YAES6 / Yet Another Esbit Stove the 6th

YAESでEsbitを燃やしていて気が付いた。
大火と大人しい燃焼の違いは、点が2つ多いだけの違いではなく(笑)、大火は何かの理由でストーブに熱がまわりEsbit片が燃焼以上に溶解して燃料過多の状態。大人しいのは熱がストーブから逃げる方向で固体燃料だけが燃える状態だった。
フードはEsbitに熱を掛ける場合と熱を逃がす場合がある。下手すると燃料が冷えて立ち消えることもある。
現状では中心の穴だけだが、もっと外側の炎にも空気を供給してやるのが良さそう。作りが粗末な時ほど大火になったのはそのためだ。
8gのEsbitはキレイに収まるがその分外側の炎に空気が行かない。14gを4分割の方は燃料の高さがあるのでフードがきちんと閉まらず、隙間から空気を取り込んで高温になっていたようだ。
溶解させてかつ充分な空気を内外から供給すれば高温できれいな燃焼をすることができるかもしれない。
ああ、8gEsbitが切れた...

今までの受け皿型に代わる形を試した。ジュース缶の肩部分、曲率が異なる2種類を合わせ、燃料を口の辺りで挟み込むようにした。1作目は炎立ち消え..これは外側の口が広いので、炎がストーブに掛からず冷える一方。2作目は内側の口を広くして炎が外側の口を舐めるように改良した。焦げ跡から判るが一応塗料が焦げる程度には熱したようだ。1作目はカルデラのようでもあり、2作目は外側の口を絞ったのでフジツボのようでもある。
e0024555_12334510.jpg

e0024555_12341046.jpg

e0024555_12342587.jpg


今までの型の折衷ができれば..

5号型フード無し燃焼で沸騰時間を計ってみた。
16ozの水道水を沸騰状態にするまで7:30だった。以前の単純4分割より1分程度短縮しているし、FireLiteと良い勝負だ。が、燃焼時間は10分..これもだいぶ短い。無駄が多いと言うことか?
このストーブの意義が問われるなぁ...
新しいEsbitはソフトで割りやすかったが、古くなると手で割れないほどにカチカチになる。無理して割ると破片が多く出てもったいない。この辺にも燃焼時間の短さが出ているかな?
[PR]
by ulgoods | 2006-10-15 12:36 | 燃える系 | Comments(42)
Commented by rwalker at 2006-10-15 22:19
私もエスビットの燃焼台を作ってみました。
火力は増したのですが、燃焼時間も大幅に短縮。
バランスを取るのが難しそうです。
Commented by 『ターボー』 at 2006-10-15 22:28 x
これはとてもすごい分野に入ってしまいましたね。
とても楽しみです。
やはり固形燃料の魅力があるものの、火力の問題や煤の問題で
なかなか使いこなせなかったものを、燃焼方法で解決しようとの発想はすごい。
続編大変期待しています。
Commented by ulgoods at 2006-10-16 00:14
rwalkerさんのはどういう形でしょう?興味アリ!
沸騰までの時間を1分短縮で全体の燃焼時間が5分短縮とかするので、効率は悪いのかなと悩み始めました。
Esbitは生のままで燃やすようにできている?

本文に書いた8g Esbitは誤りで、4gでした。
8gの Esbit で400ccを7分台で沸騰できないか、あれこれEsbitを浪費しています。
Commented by ulgoods at 2006-10-16 00:22
ターボーさん、お久しぶり!
いや、よからぬことを考えてしまったばっかりに形にまとめるのに四苦八苦しています。ガンガン燃やしてターボーさんのお調子者のように熱を吸収するのが良いのかなぁ。
Esbitストーブではなくバーナー化を夢見ているのですが...
密閉して蒸し焼でガスを発生させてみようとか、ますます良からぬことを夢想し始めましたが、予熱にアルコールを使うと本末転倒ですね(笑

