A-Ring その4

3作目は凹缶の穴開けに失敗しておシャカ..

4作目は凹缶の底を叩いて凸に変形させ、そのうえで鋏で穴を切った。凸なら鋏の刃が滑らずにきれいに切ることができ..一部切りすぎた、これが敗因。
今回は蓋も無駄にせずに、蓋の天を切り抜き、輪っかになった蓋をキリキリと締め込んだ。これで上下が摩擦だけでなくネジで締め付いたわけで、缶が破裂するまで上下が外れることはないだろう。
e0024555_23163296.jpg

蓋した後、首と共に鋏で切って高さを低く抑えた。
凹缶は肩の部分にリベットナットを打つことができるのでどうしても使いたかった。手間は掛かるが、この組み合わせで暫くやる。

内筒に0.7mm2穴、外周に0.7mm4穴穿った。
点火したが、接合部の隙間をパテで埋めずに蓋をしたため、蓋で何とかなるかと思ったが、やはりガスが漏れて炎が汚くなってしまった。パテかBJボンドをしてから蓋をするべきだった。
e0024555_23232930.jpg


外周からの噴出ガスの一部が蓋の裾に当たり外周の溝部分に少しガスが溜まるようで、外周の溝を小さな炎が走った。
炎を息で吹いてみたが、消えることはなかった。真横からなら内筒の炎が残るので消えずにいる。外周との壁を低くしたので、内筒がタネ火になって直ぐに炎が復帰する。先ほどの溝を廻っているランナーのような炎も再点火に寄与している。
息で吹くと炎が缶を舐めるので一気に加熱されて内筒からアルコール蒸気が音を立てて噴出燃焼する。カーバイトランプのような炎になる。この状態を保持してみたい。ので、次回は内筒に4穴、外に2穴で試してみる。

作業に使った工具たち。
e0024555_23251221.jpg

穴はドリルを使うのが良い。100円で買える!炎のサイズがきれいに揃う。やはり口の曲がった鋏が穴開けに便利だ。これがないと作成できない。親父が生前使っていたもので、私もガキの頃からおもちゃ代わりに見よう見まねでオヤジの工場でブリキを切って遊んだ記憶がある。そうだな、ガキの頃の遊びを空き缶でやっているわけだ。
やれやれ、抜けないものだ...
[PR]
by ulgoods | 2006-11-09 23:28 | 燃える系
<< A-Ring Alcohol ... A-Ring2 / alcoh... >>