Matsukaze effect / 松風効果

A-ring7が手が付けられない燃焼だったので、ここは一発!ビックリ水こと松風をやってみた。
燃料アルコールに約20%の水道水を加えたのだ。

効果はてきめん!
あれほど荒れ狂っていた炎が治まり、しかもガソリンストーブ並みの轟音はそのまま。炎が激しく混合燃焼して鍋底を蹂躙する燃焼を得ることができた。
これ、これですよ!待ってましたの混合燃焼定常運転。鍋底にたまった酸欠不燃ガスが作る薄い層を突き破ることに成功!当然、不完全燃焼臭はゼロ。

e0024555_2094268.jpg

写真は少し大人しくなった状態。
生燃料の爆裂燃焼に耐えた缶の耐圧の具合に自信を持ったので、松風なら轟音がしても安心して見ていられる。
ストーブと鍋底の距離は15mm程度。風に断然強い。しかも風を得るほどに爆裂が促進する。
いままで相反することをやっていた気がする。が、もうだいじょうぶ。火力UPで燃料節約。轟音スッキリ!良いことずくめの松風日和であった。

ひとつ問題がある。全Jetの速度が引火速度を遙かに上回った瞬間に炎が消えてしまう...松風の調合塩梅とJetの径が重要だな。

ビデオを撮ってYouTubeにUPしなきゃ。JSBさんなみのテロップは作れないけど...
[PR]
by ulgoods | 2006-11-23 20:16 | 燃える系
<< 追記 A-Ring7 Alcohol... >>