Commented by rwalker at 2006-10-16 00:26
私の作ったヤツは、ブログにあげました。
是非、ご覧下さい。

燃焼時間が5分短縮なら、まだいいですよ。
私の場合は、8分半で燃え尽きました。
割らない14gのエスビットで・・・

私も、普通に燃やすのがいいのか?と、悩みました。

吸気と排気のバランス、輻射熱が燃料の揮発に及ぼす影響等を考えなければならないのでしょうが、高いエスビットを燃やすには躊躇します。

シェラストーブやブッシュバディー、ネイチャーストーブなどの小型薪ストーブのデザインが参考になるかもしれません。
Commented by ulgoods at 2006-10-16 00:56
rwalkerさん、Blogの方にコメントさせていただきました。
熱を掛けて過燃焼?させるとEsbitの消費速度がすごいですよね。時間短縮分は無駄になっているのか、それとも湯を速く沸かすというのはそれだけエネルギーが必要なのか、ちょと判らないのですが、とりあえず、可能性の追求と言うことで、次のひらめきが来るのを待っている(それが楽しいのですが)状態です。
Esbitは扱いやすそうでもあり、制御し難くもあり。です。
Commented by べー at 2006-10-17 01:34 x
うわ。私が山に行っている間に技術革新が進んでいますね!なんだか、「1リットルのガソリンでどれだけ走れるか」みたいな楽しい方向に進んでいますね。
 発生された熱をいかに無駄なく使用できるのか試行錯誤してみます。
Commented by ulgoods at 2006-10-17 06:00
うわ、私がチマチマやっている間に山へ行ってるし!
FireLiteが入手できないので日本人的技巧に向かってしまいました。
でも難しい。いじっていて、Esbitは遊べる素材なのか?その辺から悩みが沸いてきました。
Commented by べー at 2006-10-17 08:38 x
あはは、すいません(笑)。
固形アルコールは高出力にするというより、高燃費にという条件があるので、面白みに欠けるかもしれませんね。
Fireliteは、使用後のロウ(タール?)がおおいので、使い勝手がよくないです。今回の山行ではWingstoveにアルミ箔を敷いて使いました。長期のハイクでは、そのロウを捨てながら歩くことになりますので、使うのにあまり気が進みません。
Commented by JSB at 2006-10-17 21:18 x
Esbitを刻んで燃やした、凄い着想のYAES stove
その良さを何とかして、取り入れたいと考えました。
そして、rwalkerさんの実験からも、ヒントを戴きました。

Esbitの表面全部で燃やせるならば、刻まないで済ませようと(笑)
JSBサイクロンストーブの欠点=背が高いこと
それを逆手にとってみました→Esbitを垂直に立てて、サイクロンストーブの中で燃やした実験の様子です(爆)
Esbitをローソクのように見做しています

http://www.youtube.com/watch?v=KWGwzXgbfBA
おおきな火に成り過ぎないで、燃えています。
新しい缶なので、エキポシ樹脂皮膜が燃えて白い煙も見えます
2回目は、もっときれいな青色回転炎です(汗)
Commented by ulgoods at 2006-10-18 05:14
サイドエアインテークからの回転を駆動する空気の取込&燃焼もばっちり見えてました。次第に炎が青になっていきますね..アルコールストーブと見まごう燃焼です。
やはり、まだEsbit燃焼も何とかする余地があることが確認できました。

ベーさんによるとFireLiteはタールぽいとのこと。少し欠点が見えれば買えない憂さも晴れてきます(笑

しかし、You Tubeはいいですね!燃え方がよーく判ります。
Commented by べー at 2006-10-18 05:54 x
JSBさんのYoutubeをみました。「寝た子を起こす」作戦はすごいですね。Esbitじゃないみたいでした。

