OneShot / Black Diamond

OneShot / Black Diamond

やっとBlack Diamond のOneShotの目止めが終わったので、裏庭で一泊してみた。

e0024555_23382449.jpg


BDのFirstLightは発売即購入して3年くらいになるんだけど、それの一人用が今年出たOneShotだ。
スペックを比較してみる。

・OneShot
1人用
TENT W/POLES 1.04 kg
PACKAGED WEIGHT 1.28 kg
AREA SQ FT 21.3(216x91x91cm)
長辺にドア1

・Firstlight
2人用
TENT W/POLES 1.22 kg
PACKAGED WEIGHT 1.49 kg
AREA SQ FT 27.3(208x123x107cm)
短辺にドア1

ということで、長さが+8cm、幅が-32cm、高さが-16cmで、テントポール重量が-180gとなっている。うーん、劇的には軽くなる訳ではない。仮に幅がゼロの0人用を考えても側面パネルは必用な訳だし、ポールも2本必用だ。そう考えると大きめテントを持った方が体積/重量比は有利なわけだが、独り寝なので、無用に大きいのはやはり無駄だ。パッキングサイズ的にもOneShotのスタッフザックはLightSabre Bivyと共用なのではないかという感じで小さい。

狭くなって-180g、この数字が良いか悪いか?なぜ買ったのか覚えておかないと。というわけで思い出してメモしておく。
そういえば...FirstLightにはいろいろ不満があったんだっけ。FirstLightには前室が付いていないので雨の日の出入りで雨やテントを伝う雨水がテントに入ってきて出入りが不便だった。それで前室を追加で買ったのだが、今度は前室も背負うと結構な重量増(確かグランドクロス込みで2.1kg)になり、それはそれで嬉しさ半減だし。というわけでフライで前室を形成するMSR ZOID1を買うも、自立ではないので岩天場には持っていく気になれず。結局何だかんだと言いつつ、森林限界以上の幕営はFirstLightに頼る事になっていた。
そのうち、ミニマム稜線上行き倒れ泊指向となりBivyを試すようになった。最重量はBibler TriPodでは1.24kg、eVent Unishelterで0.96kg、Crysallisでも0.97kg。FirstLightのパッケージ重量よりは軽いし、UniShelterとTriPodで冬季雪中野宿を行ったが、やれないわけではないし、狭いのも嫌いじゃない。これはこれでヨカッタが、夏期に雨を想定すると屋根を持たざるを得ず、居住性を考えると絶対的に軽いだけのBivyが有利とは言えなくなる。
で、超軽量で自立可能なTarpTentのRainbowを買うも、自立とは言え風には弱く、稜線上では使う気になれない(改造計画はあるが..)。
そのうち、樹林帯では何やっても泊まれる事が分かって、Gatewood Capeで非自立型のタープシェルター系は終息かなと思うことにした。
と言っている間にOneShotが出てくる。これは重量的には屋根付きBivyに勝ちそうだし、中でパンツの履き替えも出来るし、良いじゃない..と思い買ったのだが。あ”、やっぱり前室無いし..というFirstLightの不満に帰着していることに気が付いた。あーあ。やっちゃったか?
でも現在は昔と意識が変わっていて、Bivyだって前室は無い訳だし、自立するにはそれなりの構造が必用で重量が嵩むのも理解出来る。その辺を考えればOneShotはFirstLightより180gも軽いから、狭くなったけど独り寝には余分なモノ担ぎ感は減るので精神的に健全でいられるのが良い!雨の日の炊事は換気に気を付けてやればOneShotでも出来ない訳じゃない。精々湯を沸かせば食えるように食事も簡素化しているし。ぐるっと宿泊系を一回りして、雨のBivy泊を考えればOneShotは王宮のようなものだろ!と思えるようになった。そうそう、テントの縮小版でOneShotを選んだのではなく、Bivyの発展系で選んだったけ。大きめテントが必用ならFirstLightを持てばいいし..ああ、自分で自分を言いくるめているのが分かるんだが、自分が良いと言っているんだから、これでよい。最後は強引、いつものこと。

EPICは工場でシームシール出来ないので、自分で目止めした。
e0024555_23413954.jpg

例によってSilNetと針のない注射器が付いてくる。数回に分けて乾燥込みで目止めに3日要した。OneShotの生地は内部にコーティングのようなテカリというか、ぬめりがあり、これはFirstLightとは違う感じ。
で、静電気がすごい。周囲のゴミを吸い寄せて少し重くなったかも。
e0024555_2343746.jpg

