Integral Designs / eVent Unishelter Exp その3 Zipper Leak

Integral Designs / eVent Unishelter Exp その3
e0024555_9463159.jpg

昨夜、東京は雷雨。9時くらいから激しい雨が降ってきた..チャンス!Bivyのテストができるぞ。

既に降り出した豪雨の中、どーやってBivyを設営するか悩んだが、とりあえず傘をさして自分とBivyの出入り口を濡れから守ることにしよう。どーせ山で降られても状況は同じなんだしと、多少の濡れは覚悟して予めフレームを通してあったBivyを庭に放り出した。ヘッドライトを頼りに頭部に一本、足部に2本のペグを刺してbivyに張りを与えてシャキンとさせた。1本しかフレームがないので張力を掛けないと頭部が起立しないのである。所要時間は1分くらいか。手早く設営できた。設営というよりは地面に貼りつけたという感じか。本当はフレームの両端部もペグダウンするのだが、今回は風で飛ばされる危険がないので省略。あと、足部の上面中央に小さなタイループが付いていて吊り上げてやれば足部の末端が三角形型で切妻屋根みたいな感じになる。Bivyを体から離したい時に有効かもしれないが今回は細かな細工をする時間がないのでパス。
傘で雨が進入しないようにしてジッパーを開けて内部に滑り込み、傘を放り出して手早く閉めた。シュラフとマットをは持ち込んでいない身一つで体を横たえると下半身や腹に大粒の雨の滴がボタボタと打ち付けているのが感じられる。普段、傘を忘れて雨に濡れることはあっても、こーいう横たわって雨に打たれるということは無いので妙な感じである。海水浴の海中で放尿してしまったときのような..普段はありえないんだけど、やってしまって、でも大丈夫で安心とか、初めてアクアラングを着けて海中で呼吸をした時みたいな..大丈夫と頭で判っているんだけどヘンな感じという類の感覚だった。内部は結構広い。両肘を左右に思いっきり張り出しても壁に届かないくらい。下はボトムまでもぐって両手を頭上に延ばした背伸びの姿勢でやっと向こう端に手が届くという長さ。私、174cmですが、190cmくらいの人でもいけるかなという大きだった。内部で上を見ていると外部の光で透けて雨水が勢いよく流れているのが見える。これもヘンな感じ。蚊帳部を開けて蚊帳越しに外を眺めると結構虫が飛んでいる。強い雨だが蚊の類は飛んでいるんだな。普段はこんなに目線低く庭を見ることもないので、しかも雨の中、これも新鮮な感覚だ。ウレシイ!

さて、いきなり激しい雨に晒したのであるが、生地は防水で完全にシームシールされているので雨漏りは無し。最初濡れていた足も徐々に乾いていくようだ。ヨシヨシ。さすがeVent。と気をよくしていた。が、少し冷たいものを感じてヘッドライトを点けて室内を見回してみた。ら、らぁ、ナント、頭部キャノピーの出入り口にある垂直に立ったYKKの止水ジッパーからツーっと流れが光って見え、ついには滴となってBivy内部に落ちるではないか。え”信じられない。もっと観察してみた。ジッパーの外を水が流れていて、それがジッパーのかみ合わせから徐々に中へ回ってくるのだろう、10秒間隔くらいでツー、ツツゥーっと...次第にジッパーの下あたり、長いジッパーが通っている右側の床に水溜まりができはじめた。マジすか?生地は完璧、シールも完璧、ジッパーの縫い代も丁寧にシールしてあるのに、ジッパーから浸水なんて..止水ジッパーはザックやウエア類にも使われていて、結構信用していただけに、ショック。最近は軽量化のために止水ジッパーには雨蓋を付けないデザインが主流になっているが、内部から見るとこんなもんすか?という感じで幻滅。これじゃ困るよ。片手落ちも甚だしい。仏作って魂入れずというか、火の始末と窓も戸締まりオッケーで外出したんだけど、玄関の鍵は閉め忘れたサザエさん状態というか..ったく、連中は何考えてるんだ?雨蓋省略の微々たる軽量化に走り重大な問題を見落としているではないか。守るべきモノを守るための守れるレベルがちぐはぐなのだ。その辺のレベルを合わせるというネジが一本飛んでいる。豪雨でテストしていないんじゃないの?敵はこっちの一番弱いところを狙って来るんだから..これでは羽毛シュラフがビトビトになるではないか。濡れた羽毛シュラフは保温力を失って、状況によっては命に関わる重大な問題を起こすでしょ。これを想定の範囲内というのには無理があるぞな。

