのころは山なんて身近過ぎて入ろうと思いませんでした(笑
Commented by 海派。 at 2009-08-22 01:47 x
山が趣味の方の集まりにヨソ者がお邪魔してすみません。
ゴアテックスの靴下を調べたらこのブログにあたり、透湿性と防水性が混同して書かれている気がしたので書かせていただきました。
ゴア信者ではないのですが透湿性は文字通り湿気の抜け具合、防水性は水分の浸入具合に対しての性能です。
ゴアテックスは水滴よりは小さく、水蒸気よりは大きい孔があいているので汗も気体になれば素材の外に放出されますし、液体であれば外部から内部に水分が入らないのと同様に中から外に出ることもありません。
したがってゴアテックスは孔のあいたシートなのだから膜を突き破るくらいの水蒸気圧云々という表現が適切でないと思いました。
最後に。気が向いた方は透湿性のプチ実験をしてみてください。
少し冷たい水を張って、その中に手を入れ、濡れたままの手にゴアテックスの手袋(靴下)をはめて、再び張った水の中へ入れてください。
20回くらい握って・開いてを繰り返してから手袋を外すと、水温が実験に適切な温度であれば、濡れていた手はシットリしつつも乾いているはずです。初めて見たときは普通に驚きましたよ(笑)
Commented by ulgoods at 2009-08-22 07:33
海派さん、初めまして。
ここは山より道具ですので、道具に関することであれば山は二の次です(笑

ゴアというか、PTFEメンブレンの防水と透湿を混同しているとの指摘ですが、少なくとも私の頭の中のモデルでは両者は区別できているつもりです。防水と言うよりは耐水ですが...混同がどの部分を指しているのか分からないのですが、誤解を受けるような記述があったとしたら私の文章力の欠如によるものでしょう。

さて、透湿性というかPTFE膜による水蒸気の選択的(一方通行的)な移動ですが、ゴア素材に表裏があって裏面の水蒸気を表面に選択的に輸送する構造が作り込まれているのでしょうか?仮にその構造があるとして、駆動するエネルギーは生体熱によって生成された水蒸気圧以外に存在することを知りません。ゴア膜が表裏を知っていたり、マックスウエルの悪魔が私の靴下に住んでいるとは思えんのです。

続きへ
Commented by ulgoods at 2009-08-22 07:34
続き...

プチ実験ですが、水中にもかかわらず手が乾いたという体験ですが、
・三層のゴアと思うのですが、ウレタンコーティング層やゴア膜は水分で飽和していましたか?
・同じ実験を同じ素材で100回繰り返しても結果は同じですか?
そのあたり含めて何が起きていたのか、ご説明いただけると幸いです。

汗->ウレタン層への染みこみ->ゴア膜->表層素材
どーも、膜の話はややこしくて困ります...

蛇足ですが、靴下内では局部的(親指とか踵とか)にゴアの耐水圧を超えることがあると考えています。
<< NEMO GOGO Ti-Tri Caldera ... >>