(20cm離れた枯れ草まで吸い寄せる集塵力!)
実測のTENT w/POLE(スタッフザック類込み)は1133gだった。目止めが終わった段階で1162g、SilNetを1本ちょい使ったが+29gだった。手間は掛かるがテープで処理するよりは軽いだろう。
PACKAGED WEIGHTにカウントされる標準のステークととガイラインは124gもあったが、これはZPack.comから取り寄せた極細ガイラインと手持ちのチタンペグに置き換えたら35gで済んだ。効率よく89gの儲け。
e0024555_23452561.jpg

e0024555_23465493.jpg

(萎えるようなオリジナルのものたち)
今回はグランドクロスは買わなかった。事前の情報ではグランドクロス180gだったが、Tyvekの四隅にハトメを打った自作グランドクロスは111g、へへへ、69gも得しちゃった。
e0024555_234816.jpg

これらを全部パックしてホントに担ぐ重量は1308g。これはなかなか良い数字だと思う。うん、機嫌が良くなってきた。

裏庭試験だが、結構風が強い日だったけど四隅を固定したテントは高さが低いせいかピクりとも動かない。結露は空気も乾いており試せそうな気候ではないが、これはFirstLightで経験済みなので、EPICだし、タオル併用が正しいだろう。
グランドクロスは少し小さめに作った。FirstLigtの純正があるが、これは大きめなので、降って流れた雨が全部クロスと床との間に溜まってタプタプと気持ち悪かったから。4隅に打ったハトメと固定用のゴムは100YenShopで手に入れた。Tyvecは最近は交易品として使っているのだが、まだまだ残りがあるので安く作れた気がする(買った値段は既に忘れている。意識の中で償却済み)。

居住性だが、広さは幅が狭いので大の字とはいかないが腕を伸ばして火の字になるには充分。
e0024555_2349611.jpg

高さはちょっと首をかしげる必用がある。長さは充分だ。FirstLightでは対角線に寝ないと壁に寝袋が触れるのだが、OneShotでは問題ない。国産のテントは長さが200cmというのが普通っぽいが、壁に触れないのだろうか?
e0024555_23504052.jpg

InsulMat Max-Thermo の上にWMのSummerLiteで寝てみた。夜は少し冷えて3℃くらいだったのかな?暖かく眠れた。Max-ThermoとOneShotは次回の雪中キャンプの装備品のつもりなのだが、上高地もあまり雪が無さそうだし。3月なら大丈夫かな?

床には滑り止めでSilNetで線を書いた。
e0024555_23513396.jpg

これでテント内滑落は防げるだろう。夢見の向上に効きそう。

換気はドアが全面メッシュではなく、上だけカマボコ型に開くのだが、短い骨で張られた庇が風を取り込む機能をするのではないかと、密かに期待している。
e0024555_23541877.jpg

しかし、斜め後ろから風を受けるとこの庇が凧のように風をはらんで抵抗になるのではないかという危惧もある。
そういえば、ステイクが6本付いてきた。四隅+2?の2はこの庇の先端から綱を取れという事か。それなら頂部を押さえ込めるので強そうだ。
e0024555_23524583.jpg

FirstLightではどうやって押さえ込むか考えていたので、その問題は解決!スッキリぃー

フレームをスカンジュームに交換すると80gくらい軽量化出来るのかなと思った。ゴアライズとかのフレームが使えそうだと思い、ICIへ行って長さと径を比較してきた。結果はゴアライズXの1.2人用が径が同じ(3/8inch)で長さが少し長いので、ショックコードの処理を何とかすれば切り詰めで対応出来そう。だけど、、、量りを持っていかなかったんだけど、手で持った感じはスカンジウムがかるいという感じはしなかった。のと、OneShotのフレームは最初から曲がり癖が付けられていた。これに直なスカンジュームを持って来るのは最初は辛そう。ICIに取り寄せてもらうか、どうしようか、お安くはないので思案中。

ああ、一つ不満。
やはり、寝袋左ZIP文化なので、右ZIPでは室内が狭い分だけ寝袋に入りづらい。頭の向きを逆にするしかないか。ま、別に逆にしても不都合は無さそうなのだが。庇の広がっている位置が左右非対称というのが敗因だよな。何でだろう?って別に意味ないか。内部の小物入れも頭と足の2カ所にあるし。夏はキルトで寝るんだから、ジッパーもないしな。気にしない事にするーーー


何枚か写真を掲載する。

e0024555_23561935.jpg

e0024555_23573095.jpg

e0024555_23581871.jpg

e0024555_23585743.jpg

e0024555_23595178.jpg



う ど ん 供 へ て、 母 よ、 わ た く し も い た だ き ま す る ...山頭火
[PR]
by ulgoods | 2007-02-26 00:04 | 宿泊系
<< Salamander Quil... ZIP / Mountain ... >>