>ulgoodsさん
八重洲というネーミングも旧日本海軍みたいで勇ましいです。

ところでprolitegearがgoliteのセールをしていますね。やっとreedパンツとhut2を入手できそうです。


Commented by ulgoods at 2006-10-18 14:10
八重洲はマリーンではなく、昔の無線機メーカーの記憶と、プログラミングに使うコンパイラを作成する構文解析ツールYacc(Yet Another Compiler Compiler)からアイディアをいただきました。

ProliteGearのGoliteバーゲンはチェックしていましてGustとか、FEATHER BAG とか、とかとか、送料入れて正価くらいで買えるので嬉しいのですが、ザックと寝袋が溜まってしまって...今回はちょとがまんします。モンベルのサーマラップパンツULが買えない状態(お店にない)ので、中綿入りの薄手のパンツでもと思いましたが、これもまだ我慢です。
Commented by べー at 2006-10-19 01:12 x
モンベルはいつも在庫がなくなるんですよね…。
それにしてもモンベルの今年のダウンインナーは軽くていいですね。800FPの寝袋シリーズが出ないかと楽しみです。
Commented by joxter at 2006-10-19 07:46 x
みなさん、こんにちは。
ulgoodsさんの"燃える系"_久々に熟読してしまいました。小生のベースではなかなか理解できないトコロもありますが、楽しみにしていますのでこれからも宜しくお願いします。

ところで、べーさん
モンベルのインナーダウンは軽くなったんですか。。。一度見てみます。
小生上下ともULを愛用していますが、これからの季節のよき相棒ですね。防寒着としてだけでなくシュラフ+αとして軽量化にも大活躍のアイテムですから。
Commented by ulgoods at 2006-10-19 12:52
以前BPLに日本在住の米国人の方が書いていましたが、製品発表後とか季節の変わり目とか、ワザと品薄感を演出しているんじゃなかろうと。
お山に行く時間はないのですが、急遽いける状態になることを夢見て備え(お買い物)は怠らないようにしています。ので、今はWMのSummerLiteだと頼りない&突然吹雪くこともあり?夜はそれなりに寒い等々の理由でULサーマラップのボトムが欲しい。シュラフの中でも使いたい。上はPatagoniのMicroPuff PullOverがあるので準備OKです。
Commented by べー at 2006-10-20 01:33 x
>joxterさん
ダウンインナージャケットは重量は200gのまま、800FPになったようです。ということは、暖かくなったのでしょうか。

>ulgoods
モンベルアウトレットに旧ダウンインナージャケットはありますが、パンツはありませんでした。
パタゴニアのマイクロパフ、良いですよね。先日、首のタグを取って軽量化をしました。多分2グラムくらいでしょうか…。
Commented by カワサキ at 2006-10-20 21:49 x
ulgoodsさん、凄い事になっていますね。

例の女性科学者の専門は乱流燃焼だそうで、複数の渦がが存在する燃焼のパワーとその測定を研究テーマにしているそうです。
なんと電気的な測定を可能にしたとの事です。炎は電位をもった活動として記録できるのだそうですが、、僕には難しすぎてよく分かりません。

ところで、こんなものをみつけました。ulgoodsさんならなにかヒントにできるんじゃないかと思いまして、、、見当外れだったらごめんなさい。

http://homepage3.nifty.com/shincoo8/s-1190c.html

いこりコンロ 、、、だそうです。
Commented by ulgoods at 2006-10-21 07:39
カワサキさん、なかなか魅力的な話題を持った科学者さんですね。そういう燃焼のプロの助言と計測器があれば言うことなしなのです。
ヲヤヂストーブの発想も乱流燃焼でした。層流ではいかに可燃ガスが豊富でも空気と接した部分だけが反応し、ゆるゆると炎が上に伸びるだけですが、ヲヤヂではジェットが崩壊した辺りで空気と混合したプルームが一気に燃焼するようなことを期待していたのです。アルコールストーブや固形燃料などの通常の燃焼では鍋底に数ミリの炎が無い層ができてしまいますが、それを破壊・突破して鍋底を炎で蹂躙する、という夢想です。