雨が強くて出るにもでられない状態なので暫く滞留した。ジッパーの反対側へ避難する。内部は広いのだ、まだ大丈夫逃げ場所はある。イザとなれば二人でハグハグしてシェルターとして難を逃れることができるかもしれない。でも私は入り口と反対を選びたいな。マットを持って入らなかったので地面からの冷えが容赦なく体を冷やす。一部、床の下に水溜まりができているようでプヨプヨした感覚が面白い、が冷える。Bivy上面からも結構冷えるし。これで風が出たら結構辛いだろう。しかも手を伸ばせば、そこには内部の水溜まり..困った。

懸案の息苦しさであるが、頭部のキャノピーは充分広いので閉所感はない。が、蚊帳部分が高いところにあるので二酸化炭素が心配だ。枕があればなんとか鼻孔を高くできるので良いかも知れない。時々脚を広げたり閉じたりしてBivyの体積を変化させて、ふいごの様に空気を吸ったり吐いたりの強制換気を行った。蚊帳を全開にできれば問題ないが雨が少し入ってくる。頭部キャノピーの張りを弱くするとフレームが前に垂れる作りなので、蚊帳を低い位置にすることもできるだろうが、雨の時は胸から蚊帳へ浸水するか..、無風の豪雨ではちょっと辛いかもしれない。シュノーケルが良いかもな。途中、気を失って2時間くらい寝たか、目が覚めても雨は降っており、内部の水溜まりも大きくなり、もう逃げ場がない。体も冷え切った。こんなところで疲労凍死しても仕方がないので、テストを切り上げて屋内に避難した。
e0024555_1036437.jpg

朝見たらこんな感じ。抜け殻のふにゃふやBivy。
内部の浸水はこんな感じ。
e0024555_1037477.jpg

ざっと、コップ一杯分くらいは溜まっただろうか。

いきなりハードなテストになってしまったが、ジッパーからの盛大な浸水についてはメーカーに問い合わせてみようと思う。やっぱり、雨の場面ではタープと併用して少なくともジッパー開閉部分は雨の直撃を避けなければならないことが判った。それと、雨が予想されるときは内部に使用するシュラフは合成フィルで耐水シェルのものを選ぶのが無難かも。
BiblerのTripodの写真を見てみたが、やはりジッパーに雨蓋は付いていない。LightSabreもだ。TripodもLightSabreも世界一のYKKを使っているんだろうから状況は同じなんだろうな..このヘンの止水ジッパーの漏水について、経験ご意見のある方が読んでくれていたら是非コメントをお願いしたい。

あるいはタープと併用が前提条件か?海外の記事を漁ったらみんなタープの併用を勧めているしなー、やれやれ、こいつの上に張るタープとEMSのQuantumシュラフを買わねばならぬか..漂泊するのも楽ではないな。ま、これも試してみないと判らなかったから、いきなりお山で降られて内部で溺死するよりはマシだろう。

追記
止水ジッパーについてYKKのページを読んでみた。止水であって防水ではないと..漏れるとあった。やれやれBivyメーカの先走りか?雨蓋は必須だろ!雨蓋無いのはタープ必須という設計思想か?雨に打たれることを想定するとジッパ無しタイプを選ぶのが良さそうだ。
[PR]
by ulgoods | 2005-08-13 10:41 | 宿泊系 | Comments(12)
Commented by 川崎 at 2005-08-13 11:35 x
こんにちは。Unishelter のテスト、大変参考になりました。
僕もシェラで泊まったときに、『あきれるほどのものすんごい』量の星空に、ビビィで泊まりたいな、、と思っていた所です。天の川があんなにはっきりと見えて、星が多すぎてかえってよくわかんない星空って、初めて見ました。シェラは殆ど雨が降りませんが、サンライズキャンプグラウンドだけは、盆地状で高層湿原だったので、Henry Shire Tarp tent がはじめて内側も外側も結露しました。
こうした状況で屋根無しで寝るには、なんらかのビビィが必要です。
なかなか良いものが無くて、悩ましいですね。
僕は、風はタープ、結露とスプラッシュだけビビィで避けれれば、、と割り切っています。

北アルプスの雲の平に行った時もそうですが、ビビィで寝たらさぞかし、気持ちよいだろうなあ、、と思えるシチュエーションは数限りなくありますね。
日本みたいに、混んでいて、しかもテント泊できる場所が指定されすぎている山は、ビビィこそがステルスキャンピングの鍵かも知れません。
是非、さらなる研究をお願いします。
とっても意義ある事だと思います(^^)。

