YAES / Yet Another Esbit Stove

Esbitストーブを工夫してみた。

高温で燃焼するというFireLiteなる固形燃料を入手しようとBPLに船便での出荷を尋ねてみた、が、やはり現状では難しいという回答だった。
仕方がないので、手持ちのEsbitを高温燃焼させられないかと思い試行してみた。
あまりよい結果が得られなかったが、せっかくなので記録しておく。

高温燃焼させるには酸素の補給が第一と考え、14gEsbitを4分割し、中央に下から炎が抜けるような燃焼台を用意した。もち、空き缶工作。
その名もYAESプロジェクト。Yet Another Esbit Stove(さらにもう一つのエスビットストーブ)の各単語の先頭文字から成る。

第1号、2号は省略...

3号、燃料収納の図
e0024555_21584863.jpg

足はBPLのTitanium Esbit Wing Stove を使ったが、高さ的に鍋を置けず。しかも、空気穴が塞がれるのでだめ。

3号、燃焼の図
e0024555_21592565.jpg



4号、空気穴を緻密に、ヒネリも加えて
e0024555_22258.jpg

大火過ぎる。
Esbitでは温度が上がると多くの燃料が溶け出し、さらに大火が上がるという循環が起きてしまうようだ。だが、中央からの酸素の補給は上手くいっているようで、内部にもう一つの火柱(空気に接した炎の内壁)が見える。狙った炎の構造にはなっている。

5号サイクロンか?
e0024555_2252169.jpg

5号の燃焼は大人しすぎる。今度は熱が籠もっていないようで、なかなか燃焼が進まない。が、炎の構造はきれい。

5号に鍋を乗せてみた
ガス台の中央に据え、割り箸で五徳の高さをかさ上げした。
e0024555_2282315.jpg

まあまあか。
ストーブらしくなってきた。炎は中央部で酸素の供給を受けて二重壁構造になっているのが判る。が、毎回、こうは燃えない。ショボイ燃え方をすることが多い。

5号のフードを取ってTitanium Esbit Wing Stove に装着
e0024555_2293486.jpg

これが一番きれいに燃えている気がする...
炎の色も元気でキレイ。
しかし、二重壁の炎になっていない...ま、真ん中の穴はないよりあった方が良いだろう。


今の形ではうまく行きそうな気がしなきなってきた。
もっと背の高い、煙突効果が狙える形にすべきか、それとも5号フード無しの形で行くべきか悩む。
風防を付けるとまた燃え方が変わるだろうし。
やはり普通に燃やすのが一番か。
だいぶ手持ちのEsbitを消費してしまった...昔買って放置して蒸発のせいか、身が少し痩せ、しかも水気をすってグズグズになった8gのEsbitを処分できたのは良かった。見た目に反してちゃんと燃えた。ただ、水分を含んでいると爆(は)ぜる。

あーあ、うまくいかないもんだ。
諸兄のご意見を乞う。
[PR]
by ulgoods | 2006-10-14 22:24 | 燃える系 | Comments(5)
Commented by カワサキ at 2006-10-14 22:24 x
おお!美しい燃焼。しかも高さが低くて、BPLのウィングストーブにぴったりフィット。
エスビットストーブまでサイクロン化してしまうとは。さすがです。これをBPLにも投稿したらみなさん注目すると思います。
この5号機に、カルデラコーンfor スノピ450mlマグ を組み合わせたら、かなり良さそうに思います。
Commented by JSB at 2006-10-14 23:14 x
>その名もYAESプロジェクト
素敵な名称ですね。下側の羽(缶底部)を捻った結果、ガス流体の流れを見事にコントロールして、サイクロン燃焼に成功しています。
4号、5号、どちらも大いなる魅力を持っています。

>あーあ、うまくいかないもんだ。諸兄のご意見を乞う
そんなことありませんよ。JSBもカワサキさんと共に応援しています!
ぜひとも、これをBPLにも投稿してください。
プロジェクト名も、明記しましょう(笑)

http://zenstoves.net/
ここへもご連絡をお勧めいたします。彼も歓迎してくれることでしょう

サイクロン燃焼の広がり、それはとても嬉しいニュースです!

Commented by JSB at 2006-10-15 00:49 x
思いつき、ですが
6箇所の羽に総て燃料をセット→高火力
では、ひとつおきに、3箇所に燃料をセット→小火力
に出来そうな気がします。もちろんその中間火力もセット可でしょう。
最近の自動車エンジンの省エネ対策みたいに

いままで、固形燃料をポイッと放り込んだら、チラチラと弱そうに
燃える火を眺めるだけだったのは、前世紀の悪夢だ(笑)
明日からは、予測した燃え方を考えて、きちんと正しい配置にセット。
すると、小さく刻んだものが燃えた後は、火力を変化できることになる。
とにかく
4号YAESstove以降の写真は、Esbitの狐火とは、全く違う

Esbitの燃料スペックを活かしきる、創世記の扉がいま開かれた!
全世界に先駆けて。


Commented by ulgoods at 2006-10-15 07:57
カワサキさん、ありがとうございます。
BPLへの投稿前にもう少し安定運転ができるようにと思ったのですが、このくらいの状態で誰か知ってる?みたいな問いで始めるのも手ですね。
Esbitのこのような燃やし方、どこかで目にしたことはありますか?
Commented by ulgoods at 2006-10-15 08:06
JSBさん、大いに勇気づけられるコメントとアイディアを下さりありがとうございます。
狙いは脱狐火、少量の湯を沸かすに特化した高温短時間燃焼、しかも高効率という辺りです。アルコールと違って気密水密が不要なので工作しやすかろうと始めました。燃料の取扱も簡単だし..と思いましたが、液体と違って隙間に充填されない等のマイナス点もありますが。
煤はフードに付くので鍋底に固形で煤が付いたりはしないようです。良い条件で燃やせば煤も付かないか?とも考えました。
火力が上がりにくい5号はある意味燃焼がコントロールされているわけですから、燃料小分け作戦はいいかもしれませんね。良いヒントをいただきました。
YAES、型式認定を狙って進めてみます。もしよろしければ参入歓迎です!
<< YAES6 / Yet Ano... Esbit >>