紙ナベ..フグの季節が来ますねぇ。涼しくなってくると鍋やストーブの話題が活発になりそうです。
Commented by JSB at 2006-10-22 14:24 x
YAESの意味、ulgoodsさんから公開されました。
アノ当時、ヤエスが買えなくて
ICOM(アイコム)製品で我慢していたのが
元 HAMのコールサインJ**JSB 現在のジェイエスビィ本人です(爆)

ところで、YAESを
八重洲とも考えると、東京駅の反対側は、皇居(パレスサイド)
JSBのほうの開発の行方が
袋小路になるのは、無理も無いことなのかも(爆)

(独り言)八重洲はいいなぁ!
まるで、ストーンヘンジのようにも 眩しく写ります
後になって、あれは「オベリスク」だったと、語り継がれることでしょう
ちょうど、今日の朝日新聞の記事に
  アメリカのワシントンでオベリスクを建設するのに
  世界中から、各種の石材を集めたことが載っていました

日本の素湯舞愛好家の協力で、知恵と工夫で改良して
幅広い使い方に対応した、固形燃料対応のstoveを目指したいです
創始者ulgoodsさんを中心にして。
微力ですがJSBにも、応援協力させてください!
ps
浮かんだひとつのアイディアを載せました
http://www.th21.jp/bbs/jsbjsb/thumbnail/jsbjsb_682585211.jpg?051860
Commented by ulgoods at 2006-10-22 21:27
私はICOMも手が出なかったのでPanasonicの6mMobileにしました..確かRJX??みたいな名前。JH*VXFはもう切れて久しいです。
ビール缶ほどの外径のドーナツ型の金属容器がないか探しています。見かけたらお教え下さい。
BPLの投稿発見!私のも便乗して投稿しちゃいます!
Commented by JSB at 2006-10-22 22:42 x
いやぁ、見つかっちゃった(笑)
YAESプロジェクトのリーダーが登場する前の、露払い、です

JH****  とは、お空の大先輩ですね、失礼しました。

Commented by ulgoods at 2006-10-22 23:31
いえ、田舎なのでHといえどもしれたものです。30年前、中学の時に電話級をとりました。
Commented by べー at 2006-10-23 05:49 x
ulgoodsさん
ドーナツ状の二重筒ですが、排煙用のアルミの煙突は2重のものがあります。(アメリカだけ?)
 
 昨日、アルミ板で煙突効果のでるはずであろう風防を作りました。
実験結果は、、、
 ジェットボイルの容器が圧勝。10分台の風防に対して、8分で湯が沸きました。YAESをジェットボイルで使えば夢の6分台も!?
Commented by ulgoods at 2006-10-23 08:48
JetBoiL容器を固形燃料でやると..汚れが取れなさそうですね。
JetBoillに与える炎は炎の丈が低い多数の小さな炎がよいと考えています。アルコールや固形のユラっとした炎ではジャケットを焦がして悲しいし、フィンを生かし切れないような気がして。
そーいえば、チタンのJetBoiL話は立ち消えだろうか?

ドーナツ型は耐圧でないとイカンのです。やっぱりロウ付けをマスターして作るしかないかなぁ。ドーナツはプレスがいるだろうから、とりあえずは二重壁煙突でも良いか。あるいは角パイプで四角く組むか。いずれにしても大がかりになってしまう。
Commented by べー at 2006-10-23 09:12 x
Esbitでしたら汚れは洗うと落ちますが、Fireliteはイヤですね…。
私もそれほど差が出るとは思いませんでしたが、思ったよりも早く沸騰しました。来週、実際にトレイルでテストしてみます。




