Garmin 60Csx

先日、Garmin 60Csxを買った。Jモデルではない。
手元にはまだ届いていない。向こうからUSモデルを買ったのだ。だって..Jモデルは12まんえん。USモデルはクリスマスが近くて値上がりしたそうだが未だ$399。
なんだいこの違いは?
近頃は日本でもUSモデル用の詳細日本地図が$100未満で手に入る。これで$499か。USからの送料がEMSで$40ね。ばっちり荷の移動がtrackingできるyo。よしこれで、$539として。円に一時期の勢いはないが、それでもどーだ半額だ!
地名は全部ローマ字だが問題ない。かえって読めない山の読み名に困らずに済む。大崖崩頭山、いったいなんと読むんだ?という山もローマ字でスッキリ解決。

が、一つトラブル発生。
買い物ボタンを押した0.3秒後に気が付いた。使ったカードにバインドされて表示された画面の住所は..アレ?夏の間だけ一時期住んでいた住所だった。あらま、もはやそこに届けられても受け取れないしぃ..orz。
で、慌ててShopにメールして、アレは間違い住所だからコレコレに送ってねっ!先方も、ヨシャ判ったそうするぜぃとメールが来て安心したのも束の間、発送通知メールを見て目が点になった。e-bay shippingを使ったらしい。たぶん送付状が登録住所でお手軽に印刷できるのだ。バカめっ!全然仕上げがなっていないだろう!というわけで、慌てて郵便局に転居届けを出した。
EMSはお高いだけあって便利なもので荷の動きが逐一判る。ニューヨークからシカゴ、途中飛んで(たぶんアンカレッジ経由)今朝4時に成田着、10時に通関完了、16:30に配達局着き..ん?おお速いなと感心しつつも、転居届は?と着荷局に電話したら、転居届はまだ着いていないらしい。あーうーと、配達しても無駄だからぁと事情を説明して先方が書いた住所への配達を転居届が着くまで保留してもらった。送り返されたら目も当てられない。
EMS便の到着は局でも確認したのだが、なんせ、私がそこに住んでいた証明がない..ので、書留扱いのEMS便は局へ行っても渡してもらえない。正しく転居の手続きに従って配送されてくるのを待つしかないか。こればっかりは制度の正しい運用だから、仕方ない。
別途注文したUUDの地図は今日、厚木から発送されたから、明日着くだろう。うまくいけば、日曜にはGPSと地図がドッキングできるかも。UUDの地図はコンターが20mだけど、かえって再描画速度に優れると見た。どうせ、地面にコンタが引いているわけでもないからあまり困らない。し、気圧高度計併用だから、高度補正が自動なら?かなり高い精度で到達高度がトラッキングできる。稼いだ高度は重要だからね。

一人山歩きの時はGPSだけが友達だ。60Csxは電子コンパスが入っているから、停止からの歩み出しも方向角に失敗することはないし、アンテナ感度が高いアンテナ素子は切れ切れの軌跡を繋いでくれるだろう。樹林帯でしかも雪があると今までのヤツは弱いのだ。衛星捕捉チャネル数が12->20に大幅増量。しかも昼間の視認性に優れるカラーで、更に電池の保ちも大幅UP!一泊くらいなら電池の交換は不要になる。ちょっとデカくて重い以外はいいことずくめ。
わはは、今までe-Trex Legendにお世話になっていたが、これからは60csxだ。
帰りにヨドバシで1GBのmicroSDも買ったから、全地図がインコアで持ち運べる。

ま、失敗した割には上出来か。
日本で買うつもりなら、もう1セット予備が買える勘定だ。

指圧のココロ母ゴコロ、押せば命の泉湧くっワッハハとな。
[PR]
by ulgoods | 2006-11-25 01:35 | エレキ系
<< UUDの地図が来た 追記 >>