防虫山装束 / BUZZ OFF APPAREL

防虫山装束

7月のヨセミテは場所によっては蚊の大群に悩まされると聞く。対策としては防虫剤を体と言わず服や下着や靴下にまで擦り込むことになるらしい。防虫に関しては2年前にDEETを取り寄せてヨセミテに負けず蚊密度の濃い裏庭で試してみたが確かに効果は絶大であった。
当時の文章では

>張るに先立ってDEETで蚊対策をした。昨日のお庭作業時は足腕には念入りに塗ったのだが、首筋の
>塗りがいい加減だったのでそこを狙われて一撃を喰らった。まったく油断も隙もない飢えた蚊共だ。
>DEETを耳無しほういちのお経よろしく隙間無く塗らないと御利益が薄いということが判った。

と言っている。耳無し芳一並に入念に毎回塗るのは難しい。背中はどーする?私は痒がりなので、数カ所刺されたら気が遠くなりそうだ。かゆみ止めも要るとして、先ずは刺されない工夫をした方が前向というもの。し、濃いDEETはお肌にキツそうな気もする。

で、手に入れたのがこれ、
e0024555_15511139.jpg

除虫菊練り込みBuzz-Off素材の日よけ付き帽子、シャツ、ズボン、バンダナたち。蚊、ダニ、蟻、蝿、つつが虫、ユスリ蚊..に効くらしい。
Buzz-OffといえばEx Officioが有名だが、定価では高価なので買えないでいた。が、探すと海外バッタ屋さんに積んでありました!約半額で!メーカーはSTEARNS。聞き慣れないがBuzz-Offと書いている。この生地は25回程度の洗濯まで防虫効果が持続するという。除虫菊と聞くと蚊取り線香を連想するが、こういう使い方もあるのね。残念ながら大日本除蟲菊のマークは入っていなかった。しかし映画じゃないが虫が三つも。そりゃ、いろんな虫に効くと言いたいのか。
鼻をつけて臭いを嗅いでみた。なにやら効きそうな香り。
e0024555_15522898.jpg

e0024555_1553648.jpg

e0024555_15533628.jpg

結果として帽子はEx Officio、その他はSTEARNSの混成チームになったが、一応、防虫山装束を揃えることが出来た。メーカーは違うが緑に白十字なBUZZ OFFの商標のタグが付いており、insect repellent apparelと書いている。Ex Officioのページを見ると結構な品揃えだ。
こりゃ、同時期に揃えないと何回洗濯したか分からなくなる..
で、生地は同じで縫製だけならEx OfficioもSTEARNSも大差はないと思われ。事実、STEARNSのシャツは背中にメッシュの換気スリッドが付いてたり、袖のまくり上げボタンとかEx OfficioのBajaシャツそっくり(手にとってはいないが)。

帽子だが、被って鏡を見る前に人に見せたところ..
ルバング島
硫黄島
という反応を頂戴した。私が無精髭のせいもあるだろうが...ま、自分でも予想していた反応だ。街での着用はしないと思う。しっかーし、垂れの前部にボタンが付いていて首の前で閉めることが出来る。こいつはヤワな日焼け防止帽とはひと味違うのだ!US版頬被り。手ぬぐいの頬被りはどーみてもイケていないのと一緒で、この帽子もイケていなくて結構だ。

テストスケジュールとしては、取り敢えず着用サイズテストは何とかパスできた。あとは着て裏庭へ出るだけだが、まだ蚊が出ていない。
気がかりなのは、この格安防虫服のタグが少し滲みで汚れていること。バッタ屋に山積みで時間が経ち、防虫成分が染み出したかな?と思っている。ま、試してみれば分かることだ。蚊取り線香に燻され続けた日本の蚊も侮れないはず。


Buzz-Offではないが、オマケ
これは昨年から気に入っているフェニックスの7分切り離しズボン。
e0024555_1555549.jpg

股間のUPで申し訳ないが..内股にジッパが付いており、換気が出来る。これが効く!涼しい。透湿とかチマチマやるよりは換気で湿気一掃は正しいな。



参加中..垂れ付き帽子をかぶったイメージ、だよねぇ~と思った人はここをClick!

[PR]
by ulgoods | 2007-05-05 15:57 | 生活系
<< eVent Crysalli... 山で遊べる >>