Commented by ulgoods at 2006-10-24 06:24
JetBoiLが圧勝ということは、やはり無駄に熱を逃がしているのですね..
煙突でガンガン燃やすよりナベの熱交換効率が勝っている状態ですね。JetBoiLナベ、Titaniumが出ないようなら切り詰めて軽くしますか..300ccくらい?
一時期、Titaniumナベの底にPCのCPU用の放熱板を(フィンを短くしてから)貼りつけたら?と思いましたが、適当な接合方法が判りませんでした。

今度はどちらを歩くのですか?
Commented by ベー at 2006-10-25 01:37 x
ススのあとから火の当たり方を見ますと、真ん中のフィンのない部分に集中しますが、フィンにもススがついていました。フィンが鍋の外へ逃げようとする熱を奪取して鍋に熱を逃がしているのかと思いました。
 PCの放熱板でフラックスリングみたいなものは無いのでしょうか?耐熱パテじゃくっつかないですかね。

今回はgatewoodのテストを兼ねてヨセミテ西部を歩きます。Ulgoodsさん方式でシルネットで目止めもOKです!
Commented by ulgoods at 2006-10-25 05:29
ヲヤヂストーブの誕生は..普通のアルコールストーブでJetBoiLのジャケットを焦がしてしまったことに端を発しています。ユラっと燃えるがままに可燃ガスがストーブを包むのはジャケットを焦がすだけでなく熱も無駄だろうと。
CPUの放熱版ですが、耐熱接着剤も考えましたが、どうも熱がナベに伝わり難そうでイマイチ実験に及んでいません。ベーさんのレポートからもストーブの工夫と共に鍋釜にも吸熱機構が有効だということが判りました。また、電車の中で考える人になってみます。
gatewoodでヨセミテですか..mixiの写真で拝見するようなwilderness では良いでしょうね。
でももう寒いのでは?
目止めしたいモノがあったら送って下さい。やっときます(笑
Commented by べー at 2006-10-26 08:18 x
ヲヤヂストーブの誕生秘話!面白いですねー。私はアルコールバーナーでコージーを焦がしたときには「あ、コージーを注文しなくては!カモフラがいいなぁ」と思っただけでした(笑)。

こんなヤカンを発見しました。ジェットボイルヤカン…。
http://www.rakuten.co.jp/kitchen-style/447579/543128/

ジェットボイルのコンパニオンポットがお買い得に見えてきました。

 ヨセミテは寒いですね。最低気温-9度くらいとありますので、実際は0℃よりちょっと低目かなと言った具合です。
Commented by ulgoods at 2006-10-26 08:45
焦がした直後にジャケットだけの別売が始まったので、替えのポットと緑のジャケットをREIに注文し、とても高くつきました。ので、もう焦がさない!

ジェットボイル薬缶、おもしろいです。コンロの熱を全部お湯に移せれば地球温暖化も防げる(それだけじゃ無理だけど..)!

昨夜は永福の大勝軒..ぐぐっときます?(笑
Commented by べー at 2006-10-27 02:05 x
風防&煙突効果つきのエスビット専用鍋ができれば、ガス缶よりも手軽でクリーンで環境に優しい製品になりますよ!Ulgoodsさん、地球のためです!
 大勝軒・・・・永福町の駅を出て信号を渡る頃、ラーメンの匂いがしてくるんですよね!なつかしいなぁ。
Commented by ulgoods at 2006-10-27 06:32
やっぱりTitanium製のケリーケトル、ということになりますか。あれは煙突そのものだし、風防も兼ねるし、ゆらゆら燃える系の炎には適しています。しかも!鍋底がないから汚れが他に移らない。
そーいえば、ケリーケトルってどうやって中を洗うんだろう?古くなったケリーケトルの内部、あまり想像したくないです。風呂釜専用泡洗浄剤でやるのかな?あるいはクエン酸?
ヨセミテには行けませんが、大勝軒なら直ぐ行けます(ヨセミテの方が良いけど)。ちょっと週末のヨセミテが羨ましかったので...
Commented by べー at 2006-10-27 06:55 x
ケリーケトルはあの内部に火が当たると考えると、だいぶ大きな炎の大きさが必要だと思います。固形アルコールでは火力不足になるのかと思いました。それに、あの構造ではラーメンがゆでられません。山でラーメンが食べられないのはちょっと構造的に欠陥が…。
 煙突君のようにメインの火を鍋底に当ててあふれた火を煙突効果に回すのがエスビット的には、そしてラーメン的には理想かとおもいました。

