Spinmallow / 電動マシュマロ焼き機

Spinmallow / 電動マシュマロ焼き機

e0024555_9145722.jpg


Sierra/Yosemiteへ発つ前にアルコールストーブな面々と中野で飲んだ。このときはスペシャルゲストとしてサイボーグ化を目指すAR氏も参加頂いたのだが、昨年、Yosemiteで岩登りをした氏に土産は何がよいか尋ねて勧められたのがコレ。

e0024555_9151778.jpg


92RPMs(毎分92回転)でムラ無くマシュマロを焼き上げるという高機能ぶりだ。細いフォークの柄が3倍ほどに伸びる。
Great for Hot Dogs too!というのが素晴らしい。

開封したFirst Impressionだが、
・スライドして伸びるフォークと本体の接続が差し込みで緩いので、ホットドッグのソーセージはフォークの柄ごと落とすと思う。
・ギアボックス内臓で回転を落としトルクを与えているのだが、音がうるさい。静かな会話は望めない。
・内部の電池ボックスのマイナス極スプリングが長すぎてマイナス面からズレやすい。
総合評価として実用性には疑問が多い。特に、柄の差し込みはもっと深くするか、ネジで固定すべきだ。
e0024555_92984.jpg

これは$12程なのだが、$25くらいで先端にLED付きの新モデルが買えるらしい。暗闇でもLEDがマシュマロを照らし、焼きすぎを防ぐことが出来るという...素晴らしい。

このマシーンだが、前出のAR氏は空港検査でフォーク部分が鋭利だとということで機内持ち込みが危ぶまれたが、Spinmallowの由来を説明し、検査職員一同の笑いを勝ち取り、無事に機内持ち込みを許可されたという曰くがある。一発芸的笑い獲得マシーンとしての利用は有効かもしれない。
空港職員も皆、マシュマロ焼きの想い出があるお国柄なのだろうな。

4泊目、Tuolumne MeadowsのLodge脇でビールを飲みながら夕方から始まった焚き火を眺めていたら、やっぱり始まった..最初は子供らが串にマシュマロを焼き始めた。
焚き火用にはアーモンドの薪が売られている。サンフランシスコ郊外でも広大なアーモンド畑が見られたから、その廃材なのだろう。特に甘い煙が出るわけでもないが、固そうな木で炎が長持ちするようだ。家屋の廃材で焼くよりは安心だし。
で、炎が大きくなると熱くて焼くも一苦労と見え、次第に子供らも工夫をし、長い棒から吊り下げたり水で冷やしたりと様々な焼き方を披露してくれた。大人も傍らでそれを楽しげに眺めている。みんなやった経験があるに違いない。さすがにSpinmallowを投入する気配はなかったが...
日が落ちて焚き火の炎が大ききなるにつれて人の輪も厚くなった。みな炎に横顔を照らされながら談笑している。バドワイザーが3本空いた頃、大分冷えてきたので私も隅っこで炎のご相伴にあずかった。
月のきれいな夜でした。

(Tuolumneの発音はトゥワラミが近い)


翌日、Tuolumne川沿いに張ったキャンプの朝、熊缶が凍り付いていた。日の出時刻の川からは湯気が上がっていたし。
e0024555_9191217.jpg


Lyell Forkでの焚き火
e0024555_9193848.jpg

探せば既存の炉は見つかる。中学校のキャンプファイヤーではないので、小さな焚き火を心がける。乾燥地だし。
燃料節約と、これで湯を沸かした。特に油分の多そうな乾燥した松の薪だからビュウビュウ音を立てて油が燃える。着火は容易だ。ただし、カップにベッタリ煤煙が付く。




参加中...コレは使える!と思った方はココをClick! 支持が多ければお店に置いてもらえるかも!



追記


[PR]
by ulgoods | 2007-07-27 09:21 | エレキ系
<< Sierra2007 Yosemite風景1 >>