ある種の空き缶ストーブ / Fire from a Can of Beer

無人島に流された、道具はない。しかし、運良く歯磨き粉がポケットに入っており、しかも、海岸に空き缶一つ漂着..
さてどうする?
e0024555_13234380.jpg

空き缶を凹面鏡として集光し発火させる..こんなページを見つけてしまったので試してみた。

先ずは缶の底面をビガビガに磨く必要がある。
ま、正月の夜、DVDを見ながら小一時間、検証に捧げるつもりで気長にやった。
ページではチョコレートで磨くとあったので、先日の山行の残りで磨いてみたのだが、これがチョコの質が違うのか、室温が暖かいのか?磨けずに溶け出して、甘い匂いがするばかり。缶底の印刷も消えてくれない。
小一時間捧げるにしても成果が欲しいので、チョコは見切りを付けて歯磨きペーストを使った。これは少し効いたようだ。印刷が段々薄れていくし、匂いもさわやかで良い。小一時間捧げてやろうと気になる。
が、!と閃いた。昔、金管楽器を磨いたピカールというもの、くすんだブラス楽器をパレードの前日にピカピカに磨いたあの白い液体、アレが効く筈!幸い数年前に懐かしく思い立って近所の荒物屋で買った物が手つかずで置いてある。わはは、夜中であってもやりたいことができる材料が手元にあるのは嬉しい。
さすがにピカールというだけあって、どんどん磨ける。あっという間にピカピカになってしまった。ウエスに黒い金属がベッタリ付く。こうなるとウエスの磨き傷が気になる。最後は指でなでて磨いた。
確か、車を磨くコンパウンドがあったはずだが..夜中なので見つからなかった。あれの仕上げようでやればもっと良いと思う。
磨き前と磨き後
e0024555_13231819.jpg


さて、磨けたのだが発火するのだろうか?冬で光も弱いし..と数日放置しておいたのだが、今日は良い天気なのでやってみた。

驚くことに!黒っぽい印刷の新聞紙は2秒後に煙を上げて穴が開いた。
少し束ねてやるとモクモクと煙が出る。固定できないので、膝で挟んで片手で写真を撮ってみた。
e0024555_13255010.jpg

ちょっと焦点がズレているのだが、それでも煙が立ち、立派な火種ができた。
e0024555_13264575.jpg

煙草をかざしてみたが、15秒ほどで吸えるようになった。

うーむ、たかが空き缶なれど侮れない。
アルコールストーブの底面をビガビガに磨くと緊急時の発火用具に使えるかもしれない。球面の一部なのか、放物面なのか分からないが、結構、塩梅のよい曲線になっているようだ。
が..そんなサバイバル物が必要になる場面は概して暗くて湿って寒くて..という場所。果たして小一時間を捧げた御利益は得られるのだろうか?

磨いた小道具達
e0024555_13295365.jpg


そういえば、昔の少年マンガの裏表紙の通販広告に太陽マッチとかいって凹面鏡で発火させるのが出ていたっけ..お金を出して買っていたら今頃後悔したんだろうなと思った。
磨いた空き缶面に影で太陽方向が分かるような棒を立てて、焦点位置に火種を巻き付ければ一石二鳥だ。商売になるかなぁー(笑)案外、空き缶のリサイクルとエコ発火装置と言うことで売れるかもしれない。はぁ、我ながら山は山でもこんなショボイ山っ気では情けない...

先に紹介したページはこれ以外にもサバイバルテクニックを紹介しているが、氷をレンズにして発火させたのには驚いた。何事もやってみなきゃ分からないな。
それにしても、いろんな人が居るもんである。


歩 く ほ か な い 草 の 実 つ け て も ど る ほ か な い ...山頭火
[PR]
by ulgoods | 2007-01-04 13:49 | 燃える系
<< 北八つ偵察行 e+LITE / PETZL >>