結局、週末は水場が確保できない季節なので、ヨセミテ園内でキャンプすることになりました。私としては涸沢の方が楽しいのです。
Commented by ulgoods at 2006-10-27 09:08
300cc位の小さなケリーケトルを想像していました。が、ラーメンは無理ですね。
やはり煙突くん構造でしょうか。スイス軍の煙突くんの親分を持っていますが、軍人さんではないので、あんなに大きくて重いものは持てません。

涸沢もよいですが、ペグが打てる天場がいいです。もしやもしや、魔法のように諸々片づけば週末に南御室小屋の天場へ!行きたいなと..
いつも金曜朝になるとお山を夢見て、夕刻には夢は粉砕されます(泣
Commented by べー at 2006-10-27 11:00 x
スイスのものはこんな感じのものでしょうか?
http://www.cheaperthandirt.com/WX130-509-534.html

南御室小屋はいいですねー。私が泊まったときは小雨が降っていたので天場には私も含め二張りでした。鳳凰三山は普通の土日で歩けるのがいいですね。うらやましいです。
Commented by ulgoods at 2006-10-27 11:20
スイスものはそれです。ボルドーバーナーでも使えるというので以前2つ買ってみました。それなりに効果は体感できたのでですが重いのでアレです。
筒部分をTitaniumの薄板(というか箔というか)で作り直せばよいかもしれません。

リハビリ兼ねて、勝手のわかる所をSULスタイルで歩こうかと。南御室小屋なら水の心配もないし。運がよければ焚き火にあたれるし。9時にバスがあるので、あずさ1号で行ければ!と、妄想は膨らんできました。
Commented by べー at 2006-10-27 12:48 x
あずさ1号!7時新宿発 8時半甲府着ですね!やはり電車で山に行けるのはうらやましいです。

お気をつけていってらっしゃいませ!
Commented by ulgoods at 2006-10-27 19:19
明日はあずさ71も6:30にありますね。
行けるかどうか、まだ流動的...あれもこれも持っていきたいけど。
Commented by JSB at 2006-10-29 21:09 x
jetboilは、コンパニオンカップだけを買って、裏口入学のJSBです(笑)

今日、自分のサイトにkuniさんから、超軽量ゴトクの写真が届きました。
Cycloneの回転する炎を邪魔せずに、斬新なアイディアの作品と思います。
http://www.th21.jp/bbs/jsbjsb/thumbnail/jsbjsb_694488603.jpg?08193

Titanの針金でヘアピンカーブを加工できれば、軽量化の 鬼に金棒(爆笑)
Commented by ulgoods at 2006-10-30 17:59
実はチタンの針金を何本か隠し持っていたりします。以前、ちらっと購入を書いた気がするのですが、それを知っての紹介だとすると..恐るべしJSBさん。
kuniさんモデルですが、結局ナベの重さが缶に掛かるので、ひっくり返りの安全性としては変わらない、上部で広くなっている&高いので回転モーメントが発生やすい(ナベの重心が缶から外れやすい)かとも思い、もう一工夫の安心感が欲しいかなと思いました。
Commented by JSB at 2006-10-31 00:03 x
>それを知っての紹介だとすると,,,
それはないですよ(汗)

チタンの針金は、たぶん、1オンスグリルの予約材料かな(笑)
http://www.backpackinglight.com/backpackinglight/user_uploads/1161210177_00468.jpg

<< Moonstone 800 A... YAES / Yet Anot... >>