ではでは。
Commented by ulgoods at 2005-08-13 12:03
川崎さん、お越しいただき光栄です。コメントありがとうございます。
テントの結露にしろ、止水ジッパの漏水にしろ、あまり製品の性能を鵜呑みにしないで、イザという時の+1の回避策を用意しておくのが賢明なのでしょうね。ポンチョをタープにすれば重量増加無しで良いのですが、日本の登山ではポンチョの使用は推奨されていませんし、私自身も岩場の通過など段差のある部分での足の上げ下げや強風時にはポンチョはマズかろうと思うので、Goreの雨具に張り綱を取ってでも何とかジッパだけ覆ってやることを考えてみます。いずれ試してみます。
雲ノ平は是非行きたい所です。Bivyで登山道に寝転がって星を眺めて夜を明かしたい..シェラも良いだろうな,
冥土の土産に一度は行きたい所です。ちゃんとタープが張れればVaprBivyで良いのでしょうね。
ワタシ、BPLの後追いみたいなことをやっているわけですが、工夫してUS軽量モノのJP環境での検証や生活適応術を探ってみたいと思っています。
今後ともよろしくお願いします。

Commented by supica-hosi at 2005-08-13 16:52
こんにちは。体調のこともあり、北八ヶ岳でのんびりお気楽山歩き・・お遊びをしてきました。心は北アルプス・・・。雨ばかりで見えませんでした。でも、あの混む季節にはうんざり・・・。ひさびさの北八つ散歩はある意味、癒されました。雲ノ平・・・・いいですよ~。!!白馬の土砂くずれはショック。
ジッパーからの雨水もれは嫌です。本番まえのテストが欠かせないなぁ
と、わたしも思います。痛い目に何度あっても懲りずですが・・^^。
あなたのテストは脱帽ものです。後先考えると気後れしながらも、一応は
その気で^^手にとって思案するだけで終了する、わたしのやってみたい願望をみたしてくれます。


Commented by ulgoods at 2005-08-13 17:57
supica-hosiさん、お久しぶりです。山歩きに行かれたのですね。体調回復なさって良かったです。北八つは四季折々訪ねてみたいお山です。最近の私は忙しかったりで机に膠着しております..
白馬の土砂崩れはショックです。落石に注意といっても広い範囲の斜面の崩落レベルは巻き込まれると逃げようがない。危険な場所を歩いているのだという忘れかけていた常識を喚起させる事故でした。管理者が気を付けていれば土砂のゆるみ具合とか予見できたのではないかと思いますが、お山の登山道に管理者って居ないでしょうからね...合掌。
止水ジッパーですが..先に調べ尽くして買わないべきなのでしょうが、買うときは盲目なのでいつも後で悩んでいます。ジッパーの防水以外ではすばらしいBivyなので雨蓋の省略は残念です。
何事も適用範囲があるのでそれを理解して使うということですか。事前のテストは欠かせません。人柱には慣れています。ゼヒ私の屍を踏み台にして進んで下さいませ(笑
また、覗いて下さい。
Commented by 川崎 at 2005-08-13 18:10 x
eVent のオーバーバッグ、つまりジッパー無しモデルはどうでしょう?
eVent は難燃性が無いから、もうeVent のシェルターは今年は生産中止と Integral Design は言ってる様ですね。
なんだか、PL法みたいなのがカナダにもあって、訴訟沙汰を避ける為なんでしょうか、、、。
ところで、最初から防水になっているスリーピングバッグってありますか?
http://www.backpackinglight.com/cgi-bin/backpackinglight/macpac_epic_150_sf_orsm05.html
みたいな。勿論、雨の直撃を何時間も耐えることはできないでしょうが、、。
小さいタープないし、Spinnshelter(Gossamer Gear )を張っておいて、雨が降ったら、シュラフに入ったまま、尺取り虫の様にそこに逃げ込む、、ってのが今、考えているシナリオです(^^)。
Commented by ulgoods at 2005-08-13 23:21
こんばんは。
Macpacシュラフ、ORショーでの新作ですね。750fillが5ozで35Fというのはというのは..だいぶ涼しいかも(^^。これは溶着なのですかね?シェルのReflex LoftProってEPIC?検索したら以前からReflex LoftProモノはあるようですね。UK系のお国の軽量グッ時も時に過激で面白い。UKのMountainEquipmentのGoreDryLoftは持っています。これ、montbellからライセンスでスーパーストレッチ構造なのですが、重いので最近は持ち運びません。
シュラフでは雨天を相手にするなら合成ものが良いのではないかなと思っていて、軽量ではQuantumを使ったEMSのVelocity35に着目しています。でも、これもシールされていないと思います。今回で懲りましたので雨モノにはだいぶ慎重になります。MacpackのEPICを入手されましたら、ゼヒ豪雨中でのレポートをお願いします!
eVentの動向はBPLのFORUMでも出ていました。会社が身売りするんでしたっけ?無くなるのは残念。私のUniShelterももはや貴重種かも!
続々と新作が出ています。しばらく速報が楽しみ。
Commented by ulgoods at 2005-08-13 23:34
あ、IDのeVENT Overbag Bivyですが、蚊帳がないですね..でも軽いのでADVENTURE16(190g)と合わせても700gですから結構良いかも。ADVENTURE16はまだ野外では試していません。ウチの庭は飢えた蚊が多いのでテストにはうってつけですが..
ジッパ無しでフットプリント最小を狙うのだとBiblerのHooped Bivyあたりのデザインが無難なのかもしれません。BiblerがID並に素材に興味を持ってくれると嬉しいのですがね。
Commented by JSB at 2005-08-14 23:55 x
>このヘンの止水ジッパーの漏水について、経験ご意見のある方
最近、ユニクロの止水ジッパー付きのダッフルバッグ(30Lぐらいかな)
お風呂の水に漬け込んでみたら、やはり上記のようなほんの少し漏れ水がありました。kayakでの嵩張る物入れに使う予定なので、それなりに
心得て、直接にダウンシュラフ入れ、は避けようと思いました
コップ一杯以内の漏れ水  どう判断するか?
微妙ですね(笑)

