Golite Jam2

Jam2

Goliteの2007年モデルのザック類の販売が開始された。
http://www.backcountrygear.com/
尤も、全てBack Order状態だが..この店のことだから、いつ手に入るか分からない。当然だが旧型はセール在庫が切れた物から販売が停止されている。

Jamは今回の縞枯山スノーハイクでも活躍してくれたし、ホイホイと荷物を放り込めるので浜辺に行く時などにも重宝したので後継には興味がある。自作でフレームシートを作ったほどで、その軽量化に掛ける潔さは結構愛していたりする。
新旧並べてみるとデザイン方針の進化というか、退化というか、変化が分かって面白い。買って使った物以外は語らないことにしているが、買う前の自分の印象と思考を備忘録として記す。

e0024555_15251813.jpg

簡単にスペックを比較すると
Jam(旧)->Jam2(新)
容量2500->3000 c.i.
重量1 lb 6 oz->1 lb 5 oz
価格M.S.R.P $89->$100
だ。
Jam2ではサイズが大きくなり、重量が下がり、価格が上がった。

写真から判る範囲でデザインの細部を観察すると
・センターのデイジーチェーンの廃止
・ピッケルloopがゴム紐に変更
・ピッケル止めがベルクロからゴム紐に変更
・ピッケル止め部のデイジーチェーンの廃止
・フロントポケット部が雨蓋付きジッパーから雨蓋なしのWatertight zipperに変更
・サイドコンプレッションストラップの下段位置が下がった
・サイドポケットの高さが減少
・ヒップベルトのあて布の面積が拡大

新機能として
・容量調整のために底上げできる

今まで入手した情報によるとこんな感じ。
あと、男性用女性用と分けた展開がなされている。
色がケバくなった。

これからかGoLiteの変化を考察してみる。
まずは、Jamもずいぶんと華奢な印象を受けたが、Jam2は一層それが進んでいる。

ピッケルLoopとピッケル止めの強度が下がっていそうだし、デージーチェーンが全て廃止されている。実際はこれにピッケルを差して歩く人は少なそうなので、トレッキングポールが差せればいいということで重量優先で強度的に退化させたのだろう。
デイジーチェーンは、縞枯スノーハイクでもスノーシューを固定したり便利だったのだが一切廃止された。これも外部に物をぶら下げたりしない方針に誘導しているように思える。ザックスッキリ!は私も身上としているが、ちょっとノッペリで寂しい。
このことから、山岳でも使用可能というキャラクタが薄められ、軽量トレッキング向けにチューンされたという方向性分かる。

サイドのコンプレッションストラップの変更だが、下段の位置が下がり、それに伴ってポケットの高さも下がった。これは荷物が少ない場合でも上下均一に締めることによって、荷物のずり落ちと背面の崩壊を防ごうという意図だろう。敢えて容量を増やしたのに、ボトムの底上げ機能を導入したことを見ても、低容量から高容量まで容量の対応範囲を広げ、なおかつ荷物を安定させようという方針が伺える。これはこれで歓迎なのだが、女性用と分けたことによって何かのモデルの在庫が残りそうという要らぬ心配がある。真っ先にバーゲンに出るのは男性用か女性用か?色は?と変な期待をしてしまう。

フロントポケットのジッパーだが、軽量化のために雨蓋が廃止され止水ジッパーになっている。荷物をパンパンに入れて止水ジッパーに開く方向の力が加わると容易に雨水が浸水することが予想される。BPLで私も指摘したし、UKのグループのテストでも同じ結果だった。尤もトップが雨蓋無しなのだから、この部分だけ防水性を云々してもバランス的には無用な議論だ。

山岳系の性格を薄めることで、山岳用には新たに出たOdysseyやQuestを買ってくれと言うことなのかもしれない。夏期ならサイズの割にはフレーム系が保たないのではないかと思う。冬季に軽量で容量が大きい衣類、寝袋を持って軽量スタイルで行くなら良いだろう。Gustを担いで冬山に行く人であれば買い換え対象かもしれない。と考えると用途を特化して、軽量化を進め、用途別の購入を促進する路線に出たのかなとも考えられる所以だ。

ULからSUL(Super Ultra Light)の印象をマーケットに打ち出すためには汎用性を削ぎ落とし、強度マージンを削ぎ落とし、目的に特化せざるを得ない状態まで突き進んでいるのは明らかだ。

個人的には3050 c.i.のinfinityを持っているので、買い換えは微妙だが、まー、新シリーズのうち何個かは買わねばなるまいな、と今から新たな無駄遣いのために無駄遣いを控えているところだ。
ビルゲイツへの年貢という意味のWindows Vistaと同様で、メーカーを元気に生かしておくには時にお布施も必要だろう。

泊 ま る と こ ろ が な い ど か り と 暮 れ た ...山頭火
[PR]
by ulgoods | 2007-01-13 15:36 | 運搬系
<< ある夜の囲炉裏端 北八つ偵察行 >>