Adventure 16 Bug Bivy

Adventure 16 Bug Bivy

軽い半身用の蚊帳。もう季節はずれだが...
e0024555_0593441.jpg

昨年購入したが残念ながら野外では使っていない。
築40年モノ古い安普請形式日本家屋の事務所で寝泊まりした時に、紛れ込んだ蚊を殺さないために使ったことがある。なので役には立っている。
人が入った姿はこんなの。


重量は公称6oz.(170g)、うちの秤ではスタッフザック込みで198g、スタッフザックが49gなので、中身は149gだった。
例えば、Hex3を夏場に使うならNestがつき物だが、実はNestは重い。2lb. 6oz. もあり、本体よりも重い..そんなとき、こいつを使えば900gも節約することができる勘定だ。その他、夏のタープ泊の時にはいいだろう。

構造は、ピアノ線?のような反発力が強くて折れ曲がらない芯が入っており、取り出すと自動的に1秒で蚊帳を張る。
昔、そういう仕組みの帽子があった。ツバが広いの。万博(もち大阪)の頃だったような..遊んでいるうちに芯を折って壊してしまったっけ。なんか、帽子で芸をする芸人さんがTVに出ていたりして、その真似をしていたら芯を折ってしまった。昔の帽子の芯は平たいバネ鋼だった気がする。あれは1年くらい置いておくと錆びてツバの周りに染み出して汚かったっけ。最近ではMagic Mountain製の銀色の、そんな作りの帽子を買ったが、風に弱そうなので仕舞ってある..やっぱ錆びるかなぁ..

たたみ方は、半信半疑で恐る恐るループを3つ作るように丸めるときれいに収まる。
e0024555_12794.jpg

慣れないと折るんじゃないかと心配だ。
まる一年、丸めて置いたが反発力の低下もなく錆もない。

本題の蚊帳機能だが、半身用だが頭部空間は充分あって合格。上は肩の辺りまで下側にもメッシュがある。下半身は腰の上あたりまであるが、そこは寝袋の中なので蚊に刺されることはない。寝袋と蚊帳の隙間だが、気を付けて敷き込めば、ま、しつこいうちの事務所の蚊も紛れ込むことはなかった。幅は充分に広い。

ピアノ線なのでちょっと剛性感に欠ける。あと、一番高いところが頭上ではなく胸の前なので、顔面に近い所にメッシュがあり、呼気を反射して少しうっとうしい気もするが、胸のところに高さがあるから読書するには良い。

スタッフザックの裏面はデイジーチェーンになっていて、ザックへの取り付けも考慮されているが、ぶら下げて歩くよりなら少し楕円形に歪めればザックに入らないこともない。
軽量ザックの骨格の足しくらいにはなりそうだ。

エンブレムも渋い感じでよろしい。
e0024555_145820.jpg

SINCE1882と読める。
Adventure 16って基本的に野外用品屋さんなのかしら?探すと前出のキャンドルランタンのリフレクタを売っていたりする。

フレームのバックパックの匂いがするなぁ。


backCountryGeear.comが秋のバーゲンをしている。ここを含めて最近、Biblerのtripodの安売りをよく見かける。$298->$230くらい。(私も春先にそんな値段で買ったけど)以前は決して安売りしなかったのに..ORショーで出ていた一人用の軽量テントの販売が近いかな?LightSabreも安くなってるし、もうTripod形式のbivyは時代遅れになるのか?

Genさんから質問がありましたが、普通で直径36cmです。幅を30cmに絞ってGoLite Breezeの背面にあてた写真を追加します。これ以上絞るのは辛そう...
e0024555_21234358.jpg

[PR]
by ulgoods | 2006-09-29 01:10 | 宿泊系
<< SUL backpack / 背負籠 PHOTON Freedom ... >>