Commented by ulgoods at 2005-08-15 04:07
Bivyメーカの能書きによるとWaterproof Zipperとなっていて防水と読めますが、YKKでは止水とかいてあり、雰囲気に若干の差がある気がします。YKKのネーミングがややこしいのかも。
私の強雨曝露試験では水圧は掛かっておらず、毛細管現象だけで漏れて来たのではないかと思っています。それとも落下雨水の動的圧力かな?コップ一杯では致命的なので雨蓋の追加かグリス塗りたぐりを考えています。
このBivyのジッパの取り付け位置にも問題がありそう。いかにも取って付けたような場所に付けている。他社はもう少し地面ぎりぎりに着けていますね。
雨が予想されれば最初からそれなりにやりますが、途中で降られて水没は避けたい。雪に埋もれたときのBivy表面の雪解け水も気になります..
Commented by ulgoods at 2005-08-18 13:08
川崎さんのコメントでEPICシュラフのことがありましたが、落ち着いて思い出してみるとfeathered friends社が外装を選べるシュラフを出していて
http://www.featheredfriends.com/ProductDetails.aspx?productId=88&CatId=1&ProductName=Osprey
EPIC,eVent,Quantumが選び放題のようです(お財布は別として..)。設定温度帯も一般的なシュラフとは少しズレていて魅力的。お財布に余裕があればゼヒ欲しいと思っていたのでした。
Commented by shaman at 2009-09-28 22:46 x
随分以前のトピですが、どなたかご覧になられる方も居るやと思い以下コメント致します~ 
Impressioin① 当方BIBLER TRIPOD使用してます。筐体はしっかりしてます。フロアからウォールへの立ち上がりも完璧!
が、そんなファブリックにも難ありで。結構ムンムンに湿気こもります。止水ジッパーからも対策を施さないと漏水あり。
Bivyとはそんなものだと割り切っていますし私的には初春や晩秋・冷え込む大雨の中では絶対張りたくないです。衰弱から体が守れません。シチュエーション次第では、ツェルトやモンベル1の方が、命を守るのには頼りになったり。
TIPS①止水ジッパーの漏水はロウソク刷り込むことで大分解消できるかと。古典ですが効果高いです。よかったらお試しを。 
TIPS②漏水するものと前提した場合、カヤックなどに使用するスポンジの携帯はお薦め。軽くて潰せてコンパクトなうえコップ2~3杯分ならスポンジ1個で楽々吸取り。 以上。もちろん事前にテストして本番迎えてください。「自分の命は自分で守ろう」と。 
TIPS③ 眠りに落ちるまで見られる蚊帳越しの自分専用星空はBivyの醍醐味! TPOで使い分けて楽しもうじゃありませんかっ
Commented by ulgoods at 2009-09-29 20:42
shamanさん、こんにちは
Tripodは安心感があっていいですよね。棺桶に入ったらこんな感じなのかなと思って使っていました。私のジッパーは止水じゃなくてフラップが付いた 物でしたが、縫い目などは全て念入りに目止めしたので、しばらく雨の中で張っていましたが、漏水は確認できませんでした。冷えるときはBivyが体に直接触れない、足骨入りが良いと思います。零下10度以下の雪の中でBivy泊をしましたが、結局は屋根に重さを掛けるか、寝袋に掛けるか..ということになると思います。
止水ジッパーは力が掛かる状態で使用すると、歯が開いて漏水します。やはり、雨蓋があった方が信用できます。

おっしゃるとおり、一度、こんなもんで夜が過ごせる自由を味わうと、わざわざ屋根で空と遮断されるのが惜しいですね。

観天望気も術の内ですから、自分が惨めにならない姿が確信できたら、BivyでGO!ただし、樹林帯内をお勧めします...

今後ともコメントよろしく!


<< Exped / eVent Bivy 荷物がきた >>