Fibraplex Replacement Carbon Tent Pole

Fibraplex社製の置き換えカーボンテントポール。
Blackdiamond社のOneShot用のもの。
色はちょっとグレーっぽい。接続部は削り出しなのか、組織の模様が浮き出ている。
e0024555_042371.jpg

ま、こいつは外観を見比べてもしょうがない。
重量比較すると、
オリジナル 387g
カーボン 217g
その差170g!丁度6oz.の差がある!持った瞬間に明らかに重量感を裏切る軽さだ。
これをテントと一緒に計ると、
テント膜体と3ピースのポールで合計が944gとなる。
をを!1kgを優に切ってる。スタッフザックの重さが42gでこれを加えても986g!このテントは縫い目の閉鎖のためにSilNetを1本近く使っているので、今までの経験では20g程重くなっているはずで、それをしなければスタッフ無しの最小重量で920g程度になると思われる。これは心情的に画期的!あれほどの空間を張るテントが1Lペットボトル茶未満の軽さなのだ。
ちなみにオリジナルはスタッフザックなしで1126gだった。このくらい超過すると、もう1kgという感覚はないな。1.1kgだ。一方、1kgを少し切れば、そりゃ、だいぶ印象は違う。ま、ポンドオンスで計るとあまり有難い数字でもないんだけど。面白い。それと、スタッフザックの重さがばかにできない事が分かった。ポール用はカーボン保護のために必要な気はするが、膜体はザックの底にでも放り込んでおけばいいから、それを省くと25gの儲け。

Fibraplexを買った事をBPLのフォーラムで臭わせたら、早速、BenさんからPersonalMessageで注意を戴いた。
・継ぎ目がしっかりつながっていることを指を滑らせて確認してから使うように。
・突然折れる傾向があるので、補修用スリーブ2本とダクトテープを携行するように。
・折れたらメーカーに送れば無償修理してくれる。
とのことだった。
貴重なアドバイス感謝!

なんでも、彼は2回、破損の経験があるらしい。結構高頻度?
修理用スリーブったって、中のショックコードが外れないから、ピッタリのものは挿入できないのでは?ショックコードを切断するの?と聞いたら、少し太めで良いそうだ。ダクトテープで太さを調整すれば端で応力集中することもないかな。どのような破断の仕方をするのか、写真があったら送ってくれるように頼んだが、写真は来ていない。破断箇所の様子が分かれば直し方も分かるんだが..

テスト!といっても、この手のものは限界まで応力をかけて破壊試験しないことには書くことがない。弾性具合とか、塑性変形具合とか、さらに風の場を想定して動的に荷重を掛けたりと、いろいろ考えられるのだが、できません...せめてもと思い、一週間ほど部屋の中で張りっぱなしにして、曲がり癖の付き方でも、と思ったが、先ほど外してみたら、まったく曲がり癖が付いていない。
本家のポールは最初から若干の曲がり癖が付いていることからも、カーボンの方がしなやかであることが分かった。が、たぶん、限界まで力が掛かると脆いんだろうな。ベキッみたいな。脆性破壊しそう。紫外線とかも弱いんだろうな、寒いと余計に弱そうだな、とか、とか。強度に関しては不安はある。あまり厳しい場所へ(私も行かないし)このポールで行くことはないだろう。
BenさんはOneShotを持っていないようなので、他のテントでの経験だろうが、Oneshotは小さくて背が低い。同じ径のポールを使うと相対的に固いテントになる筈だ。地震の時に便所が強いのと同じで、狭いところに柱が4本だから、結構イケそうな気もするが、こればっかりは嵐の中でベソをかかないことには、何とも...。補修材がないうちは森林限界より上に担ぎ上げるのは止めようと思っている。補修材は付いてこないから、内径が丁度のアルミパイプを見つけないといけない。

Oneshotの庇であるが、強風時には凧のように風をはらんで不利だと思う。逆に風が弱い時は風を集めてテント内に導くように思える。強風時には横桁の短いのを外すか、横桁の両端からも張り綱をとらねばなるまい。この場合は両側のチャックを頂上で開けて、風通しを良くしてやれば(中にある程度の風雨は入るが)庇の凧化の影響は軽減できそうだ。と頭の中で算段している。

暖かくなってテントを使うことが無くなったので(冬でもBivyだが)、まだテストできていない。
夏場の高いところで試したい。

一般にサードパーティ製のポールは本家より短めで携行性をアピールすることもあるが、Oneshot用は同一の長さだった。
e0024555_0575898.jpg

その他、畳んだポールがバラけ無いようにまとめるゴム輪が付いている。ま、端っこ踏むとやばいんだろうな。



訂正と補足
・最小半径は1.5mで、これ未満になる曲げを受けると破壊する。風で揺れてこれ未満の半径にならぬよう。
張り綱を適切に取る。特に横桁から取って押しつける形が有効ではないか。

・低温には比較的強いが、摂氏65.6度以上にならぬよう。エポキシ樹脂が緩む。
応力の引張側を炭素繊維が、圧縮側をエポキシ樹脂が担っている。


参加中..やっぱ、1kgはテント重量の壁だよねぇ..と、このリプレースに賛同の人はここをClickね!

[PR]
by ulgoods | 2007-06-06 00:50 | 宿泊系
<< 地主じゃないけれど モンベルUSA PeakShell >>