イボンヌ1号 / イボ付きアルコールストーブ Yvonne-1 / Alcohol stove with wart 

イボンヌ1号 / イボ付きアルコールストーブ Yvonne-1 / A alcohol stove with wart 

2個ほど失敗(少し切れイボ)があるが何とか8個のイボを付けて火入れをしてみた。単純な密閉型でヒゲも仕込んでいない。
ジェットは円周の接線より少し内向きで、仰角は30~45度ほど何種類か開けてみた。径はΦ0.7mm。あとで針でほじったのでもう少し広いと思う。

e0024555_1361839.jpg

炎が寝ているのが判る。鍋との間隔は通常よりも1cmほど詰めている。
炎が寝ると..
・炎の鍋に対する断面積が増える。
・鍋との距離が短くても見かけの距離は長いので不完全燃焼したり、鍋底からあふれ出たりしない。
・炎の間隔が狭くても干渉せずに炎の抜けがよい。
という傾向が見られた。

鍋に接す面積は保持しながら炎の間隔を詰められるのは良い。まるで..大阪梅田の立ち飲み串揚屋のカウンターを思い出す。店がどんどん客を入れるので、混んでくると正面を向いて飲んでいられない。客はダークダックス(古いな)が歌う時のように皆で斜に構えて飲むのである。が、ちゃんと飲める。いつも行くのは松葉という店なので、松葉効果と名付ける。

先日、科学雑誌Newtonがお天気特集なので買ったのだが、後ろの方のページにロウソクの燃え方の記事があった。ガス台の燃焼は予め空気と混合された予混合燃焼で、ロウソクは拡散燃焼と言うらしい。アルコールストーブもジェットが大人しいうちは拡散燃焼だ。拡散燃焼でもロウソクの芯の部分は下から空気を取り入れて、その部分は青い炎を出すという。ジェット型のストーブが青い炎を出すのも同じと思い、ジェット付近を拡大撮影してみた。
e0024555_1473770.jpg

この部分がもっと荒れると空気を取り入れやすくならないか?微細な領域だが肝かもしれない。

あと、ストーブの自己加熱方式だが、ストーブ全体が熱くなるのは熱暴走を起こしやすいので、以前ヲヤヂストーブでやったように、一部だけが高温でストーブ自体は冷えている方が良いと思った。ヲヤジは立てている心棒だけがチンチンに熱くなってそれ以外はさほどでもない。その方が外気温に影響されない気化を持続できると思う。

A-Ringはうまく空洞に上昇気流を作って空気を内部に供給すれば鍋底環境の改善に役立つ。ただし、相当の速度がないと空洞から上がってきた空気も鍋底を感じて鍋底まで到達しない。Newtonの記事にあったが、「炎は固体を嫌う」固体から逃げるのだという。何やら紀元前の哲学者の言葉のようでもあるが真実だ。
良く酸素と混合したガスを速度がその先の障害物を感じない程度に速く(射流状態)噴出してやれば..まさしくバーナーと呼べるものになりそう。

各タイプの長所を取り入れたストーブができないものか。



闇の奥には火が燃えて凸凹の道 ...山頭火
[PR]
by ulgoods | 2006-12-08 01:58 | 燃える系
<< 全部入り アルコールストーブのイボ付け機 >>